« 山上の模倣犯(?)が岸田首相を爆弾テロ襲撃、対策は防弾幕、防爆マット、すぐ逃げる!&小雨10km走 | トップページ | いじめ不登校の子どもの母親、担任教師への殺意から自分が逃げるべき~『教場0 風間公親』第2話 »

「コンピュータ(AI)がプロ棋士を負かす日」、1996年に予測したのは羽生だけでなく多数(Nスペ『羽生善治』)&また10km

(16日)RUN 10km,50分08秒,平均心拍 136

消費エネルギー 416kcal(脂肪 104kcal)

     

NHKスペシャルについては、これまでも何度もブログで書いて来たが、やはり、非常に正確というほどでもないし(部分否定)、それほど新しい内容でもない。

    

あくまで、テレビ番組としてわりとよく出来てるということで、取材や映像作りが良いとしても、マニアックなレベルではあまり内容を信頼できない。気になる点は、自分できっちり調べる必要がある。

      

2023年4月15日に放送された『羽生善治 52歳の格闘 ~藤井聡太との七番勝負~』にも、かなり気になる表現があった。「間違い」とは言い切れないけど、誇張されててミスリーディングな(誤解を招く)ナレーションとテロップが入ってるのだ。うっかりミスでなく、意図的な誇張だと思う。(おそらく)正確な情報と比較してみよう。

    

ちなみに、同じような誇張はメディアのあちこちに見られる。主たる理由や原因は、藤井聡太の前のスーパースター、羽生善治の凄さを讃えるためなのだ。ほとんど羽生だけがコンピューターやAIの潜在能力・発展性を見抜いていた、というような文脈を作ってる。

  

   

      ☆     ☆     ☆

50分弱の番組で初めから14分20秒から始まる、コンピューター将棋のエピソード。語りはこうなってた。

  

230417a

   

1996年。コンピューターソフトがまだ弱かった頃 棋士たちにアンケートが行われた。『コンピュータがプロ棋士を負かす日は?』という質問に ほとんどの棋士が『来ない』と答える中 羽生一人が『2015年』と回答した。AIが初めて棋士を公式戦で破ったのは2013年。羽生の予言は現実のものとなった

   

230417b

    

このアンケートは、日本将棋連盟の『将棋年鑑』(平成8年版)で行われたもので、ネットで探すと、コンピュータ関連の回答を書き出した将棋ブログがあった。内容の詳細さや書き方、経緯の説明から考えて、信頼できる記事だと思う。実際、テレビに映った僅かな部分とも一致してた。リンクや名前は差し控えるが、検索すればすぐヒットするはず。

     

    

      ☆     ☆     ☆ 

確かにNHKの言う通り、「羽生一人が『2015年』と回答した」。ただ、それに近い回答は他に少なからずいた(ようだ)。

   

森雞(けい)二、「20年後」(つまり2016年)。桐山清澄、「20年後」。内藤國雄、「10年以内」。森内俊之、「2010年」。西村一義、「2020年」。前田祐司、「20年以内」。他にもまだまだ、時期を示してる棋士はいる。

  

また、言い方はともかく、「来ない」とか答えた棋士はそれほど多くないのだ。「ほとんど」でないことは明らか。それより、「無回答」が目立つ。限られた情報からの遠い予想だし、あまり嬉しくない未来だから、回答しないのも自然な態度。

      

そうしたデータを確認してるスタッフが、「ほとんどの棋士が『来ない』と答える中 羽生一人が『2015年』と回答した」と放送するのは、国営放送の硬派の看板番組としてどうかと思う。ディレクター、田嶋尉。制作統括、小堺正記・松永真一。

  

おそらく、この番組の影響でまた一段と不正確な情報が拡散するだろうから、早めに不適切さを指摘しとこう。もちろん、羽生が20年に1人くらいの天才なのは明らかなことだ。

      

    

      ☆     ☆     ☆

一方、単なる市民ランナーは、昨日も時間がない中、10kmだけスタスタ。何度も書いてるように、日曜日は家で仕事に追われてることが多いのだ。

    

上空の寒気のせいで大気が不安定な中、各種のお天気情報を確認した上で、公園へ。足元は一部、雨の影響が残ってて、走りにくかったけど、それよりも目立つのが、グループで連れ立って歩く若者たち。ちょっと前までほとんどいなかったのに、最近はハッキリ増えてる。自然なこととはいえ、ランナーとしては走りにくい。ジョギングコースを塞いでることもよくある。

   

トータルでは1km5分01秒ペース。5分を切ろうと思えば切れたけど、疲れが溜まってるし、細か過ぎる事にはこだわらず。気温15度、湿度90%、風速2m。新・心拍計はほぼ正常に作動。ちょっと低いような感もあるけど。

   

あぁ、また、にわか雨が降り出した・・とか書いてる場合じゃない。明日はまた早いから、そろそろ寝ないと。ではまた。。☆彡

     

    

230417c

      

         平均心拍 最大

往路(2.4 km) 13分12秒 121 146 

LAP 1(2.1) 10分05秒 139 145

  2   9分58秒 144 148

  3(2)  9分27秒 145 148

復路(1.3)   7分26秒 136 147

計 10km 50分08秒 136(80%) 148(87%)

    

      (計 1904字)

| |

« 山上の模倣犯(?)が岸田首相を爆弾テロ襲撃、対策は防弾幕、防爆マット、すぐ逃げる!&小雨10km走 | トップページ | いじめ不登校の子どもの母親、担任教師への殺意から自分が逃げるべき~『教場0 風間公親』第2話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山上の模倣犯(?)が岸田首相を爆弾テロ襲撃、対策は防弾幕、防爆マット、すぐ逃げる!&小雨10km走 | トップページ | いじめ不登校の子どもの母親、担任教師への殺意から自分が逃げるべき~『教場0 風間公親』第2話 »