« 『レッドアイズ』第2話の暗号解読方法と英文~アルファベットを13文字ズラした換字式暗号「rot13」 | トップページ | GPS距離測定と誤差、高い建物で電波が妨害されると「近道」して短め?&プチジョグ »

5-ALAが新型コロナ増殖100%阻害?、長崎大の科学論文(国際雑誌『BBRC』)&プチジョグ

(9日)JOG 7km,37分31秒,平均心拍137

消費エネルギー 290?kcal(脂肪73kcal)

  

真面目な研究者たちには申し訳ないけど、正直、またか・・という思いはある♪ ここ1年、次々に新型コロナ対策の飲食物や薬品類が発表されて来たけど、本当に凄いとみんなに認められたものは1つもないはず。

    

それでもつい気になってしまうのが、小市民の哀しい性(さが)。この後、もしドラッグストアで手頃な値段で売られてたら、つい買ってしまうかも。ブログのネタ用に♪ そうゆう理由か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

210210a

    

私が最初に見たのは今日(10日)で、TBSニュースの昨日の記事。「新型コロナ増殖100%阻害」長崎大が研究結果発表。

   

21年2月8日の夜、国際誌に掲載された論文と共に紹介してた。英語論文のタイトルの邦訳は、「5-アミノレブリン酸が新型コロナウイルス感染を阻害」。

  

210210b

  

ブロガーは反射的にGoogle検索。わずか1日の間にかなり検索されたようで、「5」と入力しただけで予測候補の上位を占めてた♪ 5-ala、5-alaサプリ。

   

  

     ☆     ☆     ☆

ALAとは、全日空のこと♪ ANAだろ! そうじゃなくて、Amino Levulinic Acid (アミノ・レブリン・酸)の略。5はおそらく、アミノ基NH₂が結合している炭素の位置番号だと思う。レブリン酸の5番目の炭素原子に結合する水素原子1コが、アミノ基NH₂に置換された形。下は3Dモデルで、英語版ウィキペディアのリンク先より。

    

210210j

   

化学式はC₅H₉NO₃。鎖状につながった5つのグレー球(炭素原子C)の5番目(右端)に、青白のNH₂がつながってる。青が窒素原子N、白が水素原子H、赤が酸素原子O。

   

理屈はさておき、色々と効果がある万能物質もどきらしい。普通の食品にも入ってるけど、足りないから、サプリが以前から売られてた。

      

210210c

  

アマゾンで見ると、ニュースとの関連は分からないけど、在庫切れが目立つ。錠剤「アミノ5レブリン」、キラリスALA、etc。価格は商品によっても店舗によっても違うけど、大体、1日分で数百円くらいだと思う。普通は200円~300円。

  

210210d

   

   

     ☆     ☆     ☆

もちろん、ユーザーによっても摂取量が違う。私は基本的に、サプリというものは少なめに飲んでる。半分から3分の2程度。カルシウムなんて、普通の量を摂取したら爪が伸び過ぎてジャマ(笑)

   

わりと標準に近い量を飲み続けてるのは、キリンのプラズマ乳酸菌サプリ、iMUSE(イミューズ)。寄らば大樹、寄らば大企業。効果は免疫力アップ。初回特典の格安500円で買ったら、次々とチラシや広告メールが襲来 (^^ゞ 気合い入ってるね。その気合い、値下げに使って欲しいんだけど♪

  

話を戻すと、5-alaが多く含まれてる食品は、納豆、ワイン、日本酒、ホウレンソウ、ピーマン、バナナ、イカ、タコなど。といっても、これらでコロナ対策しようと思ったら、食べ過ぎ・飲み過ぎのマイナスの方が遥かに大きくなりそう。やっぱり、実用的にはサプリか。かなり高いけど。

  

下は食品中のALA含有量[ug/100g]。100gの中に、多くても数十~数百マイクログラム程度。アラ・オンラインより。イカは好きだから、もっと食べることにしようか♪

  

210210e

   

    

     ☆     ☆     ☆

ここまでの話なら、あちこちに書かれてること。マニアなら当然、元の英語の科学論文をチェック♪ 5ページの短い論文だった。

   

210210f

  

(電子の?)雑誌、『BBRC』vol.545。biochemical and Biophysical Research Communications。生化学&生物物理学研究通信、第545号掲載。

 

 5-amino levulinic acid inhibits SARS-CoV-2 infection in vitro

5-alaは試験管内で新型コロナウイルス感染を阻害

   

タイトルの最後の重要なフレーズ、イン・ヴィトロ(試験管内で)を、TBSは訳してないのだ。まだ人間の身体での実証実験ではない。専門用語だと、イン・ヴィヴォ(in vivo)ではないのだ。

   

210210g

  

棒グラフを見ると、5-ALAによって感染が激減してるのが分かるけど、この実験でもサプリでも、十分な量が問題となる。かなり多い量が要求されるのだ。生物学、生理学でよくある条件。

   

ちなみに、上側の構造式を見ると、『アルジャーノンに花束を』を思い出す・・っていうのは一部読者へのご挨拶♪ いや、何で海亀の記事があるのに、山崎の記事がないの?・・とか思われそうだから(笑)

   

210210h

   

アブストラクト(要約)を大まかに日本語訳すると、こんな感じだ。

    

現在の新型コロナの流行では、効果的な治療の素早い発達が要求される。5-ALAは自然に作られるアミノ酸で、色んな目的に使われて来た。例えば、抗がん治療、ダイエットサプリなど。汎用性が高いのだ。

   

今回の研究で、我々は、5-ALA治療が新型コロナウイルスの感染を阻害する可能性を、細胞培養で示した。抗ウイルス効果は、人間の細胞でも人間以外の細胞でも、重大な細胞毒性なしにあり得る。したがって5-ALAは、コロナ感染症対策の候補の1つとして、さらに調査していく価値がある。。

   

  

       ☆     ☆     ☆

一方、市民ランナーとしては、免疫力アップ・ランも欠かせない。ところが昨日は、意外な数学コメントが入ったり、意外なメールが立て続けに入ったりして、走る時間が無くなった。それでも、2日連続休むのは気が引けるから、7kmだけスタスタ。寒いから、序盤は腕組みしたまま(笑)

   

トータルでは1km5分22秒ペース。遅っ! 気温3度、湿度40%、風速2m。新・心拍計はほぼ正常に動いたけど、GPSの距離測定の誤差が過去最大。5%くらいも短くなってて、大損した気分だ♪ その件については、また後ほど。 

   

このままコロナ第3波が収まりますように・・とか祈りつつ、ではまた明日。。☆彡

    

    

210210i

      

往路(1.2km) 6分57秒 117 133

LAP1(2.2)12分40秒 132 140

 2    11分01秒 145 154

復路(1.4) 6分54秒 153 159

計 7km 37分31秒 137(78%) 159(91%)

    

         (計 2499字)

| |

« 『レッドアイズ』第2話の暗号解読方法と英文~アルファベットを13文字ズラした換字式暗号「rot13」 | トップページ | GPS距離測定と誤差、高い建物で電波が妨害されると「近道」して短め?&プチジョグ »

ランニング」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レッドアイズ』第2話の暗号解読方法と英文~アルファベットを13文字ズラした換字式暗号「rot13」 | トップページ | GPS距離測定と誤差、高い建物で電波が妨害されると「近道」して短め?&プチジョグ »