柴犬のペット記事を、ネットのパーソナライズ(個人化)で毎日すすめられてる件♪

連休明けに加えて初夏の陽気でぐったり疲れた今夜、ブログの毎日更新の締切にも追われてることだし、ゆるい記事で済ませよう♪ まさかの、柴犬の記事。

  

確か、フィギュアスケートのザギトワに秋田犬が贈られた時に1回、「柴犬」と入力した覚えがあったけど、試しに今、ブログ内検索をかけてみると、他に「柴犬」と書いた記事は無い。過去6000本中に1本だけ♪ 希少価値があるね、と思うのは私だけだろうね(笑)

  

ちなみに、既にあちこちのサイトで書かれてるけど、「柴犬」は「しばいぬ」と読むらしい。「しばけん」の方が読みやすいし、どっちでもいいんじゃないの? 「ちばけん」に似てるし(笑) 関係ないわ! 「秋田犬」も「あきたいぬ」と読むと。

  

ところが、「日本犬」の読み方は、「にほんいぬ」でも「にほんけん」でもいいらしい。日本語版ウィキペディアが珍しく真面目に国語辞典の情報を複数載せてた。

 

 

     ☆     ☆     ☆

さて、私は犬も猫も(たぶん)飼ったことはないけど・・・ならあるかも(笑)、とか余計な軽口を叩くと、サイバーパトロールの目が光りそうだから伏せ字にしとこう♪ 眠いと余計な一言を付け加えたくなるのだ。

   

とにかく、飼ったことも記事を書いたこともないけど、昔から柴犬は好きなのだ。日本犬の中で唯一の小型犬なわけね。そこが秋田犬との分かりやすい違いだと。

   

小さくて主人(飼い主)に忠実だから、日本犬としては断トツの人気らしい。ウチの近所では見ないけどね。あっ、いたかも。雑種だったのかな?

    

それとは別の話で、子供の頃、実家の近所で誰かが飼ってたのか、柴犬みたいな犬を可愛がってた覚えがある。でも「シロ」と呼んでた気がするから、違うかも。どれどれ・・。検索すると、白い柴犬もいるわけか。

   

一度、車の前側のボンネットに食べ物を載せて、犬がギリギリで取れないようにしたら、「クゥ~ン、クゥ~ン・・」と悲し気に泣き続けて、ちょっと面白かった(コラコラ!)。気合いでジャンプしろ!、と言いたくなったけど、悪しき精神主義か♪

   

その感心しないサディスティックな遊びは、周囲の人間に怒られて、すぐに止めてしまった。案外、あの苦い経験もあって、動物を飼う気がしないのかも。ま、動物虐待で通報されなかっただけでもラッキーか♪ 正直に書いて、免罪符としよう(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、とにかく、たまにネットで見かけた柴犬の記事をクリックとかタップして読んでたら、どうもAIのデータベースに登録されてしまったらしい (^^ゞ

  

Googleのトップページとか、毎日のように柴犬の記事を表示して来るようになった。パーソナライズ(個人化)のテクノロジー、恐るべし。一昨日なんて、ホントに恐ろしい記事をプッシュして来た。

  

210506a

   

ガクガク、ブルブル。。 柴犬をコンクリート・ブロックで虐待する写真をSNSにあげる、炎上系アカウントか。

   

210506b

   

必死にもがいても、前足が抜けない。泣き叫ぶ犬。『キャンキャン』! ちなみに、女性ファッション誌『CanCam』はまだ休刊せずに頑張ってるらしい♪

   

  

     ☆     ☆     ☆

210506c

  

で、オチの写真は上の通り♪ 実は、コンクリート・ブロックのクッションで、軽くて柔らかいのに、犬が痛がる演技をして遊んでるらしい♪ ホントなの? この撮影のためだけに1ヶ月訓練したとか(笑)

    

それにしても役者だね。shibainu223(柴犬富士山?)さんの愛犬、ミッキーちゃん。記事はgrape(グレイプ)より

  

こんな感じで、ゆるい記事を読んでたら、ますますネットで読ませられることになるかも。実は猫の記事もプッシュされてるんだけど、もう時間が無くなったから、またいずれ。柴犬の仮想通貨(暗号資産)の大暴騰もまたいずれ♪

  

それでは、15年半で初めてのタイプのペット記事を書いた所で、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

     

       (計 1567字)

| | | コメント (0)