« またブログ(ココログ)の表示崩れ、改行(1行空け)消滅&自転車 | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第7話、軽~い感想♪ »

精神疾患(障害)の病名変更~DSM-5訳語(英語付)&自転車

BIKE 31.1km,1時間14分,平均心拍127

 

まだブログのトラブルが直らない。。読者向けの閲覧ページは一応、直ってる

ようだけど、執筆欄の調子がおかしいから、すごく不安でストレスもあるのだ。

まあ、過去の経験上、いつの間にか直る短期的な不調だから、「障害」とか

「病気」というより、「症状」と言うべきか。。

 

さて、機械にせよ人間にせよ、世の中にせよ、良い状態と良くない状態があっ

て、常に変化し続けてる。より正確に言うと、非常に良い状態から非常に良く

ない状態まで、連続的な分布(スペクトラム)&変動があるのだ。

 

もちろん、各部分、要素、側面によって、状態の良し悪しは違うから、全体の

評価は困難な作業となる。特に、人間の「心」を扱う場合はデリケートな作業

で、絶えず論争や試行錯誤、微調整が続いて行くのだ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

心の病を分類して名づける作業において、過去20年、世界的に普及して来

た標準マニュアルが、米国精神医学会(APA)の『DSM』。『Diagnostic &

Statistical Manual of Mental Disorders』(精神疾患の診断・統計マ

140529b  ニュアル)で、ここ10年以上は

  テキスト改訂版である『DSM-

  Ⅳ-TR』が使われてたが、去

  年(2013年)の6月、第5版で

  ある『DSM-5』の英語版が発

  行された(左はwikipediaより)。

  日本語訳は現在作業中。

 

  ちなみに、なぜか第何版かを示

  すローマ数字がアラビア数字に

変わってるのはいいとして、まず問題になるのが「Disorders」の訳語。上の

マニュアルの訳本タイトルでは、「疾患」となってるのに、本の中身では「障害」

と訳されてる。

 

この疾患と障害の違いがまた難しいわけだが、昨日(2014年5月28日)、

日本精神神経学会が公式発表した「DSM-5病名・用語翻訳ガイドライン

初版」では、「disorder」という単語を含む病名の訳語が一部、「障害」から

「症」へと変更されたのだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

例えば読売新聞のニュース記事の見出しは、「子どもの病名、『障害』の多くを

『症』に変更」。「分かりやすい言葉を使うとともに、患者の不快感を減らすのが

狙い」で、「親子がショックを受けたり、症状が改善しないと思われたりすること

に配慮した」とまとめてある。

 

精神神経学会のpdfファイルを読むと、それ以外に、心の病に関する各専門学

会の間でも温度差があったようだし、当然、各専門家による見解の相違もある。

おまけに、そもそも『DSM-5』自体に対する批判も少なくないから、少なくとも

今後5年間くらいは混乱が続くだろう。

 

実際、なぜか新聞社のニュースには書かれてないが、今回の指針は単なる

「初版」。「連絡会では、今後もさらに会員の意見を参考にしながら、DSM-

5の病名・用語に関して検討を加えていく予定である」と締めくくられてるのだ。

再検討の中で、また微調整とか復活劇が生じるのだろう。。

 

それでは以下、新たな「病名」(下の赤字)の中で代表的なものについて、ピッ

クアップしてみよう。「病名」というのは、元の指針の見出しから使われてる言

葉なので、念のため。日本語名のスラッシュ「/」の後に書いてるのは、既に

普及してる今までの名称で、しばらく併用または併記になるみたいだ。一方、

「(DSM-5)」と書いてるのは、第5版における新たな名称。

 

 

 

   言語症 / 言語障害

      (Language Disorder)

 

   自閉スペクトラム症 / 自閉症スペクトラム障害

      (Autism Spectrum Disorder)

 

   注意欠如・多動症 / 注意欠如・多動性障害

      (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)

 

   うつ病(DSM-5) / 大うつ病性障害

      (Major Depressive Disorder)

 

   分離不安症 / 分離不安障害

      (Separation Anxiety Disorder)

 

   パニック症 / パニック障害

      (Panic Disorder)

 

   全般不安症 / 全般性不安障害

      (Generalized Anxiety Disorder)

 

   強迫症 / 強迫性障害

      (Obsessive-Compulsive Disorder)

 

   解離性同一症 / 解離性同一性障害

      (Dissociative Identity Disorder)

 

 

 

なお、統合失調症(Schizophrenia)や双極性障害(Bipolar Disorder)、

心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic Stress Disorder : いわゆる

PTSD)などについては、変更なし。各種のパーソナリティ障害(Personality

Disorder)も、一部を除いて変化なし。

 

 

一方、性同一性障害が「性別違和」(Gender Dysphoria)になったように、

元の英語と病気の概念自体が大きく変化したものもある。また、アスペルガー

障害(Asperger’s Disorder)のように、独立した分類としては消えたように

見えるものの、自閉スペクトラム症の中に一応回収されてるものもある。

 

いずれにせよ、個別の疾患については、またDSM-5関連の別記事で詳し

く書いて行きたいと思ってる。

 

 

cf. 適応障害の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

   PTSD(外傷後ストレス障害)の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

   パニック障害&発作、広場恐怖の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

   うつ病の診断基準2~気分変調性障害

   うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

   うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

   新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

 

 

          ☆          ☆          ☆

最後に、今日の自転車について一言だけ。ドラマとブログ執筆があったから、

早めにちょっとだけ公園で走ったんだけど、人が多くて話にならなかった。自転

車コースを人や犬がふさいでたり、横切ったり、自転車が逆走して来たリ。。

 

まあ、公園だから文句も言えないので、大人しく細心の注意を払って走って来

た。さんざんブレーキをかけるハメになったわりには、そこそこのスピードを維

持できてるし、心拍も低いと思う。気温23度、湿度75%。ランニングだったら、

かなりキツかっただろうね。

 

週末には久々に、自転車友達と長めの距離を走る予定♪ ではまた。。☆彡

 

                                      (計 2593字)

| |

« またブログ(ココログ)の表示崩れ、改行(1行空け)消滅&自転車 | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第7話、軽~い感想♪ »

自転車」カテゴリの記事

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またブログ(ココログ)の表示崩れ、改行(1行空け)消滅&自転車 | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第7話、軽~い感想♪ »