« 4ヶ月ぶり、軽~くツイッターごっこ♪ | トップページ | 野球の途中、バトンリレーでファンに圧勝してしまうミニスカ爆走チア3人の名前♪(横浜DeNA・diana)&細切れの運動 »

藤井聡太六冠が先勝、渡辺明名人は幻のAI超絶技巧手・7七銀を逃したのが敗因か~2023(第81期)名人戦・第1局

デビュー時からずっと藤井聡太びいきの私でさえ、これだけ渡辺明名人の負けが目立つと、流石に気の毒になる。これでなんと、藤井相手の対戦成績は3勝17敗になってしまった。勝率わずか、15%(1割5分)。

   

まだ棋界・第2位の地位なのに、藤井に対するプロ棋士全体の戦績と変わらない。渡辺38歳、藤井20歳。局後のtwitterには、ひらがな6文字で1言だけ。「えぐいよなあ」

           

230407a

    

   

     ☆     ☆     ☆

「えぐい」とか「エグい」という形容詞は、若者中心に良い意味にも使うけど、統計的には悪い意味の方がかなり多いと思う。使用例の頻度でも、意味合いの割合においても。デジタル大辞泉は、悪い意味しか載せてない。

   

この渡辺の例だと、キツイ、ひどい、厳しい、とかいう意味が8割で、藤井六冠は「強いよなぁ」という意味が2割くらいか。ただ、天才・藤井といえども、イマイチの手も指すし、悪手もある。隙はあるのだ。最近の藤井は、長考の後に冴えない手を指す割合が高いと思う。ただ、なかなか崩れないし、盛り返す地力も飛び抜けてるのだ。

   

奥さんの伊奈めぐみがマンガでコミカルに描いてる渡辺家の様子を見ると、別に勝ってもお祝いの言葉さえないらしくて、普通にご飯食べるだけとか♪ 負けが続いた時でも、あっさり淡々モードなのかね?

     

逆に、藤井家のお母さんはどうなんだろう? 活躍のし過ぎもまた対応に困るかも。お父さんは職場で一言くらい、お祝いの言葉を受けてるんだろうね。私なら、おはようございますの代わりに、おめでとうございますと笑顔で挨拶するかも♪

   

     

      ☆     ☆     ☆

230407b

  

では、2023年・名人戦・第1局を簡単にまとめてレビューしてみよう。第81期というのは、将棋盤のマス目の数(9×9=81)と一致するから、「盤寿」というらしい。あらためて考えると、すごく長い。もちろん、その遥か前から続く、最も歴史の長いタイトル。戦後だけでも、新聞社との契約とかで色々あったらしい。

   

上は、朝日新聞社の有料会員記事より。毎日新聞社と共に主催。大和証券グループ協賛。

     

振り駒で先手になった渡辺名人は、変則的な戦型に持ち込む。上図の9手目、6六歩と角道を止めるのは珍しい。普通は8八銀か6八銀と上がって、角換わりになるところ。強引に矢倉囲いにするのかと思ったら、そうでもなかった。

    

27手目・3五歩と突いて先攻したのは先手の渡辺だけど、そこはしばらくお互いスルー。それに対して、後手の藤井の34手目・6五歩は完全に攻撃開始。藤井はいまや万能の天才だけど、桂馬と角の使い方が特に上手い。

   

230407hr

   

   

     ☆     ☆     ☆

お互い、自分から見て右側から攻め込む激しい中盤戦。後手・藤井の72手目、8八歩に対して、AIが最善手として挙げてたのは、8七銀。桂馬を取らせてでも、がっちり守って、飛車を追い返して先手を取ると。

  

230407ir

     

実際の渡辺の73手目は8八同金だったから、藤井は8七銀打から竜を作ることに成功。ただ、藤井の84手目・8八歩は緩い手で、渡辺に形勢挽回のチャンスがやって来た。下の評価値は、ほぼ互角まで戻ってる。渡辺が最善手を指すことを仮定して。

      

230407g

   

abemaのAIも、YouTubeの水匠・最新版も、7七銀という派手な妙手を推奨。遠く右端から、遊んでる飛車の横利きを使うと。大盤解説の佐藤天彦・九段は「超絶技巧手」と呼んだらしい。その手が見えたとしても、人間が指すのは難しい。差し当たりの銀損(のリスク)が大きいし、怖すぎるのだ。

    

abemaのAIが示してた手順(の1つ)は、7七銀、5七桂成、8八飛。一方、水匠が示してた手順(の1つ)は、7七銀、5七桂不成、5九玉、1五角、2六歩、同角。

   

どちらも、後手はタダの7七銀を取らないことになってる。取ると、手順に同桂で先手の桂馬が逃げてしまうから、それよりは5筋から挟み撃ちにして行く方が良いという判断か。しかし私の目には、そもそも7七銀が素人っぽい大悪手に見えてしまう♪ 理屈は分かるんだけど。

    

先日のツイッター記事でも触れた、話題の対話型AI、ChatGPT・最新版にたずねるとどうなのかね? さすがに将棋のデータベースはまだ足りないか。チェスなら、スラスラ正解を話しそう。

    

   

     ☆     ☆     ☆

結局、渡辺は最後まで攻め合いの形を作って、わりとあっさり投了。ちょっと、勝負を早めに「投げてた」感もあった気がする・・とまで言うと、言い過ぎか。

   

まあ、棋士の解説や記者のインタビューでは言いにくいだろうから、一般人ブログが代わりにつぶやいとこう。ここまで負けがこむと、心理的なものも大きいのでは?・・と想像。

   

終局図(投了図)は、名人戦棋譜速報 twitter より。abemaは、大きな金色の文字で「WIN」(勝利)。このままだと、4四桂から即詰みだけど、もし粘ろうと思えば、あと数手は頑張れる。私なら3五金と打って、4四桂と3六銀を消すかも。

      

230407e

  

230407f

    

なお、abemaと水匠のAI評価値の推移グラフは、下の通り。いつものように、ほぼ同じという所がまた凄い。示してる手順(数手、先まで)は違ってるのに。藤井が持ち時間を22分、残してるのも流石。経験を積んで、確実に成長。

     

230407c

   

230407d

    

そうそう。なぜかabemaのAIは手順を3手しか示してなかった。いつもは7手とか8手くらい、画面の下に出るのだ。無料版じゃなくて有料版なら、もっと見れたのかね?

   

   

      ☆     ☆     ☆

とにかく、藤井七冠を期待してる私としては、結果はほぼ満足。ただ、ちょっと渡辺の元気のなさが心配になる。

  

話がちょっとズレるけど、今、TVer動画で見れるキムタクのドラマ『教場』だと、哀れみをかけた優しい男が、かけられた男に殺されそうになってた(笑)。恩を仇で返すと。「男らしい」プライドが傷つけられたことへの反動か。

    

私も、渡辺のtwitterで気遣いのコメントを書いたりはしない。遠くでひそかに思うだけなのだ。それにしても、聞き手の山口恵梨子・女流二段のキャピキャピ感は可愛いね♪ ちょっと、マスク美人だし(笑)。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

   

230407j

    

      (計 2473字)

| |

« 4ヶ月ぶり、軽~くツイッターごっこ♪ | トップページ | 野球の途中、バトンリレーでファンに圧勝してしまうミニスカ爆走チア3人の名前♪(横浜DeNA・diana)&細切れの運動 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4ヶ月ぶり、軽~くツイッターごっこ♪ | トップページ | 野球の途中、バトンリレーでファンに圧勝してしまうミニスカ爆走チア3人の名前♪(横浜DeNA・diana)&細切れの運動 »