« 日本を代表する世界的エリートレース、福岡国際マラソン終了、最後の2021年(第75回)もハイレベルで有終の美☆ | トップページ | 冷たい風雨のウォーキング、傘さしても足が濡れる&つぶやき »

走行中のウォッシャー液使用はマナー違反行為?、梅宮アンナのインスタ炎上の感想と個人的思い出

最初に書いておくが、私は梅宮アンナのインスタグラムを一度も見たことがない。今回も、数日前からネットのニュースは軽く読んでたけど、わざわざ検索して実物をチェックしようとは思わなかった。

   

既に、昨夜(21年12月5日)か今朝、投稿が2つとも削除されてしまったようだから、今となってはJ-CASTのまとめ記事とかを見ることしかできない。本人が削除したものを、あえて個人サイトなどで確認するほどの大問題でもないと思う。

   

211206a

 

今日、私の目に留まったのは、Yahoo!への配信記事だけど、ここでは配信元のJ-CASTにリンクを貼っとこう。

  

 梅宮アンナ、運転中の「ウォッシャー液被害」に激怒 批判受け「悲しくなる」と反論も…投稿削除 

   

   

     ☆     ☆     ☆

さて、私が最初にこの件を見かけたのは、12月2日か3日くらいのYahoo!への配信記事だった。どこの記事だったかは覚えてないので、ここでは日刊スポーツの3日・早朝の記事を引用しとこう(元記事へのリンク)。

   

211206b

  

 梅宮アンナ 走行中、前の車から「絶対にやってはイケナイ行為」の被害

   

前の車に、走りながらウォッシャー液を出されてワイパーやられて、それも、2回も。私の車は、そのしぶきを浴びた」。

   

  

      ☆     ☆     ☆

私自身は、車の走行中にウォッシャー液を出したことは一度もないし、出す気にもなれない。少々の汚れなら、走行中は気にしないし、そもそもフロントガラスというのは大雨だと汚れどころじゃない状態になるから、気にする余裕もない。

    

ただ、走行中のウォッシャー液使用が「絶対にやっては、イケナイ行為」(途中に読点が入ってたらしい♪)だとは知らなかったし、今、あらためて自動車会社の注意を軽く探してみたけど、すぐには見当たらなかった。

    

ということは、「絶対にイケナイ行為」だと一般に認識されてるものではないだろう。教習所で習った覚えもないし、周囲で聞いた覚えもない。

   

    

      ☆     ☆     ☆

では、運転マナーとしてどうなのか。これも、軽く検索した感じだと、走行中にウォッシャー液を使わないのが「絶対に守るべきマナー」という感じはない。しっかりした内容の記事としては、例えば、webcartopの5年前のものがある

   

211206c

   

 [疑問] ウインドウォッシャー液を使うタイミングは気遣うべきか?

   気を遣い過ぎる必要はないが周囲を不快にさせない配慮は必要

   

冒頭だけ読むと、やや挑発的な書き方になってるが、これは多分、意図的なツカミだろう。エッ?!と思わせて、その後を読ませる。

  

「・・・ときどき『ウォッシャーを使うのは停車中が基本、走行中に使うのはマナー違反』という意見も聞く。しかし、明文化されたそのようなルールはないので、走行中だろうが停車中だろうが窓の汚れが気になったら、そのまま走り続けずに、遠慮なくウォッシャー液を出せばいい」。

  

「・・・道路を走っている以上、水やホコリ、鳥の糞、葉っぱなどは飛んでくるもの。・・・ウォッシャー液なら基本的に無害なので、お互い様ということで・・・・・・」。

   

   

     ☆     ☆     ☆

こう書き始めて、お互い様じゃないだろ!、自分は絶対にやらない!・・と一部読者に思わせた後で、穏当な話を書き始める♪

  

「とはいえ、わざわざ他のドライバーを不愉快にさせることを望む人はいないだろうから、ちょっとした気遣いができるとスマートだ」。

  

高速道路なら、乗る前か、SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)で使用。街中なら、後続車、歩行者、自転車、オートバイにも要注意。ウォッシャー液のノズルを調整して影響を抑えるのもGOOD。ノズルの穴に安全ピンなどの細めの針を差し込んで、上下左右に動かせばOKとのこと。

   

   

     ☆     ☆     ☆

ノズル調整の話までは知らなかったが、他人への配慮を求めるという意味では、上の記事は梅宮アンナのインスタと似てるとも言える。

  

ただ、決定的に違うのが、「書き方」なのだ。同じような内容を、穏やかに書くか、攻撃的に書くか。

    

「絶対にやっては、イケナイ行為」という書き方が、有名芸能人としては強すぎるし、「自分さえ良ければいいって人が目立つな。。最近は。。相手を思いやれない人。本当に嫌です」とまで書かれると、走行中にウォッシャー液を使ってる人達が強く反論したくなるのは自然なことだろう。

  

最後に「プンプン丸でした」と可愛い書き方で終わらせても、フォローにはなってない。「相手を思いやれない人。本当に嫌です」という言葉が、自分に跳ね返るブーメランになってしまう。

  

   

     ☆     ☆     ☆

そうは言っても、私自身は、炎上するほどの話とは思わないし、むしろ「そんなに怒る人がいるのか」と社会勉強になって良かった。我慢できる事とできない事、その線引きは人それぞれで大きく異なる。

  

梅宮アンナの話を読むと、実は車の話というより、「お父さん、大好き ♡」と言ってるような感もあるのだ♪ 昔、自分がやってしまって他人に怒られた後、父の梅宮辰夫に話すと、「お前、馬鹿か!」と叱られて、それ以来はマナーを守ってるらしい。その意味では、微笑ましい家族愛のエピソードだろう。

  

最後に、ふと思い出したのが個人的なドライブの出来事。昔、バイト先の先輩Tさんと夜遊びした時、Tさんが女の子2人をナンパして、4人で何度か遊んだことがあった。六本木、新宿。ゴールデン街の飲み屋に初めて行ったのもその頃。

   

   

     ☆     ☆     ☆

富士山の麓の河口湖にドライブして遊んだ帰り道の高速道路。前の車の窓から、確か、空き缶が捨てられたのだ。すると、女の子の1人が、車のルーフトップの窓を開けて、身を乗り出して、大声で叫んだ。こんな感じで。

  

車から物を捨てるなんて、カッコ悪くて最低だよね~~っ!!」♪

   

声は相手に聞こえてないと思うけど、何か言われたことはバックミラーで分かったと思う。温厚で寛容な私も、当時はまだ武闘派の名残があったから、苦笑しながらちょっと緊張して身構えた。

  

結局、無事だったけど、あのシーンは青春の1ページとして強烈に記憶に残ってる。ちなみに、そのコはTさんが狙ってたコで、そちらが上手く行かなかったせいで、私の側も自然消滅になってしまった(笑)。責任転嫁か! たぶん、探せば写真も出て来る。あのコたち、今どうしてるのかね。。

   

というわけで、個人的には結局、親子愛とかグループ交際(死語♪)を思い出した一件だった。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

       (計 2597字)

| |

« 日本を代表する世界的エリートレース、福岡国際マラソン終了、最後の2021年(第75回)もハイレベルで有終の美☆ | トップページ | 冷たい風雨のウォーキング、傘さしても足が濡れる&つぶやき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本を代表する世界的エリートレース、福岡国際マラソン終了、最後の2021年(第75回)もハイレベルで有終の美☆ | トップページ | 冷たい風雨のウォーキング、傘さしても足が濡れる&つぶやき »