« 東京五輪1964「ビリの英雄」カルナナンダ選手の10000m公式記録、34分は間違いで32分が正しい | トップページ | ゴルフボールの識別マークとか、マニアの細かいこだわり♪&火傷7割回復ラン »

パズル「推理」、小学生向けの解き方4(ニコリ作、朝日be、難易度5の難問、21年4月10日)

昨日(2021年4月10日)の朝日新聞・朝刊のbeで出たパズル「推理」は、難易度5(星5つ)の難しい問題でした。このブログの以前の記事にアクセスが増えてたので、解けない人が多かったのでしょう。

  

推理というより、算数のおもしろい問題ですね。足し算とかけ算の計算力が大切。特に、スラスラと暗算できる人が有利でしょう。

   

このブログでは今まで、パズル「推理」について、9本の記事を書いてます。

  

大人向け、4本(1本目2本目3本目4本目)。

小学生向け、3本(1本目2本目3本目)。

全員向け、1本

アインシュタイン式論理脳ドリル、1本

  

今日は小学生向けで、フツーに表を使って解いてみましょう。論理的な解き方やコツ、攻略法の解説。5年生、6年生なら大丈夫だと思います。推理の記事を書くのは約2年ぶりです。

  

  

     ☆     ☆     ☆

210411a

   

5人が、10円玉と50円玉を持ってて、それぞれ何枚持ってるのかを考える問題でした。10円玉も50円玉も、5人の枚数はそれぞれ違ってて、かならず表に書いてる5種類のどれかになってます。

  

10円玉は、5枚、6枚、10枚、12枚、15枚50円玉は、2枚、4枚、6枚、8枚、10枚

  

50円玉だけ見ると、すべて2で割れる偶数で、要するに100円分、200円分、300円分、400円分、500円分になってます。計算しやすいようにしてあるのです。

  

条件として、5人はこう言ってました。カンタンな言い方に直します。

  

 石田くん 私の10円玉は12枚

 吉村さん 私は50円玉の枚数の方が多い。  

 木下くん ちょうど350円の人がいる

 水川さん 私の50円玉は4枚ではない。私ではないが、10円玉と50円玉の枚数が同じという人がいる

 丸山くん 私は300円以下。私より40円少ない人もいる

   

  

     ☆     ☆     ☆

210411b

  

応募用の答は水川の50円玉の枚数ですが、まずは石田から。彼の話から、表に上のように書けます。石田が12枚なら、他の人は12枚ではありません。だから、〇(丸印)の左右だけでなく、下側にも×(バツ印)がならびます。

    

さて、次の吉村の話から、表にどのように書けるでしょうか? ちょっと考えにくい所ですね。いつものように少しずつ更新して行きます。次の更新は今日(4月11日)の夜にします。

   

  

     ☆     ☆     ☆

はい。夜になったので、最初の更新をします。この問題では、表の下側の部分は使わないので、省きます。

  

210411c

  

吉村は50円玉の方が多いので、50円玉は6枚以上持ってるはずだし、10円玉は6枚以下のはず。10円玉10枚もぎりぎりダメ。だから、上のように書けます。

  

よく分からない〇をたくさん並べる人もいますが、それでは間違いやすくなります。ハッキリ分かる×を書き込むのがコツ。

    

木下の話は書きにくいので、とりあえず飛ばします。水川の話と、丸山の話からは、下のように書けます。丸山は300円以下だから、50円玉を6枚以上持ってるとダメなのです。10円玉に0枚という枚数はないので。

    

210411d

  

さて、丸山の話からは、さらに〇×を書けるのです。ここが最初のむずかしい所。実はもう、丸山の50円玉の枚数が分かるのです。2枚か4枚。どちらでしょう? ちょっと算数の計算が必要ですが、小学校2年くらいのカンタンな計算です。

   

次の更新は明日(12日)の夜にします。なお、今週は計13422字で終了。ではまた来週。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

では12日の夜になったので、2回目の更新をします。

   

210411e

   

丸山の50円玉は、2枚ではなく、4枚だと分かります。

  

なぜなら、もし2枚だとすると、10円玉は15枚以下だから、丸山は合計250円以下になります。50円×2+10円×15=250円。

  

よって、丸山より40円少ない誰かは、210円以下のはず。ところが、その誰かは50円玉を4枚以上持ってるし、10円玉は5枚以上なので、合わせて210円以下にはなりません。だから、矛盾(むじゅん、おかしな事)になってしまいます。

  

したがって、丸山の50円玉は2枚ではない。だからもう、4枚だと決まるのです。

  

次は、丸山の10円玉の枚数を決めるのが分かりやすいでしょう。その後は、吉村が分かります。もうアクセスが少なくなってるので、次の更新は4月17日の解答発表後にしましょう。ではまた。。

     

   

    ☆     ☆     ☆

はい。4月17日になったので、最後まで簡単に終わらせます。新聞では、一番最後の答と表だけ発表されてます。

    

210411f2

   

丸山は300円以下だから、10円玉は5枚か6枚か10枚。10円玉が10枚とすると、40円少ない人は260円になってしまいますが、残ったコインをどう組み合わせても260円にはなりません。

  

10円玉が5枚としても、40円少ない人は210円になってしまって、残ったコインをどう組み合わせても無理です。

  

だから丸山の10円玉は6枚。計260円で、それより40円少ない人は220円

 

  

    ☆     ☆     ☆

ということは、その人は10円玉を12枚持ってる石田で、50円玉は2枚持ってるということ。

  

吉村の10円玉も、もう5枚しかないので決定。350円の人は彼女で、50円玉は6枚持ってるはず。

  

210411g

    

最後の水川と木下はもう分かるでしょうから、省略します。それでは今回はこの辺で。。☆彡 

   

     (計 1413字)

  (追記733字 ; 合計2146字)

| |

« 東京五輪1964「ビリの英雄」カルナナンダ選手の10000m公式記録、34分は間違いで32分が正しい | トップページ | ゴルフボールの識別マークとか、マニアの細かいこだわり♪&火傷7割回復ラン »

ゲーム」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京五輪1964「ビリの英雄」カルナナンダ選手の10000m公式記録、34分は間違いで32分が正しい | トップページ | ゴルフボールの識別マークとか、マニアの細かいこだわり♪&火傷7割回復ラン »