« 可愛いナースとホワイトハウスで抱き合ったオバマ♪&流しラン | トップページ | 『信長協奏曲』第3話、軽~い感想(『信長公記』付き♪) »

ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム、日本で根付くか・・

今日は大阪マラソン2014(第4回)で書いてもいいし、向井理が8年続けた

ブログ「The Laboratory」終了で書いてもいいんだけど、たまには自転車

で書いてみよう。ウチは一応、「テンメイのRUN&BIKE」であって、「BIKE」

という言葉の9割は自転車なのだ(残り1割はオートバイ)。ただし、調べるだ

けで時間を取られたので、ちょっとだけ♪

 

世界最高峰の自転車ロードレースの名前を冠した、「ツール・ド・フランス

 

いたまクリテリウム Presented by ベルーナ」(長っ・・)。直訳するなら、

フランス一周レース 埼玉版・短距離周回 提供・ベルーナ」♪ 去年、本家

のツール100回を記念する形で、埼玉県さいたま市で始まったもので、今年

の第2回は一昨日(10月25日)開催だった。

 

自転車競技とか自転車レースというものは、欧州はともかく、日本ではまだま

だマイナーだし、日本人選手も世界レベルではほとんど活躍できてない。地上

波のレース中継もほとんど無し。

 

ヒルクライム(山登り)ならともかく、平地だとスピードは時速30km以上、簡単

に出てしまうから、日常的に練習する場所もなかなか無いわけだ(建前上は)。

仕方ないから、山やレース、あるいは屋内の器具(エアロバイク、ローラー台

など)で本気を出すことになる。伊豆の修善寺にある5kmのサーキットコース

には私も行ったけど、そう簡単に行ける場所でもないし、他にほとんど誰も走っ

てなかった。競輪場でたまにある練習会というのも、一般には縁遠いだろう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

そんな状況で、世界最高峰の選手たちを集めた、さいたま市長・清水勇人

の熱意には感心するけど、客観的にどうなのかね。

 

去年の第1回は、3億5000万円の予定だった総事業費が円安なので5億

円に膨れ上がって、赤字2億円。補正予算1億5000万円を組んだとのこと。

今年は通販のベルーナ(本社・埼玉県上尾市)が冠スポンサーになってるし、

去年みたいな台風の影響も無かったから、赤字が膨らむ状況ではなかった

かも。テレビ中継も、テレビ東京とJ SPORTSであったから、放映権料もあ

る程度入ってるはず。事前告知番組なら、テレビ埼玉でも放映。

 

ただ、奇妙なことに、翌日の夜の時点で、あちこちのニュースのどれにも観

客数が書いてない。去年は主催者発表20万人ということになってるけど、

多過ぎて疑問を感じて調べてみると、「観戦者」は9万人とのこと。残りは観

戦以外の「来場者」という話で、何が計算に入ってるのか不明。イベントのサ

イクルフェスタなどだけという人が、どの程度いるか。。

 

周回コースの距離が約3.1km(=3100m)という公式発表だから、平均で

1mあたり20人の観戦者がいたとしても、62000人になる(観覧エリアは4

分の3程度で、そのまた3分の1程度は往復コース)。1時間半のメインレー

スの間に3回転したとして124000人。さいたまスーパーアリーナ(少数の

有料サポーター向け)やパブリックビューイング4ヶ所を合わせても、多くて

20万人。おそらく12万人前後が実数だろう(「来場者」はともかく・・)。各種

の写真を見てもそんな感じ。

 

ちなみに、今年の代表的レース2つを見ると、第17回ツアー・オブ・ジャパン

の最終日(東京)が7km周回コースで126000人。第23回ジャパンカップ

のロードレースが14.1km周回で過去最高8万人とのこと(公式発表)。も

ちろん、さいたまの方が出場者のレベルが高いけど、歴史や場所を考えて

も観客数には限度がある。

 

東京マラソンの観客が150万人前後なのは、人気も参加者数もケタ違いだし、

コースが長いからなのだ(往復部分をカットしても20km以上)。

 

 

           ☆          ☆          ☆

ところでこの記事を書くにあたって一番困ったのは、レースの最も基本的な

情報である、距離が分からないことだ (^^ゞ 公式サイト、自転車系ポータル

サイト、ニュースなど、どれを見てもハッキリしない。60kmか、約62kmなの

かが曖昧になってる。

 

141027a  公式サイトの公式結果(リ

  ザルト)を見ると、距離は

  60km。これを優勝者キッ

  テルのタイム1時間24分

39秒で割ると、平均時速42.528kmとなる。英語のツール・ド・フランス

141027b  HPにある、より詳しい結果でも

  60kmとなってる。3km×20周

  LAP)=60kmということらしい。

 

ところが日本の各種ニュースだと、約3.1km×20=約62kmと計算してる

気がする。どちらかが間違ってるわけで、当然、統一するべきだ。ちなみに

最終ラップの直前、LAP19では、1位と2位に日本人有名選手の名前が並

んでる。スーパーアリーナ通過の際には歓声が響いたとのこと。結局、別府

史之は2年連続で敢闘賞、新城幸也は日本人最高の5位入賞に輝いた。

 

141027c

あと、完走選手63人が僅か2分以内に収まってるのも、平地の自転車レー

スの特徴で、マラソンとは全く違ってるし、ヒルクライムとも違う。高速で空気

抵抗が大きいから、なかなか個人レベルの「逃げ」が決まらず、最後のスプ

リント(=猛ダッシュ)で優勝が決定。競輪みたいなゴールになる訳で、これを

面白いと感じるかどうかが、一つのポイントだろう。

 

本家のツールだと、山岳コースでは景色の良さも見どころになってるし、本気

の持久力の実力差も出るので、私は正直、山の方が好きだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

141027d 最後にその本家のツール

 との関係がよく分からな

 い。今現在、フランス語の

 公式サイトに飛ぼうとする

 と、自動的に英語のサイ

 トに回されて、そこには、

 さいたまの記事が早速

 載ってた。

 

 ただし当たり前だけど、

今年のツール・ド・フランスは7月27日で終了。優勝者(マイヨ・ジョーヌ: 黄色

ジャージ)はニーバリ。そのレース全体を伝えるページと、さいたまを伝えるペー

ジとは、はっきり別物として切り離されてるのだ。要するにさいたまは、最高峰

レースの名前と選手を借りた日本・アジアでのPRイベント的レースになってる。

 

本家の人気がやや落ちて来たとかいうウワサの中、さいたまの今後がどうな

るか。というか、日本の「自転車ブーム」がどうなるか、自転車好きとしては気

になる所だ。ちなみに『レジャー白書』によると、2012年までの12年間で、

サイクリング人口というものは全く増えてない。その他の情報を考慮しても、

要するに、一部の人達の間でブームになってるというのが全体的事実だと思

う。多摩川も荒川も公園も、自転車が増えてる実感はない。

 

とはいえ、レース後の24時間で、ツイッター検索には500ほどのつぶやき

が登場。大半は好意的なものだった。私自身もブームと関係なく、自転車に

は乗り続けるつもり。ただし、ほとんど夏だけ、乗鞍直前だけかも。。 (^^ゞ

それでは、また明日 ☆彡

 

 

 

P.S. なぜか4日後になっても、観客数とか来場者数の公式情報が見当

     たらない。ちなみに25日のレース直後、17時から、さいたまスーパー

     アリーナで、ビジュアル系ロックバンド・PIERROT(ピエロ)の復活ラ

     イブがあり、18000人を集めたようだ。このおかげで数千人くらいは

     レース観客数が増えたかも。

 

                                    (計 2909字)

| |

« 可愛いナースとホワイトハウスで抱き合ったオバマ♪&流しラン | トップページ | 『信長協奏曲』第3話、軽~い感想(『信長公記』付き♪) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可愛いナースとホワイトハウスで抱き合ったオバマ♪&流しラン | トップページ | 『信長協奏曲』第3話、軽~い感想(『信長公記』付き♪) »