« 体重とウエストのリバウンドがやばくなって来たから、1ヶ月ぶりに15km走&つぶやき | トップページ | 全記事一覧(23年4~6月) »

藤井聡太六冠が連勝、渡辺明名人の敗着は悲観で心が「ポッキリ折れてしまった」後の3三玉~2023(第81期)名人戦・第2局

突然のPCトラブルで20分ほどムダにして、私も「心がポッキリ折れてしま」いそうになったけど、グッと我慢してブログの毎日更新を継続しよう。ダメージを受けるのは仕方ないから、その後のレジリエンス、回復力が大切になる。

   

さて、大注目の将棋・名人戦は、第2局も藤井聡太六冠の勝利となった。最年少名人&七冠に近づいたけど、内容的にはかなり苦しくて大変な将棋だったし、同時進行中の叡王戦も1勝1敗の五分。藤井も気を緩める余裕はないと思う。

   

    

      ☆     ☆     ☆

戦型は、珍しいというか、部分的に昭和レトロというか、相居飛車で、先手が矢倉囲いの手前の段階。後手は左の高美濃囲い。渡辺が変化を求めたのに対して、藤井もちょっと変わった対応で、序盤から興味深い展開になってた。下図は、後手・渡辺の 手目、2二玉の局面。先に後手が端攻めを開始してる。2日目(4月28日)の午前。

   

230429a

   

珍しい序盤だからこそ、進行が遅くて、大盤解説の木村一基九段は「悪く言えば退屈ですね。解説者の『か』の字も考えていませんね」とコメント♪ 観客の笑いを取ったらしい。

   

abema動画でも話題にして、笑ってた。もちろん、「ホント、退屈ですよね」とは言ってない(笑)。でも確かに、進行が遅い名人戦の解説者は大変だと思う。ずっと立ってるだけでも疲れるはず。

    

だから、聞き手の女流棋士も非常に重要。観客や視聴者の多くは男性だし。abemaの聞き手の飯野愛・女流初段は、「うん、うん、うん、うん」という独特の頷き方が可愛い♪ 最近は、仕事中の若い女性が、「はい」の代わりに「うん」と頷くことがちょっと増えてる。「うん」の言い方や、その後の話し方で、印象が大きく変わるけど、飯野はいい。

     

    

     ☆     ☆     ☆

230429b

    

最初のポイント、分岐点は、上図の局面。先手の藤井が、端攻めを狙ったところで、渡辺が3四金と強気に反発。ここで、1三角成もあったけど、藤井は自重して2六角と引き返してしまった。流れは変だし、先手が指しにくいと思うけど、AIの形勢判断はまだほぼ互角。

    

230429c

   

上の先手59手目、6六香の局面は、後手の方が有利で指しやすい。アマチュアなら、すぐに9八飛成から攻めて、後手優勢だろう。しかし、藤井が恐ろしく強いのはここからの終盤。左側からの飛車(竜)の攻めはギリギリで上手く我慢して、相手の玉を左右から挟み撃ちにして行く。

     

230429d

   

上図は69手目、先手の藤井が2六桂と打った局面。これを後手が成香で取ると、香車を渡すことになるから、左端の竜が危なくなる。例えば、9九香、8九竜、7九金。そこで7七桂打でも、攻め合いで後手が負けそう。

  

渡辺は最善手の2五金と指して、AIの判断ではまだ互角。ところが、渡辺は「心がポッキリ折れてしまった」状態だったようで、その後の藤井の端攻めに対する応手を間違えてしまう。

  

やっぱり、苦手意識が強いのかも。これで対戦成績は3勝18敗だから、トップ同士としては極端に差が開いてる。

       

    

        ☆     ☆     ☆

230429e

   

上図の72手目。先手の1四桂に対して、後手が3三玉と逃げた瞬間、AIの形勢判断は一気に先手の藤井優勢に振れた。ここは1四同香なら互角。先手が同香とすると、後で後手が先手の飛車や角を取った時、右側に玉を脱出させる道が開けてラクになる。

   

上図でも、アマチュアなら、まだ後手が有利だと思う。左には竜がいて、右では飛車角の両取りになってる。2五金の守備力も何となく心強い。しかし藤井は冷静に、2六歩。この緩そうに見える攻めが、意外と強烈だった。後手が2四金と逃げても、5三成香からの展開は先手が勝つらしい。

   

といっても、観戦中のプロ棋士でさえ、まだよく分からない局面。ところが、心が折れてた渡辺は、8九竜から形作りみたいな攻めに出て、自分から一気に負けにしてしまった。twitter で素直すぎるほど反省してたけど、まだ持ち時間も少しあったし、粘れたと思う。「最後まで闘うという当たり前のことができなくて、すみません」。。

      

    

      ☆     ☆     ☆

230429h

   

終了図は、87手目、先手・3四歩まで。朝日新聞デジタルより。取れば、6一角で合い駒が飛車しかないし、2四玉と逃げても、2五歩と王手で金を取られて負け。同玉には1五金とか。投了するのは仕方ないところ。

   

AI形勢判断の推移グラフは、いつものように、abemaと水匠・最新版とでほぼ同じ。水匠のグラフは、Youtube・元奨励会員アユムの将棋実況より。71手目まではほぼ互角の難解な戦いだった。

      

230429f

    

230429g

    

藤井六冠の次の対局は、5月6日の叡王戦・第3局。第2局では、菅井竜也八段の振り飛車に完敗だったけど、次は先手番だから期待しよう。それでは今朝はこの辺で。。☆彡

     

       (計 1931字)

| |

« 体重とウエストのリバウンドがやばくなって来たから、1ヶ月ぶりに15km走&つぶやき | トップページ | 全記事一覧(23年4~6月) »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 体重とウエストのリバウンドがやばくなって来たから、1ヶ月ぶりに15km走&つぶやき | トップページ | 全記事一覧(23年4~6月) »