男性の「触らない痴漢」対策で、女性に対するチラ見まで非難・逮捕?、迷惑防止条例や不同意わいせつ罪(刑法176条)適用に注意

ホントに疲れる世の中になって来た・・というボヤキは、今さら口にするような事でもないけど、この記事は見出しをチラ見しただけで不快になってしまった。

  

私が最初に見たのはYahoo!への配信だったけど、ここでは元の「現代ビジネス」にリンクを付けとこう。ライターは本多慎一。執筆者の名前が大きく掲載されてるのに、プロフィールにはほとんど何も書かれてない。

   

 「今、あの男に見られたかも」・・・!

  街角の女性が打ち明ける、"チラ見被害"の「容赦ない実態」

   

240619a

    

   

     ☆   ☆   ☆

冒頭に挙げられてるのは、田舎出身の若い女性の体験談。電車の斜め向かいの席の男性に、10分ほどチラチラ見られたとのこと。当事者は仮名で、客観的証拠もないから、実話かどうかさえ分からないけど、似たような事は実際にあり得るとは思う。

    

ただ、すぐ近くで匂いを嗅いだり、息を吹きかけたりするのならともかく、斜め前からチラ見されただけで、「痴漢をされたような気分でとても不快に感じ」るものなのか?

  

Yahoo!コメで大量の支持を集めてた意見には、自意識過剰という言葉が使われてたけど、自意識というより、もっと普通に過剰反応のような気がする。もちろん、現場の状況が分からないから、ハッキリとは言えない。

    

   

    ☆   ☆   ☆

全国紙社会部記者の解説として、

  

「たとえ女性の身体に直接触れていなくても、不快を感じさせる行為であれば、警察から警告を受けるなどの事案はすでに報じられています。悪質であれば、迷惑防止条例の適応なども考えられるでしょう。また昨年、新たに法改正され、より量刑が重い『不同意わいせつ罪』(刑法176条)で摘発される可能性も、ないとは言い切れません」

  

とも書かれてた。

    

この種の話をする時、当サイトでは法律の条文まで自分でチェックして、縮小コピペする。実際の条文は下の通り

       

240619d

    

   

いつものように、非常に読みづらい日本語だけど、要するに第一項の五と六の解釈が問題になる。要するに、「やめてください」とか、逃げるとかができない状況のわいせつ行為。6ヶ月以上、10年以下の拘禁刑だから、執行猶予が付かなければかなり重い。

   

にも関わらず、非常に主観的に曖昧な法律で、被害者を名乗る女性と裁判官の主観で何とでもなる話だろう。

  

   

     ☆   ☆   ☆

ちなみに、元のネット記事は後編で、前編へのリンクが付いてたから、一応読んでおいた。こちらも、見出しだけで、一部の女性の側に立った内容だと分かる。ライターの名前は男性だけど、実は戦闘的なフェミニスト系の女性ライターのような気もしてしまう。

  

 「触られてはいないけど、これって『見るだけ痴漢』?・・・触らない痴漢の『進化系』が姑息すぎる!」

   

240619b

    

こうした挑発的な記事に、女性の側から堂々と異を唱えたのが、身体障害者になった後もアイドル活動を続ける猪狩ともか。

   

240619c

  

「男性の皆さん、女性がみんなこんなこと思っていると思わないでくださいね。

 超一部の凝り固まった考えを持つ女性だけだと思います」

   

反論や炎上を覚悟した、思い切った語り口で、ちょっと心配になるほど。男性としては、ありがたいフォローだけど、「超一部」ではないと思う。少数かどうかもビミョーだから、「一部の・・女性」と考えてた方が無難。

    

こうした社会状況だと、男としてはもう、電車ではなるべく女性から離れるしかない。立つ位置、座る位置だけでなく、視線も離すと。私はよく、わざとらしくジーッと俯いて、膝上のiPadだけ見てるし、横に女性が座ってる場合は触れないように小さく縮こまってる。ふくよかな女性の場合は、横には座らない。

    

満員電車で立ってる時は、女性に対して斜めの姿勢になって、片手は上側の吊り革とか金属の棒、残りの手も他人から確認しやすい位置にキープしてる。手を下に下ろしてしまうと、冤罪被害で取り返しのつかないことになりそうだから。

  

正直、チラ見くらいはたまにするけど、「チラチラ」とは見ない。つまり、「チラ」1回で終了。これなら、たとえ防犯カメラで視線を捉えられても、摘発はできないだろう・・と信じたいけど、結局、相手の女性次第。運・不運の問題なのだ。

   

   

     ☆   ☆   ☆

「触らない痴漢」というと、実は一般男性の私も、人生で二度だけ経験してる。一つは5年前、空いてる通勤電車で、iPadにいきなり若い男の水着写真が送り込まれて来たこと。うっかり受信して見てしまったから、かなり気持ち悪かった。ガラガラの車内で、わざわざ私の近くに座って来た男のことは、いまだに鮮明に覚えてる。

    

 AirDrop(エアドロップ)痴漢、男性の私も被害経験あり

   

もう一つは、たぶん今までブログに書いてないような気がするし、ほとんど人に話したこともない。

   

確か中学1年の時、友達の家がある田舎の淋しい駅で1人で電車を待ってたら、中高年男性が接近。ニヤニヤしながら、アダルト写真を見せつけて来たのだ。男女の本番の連写で、ボカシもほとんど無かったから、すぐには何の写真なのか理解できなかったほど。

  

男はわりとあっさり立ち去ったと思うけど(記憶は曖昧)、そう言えばあの時、男の私も、声を上げたり逃げたりはしなかった。全く予想外の事件が起きると、すぐに対応するのは難しい。頭も身体も動かない。。

   

   

     ☆   ☆   ☆

時間が無くなったから、このくらいにしとこう。とにかく、男としては、いろんな意味で、いろんな方法で、自衛するしかない。特に、女性と争うことになったら、圧倒的に不利な立場だから。

    

せめて、冤罪が確定した時には女性に対する処罰や実名報道を行なって欲しいと思うけど、そんな話は全く耳にしない。結局、この極端に偏った社会のあり方自体が、逆にストレスを増して、女性に対しても不利に働いてると思う。

  

個人的に、エスカレーターやエレベーターはあまり使わないけど、電車にはくれぐれも注意しよう。それでは、また明日。。☆彡

   

     (計 2414字)

| | | コメント (0)

「夢のカリフォルニア」への幻想的な道・ルート66、古き良きアメリカの繁栄と哀愁 ~ NHK『映像の世紀バタフライエフェクト』

「ルート66」と言われても、日本人だと多分、何の事か分からない方がフツーだろう。私も12年半前、毎週・深夜の30分ドキュメンタリー『山下智久・ルート66~たった一人のアメリカ』を見るまでは知らなかった。

    

240611h

   

北米・アメリカ合衆国の西寄りの7~8割くらいを横断するルート66は、1926年に指定された旧・国道。上図は英語版ウィキペディアより。繁栄と衰退を経て、1985年に廃線。ただ、現在でもかなりの部分は道路として使われてるようで、歴史的・文化的な価値も維持してる。

    

この道路の現在(撮影は2011年)の様子を深夜番組で見て、ブログの記事としてアップしてた頃は、まだネットがSNS主流に移行する前。ウチのブログも多少の発信力があった時代だったが、今では時代遅れになってしまった。敗戦の後も、廃線はしてない♪ 下は1本目の熱い記事。当時は走るスピードも今より速くて熱かったと。

    

240611i

   

ルート66の繁栄と衰退の歴史を、自分のサイトの歴史に重ねつつ、昨夜のドキュメンタリー番組について軽く感想をまとめとこう。NHK『映像の世紀 バタフライエフェクト』、「ルート66 アメリカの夢と絶望を運んだ道」。2024年6月10日の放送。面白い内容だけど、距離的・時代的に長大な道路だから「バタフライ」(僅かな動き)という題名には合ってない。

    

   

    ☆   ☆   ☆

240611a

    

当初は急速なモータリゼーション(自動車社会化)の追い風を受けてたけど、すぐに大恐慌の荒波がやって来て、さらに自然災害「ダストボウル」(砂嵐)まで来襲。

   

行き場を失った人々は、ルート66で西海岸に向かい、「夢のカリフォルニア」に職を求めようとしたけど、実際には仕事は少ない。ところがやがて、第二次大戦の軍需景気のおかげで仕事が増加。ところが、日系人は敵性外国人として強制収容所に追い払われる。

    

戦勝国アメリカの繁栄は、1950年代のルート66とも結びついて、道路脇には「モーテル」(モーター・ホテル)が立ち並び、人々はドライブ旅行を楽しむ。ちなみに、モーテルの綴りを確認すると、最初は mo-tel だったらしい。

    

繁栄の陰で、黒人にとってはしばらく危険な差別も続いてたけど、公民権運動のおかげで旅も安全になって行った。

   

    

     ☆   ☆   ☆

240611b

   

1960年代になると、ルート66は、カウンターカルチャー(対抗文化)の聖地・カリフォルニアを目指す若者たちで溢れた・・とされてた。旧来の価値観にNOを突きつけて、定職も拒否。ヒッピーが典型。

   

240611c

   

ここで番組に流れてたのは、物悲しいメロディーの名曲、『夢のカリフォルニア』。一番有名なママス&パパスのバージョンは、1965年。

  

この英語の歌詞をよく読むと、実はカリフォルニアには行ってないというか、行かないストーリーになってる。だからこそ、哀愁漂う曲調なのだ。あくまで、東海岸あたりの寒い冬に、暖かくて過ごしやすい西海岸を夢見てるだけ。淋しくて物悲しい現実。

    

彼女もいるから、なおさら自由に旅立てないと。「If I didn't tell her, I could leave today」。「彼女に言わなければ、今日、旅立てるのに」。実際とは異なる非現実的な現在を表す、仮定法過去の典型的な英文。

   

この曲が大ヒットしたということは、実際には西海岸に行かなかった若者が多いのかも。いずれ、統計的な事実を調べてみたい。

   

    

     ☆   ☆   ☆

240611d

    

一方、私はバイク(オートバイ)が好きだけど、カウンターカルチャーのその後を考える上でも、有名な映画『イージーライダー』は興味深い。フロントフォークを長く伸ばして、ハンドルの位置も高くして、ヘルメットも被らずに走る姿はいかにも反抗的で印象的。このバイクをゆったり運転できるのは、広い1本道が真っ直ぐ長く伸びてるからでもある。

   

1969年のこの映画、私は題名とイメージと曲(『Born to be wild』、Steppenwolf)しか知らなかったけど、英語版ウィキでプロット(あらすじ)を読むと、インパクトがあった。

   

ドラッグ(コカイン、LSD、マリファナ)や自由恋愛(フリーセックスも含む)が登場するし、結末は悲惨。ネタバレで恐縮だが、新しさや自由を恐れる一般の人々によって無惨に殺されてしまうのだ。最近の言葉なら、多様性への反動とでも言うべきか。共生という理想はなかなか難しいと。

     

240611e

    

番組では、「アメリカを探して旅だった男は それをどこにも見つけられなかった」という宣伝のセリフを紹介。英語だと、A man went looking for America. And couldn't find it anywhere... より正確には、「アメリカ」は思ったより小さくて狭かったと言うべきかも。

   

そして数年後、ベトナム戦争が終わると、カウンターカルチャーも急速な終焉を迎える。哀愁ただようイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』が1977年。

   

日本だと、学生運動の終わりも象徴する『いちご白書をもう一度』がヒットしたのは1975年。その後、若者たちのエネルギーは無害化され、アイドル=偶像へと向かうのであった。。

    

   

     ☆   ☆   ☆

そして番組の終わり間際には、予想通り、トランプ前・大統領が登場。熱狂的に支持したのは、ルート66沿いの州に住む人々だと。つまり、古き良き米国の復活を夢見る人々。「米国を再び偉大にしよう!」。

    

240611f

    

NHKというマスメディアは、現場のレベルだと、かなりリベラルな立場に見える。「もしトラ」で再選もあり得るトランプを、まるで幻想の虚構に過ぎないように報じるこの番組にも、そうした姿勢が見て取れる。だからこそ、ジャニーズ事務所批判に転じるのも早かったし、旧ジャニーズ離れも民放よりは徹底してた。

         

240611g

   

最後の映像は現在のルート66だと思うけど、道路の維持・管理はどうなってるのか、不思議な気もする。過去の遺物的な道路に、巨額の費用を注ぎ込む余裕はないはず。ということは、そもそも通行量がかなり少ない可能性もある。人気は今でもそれなりにあっても、実際に走る車は非常に少ないのかも。

   

ちなみに、ルート66の初期の1928年には、米国横断マラソンも開催されたらしい。また今度、調べてみよう。とりあえず、今日のところはこの辺で。。☆彡

   

    (計 2558字)

| | | コメント (0)

日本の出生率は過去最低1.20まで低下、人工子宮の実用化も遠い話だけど、歴史的・世界的に推移を見れば、人口減少も自然か

少し前までは、日本の出生率の低さに対して、ヨーロッパ・北欧の国々を見習えとかいう主張が出てた。ところが最近、ヨーロッパも低くなってるから、そのような声はあまり聞かなくなってる。

    

それでいて、アフリカを見習えとか、インドを見習えといった声はほとんど聞こえてこない。やはり、日本の視線はあくまで先進国(欧米)に向いてる。少なくとも、同じアジア地域の超大国インドはもっと注目されてもいいはず。デジタルの世界でも、ある意味、最先端の国の一つと言えるから。

       

下は、日経新聞HPより、大幅に縮小してごく一部をお借りした。2050年にはインドの人口が断トツのトップ。中国の2位も、圧倒的に他国を引き離してる。日本の人口は20位近くまで後退して、存在感が希薄化。人口の伸び率というか、出生率だと、アフリカが目覚ましい(色が濃い)。

   

240606a

   

240606b

   

   

    ☆   ☆   ☆

さて、昨日の日本の合計特殊出生率のニュースを見た後、私がすぐ思い出したのは、久々に3月にあった友人K。陸上部で活躍してた面影はあまり見えなくなってるけど、子育てで大活躍してた。子どもが大勢いて、しかもみんな、かなり優秀らしい。

   

その話を聞いて、私は直ちに「素晴らしいな! 奥さんが♪」とイジって笑いを取ったが、もちろんK自身にも感心。やはり只者ではない。

    

しかし、それはなかなか真似できない事だから、最新テクノロジーで人口減少問題を解決できないものか。そう思って、「人工 子宮」で検索すると、直ちにMIT(マサチューセッツ工科大学)の専門的な記事がヒットした。去年の秋の記事だから、最新状況に近い。

   

「解説: 人工子宮とは何か? 実用化への道筋と倫理的問題」

  

240606c2

   

液体をみたしたバイオバッグに入れた胎児に、へその緒の代わりのチューブをつなぐらしいけど、まだ動物実験の段階。倫理的な問題もあるから、人間をゼロ(受精卵か精子&卵子)から育て上げるのは、まだ遠い先の夢物語らしい。

   

といっても、「試験管ベビー」(死語)のことを考えると、倫理的・社会的な合意はそれほど難しくないかも。実現まで100年はかからないと思う。無許可とか非公表の実用化なら、50年もかからない気がする。

   

   

     ☆   ☆   ☆

そんな事より、人口推移を世界的・歴史的に大きく見ると、むしろ大幅に人口が減るのも自然なことだと思えて来る。

  

まず、日本。なぜか、国土交通省がグラフ資料をアップしてた。「我が国人口の長期的な推移」。1200年間のグラフを見ると、ここ150年間で急増して4倍になってるから、1億人を下回る程度なら普通のことかも。

   

240606d

  

世界については、英語版ウィキペディアが超長期チャートを載せてた

  

240606e

   

この種のグラフは、地球温暖化の気温データでお馴染みだが、人口の方が遥かに急激な増加になってる。

   

僅か1000年で、世界人口は30倍近くに到達(3億人 → 80億人)。ここ100年でも数倍だから、むしろ人間の増え過ぎの方が問題だろう。地球のキャパシティ(許容範囲)を超えつつある。もちろん、宇宙開発や移住はまだまだ未来の夢。前澤友作の月旅行計画も結局、中止された。

  

   

     ☆   ☆   ☆

というわけで、後は、日本人である自分の老後の年金や医療・介護問題になって来る。相対的には、かなり小さい問題。

    

私としては、なるべく自助努力をして、最後は正直、自然な諦め、諦念も肝心だろう。「諦め方」には色々ある。政治家や若手評論家が口にすると大炎上することだが、いつまでも周囲が助けてくれるという考えは、それほど現実的とは思えない。

  

少なくとも、人口の先細りと高齢化が続く日本においては。それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

     (計 1517字)

| | | コメント (0)

早稲田大学の入試不正で使用されたらしきブランド名のカメラ画像送信スマートグラス、高価でもメルカリで人気&お疲れジム

(16日) BIKE (indoor) 27 km,58分00秒

平均心拍 132,最大155,マシン表示 708kcal

心拍計表示  460 kcal(脂肪 129kcal)

   

LEG PRESS (135・145・155・165kg)×10回

Fly(胸&腕) 30kg×12回,35kg×10回,45kg×1回半♪

        

WALK 6.2km

   

   

    ☆     ☆     ☆

ほんのちょっと調べるだけのつもりだったのに、またハマってしまった。アンダーグラウンドな世界だろうとは思ってたけど、想像よりもディープな世界なのかも。カメラ画像を送信できるタイプの眼鏡(メガネ)は、意外と種類が少ないのだ(日本の正規販売では)。今回の事件でますます暗い闇になりそう。

      

早稲田大学・創造理工学部の入試で発覚した、スマートグラス不正事件。私が最初に気になったのは細かい事で、取り調べが「任意」と報道されてた点だった。

    

どうも、逮捕なしの書類送検の場合、取り調べは任意になるらしい。ただし、任意といっても、拒否すると印象が悪化して逮捕されかねないから、実際にはかなり強制力がある。自宅に警官やパトカーが来ることはないにしても、周囲やメディアには多分バレてるはず。18歳だし、重い犯罪でもないから、名前は公表しないと。

   

   

     ☆   ☆   ☆

240517a

    

スマートグラスなどの写真は各メディアで報道されてるけど、ここでは読売新聞HPから縮小コピペさせて頂こう。レンズの左右両側のカメラレンズとか撮影ボタンより、私が気になったのは、ボタンの下のテープみたいな物。デザインとは思えないから、ロゴその他の商品の特徴を隠してるということだろう。

   

240517b

   

フレームの内側の写真も、電源ボタンを写してるのはいいとして、実は別のロゴがちょうど入らないような角度で写してるのだ。世界中、誰でも知ってる超有名企業のロゴだから。

   

240517c

    

上の押収物の写真も、スマートグラスのブランド名や製品名を特定するためのヒントになる。メガネの右側のケースに特徴があるのだ。形、色、留金みたいな物、そしてまた見えてる、ケースの内側の黒いテープみたいな物。実は、ここにも名前が書かれてる。

   

   

     ☆   ☆   ☆

そもそも、両側にカメラが付いてるスマートグラスは珍しいから、ほぼ特定したと言っていい。老舗ブランドRay-Ban(レイバン)とMeta(メタ)のコラボ商品の1つ、wayfarer(ウェイファーラー)。

   

米国で299ドルだから、日本円だと本来なら5万円ほど。ただし、日本での直接の販売はしてないらしい。理由は不明。警察庁か何かが不許可だったのか? いずれにせよ、犯人・・というか容疑者の受験生がフリマアプリを使って購入したのは、普通に購入することが難しいからだろう。だからこそ、メルカリでは強気の高値で取引されてた。7万円前後か。

    

240517d

   

性能的には、素晴らしいというほどでもないと思うけど、あまり動かない物の撮影なら十分だと思う。静止画は約1200万画素、動画は1920×1440ピクセル。毎秒30フレームはやや少なめか。本来は、撮影LEDが点灯して周囲に知らせる仕様らしい。プライバシーや個人&組織情報保護への配慮。

   

もちろん、WiFiやbluetoothでスマホと無線接続可能。対応するiOSのバージョンが14.4だから、数年前くらいの発売だろう。公式サイトへのリンクはあえて付けない。

     

240517e

   

今現在は、最新モデルのSkyler(スカイラー)の予約受付中。ただし、日本は不可。「お住まいの地域では購入できません」。下はレディースの白。オシャレだけど、カメラレンズの暗い色が目立ってる。

   

240517f

   

不正使用や盗撮は論外として、スポーツとかに使うのなら面白いかも。ランニングでも自転車でも。大会の規定で禁止されてるのかどうかは不明だけど、誤解や疑念を招きそうだから、公の場ではあまりにハイリスクか。特に、今後しばらくの間は。。

   

   

     ☆   ☆   ☆

一方、小市民アスリートの方は、昨日も寝不足に耐えつつジム。着いた途端、先週のマンツーマン・トレーニングのトレーナーが後ろから声をかけてくれた♪ よく私だと分かったね。そもそも1回、担当しただけなのに。

   

相変わらず脚の疲れが取れない中、インドア・サイクリングはまたきっちり1時間こなした・・と書きたかったけど、58分が精一杯 (^^ゞ。眠くて、行く前にボーッとしてしまった。今回も、最初の15分くらいは太腿が重かったけど、徐々に。室温21.5度、湿度53%。前回よりちょっとマシな環境だけど、私はかなり暑く感じた。

   

最初の28分レベル10でペダリング。回転数は平均で毎分81回くらい。徐々にペダリングに慣れて来た♪ その後、レベル11とレベル12で10分ずつ。

    

さらに、レベル13で4分、レベル14で2分レベル15で30秒。最後は、レベル11で3.5分。1分だけ高回転(毎分80~100回転)。今回も、わりといい感じで終了♪ 距離は58分で27kmだから、前回よりちょっとだけスピードアップ。やっぱり、軽めのギアで回転数を上げる方が距離が伸びやすい。新・心拍計は正常に作動。    

   

240517g
   

          

     ☆   ☆   ☆

終わった後は、マシン筋トレ。今回も、まずまず好調。時間があれば、もっと色々やりたいんだけど、平日の仕事の後だとなかなか難しい。レッグプレスもフライ(胸&腕)も少しレベルアップ♪

     

ウォーキングもスピードを上げて、距離もこなした。ところが、それ以上に飲み食いしてるから、体重は増える一方 (^^ゞ 腹も膨らんで来たな・・とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

      

    (計 2270字)

| | | コメント (0)

ネットの著名人詐欺広告、Meta(メタ)社の声明は「社会全体でのアプローチが重要」、謝罪・反省はなし&新ジム4回目、短時間

(16日) BIKE (indoor) 17 km,39分,平均心拍 124,最大147

消費エネルギー 266 kcal?(脂肪 32 kcal),マシン表示 465 kcal

 

LEG PRESS (95kg,105kg,115kg,125kg)各10回,135kg × 7  

WALK 3.2km

   

   

    ☆     ☆     ☆

有名人の詐欺広告。私は、facebook をほとんど使わないからなのか、数回しか見たことないけど、Yahoo!の上部に普通にホリエモン(堀江貴文)の投資広告が大きく出てた時には驚いた。3ヶ月くらい前に、1度だけ発見。

   

まさか、ヤフーの一番目立つ場所に、超有名人の詐欺広告がドーンと出るとは思わなかったから、エッ、本物なの?・・と思ってしまった (^^ゞ 強烈にアピールするタイプの実業家で、昔は派手な投資家として世間を賑わしてたから、投資関連の広告くらいはあっても不思議はない。

   

と言っても、もちろん騙されることはない。本物だろうが偽物だろうが、投資関連の甘い勧誘広告というのはほぼ完全に無視。メールもよく来るけどスルー。たまに単なるお遊びでタップとかクリックすることはあるけど、基本的に相手にしてないから、送金・振込もセミナー参加もあり得ない。

    

   

     ☆   ☆   ☆

しかし残念ながら、うっかり信用して引っかかってしまう被害者もいるらしい。オレオレ詐欺よりは分かりにくいし、まだ割と新しい犯罪だから、心の準備や啓蒙活動も足りないはず。

  

被害者はもちろん、悪用された著名人が困惑・激怒するのは当然だし、犯人が詐欺で手に入れたお金が別の悪事に使われる可能性も高い。

   

240417a

  

そんな社会状況の中、昨日(2024年4月16日)、Meta(メタ)社の声明が公式サイトに掲載された。「著名人になりすました詐欺広告に対する取り組みについて」。短くはない声明の中、謝罪のような言葉が一言も入ってないのには苦笑。

   

   

     ☆   ☆   ☆

もちろん、訴訟問題になりつつあるから、自分で罪を認めるような発言をしてしまうと、巨額の賠償金・罰金につながる恐れがあるのは分かる。ただ、本当に一言も非を認めてない文章には恐れ入る。日本の大企業だと考えにくいから、日米の文化の違いもあるんだろう。

   

240417b

  

名前を悪用されてる著名人の一人、前澤友作は、「おいおい。まずは謝罪の一言は?」とX(旧 twitter)でツッコミ

  

確かに、超有名人の名前を使った広告くらい、簡単に見分けがつきそうに思えるけど、例えば数が多過ぎて対応が間に合わないとか、実務上の限界があるのかも知れない。言い訳になるかどうかはさておき。

   

昔、Youtubeが登場した時、海賊版とか違法な動画が大量にアップされてたのを思い出す。あの時も、会社は、対策が間に合わないというような説明をして、サービスはそのまま継続。

  

そのうち、音楽業界もテレビ業界もYoutubeを利用して宣伝するようになったし、いつの間にか、あからさまな海賊版や不適切動画も減ってる。収益源とするYoutuberも増えて、上手く社会に溶け込んだのだ。

    

ただ、オレオレ詐欺は健在のままだし、詐欺広告もそう簡単には一掃できないと思う。ネットじゃなくても、怪しい広告は普通にある。法整備にも啓蒙・教育活動にも時間がかかるし、とりあえずは一人一人が引っかからないように注意するしかない。。

   

  

     ☆   ☆   ☆

一方、単なる無名の市民アスリートの方は、昨日が新ジムの4回目。不満は多いけど、契約してしまったから、しばらくは我慢。精神的トレーニング♪

   

これは詐欺広告に引っかかったわけじゃなくて、単なる情報不足による不運な失敗。どこにもない細かい情報は、手に入れようがない。前もって、面倒な見学をしてても、たぶん分からなかったと思う。

    

本当はインドア・サイクリング(=エアロバイク)1時間の予定だったのに、時間が足りなくなって、39分が精一杯。レベル10、レベル11、レベル12で10分ずつ。その後、レベル13で3分、レベル14で2分

  

前日は休んだし、この日もランニングマシンを使わなかったから、脚はわりと楽だった。それより、暑さとの闘い (^^ゞ あと、大きめの古いマシンがどうしても身体に合わない。最後は、レベル11で4分。途中の1分だけ高回転(毎分80~100回転)。新・心拍計は正常に作動。屋内のバイクだと、腕を振らないし上下動もないから、本当に正確。

   

   

     ☆   ☆   ☆

その後は、わりと面白がってる筋トレ、レッグプレス。昨日は135kgまで上げてみた。まだ余裕はあるけど、そのくらいで控えめにしとく方が無難。ギクッと膝や腰を痛めてしまったら、生活や仕事にも悪影響が出るから。

   

往復はいつものように早足のウォーキング。近くはないけど、別に嫌でもない。適度なウォーミングアップとクールダウンになってるから。よし、早めの毎日更新リズムに追いついた! それでは、今日はあっさりこの辺で。。☆彡

   

240417c

    

    (計 2028字)

| | | コメント (0)

大谷翔平の通訳・水原一平氏の当初の英語インタビュー核心部、賭博の借金のネット送金について(ESPN、BBC、直後に撤回)

(21日)WALK 6km(荷物 5kg)

      

幸福と祝賀ムードの絶頂にあった大谷翔平ファミリーに突然、降って湧いたような、巨大な国際的騒動。私も今、個人的にバタバタしてる最中だけど、つい英語の情報まで調べてしまった。

  

いつもの事ながら、英語の情報は速くて詳しいし、日本と比べて忖度(そんたく)が少ない。言いにくい事もズバズバと繰り返し話してる。

   

正直言って,最大のポイントは、通訳の水原一平氏の賭博や依存症の件ではないし、数億円以上とも言われる金額でもない。聞いたこともない賭博組織のことでもない。大谷自身の関与と違法性のはず。肩代わりしたのか、どうか。

  

  

    ☆   ☆   ☆

水原は最初、スポーツメディアESPNのインタビューに対して、大谷が求めに応じて渋々と送金してくれたような話をしたとされてる。ところが、すぐに撤回されたようなのだ。翌日か、数時間後くらいに。

  

最初の90分もの電話インタビューで、そんな重大なウソをつくだろうか? もちろん、とっさに口からデマカセを話して、後から真実を語る場合もあるけど、水原は長時間のインタビューを承諾した時点で、相当な覚悟ができてたはず。

  

そう考えると、大谷の側の代理人からの猛反発で前言撤回に追い込まれたのでは?、と考えたくなる。とにかく,まずESPNの最新の(?)YouTube動画を見てみよう。かなり長いので、ポイントのみに絞って。

   

  

     ☆   ☆   ☆

インタビューしたのは、女性記者のティーシャ・トンプソン(Tisha Thompson)らしい。

    

240322a

   

 he had gone to Ohtani and had said can you help me and Ohtani eventually offered to pay off his debt.

        

And according to Mizuhara in the first interview he said Ohtani was the one who logged on to the computer and paid off the first wire transfers・・・

    

彼(水原)は大谷のところに行って、助けてくれないかと話した。すると大谷は、最終的には、彼の借金を払うことを提案した。

 

そして水原の最初のインタビューによると、コンピューターにログイン(ログオン)して最初のネット送金を行ったのは大谷だった・・・

    

  

     ☆   ☆   ☆

念のために書いとくと、私は大谷のアンチでは全くない。もともと宮本武蔵のファンでもあるし、プロ野球の世界で二刀流を大成功させた規格外の彼には素直に感心してた。性格、キャラの面でも、明らかに好感を持てる。

   

ただ単に、ひょっとすると純朴な超天才野球選手が長年の友人のためにうっかり失敗したのかも知れない・・、と思ってるだけだ。一芸に秀でた人間が、他の分野で上手く行かないことは、あまり珍しくない。

   

もちろん、まだ真相は藪の中だし、仮に助けてたとしても、その違法性や罪の判断は高度に専門的な話になる。特に、州ごとに事情が異なる米国だと。例えば、自分の口座の大金を友達のために日本のtotoに注ぎ込んだのなら、何の問題もないはず.

   

  

    ☆   ☆   ☆

話を戻すと、上の動画では、大谷の送金決定の部分が省略されてる。その部分を、英国BBCの記事で補ってみよう。ESPNの最初の報道を受けた内容。

  

240322b

         

Obviously [Ohtani] wasn't happy about it and said he would help me out to make sure I never do this again

    

明らかに、大谷はそれを喜んでなかったが、二度とこんな事はしないことを私に確認して、助けてくれると話した

   

          

ちなみに上の英文の解釈や日本語訳はかなり微妙で、難しい。to不定詞の用法や、thisの意味について、いろんな考えがあると、ChatGPT(有料model4)も説明してた。

  

例えば、彼が二度と「こんなお願い」をすることのないように一度だけ手助けするとも読めるし、二度と「こんな賭博の失敗」をしないことを確認して助けたとも読める。

  

   

     ☆   ☆   ☆

この当初のインタビュー(すぐ撤回済)が事実なら、大谷もかなり悩んだ上で、仕方なく長年の年上の通訳を助けたことになるだろう。おそらく、弁護士とか奥さんの真美子夫人には相談せず、一人で判断して。

   

いずれにせよ、しばらくは米国の情報に直接、注目しとこう。日本の二次的な報道よりも。なお、単なる小市民の運動の方は、恒例の荷物ウォーキング6kmのみ。それでは、今日は早くもこの辺で。。☆彡

   

     (計 1896字)

| | | コメント (0)

地震が続く首都圏・千葉、飲料水や保存食の(合理的な)買いだめが増加?&またスピード練習

(9日) RUN 9 km,46分07秒,平均心拍 130

1500mラン 6分16秒,平均心拍 143 + 7.5kmジョグ

消費エネルギー 348 kcal(脂肪 97 kcal) 

   

単なる偶然とか考え過ぎかも知れないけど、最近、私がスーパーへ行くと、一部の棚や冷蔵庫のスペースが(ほぼ)空っぽになってることが増えてる気がする。

    

昨夜、よく使うスーパーに行くと、袋入りの即席麺の場所が空っぽになってた。安くて地味な商品の場所だから、かなり珍しいな・・と思ってたら、冷蔵庫の牛乳のスペースもほぼカラ。売れ筋の豆腐もカラ。別に困るほどの実害はないけど、大震災とかコロナ初期みたいな感じで、これもかなり珍しい。

    

実は前回、行った時には、パックご飯の箇所が空っぽになってたし、その前はミルクココアが空っぽ。どちらも、かなりたっぷり陳列してた商品だ。誰かが大量に買ってるのか、そもそも供給が減ってるのか。色んな可能性があるけど、とにかくちょっと変な感じを受けてたのだ。ちなみに、以前、品薄で高価になった玉子は落ち着いてる。

    

   

     ☆   ☆   ☆

で、さっきネットを見ると、読売新聞の東日本大震災関連記事が目に留まった。

  

地震相次ぐ千葉県、飲料水や非常食の買いだめ急増… 『品薄が品薄呼ぶ』悪循環を警戒」

  

240311a

   

最近の地震に加えて、正月には石川の大地震が発生してまだ大変だし、3・11の13周年でもある。少し早め、多めに必需品を備蓄するのは賢明で合理的な行動だと思う。1週間くらいは自力で何とか生き延びれるくらいの備えが欲しいから、まだパニックには程遠い今のうちに、少しずつ。慌てず、騒がず、先延ばしもせず。

   

   

     ☆   ☆   ☆

保存食と聞いて、ふと思い出したのが、尾西(おにし)食品のアルファ米。私は知らなかったけど、貰い物で食べて、よく出来てる長期保存食(5年とか)だなと思ってたのだ。お湯か単なる水を入れて、しばらく待てば食べれる。種類によっては、小袋の調味料を入れて、小さいスプーンでかき混ぜる。非常食としてはまずまずの味で、種類も豊富だから、わりと飽きないかも。

  

早速、amazonでチェックすると、ベストセラー1位(炒飯・ピラフ部門)で、評価が7000近くも付いてた(下の画像の左端)。12種類で5000円近い商品がこれだけ売れてるんだから、定番商品なんだろう。

   

240311b

    

ただ、値段がちょっと高めなのだ。1袋400kcal弱で、約400円。2袋食べれば、約800円。2袋ずつ3食なら、1人、1日あたりで2400円になる。

   

4人家族で1週間分なら、70000円弱。まあ、震災への備えとして、それほど高くはないコストかも知れないけど、安くて手軽に買えて保存性もある即席麺とか、なかなかいいと思う。

  

・・と思った途端、私はちょっと遠くのコンビニまで出かけて買って来たのだ(実話)。夜中の店のレジは、片言の日本語を話す外国人。災害時の情報伝達とか、もうちょっと態勢を整えといた方がいいかも。難しい日本語や特殊な用語が多いから、もっともっと、やさしくて分かりやすい日本語で。。

    

    

     ☆   ☆   ☆

一方、単なる小市民アスリートは、昨日もまたスピード練習。1500mを中心にして、計9km走って来た。シューズは2足目の厚底カーボン(前足部のみ)。

  

自分では、かなりスピードが出てる気がしたのに、タイムは去年とほぼ同じで、6分16秒 (^^ゞ 1km4分10秒ペース。脚の疲れを取った状態で厚底フルカーボンで走れば、6分ジャストくらいだろう(個人の感想♪)。心肺はちょっとラクしてた。

     

それにしても、1km4分ペースの壁が厚い。ちなみに、前半と後半(750mずつ)を測定してみたら、ほぼ同タイムだった。ラストスパートも効いてないと (^^ゞ 納得いかないな。

   

気温7度、湿度30%、風速3.5m。新・心拍計は、往路のアップを除けば、ほぼ正常に(低めに)作動。名古屋ウィメンズマラソンの結果、パリ五輪が決定した前田穂南に「アレのアレ」(五輪のメダル)を期待しつつ、ではまた明日。。☆彡

   

   

☆1500mのみの心拍とペース

   

240311c

   

    (計 1683字)

| | | コメント (0)

「美人局」(つつもたせ)の語源・出典、中国・宋代『武林旧事』第6巻、AIによる翻訳と解釈(ChatGPT4、Google)

前にも書いたけど、私が田舎から都会に出て来て、すぐに学んだ事の1つは、知らない女性との接近には注意すべきということだった。出て来たばかりの少年のことなど、ほとんど誰も知らないはずなのに、1人の女性が誘いかけて来た。

   

世間知らずの少年でも、流石にこれはお金目当てだろうと思ったけど、私自身はお金を持ってないから取られようがないし、当時は武闘派で、足も今より遥かに速かった。3人くらいなら相手になるし、多ければ走って逃げるつもりで、待ち合わせ場所に到着。

 

すると、口の達者な美人のお姉さまが登場。本題はなかなか口にしなかったけど、要するに、数十万円の英語教材の営業だった。ローンを組めば、月々の支払いは数千円だから大丈夫だと。私の名前と連絡先をどうやって知ったのかは不明。こっそり闇の業者から特殊な名簿を買ったということか。

   

しばらく巧みなセールス・トークと強烈な目力を味わった後、何とか断って帰宅。今、思い返すと、最初にいい社会勉強をしたと思う。世の中、そうそう上手い話はない。

   

女性と金儲け話には要注意☆ 男の人生の基本だろう。現代社会のあれこれを見ても、あらためてそう実感する。女性にとっては、男性と金儲け話と美容・ダイエット関連には要注意といった感じか。厳しい減量から摂食障害になって、万引きで逮捕された有名女性マラソンランナーの話も有名だ。。

    

   

     ☆   ☆   ☆

さて、昨日(2024年3月7日)報道された、男子中学生と女子中学生の逮捕(他に少年1人、児童相談所に通告)。事件は、2月12日に発生したらしい。

  

SNSで少女と知り合った男子大学生(3年、22歳)が大阪で待ち合わせしたところ、男子中学生2人から現金を奪われそうになって、逃げ回ってる内に、4階建てビルの屋上から転落死したとのこと。下の現場映像はMBSより。

   

240308a

  

なまじ、6階から隣のビルの屋上への飛び降りは成功したから、さらに続けて地上へ飛び降りてしまったのかも。写真からも分かるように、2回の飛び降りは、難度(高さ)がかなり違ってる。

   

同じ男として、何とも残念な事件だ。「もし容疑がほぼ事実なら」、凶悪な中学生3人が論外なのは当然。ただ、大学生にも、少なくとも写真のビルの6階という場所が怪しすぎておかしいと気づいて欲しかった。22歳だと、「美人局」(つつもたせ)という犯罪行為を知らなかったのかも。ともあれ、合掌。。

    

  

     ☆   ☆   ☆

さて、美人局については、今まで何度か触れてるけど、語源というか、出典とされる文献を調べたことはなかった。たまには、中国の古典的な文献を見ておこう。今では、AIの能力も格段に上がってるから、手助けしてもらえるはず。

   

小学館『日本国語大辞典』その他によると、出典は中国・宋代の『武林旧事』。検索すると、前にも何度か使ってる、原文公開サイトがヒットした。「中国哲学書電子化計画」。美人局で検索すると、第六巻の下の箇所だけがヒットした。この検索という機能を使えるのが素晴らしいのだ。紙の本だと、言葉を見つけ出すのは大変。

   

240308b

  

私が自分でこれを読むと、「世の中にはいろんな人がいる。例えば美人局は少年を誘惑する」といった感じになる。もちろん、細かい事は分からないし、自信も実力もない。

   

結果的にその読解はそこそこ当たってたけど、どこまでが美人局の説明なのかはハッキリしなかった。上の引用の後もしばらく文章が続くから。

    

  

    ☆   ☆   ☆

そこでまず、Google翻訳を使用。コピペで入力すると、次のような日本語訳が出力された。

   

「広大な地域には、多くの人々、多くの怠け者や狡猾な人々、多くの本物の弟子たちがいます。 売春婦を妾として使用して若者を誘惑しトラブルに陥れる、いわゆる美人局があり、内閣賭博局は賭博やギャングを通じて金を騙し取るために利用され、水利局は役職、昇進、便宜、異動を求めるために利用される。 、訴訟、取引等、名誉を目的とした行為、売名行為、財産の漏洩等。 また・・・」

   

まずまずだけど、今一つかなと私は感じた。最初の文の末尾は「います」なのに、次の文の末尾は「される。、」。文体が統一されてないし、「。、」という記号の使い方は日本語に無い。内容的にも、「多くの本物の弟子たちがいます」という部分はおそらく誤訳に近いと思われる。

   

    

     ☆   ☆   ☆

そこで次に、毎度お馴染み、ChatGPT(有料model4)を使用。流石に、こちらの方がこなれた日本語になってる。グーグル翻訳は辞書的な直訳に近い感じに見えるけど、チャットGPTは文脈を考慮した滑らかな日本語にしてるのだ。

   

広大で人々が溢れる地区では、怠け者や悪党が群れを成し、真に多くの弟子たちがいます。いわゆる美人局では、娼婦を側室に見立てて少年を誘惑し、賭博場ではカードゲームや団体行動で金を騙し取ります。また、・・・

    

ただ、依然として3つの疑問が残ってるから、質問してみた。まず、1つ目。「真に多くの弟子たち」。実は先に、英訳させた時には、「who have gathered in large numbers」となってた。これだと要するに、「多くの人々」という意味。

   

この点を尋ねると、やはり「本当に多くの人々がいる」といった意味らしい。それなら、後の文脈とも合ってるし、理解しやすい。例えば、美人局を行う悪人たちもいるし、他にもいろんな人がいると。

   

   

     ☆   ☆   ☆

続いて、「美人局」の説明はどこまでなのか? これは予想通り。「娼婦を側室に見立てて少年を誘惑し」の部分で終わり。その次からは、別のいろんな人々の話に変わってる。

   

では最後に、「娼婦を側室に見立てて少年を誘惑し」とは、どうゆう意味なのか? こちらも、私の解釈で合ってた。誰か、他の犯罪者が、娼婦を使って、あたかも少年の妾にするかのように誘い込み・・ということ。

  

従って、この「武林旧事」での美人局の説明は、現代日本の美人局の意味とぴったり合ってることがわかった。もちろん、AIが正しいとは限らないけど、この件に関しては正確だと思う。語学やプログラミングは得意なのだ。

     

   

    ☆   ☆   ☆

なお、「」という言葉はおそらく、役割とか女官という意味だと思う(漢字ぺディアの説明)。日本語で使う場合、「局部」という意味も込めてるような印象もあるけど、少なくとも中国語の出典にそんな意味は入ってない。

   

とにかく、注意が必要なのだ。誘われる側だけでなく、誘う側も要注意! たかが数万円~数十万円程度のお金を奪い取ろうとして、人生を棒にふることになる。自分自身だけでなく、家族の人生まで。

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

     (計 2709字)

| | | コメント (0)

消費者庁の措置命令(糖質カット炊飯器など)、景品表示法の課徴金(3%)を上げないと企業の「やり得」&13km走

(11日) RUN 13 km,1時間03分30秒,平均心拍 140

消費エネルギー 535 kcal(脂肪 128 kcal)

   

最近、市民ランナーの私がインスタを見てると、すぐ簡単に走力が大幅アップ!・・といった感じの広告がよく表示される。

   

一応、実験データがあるようなことを書いてるけど、その種のものは今までさんざん見て来たので、今さら調べる気もしない。そもそも実験というのは、多数回、大勢に対して、信頼性のある多数の実験主体によって行われないと、科学的根拠にはならない。

   

昔ながらの、すぐに儲かりますといった感じの広告も多い。個人的には相手にする気もしないが、信用して商品やサービスを購入する消費者も相変わらず大勢いるようで、目立つ抗議行動もほとんど見かけない。(なぜか)満足してる人はそれでいいだろうし、わざわざ事を荒立てて余計に損をするリスクもあるから、そんなもんだろう。

    

   

     ☆   ☆   ☆

去年の秋に続いて、先週もまた、糖質カット炊飯器に対して消費者庁の措置命令が出た。大幅にカットすると宣伝してるけど、そんな効果は確認できないということ。ダイエットに励む大勢の人をターゲットにした、糖質より甘い商品。

   

240212a

  

今回、対象になったのは4社。上の朝日新聞の写真で、左から、ニトリ、Areti(アレティ)、リソウジャパン、Ainx(アイネクス)。左の2つは1万円以下の商品だけど、左から3番目のリソウは55600円、右端のAinxは22000円。富裕層を除くと、安くはない買い物だろう。効果が無いのなら。

       

もちろん、効果がないという今回の警告も一つの実験結果だから、これに対して企業が実験的に反論することも可能だけど、真っ向からの反論はほとんど聞いたことがない。たかが、一部の指摘に弱く反論する程度。もともとの実験に自信がないか、そもそも根拠がないからだろう・・と思われても仕方ない。

    

   

     ☆   ☆   ☆

240212b

       

で、今回の話もあちこちでニュース報道されてるけど、肝心の話はさっぱり書かれてないのだ。つまり、課徴金が安過ぎるから「やり得」だということ。命令を出されても、売上額の3%(百分の三)を後払いするだけなら、事業者には十分すぎる利益が残るはず。景品表示法、第八条。広い意味での「罰則」が緩すぎて、野放しに近い状態がずっと続いてる。

   

だからこそ、2回の命令の後でも、糖質カット炊飯器はamazonその他で普通に売られてるし、そこでのレビューは、順番を「新しい順」にわざわざ変えない限り、なぜか褒め言葉が並んでるのだ。

   

個人的感想のレビューはともかく、措置命令が連続で出てるような商品をそのまま売り続けるメジャーサイトというのも、どうかと思う。まずは大手から、販売方針を改めて欲しい。

   

私自身も今まで数回、別のもので被害を受けたことがあるのだ。例えば、初心者時代に買ってしまったPCソフト(アプリ)。PCの能力を驚くほどアップさせるという売り文句なのに、実際は驚くほど全く効果がなかった。それを高額で派手に販売してた企業はその後も健在。私は全く相手にしてない。たかが1万円弱で貴重な社会勉強をさせてくれたことに感謝すべきか。。

    

   

     ☆   ☆   ☆ 

一方、ダイエットが停滞してる市民ランナーの方は、昨日も13km走って来た。1日休んだから、ちょっと脚の疲れは回復したけど、まだちょっと重い。おまけにちょっと気温が高めで、小雨もわずかにパラついてたから走りにくかった・・というのは半ば言い訳かも♪

   

それでも何とか頑張って、トータルでは1km4分53秒ペース。気温9度、湿度50%、風速1.5m。新・心拍計はほぼ正常に作動した。

   

ちなみに私はこの三連休、ずっと家でお仕事中 (^^ゞ ブログも仕事みたいなもんだし。無給だけど(笑)。毎度お馴染みのボヤキを入れつつ、ではまた明日。。☆彡

  

     

240212c

    

往路(2.4km) 13分02秒 123 139

LAP 1(2.2) 10分42秒 137 141

  2   10分16秒 143 147

  3   10分07秒 147 151 

  4    9分51秒 149 154

復路(1.9)  9分33秒 143 160

計 13km 1時間03分30秒 140(82%) 160(94%)

    

     (計 1726字)

| | | コメント (0)

羽田の航空機衝突、空港の事故防止の信号機(東芝 RWSL,STBL)や遮断機があるのに、使用・導入されない理由は?

(4日)WALK 5km(荷物 6kg)

      

元日の石川の大地震の影響でやや扱いが小さめになってるが、2日の羽田空港の航空機衝突事故もかなり衝撃的だった。

   

日本国内だけなら,成田よりも有名だとも言える代表的空港で、5人死亡。衝突から大炎上までの映像が公開されて、日航の乗客脱出の様子も動画も拡散。非常時のCA達の適切な指示や誘導も明らかになって、世界で称賛されてた。

  

私もそれなりに情報に目を通して来たが、人間の過失、ヒューマン・エラーの話ばかりで、機械的な問題は全くと言っていいほど議論されてない。

   

   

    ☆   ☆   ☆

なぜ、空港に信号機がないのか? 赤信号や遮断機があれば、海上保安庁の航空機もおそらく停止してたはず。自動車の世界なら当たり前の、分かりやすい機械的システム。

   

空港用の物は無いのかと思って検索すると、一応、実在するし、導入の議論も行われてた。少なくとも信号機については、東芝のシステムが複数あって、その一部は羽田のあのC滑走路にも設置されてたらしい。

  

下の写真は、滑走路状態表示灯システム(RWSL:RunWay Status Lights system)の点灯の様子。

    

240106a2

   

下の写真は、停止線(ストップバー)灯システム(STBL:STop Bar Light cotrol system)。中部国際空港(セントレア)のfacebookで公開されてた

  

240106b

  

どちらも、東芝プラントシステム株式会社のもので、合わせて、飛行場航空灯火監視制御システムと呼ばれてる。主要空港を含む多数の国内空港で採用、とも書かれてる。

     

240106c

    

   

     ☆   ☆   ☆

先日のような衝突事故を防ぐ仕組みは、RWSLの下の図。左から大きな飛行機が着陸しようとしてるので、誘導路の小さな飛行機が誤侵入しないよう、赤信号が縦に並んで点灯してる。滑走路入口灯と呼ぶらしい。

   

240106d2

   

なぜ信号が縦に並んでるのか不思議だったが、空港は自動車用の道路より巨大なので、縦に多数並べた方が防止力が高まるのだろう。

  

下図は、逆に,左側の飛行機に対して赤信号が示されてる。前方で既に別の飛行機が横切ってるから、左から誤出発しないように、シグナルを出してる。離陸待機灯

   

240106e

   

   

    ☆   ☆   ☆

続いて、横一列の赤信号で停止させる、STBL。上のRWSLとの使い分けがよく分からないが、それぞれの空港や滑走路の状況によって違いが生じるのかも。これは狭い場所用だろうか。

  

240106f

   

まず、1。赤信号(停止線灯)で、侵入を停止させる。2。赤信号を消灯して、縦の青信号または緑信号(誘導路中心線灯)を並べて、侵入を許可。

  

240106g

   

3。侵入時には、赤信号が再点灯。単なるセンサーの問題なのか、それとも注意を促すためなのかは不明。4。通過完了で、青緑のランプが消灯。この後、初期状態に戻るということは,赤信号も消えるのだと思う。

  

実用的には様々な問題があるようだが、発想としては合理的な設計だと思う。

    

   

      ☆   ☆   ☆

少なくとも、STBLは、羽田空港(東京国際空港)のC滑走路に整備されてるとのこと。東芝のpdfより。

         

240106h

  

   

ただ、なぜか、STBLは非常に視界が悪い時のみ使用するらしい。だから、羽田の事故の時にも使用してなかったということか? あるいは、あの接続地点には設置されてなかったということだろうか?

   

いずれにせよ、空港の信号・遮断システムについて、説明や議論くらいはあっていいと思う。ちなみに、遮断機を探すと、滑走路と交差する自動車道路用の遮断機ならあったが、飛行機を止める遮断機はまだ発見してない。あまりに巨大で重いから、実用的ではないのかも。

  

ともあれ、今日のところはこの辺で。。☆彡

   

      (計 1505字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧