15万円弱のiPhone 13 Pro Max(256GB)をあえて買う理由を探索中♪&11km

(15日)JOG 11km,1時間00分56秒,平均心拍 138

消費エネルギー 472kcal?(脂肪 127kcal)

    

毎年、欲しいとか言いつつ、いまだに一度も買ってないiPhone♪ 「買う買う詐欺」状態が長年続いて来たけど、いよいよ卒業「かも」(笑)。かもかも詐欺か!

    

ここ10年くらいで考えた時、買って大正解だったと思う物の第1位は、断トツでiPad Pro☆ 日常生活も仕事も激変した。

      

買う前はiPadなんて、アップルとかいう怪しい米国IT企業が売り込んでるオモチャで、新し者好きの日本人が面白がってるだけ(笑)だと思ってたけど、圧倒的に便利で役に立つ。ネットや写真・動画を見るだけなら、PCやスマホより遥か上だ。

    

オモチャ(笑)だから、2年くらいで壊れても仕方ないかと覚悟してたけど、実際は5年半もほぼ毎日使いまくって、いまだに大きなトラブルはゼロ。

  

自分で買ったカバー(ケース)がボロボロになってる程度だ♪ 買い替えろよ! いや、買い替えた途端に本体が壊れたら悔しいから。

    

    

      ☆     ☆     ☆

というわけで、iPadは次も必ず買うと決めてる。来年の3月発表の新製品くらいかな。

  

しかし、タブレットは他に持ってないけど、スマホなら既に2つ持ってるし、1つは今年の1月に買ったばっか(ほぼ無料で♪)。電話、ネット、メール、LINE、カメラとか、普通の用途なら別に困ってない。iOSやアプリの体験なら毎日、iPadでやってる。

  

となると、発表直後のiPhone13 Pro Maxを買うためには、何かもっともらしい理由(言い訳)が必要になる♪ とりあえず、1月に手に入れたシャープのスマホ、AQUOS sense3 liteとiPhoneを比較してみよう。

   

210916a

   

   

     ☆     ☆     ☆

実質的にほぼ無料(価格は税込26000円)で手に入れたシャープのアクオスと、約15万円のiPhone最新・最上位機種。値段はアクオスの圧勝♪

     

アクオスの最大の欠点は、花花(ハナハナ)してることか♪ 関係ないだろ! 真面目な話、そもそも筐体(きょうたい)の外観だけでもかなり違うらしい。当然、iPhone Pro Max はキレイで高級感があるのだ(多分)。

    

画面(ディスプレイ)の大きさと解像度は、アクオスが約5.5インチで1080×2160。iPhoneが6.7インチで1284×2778。画面を構成する粒粒(ピクセル)の数で1.5倍くらいだから、iPhoneの勝ち。

   

画面の素材は、アクオスがIGZO液晶(たぶん)。iPhoneが有機EL。

画面の動き(描画性能)は、iPhone Pro MaxがPromotion技術搭載だし、チップ(CPU)も遥か上だろうから、iPhoneの勝ち。ネット情報をスクロールとジャンプで見ていくだけでも、かなり差があるはず。

   

   

     ☆     ☆     ☆

メモリは、アクオスがRAM 4GB、ROM 64GB。iPhoneがRAM 6GB(ウワサ)、ROM256GB。

  

バッテリーはアクオスが4000mAh。iPhoneが4352mAh(ウワサ)。これは、あまり変わらない。

  

カメラはiPhone Maxの最大の売りだから、圧勝のはず。光学望遠もあるし、f値も小さい(光の量が多い)。アクオスで撮った写真は、画素数はいいけど画質でiPadに負けてる。

  

とか言うより、アクオスは動画撮影するとすぐ過熱して強制終了になってしまうから超不便だ。シャープの担当者さん、聞いてる?♪ iPadでそんなエラー、過去に1回くらいしか無い。

         

地味で話題になってない話だけど、アクオスを使ってて一番気になるのは、画面の回転が遅いこと。私はよく縦と横を回転で切り替えるけど、iPadならすぐなのに、アクオスは2秒くらいかかる(笑)。これ、地味にイラつくのだ。

   

このくらいにしよう。というわけで、結論としては、15万円は高いと (≧▽≦) 比較の意味は?! いや、マジメな話、周囲の人間がiPhoneだらけだし、日本人なら「いつかはiPhone」だろう♪ トヨタの車のクラウンだろ! 死語。

   

とにかく、調べて考えてるのは事実で、アップルの公式サイトでsimフリーを買うのがいいか、ソフトバンクでsimロックで買うのがいいかも考慮中。

   

そうそう。購入予定のパソコン・iMacとの相性もあるし、新型iPad Proとの比較もあるんだった。この話は、またいずれ。。

    

    

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる市民ランナーとしては、昨日も11kmだけ走って来た。ホントは13kmの予定だったけど、前から気になってた駅前のお店がいきなり取り壊しになってたから、情報を探してたのだ♪ 時間はかかったけど、キレイに分かった。凄いぞ、ネット!

  

で、11kmだから飛ばしたい所だけど、まだ先日の心臓不調の余韻が残ってるから、十分余裕を持ってクリア。トータルでは1km5分32秒ペース。いよいよ5分半の回復が近づいて来た♪ 遅っ!

  

気温22度、湿度78%、風速2.5m。8月半ばと比べればずいぶん涼しくなってるけど、まだ残暑の香りがちょっと残ってるね。

  

ちなみに私は今、エアコンは使わず、デスクファンだけ付けて、パ・・じゃなくて下着1枚だ♪ 写真の希望があれば送るかも(笑)。ツイッター被害の少女か! 今だと少年の被害も結構あるんだろうな・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

    

    

210916b

      

       時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分13秒 124 140 

LAP 1(2.1) 11分58秒 136 145

  2   11分48秒 143 154

  3   11分12秒 148 156

復路(2.2) 11分46秒 144 151

計 11km 1時間00分56秒 138(79%) 156(89%)

   

       (計 2299字)

| | | コメント (0)

楽天モバイル、低速のauパートナー回線から高速の楽天回線への手動切替方法(屋外で再起動)&プチジョグ

JOG 6km,32分38秒,平均心拍129

消費エネルギー 228kcal?(脂肪 68kcal)

   

やっと分かった。ランニングで脚が痒くなる理由が♪ そっちか! ・・って話は後回しにして、楽天モバイル。今年(2021年)の1月から無料お試しで使い始めて、早くも4ヶ月経過。

   

確かに、ほとんど無料だけど、合計で70円ほど支払いがあった(細かっ♪)。1回か2回、無料じゃない電話をかけてしまったらしい。大失敗だね。

    

いや、別に関係ない前置きを書いてるわけではない。楽天モバイルの大きな不満の一つ、回線の選択の問題も、要するにお金の問題なのだ。料金を気にしなければ、auのパートナー回線を高速で使えばいいだけ。5GB制限を超えて、有料で。

     

しかし、そもそも、楽天をわざわざ選ぶ人は低価格志向が強いはず。だから、無料で高速の楽天回線にいつも接続する方法を知りたいのだ。私は今回初めて、自分の技で成功♪ 忘れそうだから、備忘録として記事にしとこう。

 

   

     ☆     ☆     ☆

さて、そもそも新参の楽天は、まだ通信エリアや安定性で、ドコモ・au・ソフトバンクに負けてる。自分で比べれば、すぐ分かること。

  

私は、Android携帯はソフトバンクだし、タブレットに入れてる格安SIMはドコモの回線だから、キャリア4つとも使えることになる(auは楽天経由で)。

  

21年6月初めの時点では、まだ間違いなく、楽天が最下位だ。トップはやっぱりドコモだと思う。確かに、「どこも」使える♪

  

楽天モバイルも、高速(で無料)の楽天回線のエリア内だと、普通は問題ないけど、なぜかauのパートナー回線につながってしまうことがある。例えば、一昨日から昨日にかけての私がそうだった。Rakuten UN-LIMIT VI、「パートナー回線エリア接続中」。

  

210602a

   

これを高速で使うと、無料なのは5GBまで。低速に設定しとけば無料のままだけど、かなりイラつくことになる。もちろん動画視聴は苦しいし、単なる重いサイトでもしばらく待つことになる。最近は、PC版のYahoo!も重いことが多い。

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、auのパートナー回線から、楽天回線への切り替えを手動で行う方法。強制的とまでは言えないし、運の良し悪しもあるけど、人力の操作。

      

まず、公式サイトのサポートを見ると、再起動するか、機内モードを一旦ONにしてOFFに戻すように書かれてた。直ちに何度も実行してみたけど、さっぱり成功しない。

     

公式サイト以外のネット検索だと、スマホの細かい設定を変えるとか、窓の近くに行くとかいう情報があったけど、どちらも失敗。

   

細かい設定は、私のスマホ(SHARP AQUOS sense3 lite)だと出来ない。というか、成功の報告例が少ないから、強制的な切り替え機能があるスマホは一部にすぎないんだろうと思う。

   

   

     ☆     ☆     ☆

今までは諦めてたけど、昨日、試しにスマホを持って屋外を散歩してみた。それだけだとパートナー回線のまま変化なしだけど、電波の良さそうな場所で2回か3回、再起動してみたら、遂に楽天回線をゲット♪ 直線で片道1kmのウォーキング(長っ・・)。

  

210602b

             

それ以降、電池切れに注意して、機内モードにもしないように注意したら、楽天回線のままになってる。快適、快適♪ そもそもエリア内だから、楽天回線になるのが本来、当たり前。

   

私はランナーだから、スマホだけ持って散歩するのは何ともない。次からもこの方法で問題解決しよう。失敗したら、また攻略法を改良する予定。楽天の電波の基地を調べるのもいいかも。流石に、わざわざ車で移動して電波を探すのは面倒♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、今日も仕事に追われて時間が無かったけど、さっき6kmだけジョギングして来た。5月末の強引な距離稼ぎで疲れ果てた後、6月1日は荷物付きウォーキングで、2日だけお休み。

   

で、走ってみたら、最初はかなり脚が重くて止めそうになったけど、中盤からそこそこ調子が出て来て、最後は1km5分切りのペースまで自然に上昇。トータルでは1km5分26秒ペース。短くて遅いけど、まあ、リハビリってことで♪ 気温21度、湿度75%、風速1m

  

そうそう。冒頭に書いた、ランニングで手足がかゆくなる理由。蚊・ブヨ・ノミ・ダニではないなと思ってたけど、さっき犯人を発見した。体長1mmくらいの黒いゴマみたいな虫が止まってたから、すぐ撃退。写真を撮る余裕はなかったけど、名前を調べてみたいね。

  

案外、単なる冤罪かも♪ ちなみに今、心拍グラフは手に入らない状況なので、明日の夜くらいに挿入する予定(3日後に挿入済)。新・心拍計は序盤だけちょっと高めになってたから僅かに補正した。それでは、今日はこの辺で。。☆彡  

   

   

210602cs

   

       時間   平均  最大

LAP1(2km) 11分58秒 118 130

 2   10分44秒 131 139

 3   9分55秒 142 150

計 6km 32分38秒 129(74%) 150(86%)

    

       (計 2017字)

| | | コメント (0)

スマホのSMSの配信確認(配信レポート)、分かりにくい・・&短いスピード走まで回復

(6日)RUN 7km,35分05秒,平均心拍140

消費エネルギー 280kcal?(脂肪 67kcal?)

   

いつもの事ながら、デジタルの世界は変化が早過ぎるし多様性があり過ぎて分かりにくい。

   

デジタルにうとい年配の友人に、Android携帯(ソフトバンク)から久々にSMSを送ってみたら、「配信レポート」が来ない。今まではほとんど送信した途端に来てた。

   

再送信してもダメ。コロナで隔離されてるとしても携帯は使えるはずだけどな・・とか思いつつ、電話してみたら、ちゃんと呼び出し音は鳴ったけど、留守電だった。メッセージを録音するなんて10年ぶりくらいかも♪ フツー、切るでしょ(個人の感想・・笑)。

   

  

     ☆     ☆     ☆

すると、ようやく向こうからSMS到着。番号はそのままで、ガラケーをスマホに替えたらしい。まだ使い方に慣れてないから、私のSMSが届いてることにも気付かなかったということか。気づいて読んだ後でも、私への配信レポートは来ない。

   

そこでSMSの配信確認についてネット検索すると、あれこれ書いてるけど、通信キャリア・端末・OS・アプリ・設定その他、色んな場合があるということだろう。

  

送信側と受信側、それぞれどうなってるかも関係するし、すべて網羅的に調べるのは不可能。特に、送信側と受信側をハッキリ分けて説明してる情報は非常に少なくて、曖昧なままになってる。

      

私の楽天スマホ(Sharp AQUOS sense 3 lite)のアプリ Rakuten Link でSMSを送った場合、ネットであちこち書いてる情報だと、送ったら2つのチェックマーク(レレ)が付いて、読んだら青色で「既読」と表示されることになってる。

   

ところが、今まで「既読」が表示されたことはないし、青色の表示も見てない。相手が Rakuten Link を使ってる時だけ既読がつくのかな?

  

210407b

   

ちなみに上は、私の楽天スマホから、私のソフトバンクAndroid携帯にSMSを送った様子。薄い二重のレ点が地味に付いてるだけ。2つ目(右側)のレ点は細くて見づらい・・って、細かっ♪ こうゆうマニアックな指摘は、普通の情報サイトにはない。

   

   

     ☆     ☆     ☆

試しに、楽天スマホから自分自身にSMSを送信して実験しようと思ったのに、これが出来ないのだ (^^ゞ そもそも自分のアカウントには送れない仕様になってる。回線の余裕がないからかね? ソフトバンクのガラケーやAndroid携帯ならすぐ出来るのに。

  

ちなみに二重のレ点は、僅かなタイムラグ(時間差)で1コずつ付くように見える。0.1秒遅れくらい。ひょっとして、送ったら1コ、届いたら1コってことかね? で、相手が同じ楽天のアプリで読んだ場合、さらに青色で既読表示とか。

  

その辺りを電話かチャットでオペレーターに尋ねたい所だけど、楽天はほとんど問い合わせが通じないから諦めてる(笑)。1年間はほとんど無料だし、こんなもんでしょ。高速で無料の楽天回線エリアがいまだに狭く限定されてるのも、想定内♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、昨日の走りの方は、また時間が無くなって、13kmの予定が7kmに (^^ゞ 半分か! 仕方ないから、恐る恐るスピードを出してみた。中盤は1km4分半くらいまでアップ。このペースは2月以来(?)だから、ハーハーゼーゼー。

  

ただ、左足の火傷の痕(あと)は大丈夫だったし、呼吸困難もフツーに軽く続いてるだけ。息苦しくて寝れないレベルでもないから、良しとしとこう。で、急激に悪化して、息が止まると♪ コラコラ!

  

トータルでは1km5分01秒ペース。最後、進路を自転車にジャマされたせいで、1秒オーバーしてしまった(言い訳♪)。気温10.5度、湿度73%、風速2m。新・心拍計はほぼ問題なく作動。さすがに心拍は高めだった。

  

あぁ、新年度はバタバタと慌ただしいな、早くゴールデンウイークにならないかな・・とかボヤキつつ、ではまた。。☆彡

   

     

210407a

  
 

      時間  平均心拍 最大

往路(2.4 km) 13分16秒 125 145 

LAP 1(2.1) 9分48秒 146 161

復路(2.2) 12分02秒 151 165

計 7km 35分05秒 140(80%) 165(94%)

   

     (計 1708字)

| | | コメント (0)

端末から解約料までほぼ無料、楽天モバイル・Rakuten UN-LIMIT V お試し契約、しばらくソフトバンクと併用

わりと新しいネタのつもりだったけど、楽天モバイルのキャンペーンはつい先日から、次のキャンペーン予告に入ってた (^^ゞ コロコロと変化が激しいデジタル業界の中でも、特に最近の携帯業界は激変続きの戦国時代になってる。

    

210206a

   

楽天モバイルのデータ無制限プラン、「Rakuten UN-LIMIT」(らくてん・アンリミット)。今現在はまだ第5バージョンの「V」で、私もそれで申し込んだ。

   

ところが相次ぐ他社の値下げ攻勢を受けて、楽天も21年1月の末に、第6バージョンの「VI」を発表。4月1日から開始のこの新プランでは、データ1GBまで0円(タダ)。しかも期間なしみたいだ。VからVIは自動的にアップグレード。

  

   

     ☆     ☆     ☆

210206b

    

これまでのプランVは、1年間無料で、その後は毎月2980円。ただし解約料は無料だから、1年以内に解約して逃げようと思ってたユーザーが多いはず♪ 他人事か!

    

しかし、1GB無料、3GBで980円(税別)、20GBで1980円、それを超えた無制限だと2980円になった途端、楽天の人気は急上昇。料金は、使用量に応じて自動的に変化。「Rakuten Mobile」という紛らわしい名前のアプリ&サービスは、少なくとも半日くらいダウンしてしまった。

  

要するに、実はスマホのユーザーの多くは、あまりギガを消費してないらしいのだ。ほとんど使わない人なら、スマホ料金がいきなり0円~2000円くらいになる。通話料金は別といっても、楽天のアプリを使えばほぼタダ。

  

まあ、これでビジネスとして成立・持続するのかどうか怪しいけど、とりあえず無料だし、試してみるのはいいと思う。ただし、私はネットのヘビーユーザーだから、他にも3つ、回線を確保してるのだ♪ ソフトバンク、ニフティ、freetel(現在は楽天に吸収)。

   

どこかで通信トラブルが発生しても、ブログの毎日更新は可能。ニフティのブログ(ココログ)自体の大きなトラブルは、ほとんど無い。2年前の3月が危なかったけど、私はシステム更新の直前、0時過ぎに当日分の記事をアップしてたから難を逃れた♪

  

今まで調べたことはなかったけど、どうも毎月フツーに50GB以上使ってるらしい (^^ゞ ネット依存症か! ブログとiPadの影響が大きいね。この記事をここまで書くだけでも、既に10以上のサイトにアクセスして調べてる。

   

  

      ☆     ☆     ☆

210206d

   

さて、私は元々、知人にもらったdocomoスマホを使ってたけど、楽天で端末のスマホも(ほぼ)無料みたいだから一緒に契約した。

       

昔から愛用してるメーカー、シャープのAQUOS sense3 lite(アクオス・センス・スリー・ライト)。英単語「lite」は「light」の省略形または短縮形で、軽いという意味。「ライト」無しの機種でも、違いはわずか。

   

色はローズゴールドっぽいライトカッパー。マニュアル(取扱説明書)の「品名」は、SH-RM12となってる。シャープ・楽天モバイル12の略。

   

2019年10月発売だから、まだ1年4ヶ月しか経ってない新品。といっても、既に色々と同シリーズの後継機種が出てるから、早くもネットでは型落ち扱い♪ amazonで今、23000円前後。

    

210206c-co

   

製品の一括払いは、楽天でもほぼ同額、23619円。といっても、合計22000円相当のポイント還元があるから、ほぼタダ(のつもりだった (^^ゞ )。

   

スマホ自体の還元が15000ポイント。アンリミット契約が5000ポイント。特別キャンペーンが2000ポイント。計22000ポイント。楽天は時々お買い物してるから、すぐ役に立つ。

   

還元の条件は、「Rakuten Link」アプリを通じて、10秒以上の通話とメッセージ送信1回以上を行うこと。スマホが届いた日の夜、すぐに条件クリアした(つもり♪)。

  

だからほぼ無料だと思ったら、製品の消費税を忘れてた (^^ゞ さっき、クレジットカードの明細を見たら、25980円。22000ポイントが3月末に手に入っても、4000円近い出費になる(細かっ♪)。これはもう、回線とスマホを使いまくって、元を取るしかない。で、ムダな時間と労力で、数百万円くらい大損すると(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

210206e

   

スマホについては、まだ分からない事だらけだし、また後ほど。それより、通信回線の方が重要だろう。上図が現在のエリアマップで、公式サイトより。

   

一見、全国を網羅してるようにも見えるけど、実はそうでもない。濃いピンクが楽天回線で、独自の基地を使用。薄いピンクは借用してるパートナー回線(au)。パートナー回線の地域だと、月5GBまでは無料だけど、それを超えると最大1Mbpsの速度制限がかかる。何とか使える、ビミョーな速度。

        

この速度制限は、自分で早めに選択することも可能。いざという時まで5GBを温存するため。今、私は自分で速度制限を選んでるけど、そもそもパートナー回線はなるべく避けてる。

   

210206f

  

上図は、今後の予定も示したもの。楽天回線「拡大予定」エリアが紫色になってる。「2021年夏以降」だから、いつになるのかは不明。東京23区と横浜市、さいたま市、千葉市あたりは大体、濃いピンクの楽天回線。

    

で、私はもちろん、実際のスピードテストも各地で行ってみた。首都圏に住んでる私の行動範囲だと、ほとんど楽天回線で大丈夫。「高速」というほど速いとも感じてないけど、スマホ自体で測定すると大体、下り(受信)で10~25Mbpsくらいだ。

   

210206g

    

上はスマホのアプリで測定したものだけど、Googleで測定しても似たような数値データになる。まあ、今のところ無料の回線だから十分だろう。

  

出張の際、西日本でもずっと使ってたけど、一時的にパートナー回線になっただけで、後はずっと楽天回線のまま。エリア的にはギリギリの場所でも測定したけど、何とか大丈夫だった。

    

ちなみにパートナー回線になってしまう理由は、場所や日時の問題だけじゃない気がする。昨日、一時的に首都圏でパートナー回線になったけど、スマホを再起動したら直ったようで、楽天回線が復活。原因や仕組みはまだ詳細不明。

    

    

      ☆     ☆     ☆

最後に、個人的に一番重視してるテザリングの機能。無料の楽天回線とスマホを使って、パソコンやiPadをネットに接続できるのなら、通信料金を大幅に下げれるかも・・と思ったわけ。

  

一言でまとめると、ビミョー♪ 速い時は速いけど、スピードが不安定で、遅い時は楽天回線でもかなり遅い。色んな事情が複雑に絡んでそうだから、単にテザリングのせいではないのかも。

  

210206h2

   

上は数時間前(2月5日の夜)、スマホからiPad Proにテザリングして、Googleでスピードテストした様子。ダウンロード5.82Mbps、アップロード0.95Mbps弱だから、「インターネット速度は低速です」という判定。特にアップロードは、遅すぎるからなのか、測定が失敗することが多い。

   

今現在は、PCもiPadも普通にテザリングできてるけど、速度は大幅に変化し続けてる。受信で5Mbps~20Mbpsの間。

   

   

     ☆     ☆     ☆

回線の問題とは別に、テザリングすると、スマホの電池の消費量が増えるのも分かって来た。新品の電池なのに、Windows10PCのOSアップデートとかで通信量が増えたからなのか、5時間くらいで充電が必要になったこともあった。

   

まあでも、平均すると連続使用で10時間くらいはテザリングできる感じなので、十分満足♪ 今後もしばらく好調で、ソフトバンクの携帯キャリアメールの移動まで可能になったら、MNPで楽天に番号を移動するかも。

   

本当はずっと使って来たソフトバンクで最新iPhoneにする予定だったから、今後はソフトバンクの斬新なプランに期待しよう。案外、楽天と合併して大幅値下げ、業界No.1の地位を確立とか♪

     

というわけで、私の連絡先を知ってる身内の皆さん。しばらくは、ソフトバンクの電話もメールもそのまま使うので、よろしく♪ 楽天に「変更」してしまったのではないので、念のため。

  

NTTの固定電話もそのまま使用♪ ニフティ・メール、Yahoo!メール、Gmail、全て使用中。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

      (計 3334字)

| | | コメント (0)

AIで写真や動画を高画質化・カラー化するアプリ「Remini」(レミニ)、無料試用の感想

全然違う検索をしてる時、たまたまGoogleの最上段で目に入ったAI写真アプリ、「Remini」。画像だけでなく映像(動画)も編集できるし、白黒写真のカラー化も可能らしい。

   

201218a

   

意味不明な名前だから英語版ウィクショナリーで引くと、ラテン語で「考える」とか「計算する」という意味だった。日本語の感覚だと、ミニサイズに小さくするという意味かと思う所だ。

  

デベロッパ(開発元)のBigWinePot Incを検索すると、やはり中国系企業らしい。珍しく、(ほとんど)これ1本で勝負してるように見える。

  

2000以上の評価の平均が4.7。高い。新しい順にレビューを並べても、絶賛が並んでて、逆に怪しくなるほど。アマゾンのレビューの不正工作を思い浮かべてしまう。

   

ただ、それにしては否定的レビューが極端に少ない。ダウンロードと試用だけなら無料だから、試しに挑戦してみた。App Storeだから、安全性も信頼していいと思う。

   

    

     ☆     ☆     ☆

201218g

   

無料で変換できる写真数は、1日(24時間)で5枚。それを超えた枚数や、さらに高い機能を求めるなら、1ヶ月550円くらいの課金になる。

  

最初に試した1枚は、たまたまiPadに最近入れたばかりの個人的写真で、かなり見事な出来だった。残念ながら掲載はできないけど、オォッ!と思わず声が出て、直ちに絶賛記事を書きたくなったほど。

   

ただ、全部で10枚の変換を試すと、出来栄えにバラつきがあった。最初に簡単にまとめとくと、まあまあの写真をかなりキレイにするのが得意なようだ。元がボケボケの写真だと、変換後もイマイチかダメ。不自然すぎて、元より悪くなったのもあった。

      

元々キレイな写真なら、以前レビューしたwaifu2xで拡大するのとあまり違わないし、レミニは変換速度が遅いのが気になる。私の環境(iPad Pro)だと、1枚あたり30秒以上かかった。その間は広告を眺めることになる。

   

   

     ☆     ☆     ☆

誰でも知ってて、著作権の問題も少ない写真を手に入れるのが難しいけど、まずは名画『ローマの休日』のシーン。ウィキメディアより。これは成功の部類。

  

201218b

  

201218c

  

確かに、下側の変換後の方がキレイでシャープな写真だ。人物も服装も、背景も。ここでは同じ大きさに加工してるけど、変換後の大きさ(解像度、ピクセル数)は元画像の縦横2倍ずつになってた(自動)。倍率の選択機能はなし。

   

王女さま(オードリー・ヘップバーン)の横向きの上半身(バストショット)で比べると、こんな感じだ。

  

201218d

  

201218e

   

   

     ☆     ☆     ☆

カラー写真はたまたま手頃なものが無かったから、アプリ自体の宣伝画像を引用しとこう。

   

201218f

   

顔の向かって左が変換前、右が変換後。確かに、このくらいの変化はある。ただ、それは元の画像がまあまあのレベルだからであって、もっとボケた写真を変換すると不自然になるのだ。

  

実は、昭和の皇室の有名な白黒画像を変換してみたけど、失敗した・・とだけ書いとこう。元の画像の方が良かった。

   

あと、上の宣伝画像の左が元の写真なら、waifu2xで縦横2倍にして、iOSの写真アプリで編集してもこの程度の高画質化は可能だ。むしろ、自分で微調整する方が、自分の好みに出来る。レミニのAIは、それぞれのユーザーの好みまでは理解してない。

   

   

     ☆     ☆     ☆

さらに、白黒写真のカラー化も試してみた。朝日新聞デジタルのAI記事と比較してみよう。

   

201218h

  

201218i

   

これが、2回目にオォッと感心したもの。「本物」通りのリアルさなのかどうか分からないけど、顔や背景の建物はまずまずか。ただ、右側の男性2人の手がハッキリおかしい。

  

朝日新聞が掲載してたAIカラー化写真は下の通り。

  

201218j

  

一見、似たようにも見えるが、よく見るとレミニとはかなり違う。顔や服、手、料理の色、背景の建物や川の反射光。やっぱり朝日の方がハイレベルだろう。そもそもAIだけでなく、手作業や聞き取り調査も加えてるらしい。

    

広島出身で東大1年生の庭田杏珠さんや、東大の渡邉英徳教授が広島の戦争前後の写真をカラー化して出版。『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社)。

   

  

    ☆     ☆     ☆

最後に、動画の高画質化について。これは正直、まだ一般レベルだと実用的ではないと思う。

  

私は、NHKの皇太子ご成婚動画(1959年)から27秒間だけiPadに保存して、レミニで変換してみた。静止画5枚以外に、動画1本くらい出来そうな気がしたのだ(誤解らしい)。

  

予想通り、ものすごく時間がかかる。僅かな時間の小さな白黒動画なのに、「前処理」だけで3分くらいかかった後、本格的な処理に10分以上かかった。WiFiルーターのライトは激しく点滅。

  

その結果は、4つに分けたセクションの最初の「静止画」だけ見れた。後は、プロカードという有料チケットみたいなもの(?)を使うらしい。まあ、動画は今でも大変なのだ。

   

201218k

  

縦の白線の右側が変換後。画質は思ったより良くなってる気がするけど、終盤の馬車の行列だとほとんど変化なし。やはり、元の画像・映像によって効果がかなり違ってる。

   

   

     ☆     ☆     ☆

というわけで、私の現時点での評価は、星4つ。試してみることは一応お勧めするし、自分でもまた使うだろうけど、これなら「waifu2x」や「Spring」(足長とかの加工が可能)の方が実用的な無料アプリだと思った。他にも、iOSの写真アプリの編集機能とか。

       

課金を気にせず、時間と変換用の画像・映像をかなり持ってる人なら、十分満足できるとは思う。ただし、中国のサーバー(?)とかなりの情報伝達が行われるから、その点は自己責任でリスク覚悟ということで。

    

私はルーターのランプが変な動きをしてないか、確認してた(特に問題なし)。ではまた。。☆彡

   

         (計 2330字)

| | | コメント (0)

街中の子ども・女性の無断撮影、不審者通報されるリスク(スマホ・携帯・カメラ・ビデオ)

朝日新聞デジタルで、たまたまトップにこの記事を見かけた時、色々と考えさせられた。“知らない大人に突然カシャ 「怖い」”、“無断撮影の通報多発”。執筆は、山根久美子記者、長谷川健記者。

  

191211a

  

そう言えば、今年(2019年)の妙なプチ流行語として、「ガラケー女」というのがあった。あおり運転された被害者側の様子を、帽子とメガネで顔を隠した中高年女性がジッと携帯で動画撮影。あの姿は、かなりインパクトがあったからこそ、人違いのデマによる被害まで発生したほどだ。

   

無関係の一般人がニュースとして見るだけでも印象深かったから、あれを子どもや保護者(特に母親)が生身でやられたら、怖いと思っても仕方ない。その内の一部は、警察や学校とかに通報するだろう。

  

下は、大阪府警の防犯情報メール。日時、場所、性別、年齢、非常に細かく書かれてるから、監視カメラで特定するのは難しくないはず。この「不審者」というのは、容疑者や犯人と違って、誰でもなる可能性がある。単に、「他人に怪しいと思われた人」だから。大阪府警の通報は、10月だけで少なくとも38件。「少なくとも」とは、警察の記録も曖昧ということか。

  

191211b

  

     

    ☆     ☆     ☆

上の話は、誰かが意図的に特定の他人を映してる場合だから、分かりやすい。それはダメとか、止めといた方がいいということだ。

   

ただ、単に景色や群衆を映してる場合もある。テレビや新聞などのマスメディアでも、猛暑・酷寒・台風の時とか、通行人の様子を一瞬アップで映してる。まさかイチイチ、被写体の許可を得てるとは思えない。

  

私の場合、ブログでマラソンや自転車の大会写真を時々載せてるけど、個人は特定できないようにしてある。例えば先日の湘南国際マラソン。顔もゼッケンも、ゲートの時刻も分からないようにした上でアップしてるのだ。手前の撮影者たちの顔も写ってない。というか、写ってる場合は、縮小、トリミング(部分カット)などで対処するか、そもそも掲載しない。

  

191202b2

   

日常生活だと、電車でタブレット端末(iPad)を見てることが多いけど、カメラ部分を周囲の人に向けてないことが分かるように、なるべく下側、床に向けて使ってる。目の前にたまたま女性が座ってる場合は、ハッキリと角度を外して使うほど。

   

この種の話は、男性が圧倒的に不利だから、用心し過ぎるくらいでちょうどいい。単なる女性の勘違いや考え過ぎ、イタズラなどで、男性が盗撮や痴漢の冤罪に追い込まれたことが判明した後でも、女性の側が罰せられたという話は(ほとんど)聞かない。

   

もちろん、そうした非対称的(or不平等)な扱いの背景には、圧倒的に男性が加害者で、女性が被害者だという、犯罪統計的な事実もある。一般男性ができることと言えば、用心して自衛することくらいか。痴漢冤罪対策の弁護士保険なんてものもあるけど、その契約をすると多分、「何でそこまで?」と疑われてしまうだろう。自分にやましい所があるんじゃないか、とか。。

  

   

    ☆     ☆     ☆

朝日の記事の後半には、フォト(写真)コンテストの話も載ってて、興味深かった。自分で参加したことはないけど、たまに報道を見て気になってたのだ。肖像権、プライバシー、損害賠償とか、大丈夫なのかな、と。

   

一言でまとめると、社会の受け止め方がかなり変化したということ。昔なら、自分が無断で撮られた写真がコンテストで入賞してるのを見つけたとしても、喜ぶか驚くかであって、抗議・通報・訴訟はあり得なかったと思う。

   

ところが、個人や社会の感覚、あるいは法制度が変わって、アマチュア・カメラマンも苦労してるらしい。NPO法人「フォトカルチャー倶楽部」副理事長も、「写真マナー、特に子どもの写真撮影は、日に日に厳しい目が向けられていると感じています」と語る。

  

朝日は名前を出してなかったけど、拡大写真の文字をよく見ると、開催反対の署名運動まで起きてしまった写真展の名前が読み取れた。「声かけ写真展」。検索すると色んな情報が出て来る。例えば、法的問題に触れたJ-CASTの記事はこちら。2016年から開催されてる、「中年男性が女子小中学生に声をかけて撮影した写真の展示・販売会」とのこと。

   

私の感覚だと、よくそんなハイリスクな事をするなと思ってしまう。ただ、表現の自由とかの問題もあるから、直ちに全否定するつもりもない。単に、私個人は絶対に関わらないということだ。写真展を見に行くだけで危険を感じる。

   

   

    ☆     ☆     ☆

結局、もし撮影したければ、どうすればいいのか。撮影される人の社会的地位や活動、撮影場所や目的、写し方や必要性によって色々みたいだ。

   

一番簡単なのは、知らない女性(一人または少数)をハッキリとらえる写真を避けることだろう。実際に写さないだけでなく、写してるのでは?という誤解もされないこと。

  

いずれ、動物はもちろん、単なる物体の肖像権やプライバシーも問題になるかも♪ 少なくとも、美人ロボットは数十年以内に、注意すべき対象になると思う。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

      (計 2065字)

| | | コメント (0)

iPhone11 proの三眼カメラと「穴集合体恐怖症」(トライポフォビア:trypophobia)

今年こそiPhoneデビューしよう!(遅っ・・♪) そう心に決めてたはずだけど、発表された新モデルはちょっと微妙かな。まあ、欲を言い出すとキリがないから、思い切って買っちゃうかも知れないけど。

   

190913a

  

上が、一応候補となってる、iPhone 11 Pro Max ゴールド(長っ・・)。普通の容量の256GBだと、税別135800円。まあ、10%消費税で、何だかんだと付属品やサービスも足してると、20万円弱か。高っ。。

   

色・デザイン的には、プロじゃない普通の iPhone 11 の方がいいけど、iPad Proの愛用者としてはどうしてもプロにこだわりたくなる。単なる超初心者のアマなのに♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

iPhoneの新型は、いつも発表のしばらく前から情報リークが出てるけど、私はほとんど見ない。で、一昨日(19年9月11日)の発表直後、PCでアップル社の公式サイトを見ようとすると、肝心の写真がほとんど映らない (^^ゞ ブラウザをIEからChromeに変えるとなぜかすぐ見れた。

   

私が最初に気になったのは、話題の三つ目小僧・・じゃなくて三眼カメラよりも、画面の上端の切り欠き(ノッチ)だった。まだ止めてないのか。ガックシ。。_| ̄|○ その平べったい台形の食い込んだ領域に、ホントは何が映ってるのか気になって、夜も眠れなくなりそう♪

  

190913f

  

おまけに、意図的なのか偶然なのか、写真や動画だと切り欠き部分が黒く塗りつぶされてるものが多くて、上に引用した写真でも切り欠きが見えなくなってる。それなら、切り欠きなしで割安なiPhone8の方がオシャレ。ホームボタンも安心感があってカワイイ♪

     

190913d

   

ただ、スペック(性能)全体を比較すると当然、11proの方が遥か上なのだ。う~ん・・って感じ。

   

   

    ☆     ☆     ☆

それに比べると、背面のカメラの妖怪(コラッ!)・・じゃなくて三眼カメラは、使ってる時にはほとんど見ない部分だから、眠れなくなるほどダサイとも思わない♪

   

ところがネットを見渡すと、やっぱりあれこれ言われてる。興味深いのは、トライポフォビアという専門用語もどき。

  

190913e

  

マスメディアで最初に取り上げたのは、英語ニュースでお馴染みのCNNかな

   

「New iPhone's 'trypophobic' design disturbs people with a fear of holes」。新型アイフォンのトライフォビア的デザインは、穴の集合への恐怖で人々を悩ませる。穴を表す英単語は、複数形のholes。

  

   

   ☆     ☆     ☆

日本語だと、一部で「集合体恐怖症」とか訳されてるけど、ものが集まってたら怖いって話ではない。ポイントは穴。だから、「穴集合恐怖症」と訳す方が近い。妥協するなら、「穴集合体恐怖症」。

  

190913c

  

語源的には、「トライポ」が「」(古代ギリシャ語trupaより)。「フォビア」は「恐怖」。単純に結合すると、「穴恐怖」。上は英語版ウィクショナリーの「trypophobiaの説明

  

ただ、上の説明も、ウィキペディア(英語、日本語)も、実は同じネットメディアのライターの英文記事を出典に挙げてる。さらにその英文記事を読むと、1人のブロガーの説明を参考にしてるだけ。

     

そこで私が、ギリシャ語と英語のオンライン辞書で調べると、やっぱり「trupa」は「穴」(hole)という意味になってた。ワシントンポスト(2012)とかABC(2018)の報道に、「穴をあけること」という意味も書かれてるけど、基本は「穴」だろう。あと、そもそも用例の少ないギリシャ語みたいで、信頼できる情報が極端に少ない。

      

190913b

  

トライポフォビアについても、ほとんど研究は進んでないようだけど、精神分析理論なら去勢コンプレックスの一例だろう。穴=欠如のイメージ的な増幅。その逆が、例えば、きのこ恐怖症。そして、両者を合わせて芸術に昇華したのが、日本が世界に誇る草間彌生の独特の神経症的アートってことか

   

  

     ☆     ☆     ☆

最後に話をiPhoneに戻すと、あれは三つ目というより、5つ目にも見えるし、大きな3つの並べ方がかなり珍しい。三角形は普通、上か下に尖った頂点が来るのに、右側が尖ってるのだ。

   

縦3つか横3つなら、それほど話題にされなかっただろうし、横4つや正方形4つでも特に問題なかったと思う。

   

繰り返すと、私自身は別に穴集合恐怖症ではないし、どうせあの部分はあまり見ない。むしろ、常に視界に入ることになる画面上部の切り欠きの方が気になるのだ。両横に黒いテープ貼ろうか♪ アプリで目立たなくするって手もありかも。

  

というわけで、今年もまたとりあえず保留 (^^ゞ いや、欲しいのは確かだから、消費税が上がる前に購入手続きしちゃうかも知れないけど♪ アイフォン欠如恐怖症、iphone lack phobia と言うべきかも(笑)

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

       (計 1986字)

| | | コメント (0)

LINEメッセージのやり取りみたいな「チャット小説」、アプリ2つで読んでみた

レース直前の準備に追われる中、朝日新聞・夕刊(19年8月23日)の記事に釣られて、アプリを2つ試してしまった (^^ゞ そんな事やってるヒマないんだけど、折角だから超速で感想記事にまとめとこう。

   

LINEでメッセージをやり取りするような形で読む「チャット小説」。流行のきっかけは2015年開始の米国の小説アプリ「HOKED」とのこと。総ダウンロード数2400万だから、かなりの人気らしい。

  

日本だとちょっと前、ガラケー中心でケータイ小説というものが流行った後、2017年にネット関連会社DMMの系列で「TELLER」(テラー:話し手)の提供を開始。今年6月の時点で累計365万ダウンロード。

     

    

     ☆     ☆     ☆

で、私は直ちにiPadでダウンロードしてみた。

  

190824a

  

ホラーは趣味じゃないから、恋愛を選択。すると、自然な流れで『純愛中毒 前編』が開始。冒頭からいきなり、自己紹介に続いて告白! 読んでるこっちが「え?」♪ 昔のケータイ小説より速い展開かも。

   

190824b

   

タップして、台詞一つずつ読むのは面倒だから、自動再生にしたけど、ちょっと速い。前の方を読み返したり画像保存したりしてたら、すぐ置いてけぼりになる (^^ゞ

    

この後、まもなく課金のメッセージが出て来たからあっさり終了♪ それはいくら何でも早すぎると思うな。DMMだから、あの種の動画を販売するノリってことか。何?(笑)

   

190824c

   

モタモタしてると、いつの間にか課金されそうだから、直ちに削除。これだったら、旧DMM(現在はFANZA)の無料サンプル動画や無料画像の方が好きな人もいるはず(笑)。他人事か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、大手出版社の集英社が今年6月に開始したアプリが、ティックトック・・じゃなくて、「TanZak」(タンザク:短冊)。同社の人気作品をチャット小説にして、1500話以上を揃えてるとの事。ノリがわりと普通で落ち着くけど、やっぱりいきなりホラーとかゾンビが登場♪ そんなに人気あるの?

   

190824d

    

私が選んだのは、ドラマ化されたばかりの作品かな。『これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~』(青木祐子作)。

    

190824e

    

ラインみたいな左右のメッセージとか、短冊みたいな下の説明よりも、再生方式がやっぱり気になってしまう。1つずつタップするのは遅くて面倒だし、自動再生はちょっと速くて、変速の設定も見当たらなかった。

  

というわけで、こちらはもうしばらく無料で読めるらしいけど、時間切れで終了。課金と個人情報漏洩が怖いから、小市民は直ちに削除♪ ただ、こっちはまた入れて、しばらく使ってみるかも。案外、今後の小説はこっちが主流になるかも知れないし。

   

   

     ☆     ☆     ☆

ここ10年で、SNSに完全に地位を奪われてしまったブロガーとしては、苦い教訓として、時代をチェックし続けるのであった。かなり後ろの方から、トロトロ、ビクビクと♪

    

あぁ、もうブログなんて書いてる場合じゃない! それでは早くも今日はこの辺で。。☆彡

   

       (計 1220字)

| | | コメント (0)

AirDrop(エアドロップ)痴漢、男性の私も被害経験あり

あぁ、やっぱりあるんだな・・と納得した。19年8月20日、福岡県警は37歳の男を県迷惑防止条例違反の容疑で書類送検。地下鉄の車両内で、近くにいた「男性」に、裸の女性の写真を送信したらしい。相手の反応が見たかったとのこと。

   

下の画像はテレ朝ニュースより。左のiPhoneから右へと、画像が送られて来た様子。ここで「辞退」か「受け入れる」か選択する。

   

190822a

   

iPhoneやiPadだと、近く(半径9mくらい)のユーザーに直接写真を送る「AirDrop」(エアドロップ)機能がついてる。たぶん初期設定は「すべての人」を相手にしてるから、自分で変更しない限り、どこからでも送られてる来る可能性がある。メールアドレス、電話番号、名前、パスワード、すべて不要(すべての設定の場合)。操作も簡単で一瞬。

   

   

    ☆     ☆     ☆

190822c

  

上図で、手前が犯人・・じゃなくて容疑者の男。数m離れた位置で立ってる男性の乗客にヌード写真を送って、チラチラ反応を見て楽しんでたらしい。男を狙ったのか、誰でも良かったのかは不明。自分の端末に付けてる名前(初期設定は本名も多いはず)が近くの人の端末に表示されてしまうから、ある程度は男女の区別も出来てしまうのだ。

   

フツーは男が、女性の名前の端末を選んで送り付けるんだろうと思う。受け入れを「辞退」しても、小さいサムネイル画像は強制的に見せられることになる。今回の被害者の男性は、わざと「受け入れる」をタップして受信。その後の尾行と合わせて、容疑者の特定につなげたらしい。

      

なかなか勇敢というか、ちょっとリスキーというか、私には出来ないね。そもそも、相手は常識が通じる人間じゃないわけだから。ナイフならまだしも、小型容器に入ったガソリンと火を投げつけられたらおしまいだ。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

私自身が経験したのは、しばらく前で、わざとブログ記事にするのは保留してた。相手が愉快犯なのは想像できたから、ネットで反応を検索されるのを予防したわけ。流石にもう忘れてるというか、少なくとも私のことは忘れてるだろう。別に、私に執着してたわけでもなかったから。

    

その時、私は空いてる電車で座って、iPadをいじってた。すると、横に若い男(とだけ書いとこう)が座って来たのだ。ピッタリくっついて来たわけじゃないけど、明らかに座る位置がおかしい。おまけに、身体を斜めに傾けて、私の様子が見えるような姿勢でスマホ(おそらくアイフォン)をいじり始めた。

 

変なヤツだな・・と思ったけど、私も相手も男だし、深く考えずにそのままiPadをいじってると、いきなり画像が送られて来てビックリ!

   

190822b

   

「AirDrop  “・・・・・・”が1枚の写真を共有しようとしています。」。私に送られて来たのは、多分その男自身の裸体画像か水着画像。たぶん、「受け入れる」と、下の方まで写ってる画像が送り込まれるんだろうと思う。

   

   

    ☆     ☆     ☆

一応、ウワサは耳にしてたけど、まさか男の私に、男から、男の画像が送られて来るとは思わなかった。

     

イタズラされてることは一瞬で理解できたから、相手の方は全く見ないようにして、自分のiPad画面も隠して、スクリーンショットで画面ごと保存。音がしないしボタンも押さない、画面上だけの操作。その上で、「辞退」をクリック・・じゃなくてタップ。

   

また再送信して来るのかと思って、緊張して待ち構えたけど、その後は何事も無し。いつの間にか、相手は電車を降りてた。私以外の乗客にも送ってたのかも。

  

実はその時点だと、まだ「痴漢」とか性的犯罪とは確信できてなかったけど、今回のニュースとか色々読んでると、多分あれがAirDrop痴漢だったんだろうと思う。横に座って来て、こっちを見ながらスマホをイジリ始めた時点で、席を移した方が安全だったのかも。

  

ただ、9mも離れるのは面倒だし、逃げる動作も面白がるんだろうから、最寄りの駅で降りるのがベストかな。しかしまぁ、次々と新手の犯罪が発生するもんだな・・とあきれつつ、今日はあっさりこの辺で。。☆彡

    

        (計 1654字) 

| | | コメント (0)

QRコード超初心者、作り方と使い方の短い感想♪

突然入って来た訃報の記事に追われて、本来書くはずだったこの記事に回す時間が無くなってしまった。仕方ないから、ごく手短に終わらせよう。

   

唐突に、QRコードを自分で「作る」ことになったのだ。使うことさえ、ほとんど無い私が♪ 大体、バーコードを自分で作る機会なんて一度も無かったのに、何で遥かに複雑なQRコードを作らなきゃいけないの?って感じ。まあ、複雑だからこそバーコードより有用で、自分で作る価値もあるってことだろうね。理屈をつけるのなら。

   

下は開発元であるデンソーのサイト、「QRコードドットコム」より。これ、単なるお飾りではなく、一応意味がある。知りたい方は、試しにスマホかタブレットのカメラでお試しあれ♪ なるほど・・と思う答が表示されるはず。

     

190425a

   

   

     ☆       ☆       ☆

もちろん、QRコードというのは最近、ニュースでも時々話題になるし、その気になればあちこちに使われてる。ただ、紙のメディアが多くて、後は最近の支払いサービスとか。ネットと端末ではあんまし見ない。

       

というのも、今のところQRコードはネットのHPのURLを表してることが多いから、ネット上なら普通にリンクを付けた方が早いからだ。このブログでも普通は文字やアドレスを入力して、リンクを張ってる。例えば引用元のページとか。

   

ウチのトップページにリンクを付けるとこうなる。クリックかタップするだけで飛ぶから、QR(Quick Response)より遥かにクイックなレスポンス♪

   

   

     ☆       ☆       ☆

それに対して、紙メディアだとリンクを張れないし、アドレスを「http・・・」とか書いといても、普通は誰も入力しないだろう。面倒なのだ。ウチのトップページでも、40字以上も入力することになる。

    

だから、カメラで写すだけのQRコードが便利・・・と考える人達がいるらしい(他人事♪)。私は今までほとんどスルー。iPadで何度か試した程度だった。iPadで写すのはちょっと面倒だし、スマホだと6年前の外国製(サムスン)だからなのか、カメラじゃなくてアプリの起動が必要だし、QRコードという言葉も使われてない(ICタグ・バーコードリーダー)。

  

今、初めて知ったけど、実はAndroid携帯(ガラホ)が結構お手軽かも。バーコードリーダーの性能が私のスマホより良くて、一瞬でその意味を表示してくれるのだ。このくらいクイックなら、今後はもっと使っていいかも。

    

    

     ☆       ☆       ☆

で、とにかく作らなきゃいけないけど、手書きで作るのはかなり大変らしい。いずれ勉強してチャレンジしてみたいけど、とりあえずはパス。単純な換字式暗号とかではないのだ。

   

190425b

  

本家デンソーの脳内メーカー(古っ・・笑)じゃなくて、QR Codeメーカーを使用。ウチのアドレスをコピペして、作成ボタンをクリックすると、2秒くらいで完成。ちょっと時間がかかるわけね。

   

190425c

    

試しにこれをiPadのカメラで写すと、「r.qrqrq.com」とだけ表示されたから、間違いかと思ってスルーしそうになったけど、試しにタップ。するとウチのトップページに飛んだ。次にAndroid携帯で写すと、iPadの表示の前後まで表示されて、「https://・・・・・/AT1lqVK8」となった(もちろん本当は半角英数)。

  

なるほど、理屈は知らなくても、作るだけなら超簡単。別にアプリをインストールする必要もないし、ちょっと怪しげなサイトにアクセスする必要もない。

   

   

     ☆       ☆       ☆

ただ、一般人がこれを作って何の役に立つのか。かなりビミョーではある。ちなみに下は、URLじゃなくてテキストの変換結果。「何に使うの?」のQRコード(笑)。これこそ、何に使うの?♪ こうしてみると、情報の短縮とか圧縮どころか、100倍以上の情報に増幅されてる感もある。もちろん、エラー防止機能とか色々含めて。

       

190425d

   

というわけで、とりあえずすぐ作れるのは分かったし、ちょっとだけ慣れた。どうせなら今後、QRコード決済も試してみようかな。わざとiPadやAndroid携帯を取り出して、お店の人の反応をチェックすると♪ 素直な性格で、いいね(笑)

  

あぁ、このくらい書けばもういいでしょ。関係ないけど、超久々に脳内メーカーを使ったら、テンメイの脳内イメージは下図のようになった(爆)。AIの性能が向上したわけか。悪悪悪・・HHH・・♪

        

190425e

   

半ば理数系のマニアック・ブロガーとしては、記号化(エンコード)の方法が知りたくてウズウズしつつ、ではまた明日。。☆彡

   

        (計 1824字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧