体育会系ママは金メダル級の帰りっぷりっ!(朝日新聞・伊藤理佐)&ウチの父親は「バカにされた」と激怒♪

もうすぐ公開16周年を迎える毎日更新ブロガーとしては、他人が書いた上手い記事や面白いコラム・エッセイの類には、いつも目を光らせてる。

  

朝日新聞だと、毎週金曜日の生活欄(主婦向けっぽいページ)に掲載されてる「オトナになった女子たちへ」はなるべく読むようにしてる。

  

イラストレーター・益田ミリと、漫画家・伊藤理佐の2人が、隔週で書き続けてる身近な話題のエッセイ・コラム。まったり派の益田と、突き抜けてる伊藤理佐が好対照。画風も大違い。

  

今現在、益田の方が売れてるみたいで、よく著作の新聞広告を見かけるけど、伊藤は有名な漫画家・吉田戦車の妻だし、若い頃のちゃんとした写真はちょっとだけ可愛い(笑)。3重の限定つきか!

   

51歳の今でも多分、髪伸ばしてお化粧とオシャレして上手く写せばちょっとだけカワイイと思う(笑)。5重の限定つきか!

    

一昨日の伊藤のエッセイは、ウチの父親のエピソードを思い出すものだったし、久々にブログ記事にしてみよう。ほとんど検索アクセス入らないけど(笑)。自虐か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

210801a

  

21年7月30日・朝刊のエッセイのタイトルは、「メダル級の『帰りっぷりっ』」。ギャグ漫画風のイラストは、ご本人が作家五輪の変な金メダルを獲得したシーン♪ 「〆切りおそいメダル」(笑)

   

私もちょっと前までは、締切ギリギリまで仕事やらない派だったけど(コラッ!)、最近ちょっとマシになって来た。それでも先日、まだ締切が来てないのに3回も念押しの請求が来た時には、キレて言い返しそうになった(笑)

  

で、伊藤の個人的な「私統計」だと、体育会系ママは「帰りっぷりっ」が短くて、カッコイイ♪ 「今、子供が運動系のクラブに入っているまま」、「部活などで運動をやっていたママ」。

   

「お先しまーす!」、スパーンと6文字。伸ばす記号は文字数に入らないらしい(細かっ♪)。「お先です!」(おさきです)、新記録の5文字(笑)。学校の部活や肉体系のアルバイトだと、「お先」(おさき)で3文字もあるはず。

   

   

      ☆     ☆     ☆

一方、伊藤の「私統計」によると、本人も含めて、文系の人は帰り方が「長い」。遅い、じゃなくてネ♪ 論文もそう。理系は短くて、文系は長さを競ってる(笑)

   

迷ってる、帰っていいかを人に聞いてる、聞かれてないのに理由を言ってる、知り合いのママをなんとなく待ってる、靴を入れた袋を教室に忘れた(笑)。靴袋! 靴フェチによる盗難防止?♪ 上履き袋なら、私も小学校時代に使ってたかも。

   

私の場合、体育会系と文系の両方が入ってるけど、帰り方はわりと短いと思う。ただ、言葉だけじゃなくて、手を上げたり握手したりっていう身振りをよく付けてる。

   

まあ、ウィズ・コロナ(コロナとの共生)の時代だと、握手は悪手だけど♪ いや、漢字の変換を間違えそうになったもんで。

   

ちなみに肘タッチというものは、私はいまだに経験ゼロだ。ボディ・タッチもない(笑)。セクハラか! 一般女性には (≧▽≦) 一般以外は?!

   

   

     ☆     ☆     ☆

最後に、ウチの父親の思い出をオマケ♪ 私が高校を卒業して数年後くらいだったと思うから、つい最近か(笑)

    

両親がどうでもいいような小さいネタで、口ゲンカしてた。いつも通り、母親の優勢で♪

  

温厚で口数の少ない父が珍しく、会社の若い女性の態度に怒ってたらしい。笑顔で一言、「さよなら~」だったか、「お疲れ様で~す」だったか。父に対して、何か一言だけ口にして帰って行って、それを父は「バカにしてる」と激怒してたのだ (≧▽≦)

     

日本女性なら大和撫子らしく、丁寧にお辞儀しながら、「お疲れ様でした。お先に失礼します」ときっちり挨拶すべきってことかね? 母はその父の古い感覚にツッコミつつ、本気で怒ってた。私は横で笑いながら、脳内記憶にメモメモ♪

   

  

     ☆     ☆     ☆

なるほど、ちょっと感覚が違いと、別れ際の挨拶だけでも激怒されると。

    

まあ、最低限、「お先に失礼します」(おさきにしつれいします)の11文字か、「お疲れさまでした」(おつかれさまでした)の9文字くらいが無難かも。笑顔や白い歯も控えめに、伸ばす音の「~」も入れず♪

  

なお、今週は計13946字で終了。オリンピックの陸上競技は男子3000m障害以外はダメか・・とか思いつつ、ではまた来週。。☆彡

   

      (計 1757字)

| | | コメント (0)

ガリレオ7話の鉄道オタク・福山雅治、ホントに汽車を買う?♪&21年7月の全走行距離

(29日)JOG 8km,45分27秒,平均心拍131

消費エネルギー 329kcal?(脂肪 99kcal)

  

(31日)Walk 5.4km(荷物 5kg)

  

もう今さら東京都の新規感染確認者数4058人とか聞いても、「まだ5000人いかないの?」とか思ってしまう♪ 仮に来週1万人になっても、あんまし衝撃はないかも。

  

それより驚いたのは、福山雅治が記者を買うって話だ。女性記者を金で買って文春砲で撃沈されるのか・・って話じゃなくて、「汽車」ね♪

   

ちなみに「汽車」の「汽」は蒸気って意味だけど、「汽車」は蒸気機関車という意味ではない。ややこしっ! 路面電車を除く普通の列車の意味らしい。まあ、最近ほとんど聞かない言葉だけど。

   

   

     ☆     ☆     ☆

210731e

  

さて、マニアックさが光るサイト「乗りものニュース」がYahoo!にも配信してた記事、「福山雅治『本物の汽車』購入か? 長崎のキハ66・67形 『車両代 土地代 自腹でいいですよ』」。

   

長崎で走るJR九州の列車が引退ということで、ファンが福山に知らせたらしい。なるほど、美味しそうな色使いだね。新車だったら♪ 今は?!

  

210731f

   

で、流石は大物タレント。車両と土地のお金は自腹で出すとラジオで公言したらしい(『地底人ラジオ』)。ただし、長崎の有志たちがちゃんと手入れ、維持できたら、という条件付き。

   

  

     ☆     ☆     ☆

ところで、金額はいくらなの?と思ったら、過去の例だと無料だったらしい(笑)。福山は、タダだと知ってて言ったのかも♪ ただし、運搬費やアスベスト除去費用はかかるとか。その値段は不明だけど、数百万円レベルくらいかな? 土地は長崎なら安いはず(失礼♪)。

   

ここで『ガリレオ』ファンなら思い出すのが、ドラマ第1シリーズの第7話。13年半前! 古っ。。

    

湯川先生(福山)が「クモハ」(運転台とモーターが付いた普通車)とか言いつつ、鉄道オタクっぽい不気味な笑いを見せて、内海(柴咲コウ)がおびえてた(笑)。実在する鉄道系の「バー銀座パノラマ」は今でも健在♪

        

当時のウチのレビューを読み返すと、これも不気味なマニアックさで、自分でウケる♪ こんなの書いてたのか! 現在はもちろん、当時も絶対に誰も書かない内容だね。

  

とにかく、映画の新作だと数式にはあんまし期待できないから、鉄道ネタに期待しよう。そう言えば映画『真夏の方程式』には田舎の鉄道がいい感じで使われてた。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

おっと、やっぱり鉄道関連は思わず饒舌(じょうぜつ)になるから、もう止めとこう。また海外で、「テンメイ」が鉄道オタクとして紹介されそうだし (≧▽≦) 古っ!

  

で、単なる一般市民の運動の方は、木曜が7月最後のジョグ8km。暑さと疲れのわりに、いい感じの走りだった。最後は1km5分切りまでペースアップ。また変な虫にあちこち刺されたけど (^^ゞ トータル1km5分41秒ペース。気温26度、湿度89%、風速2.5m

  

月末最終日の今日(土曜)は、例によって、重い荷物付きで猛暑のウォーキング5.4km気温33度! 軽く日焼け止めを塗っといて正解だった。エライぞ、ニベアSUNウォータージェル♪ SPF35、PA+++。紫外線UV-BもUV-Aも防げると。  

  

     

210731d

   

       時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 7分33秒 108 123 

LAP 1(2.2) 13分37秒 121 131

 2    11分50秒 137 154

復路(2.4) 12分27秒 149 157

計 8km 45分27秒 131(75%) 157(90%)

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、7月の全走行距離は、

  

  RUN 205km ; BIKE 0km

   

ランニングはこれで1年8か月連続、月間200km達成☆ パチパチ♪ ところがバイク(自転車)は1年11ヶ月連続、0km (^^ゞ っていうか、0m♪

  

いや、本来なら流石に乗り始めてる頃だけど、8月末の乗鞍ヒルクライムはおそらく2年連続で中止だろうと予想してるから、乗る気が失せてるわけ(現時点ではまだ開催予定)。それなら、ランの月間200kmの連続の方がいいかなと。

    

とはいえ、流石に8月か9月には自転車に乗る予定(オオカミ少年♪)。コロナで普通のジムにも行けないから、「個人ジム」でエアロバイクをこぐのもいいかな・・とか思ってる所だ。別に自転車やエアロバイクに乗りたくないわけではない。基本的にランより楽だし(笑)。そうゆう理由か!

    

下の負荷の折れ線グラフはまた、月末だけオーバートレーニングになってしまった。そんなつもりもないんだけどな・・とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

       

   

210731a

   

210731b

    

210731c

     

        (計 1843字)

| | | コメント (0)

昨日は深夜までずっとお仕事、7kmジョグ&コロナ五輪つぶやき

(28日)JOG 7km,40分17秒,平均心拍127

消費エネルギー 277kcal?(脂肪 91kcal)

       

これは凄いね。今日(21年7月29日)の国内の新規感染確認者数が1万人を超えたことではなくて、それにも関わらず、死者が僅か13人とされてること。単純計算だと、1000人に1人の死亡に留まってる。

  

日本の今までの累計は、感染確認者90万人で死者15000人だから、60人に1人が亡くなってた。ここ最近はワクチン(その他)の影響で、劇的に死亡率が低くなってる。

   

ちなみに1000人に1人の死亡というのは、やっぱり普通のインフルエンザのレベルに過ぎない。とか言いつつ、個人的には、人混みで息を止めることさえある♪ ちょっと空いた場所まで我慢して、フゥーッて感じ。

   

今日は、女子200m個人メドレーで2個目の金メダルを取った大橋悠依がラスト5m、無呼吸だったのを思い出してた。息を止めてると、歩くだけでも苦しいのだ。

   

まあ、私も小学校5年か6年の頃には、無呼吸の潜水平泳ぎで25m行ってたけどね。危険だから、良い子は真似しないように。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

というわけで、コロナは昨日も書いたばっかだし、今日は五輪のメダル数を見てみよう。 

   

210729a

   

上はYahoo!の特設ページ。7月29日の晩の時点で、日本の金メダルの数は、中国に続く2位☆ (あっ、たった今、15個で1位に躍進!)。

   

ただし、単純な合計個数だと、米国、中国、ROC(ロシア五輪委員会)に次ぐ4位。
   

マニアはさらに、金メダル4点、銀メダル2点、銅メダル1点の加重平均を計算してしまう♪

  

  日本 4×14+2×4+1×5  =69点

  中国 4×14+2×6+1×9  =77点

  米国 4×13+2×14+1×10=90点

 ROC 4×7+2×11+1×7  =57点

  

やっぱり米国の層が厚いってことか。中国2位、日本3位。

  

しかし、人口1億人あたりの点数や金メダルで見ると、日本が1位に輝く。この中だと♪ ホントは、人口がもっと少ない国で日本より上の国もあるんだろうね。今後の研究課題としよう・・と書いとこう(笑)。書くだけか!

    

   

     ☆     ☆     ☆

では、前回2016年のリオ五輪の国別メダル数はどうだったか。朝日新聞デジタルより

  

210729b

   

日本は6位で、金メダルは12個だったわけね。さすが地元の東京2020オリンピック。前半の1週間で早くも前回を超えたと。

  

地元有利とかいう声もあるけど、少なくとも今回は、ビミョーだと思う。日本選手ほど、冷たい扱いを受け続けて来た五輪選手は世界にいないだろうから。何しろ、コロナに配慮して出場辞退しろと直接メッセージを送る人間も話題になるほど。

  

私は寛容でサッパリした気持ちのいい性格だから、開会式直前まで中止や反対の声が大多数だったことを決して忘れない(笑)

   

210729c

   

最後に、「記憶に残る」1964年・東京五輪のメダル数をウィキペディアでチェック。競技数・種目数が違うから、数字だけ見てもあんまし意味はない。順位を見ると、アメリカ合衆国、ソビエト連邦(古っ・・)に次いで、第3位。

  

東西統一ドイツの4位、イタリアの5位も含めて、敗戦国が頑張ってるわけね。特に、原爆まで2発落とされた日本は盛り上がったはず。

  

さて、TOKYO2020は今後どうなるか。とりあえず、そろそろコロナの勢いが収まることを祈ろう。五輪観戦は、家のテレビかネットで大人しく。。

  

    

      ☆     ☆     ☆

早くも最後に、昨日の走りについて。夜中までずっと・・というより、明け方までずっと仕事に追われてたから、途中でチョコッと7kmジョギングしただけ。まあ、月末の予定通りなのだ。

   

気象庁の気温情報よりはかなり暑く感じる中、ビルドアップ(加速走)の形で、トータルでは1km5分45秒ペース。気温25.5度、湿度90%、風速1.5m。復路の自販機で2本もドリンクを買ってしまった。

   

走り出す直前、変な虫にあちこち刺されたようで、いまだに痒い、痒い。。 まさか今さら五輪中止になったりしないよな・・とか、ちょっと心配しつつ、ではまた。。☆彡

  

    

210729d

  

       時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 7分42秒 108 117 

LAP 1(2.2) 13分40秒 123 134

 2    11分34秒 138 144

復路(1.4) 7分21秒 138 150

計 7km 40分17秒 127(73%) 150(86%)

     

        (計 1762字)

| | | コメント (0)

軽~い五輪つぶやき&気温26度で13kmジョグ

(25日)JOG 13km,1時間15分14秒,平均心拍139

消費エネルギー 593kcal?(脂肪 166kcal)

   

Yahoo!の実質的な筆頭株主であるソフトバンクの孫正義会長は、五輪に反対する立場を表明してる。Yahoo!自体も確か、五輪に反対してた気がするけど、始まってみるとフツーというか、それ以上に五輪を報道♪

  

まあ、立憲民主党の蓮舫でさえ、五輪中止の主張と選手応援とは別問題だと言ってるから、ビミョーなわけね。五輪の中止は、選手応援と正反対、真逆の動きだと思うけど♪

   

朝日新聞もよく似た態度で、中止を主張してるのに大きく報道中。体操の内村航平の敗退を1面トップにしてたけど、内村は五輪をやらせてと明言した数少ない選手。それが最重要の記事? 編集委員の方々、おかしいと思わないの?♪ まあ、大新聞社はどこも五輪スポンサーのままだけど。

   

   

     ☆     ☆     ☆

210726a

   

今現在のYahoo!のトップ左上は、上図のようになってる。左端には、日本と東京と花火のイラスト。五輪開会式ではないと♪ 上側にはスケボー。五輪の金メダルとは関係ないデザインだと(笑)

  

ちなみにヤフーは、リンクを普通に付けようとするとエラーになるので付けない。他では滅多に見ない、変な取り決めがあるのだ。法律的にも微妙。

              

210726b

   

トップ右上も同様で、意地でも五輪とは書いてないけど、スケボー、東京、花火のイラストになってる。建物は国立競技場ではないわけね♪ ま、いいけど。

      

210726c  

  

トップの中央上側には、「TOKYO2020オリンピックガイド」の欄があって、上側は金色になってる♪ メダル数もしっかり表示。金5、銀1、銅0。

  

何と今現在、金メダルの数だと、日本は中国に次いで2番目☆ まあ、これから米国とか巻き返して来ると思うけど、今のところ順調と言っていいのかな。

  

  

     ☆     ☆     ☆

柔道の阿部一二三・詩兄妹のW金メダルも凄いけど、個人的には新競技のスケボーに興味を持った。金メダルの堀米雄斗(22歳)もお父さんも、いい味出してる。

  

堀米は自由で反抗的なストリート系のはずなのに、言うことがかなり常識的♪ 「本当に凄いうれしいです」。「もっと大きな家を買いたい」。幼い頃から父と二人三脚。スポ根の『巨人の星』みたいだね。本場アメリカでの活躍の稼ぎは億単位らしい。

      

お父さんは、星一徹とは違うキャラで、結婚時にスケボーを止める約束をしてたのに破って、息子とスケボー三昧。昨日は息子の競技も見ず、いつも通りサイクリングしてたらしい♪ いいね。まあ、スポーツ好きなんだな。奥さんは知らないけど。

  

  

     ☆     ☆     ☆

で、スケボーの様子をNHKプラスで20分ほど見たけど、もちろん初めてだから、見方も点数もよく分からない。同じ横乗り系とはいえ、スノボともかなり違ってる。

   

足がボードに固定されてないから、クルクルとボードを回転させれるし、逆向きに進むことも可能。それどころか、競技の途中でボードから両足を離して歩いて向きを変えてた♪

   

まあでも、やっぱり一番のイメージは、痛そうってこと。トップ選手でも、フツーに硬い地面に転倒しまくってるのだ。本人がコケるのならまだしも、私は公園を走ってる時にスケボー少年に捻挫させられてるから、子供の危険な遊びのイメージが強い。ちなみにその公園はスケボー禁止。

     

そうした事を考えると、同じストリート系のスポーツでも、ブレイクダンスの方が健全で、いいね。次の2024年・パリ五輪から、ブレイクダンス(ブレイキン)も競技に採用。

   

   

     ☆     ☆     ☆

おっと、五輪でつぶやくといくらでも書いてしまうから、もう強制的に止めよう。先週、制限字数オーバーで16000字も書いてしまった直後だし。実は将棋も、次々とニュースが入ってるけど、これも今日は自重。

  

で、単なる右下がりの小市民の方は、昨日も暑い中、13kmジョグ。この程度の距離でも、1ヶ月ぶりだから自信なかった (^^ゞ 序盤はかなりゆっくり走ってたけど、途中で走り方を変えるとスピードアップ。膝を伸ばして走るようにしたら一気にラクになった。

  

ただ、心拍はグングン上がったし、無理せずに完走。トータルでは1km5分47秒ペース。遅いけど、ちょっと自己満足してたりする♪ 気温26度、湿度78%、風速2m。湿度が70%台だと、それほどひどい蒸し暑さとは感じない。

  

・・とか言いつつ、実際は汗ビッショリで、帰宅後はドリンク飲みまくり♪ 念のために、塩もなめといた(笑)。医学・生理学的にどうなのかはビミョー。さあ、連休終了後の月曜日、頑張るぞ! ではまた。。☆彡

  

 

210726d

  

       時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分56秒 122 133 

LAP 1(2.1) 13分00秒 131 139

  2   12分11秒 141 146

  3   12分14秒 146 150

  4   11分59秒 150 160

復路(2.1km) 10分54秒 151 164

計 13km 1時間15分14秒 139(79%) 164(94%)

    

       (計 1992字)

| | | コメント (0)

最もバランスの良い文系の五輪コラム、報知・瀬戸花音記者&11km

(23日)JOG 11km,1時間05分07秒,平均心拍138

消費エネルギー 505kcal?(脂肪 120kcal)

     

東京2020オリンピックも無事に3日目。日本人選手の金メダルも出始めて順調だが、五輪反対や批判の声はほとんど(orあまり)収まってない。

  

今(21年7月25日)、スポーツ報知HPにアクセスしても、ランキングのベスト5はすべて五輪批判の見出し。3位の橋下徹はちょっと立場がビミョーだけど、ありがちな言葉の一部の「切り取り」によって、猛反対してるかのような扱いになってる。

    

メディアの記事というのは、どうしても有名人の言動に注目が集まりがちで、ハッキリ言って、名前を見るだけで何を叫ぶか分かってしまうし、ほとんど読む価値が無いどころか、マイナスの内容に過ぎない。

  

そんな中で、報知の女性記者の記事はキラッと光ってた。私は最初、Yahoo!への配信で読んだけど、ここでは元の報知にリンクを貼っとこう

   

210725a

   

  

      ☆     ☆     ☆

五輪開会式の日に『五輪』が出てこないタイムラインを眺めながら思うこと」、瀬戸花音(せと・かのん)。twitter もすぐ見つかった

  

まだ2年目の新人記者で、全く知らなかったが、名前だけでも覚えやすい。私自身がよく瀬戸内海出身だと書いてるし、たぶん年配の人たちには「瀬戸花嫁」にすれば良かったのに♪・・とか言われて苦笑してるはず(笑)

  

昭和のヒット曲に似た名前もキレイだし、文章も内容もバランスも美しい。これまで五輪関連の記事は大量に読んで来たけど、文句なしに1位。五輪報道部門の金メダルを贈呈しよう♪ 報道というより記者コラム、エッセイか。

   

   

     ☆     ☆     ☆

まず、記事の冒頭からインパクトがあるし、共感できる。

   

友だちしかフォローしていないSNSのタイムラインで『五輪』を見かけることはほとんどない」。

  

確かに、文化部出身の女性というのが関係してそうだけど、私も例えばメーリングリストなどだと、自分から五輪の話を書くことはない。コロナワクチンの話でさえ、書きにくい雰囲気がある。同調圧力というより、禁句圧力、タブー圧力。

   

政治や宗教もそうだけど、五輪もハッキリと立場が分かれて、有意義な対話など全くの絵空事。それを極端にしたのが、反対デモと賛成デモの衝突だ。

   

非常に親しい数人の個人的な間柄ならともかく、5人以上くらいになるともう、両方の立場が混ざってるはず。すると、「大声」の好きな人以外は黙ることになる。

  

ちなみに、私がブログで色々と書いてるのは、基本的には匿名で、クローズドではなくオープンな場だから。実は職場でも、その種の話をすることはほとんどゼロに近い。ワクチンの話も、明らかに最小限度になってる。腫れ物に触るような扱いだ。

  

1度、試しにほんの少しだけ主張してみたら、直ちに真逆の意見を示されて、すぐ話を変えることになった。もちろん、あの人はそうゆう立場なんだな、やっぱり・・とかいうビミョーな記憶はしっかり刻み込んで。。

   

   

      ☆     ☆     ☆

話を報知の記事に戻すと、五輪招致が決まった2013年、彼女は高校1年生。教室は無邪気にハシャいでたらしい。ところが、「論戦のテーマになると同時に、同級生との会話の中で出てくることはなくなっていった」。

  

そんな中、社会部記者の彼女は5月、渋谷の老舗ミニシアター「ユーロスペース」へ取材に行く。北條誠人・支配人に厳しい現状を一通り聞いた後、彼が言った。「五輪、やるのかな」。彼女は、自分の意見を問われるかも・・と身構えた。

   

ところが彼の質問は、「『アタックNo.1』って漫画、知ってる?」。1964年の東京五輪が人気漫画やドラマになって、「スポーツだけじゃなく文化にも影響を与え」てるという話だった。

  

  

     ☆     ☆     ☆

7月に再びうかがうと、今度は五輪の公式映画の話になった。今回は河瀨直美が監督する五輪の公式映画は、「何を捨てて何を残して伝えたいのか。監督のフィルターを通」して示すもの。

  

映画に限らず、「今回の五輪もそこしかないと思うんだよ。何を忘れて、何が記憶に残っているのか。それを他の人たちと話すときにどういう言葉が沸き上がって来るのか」。

   

完全に自分の立場を固定して主張し続ける人達を除くと、自分が何を残すのか、まだよく分からない人が多いと思う。彼女もまだ考え続けてる。

  

いまだ何ひとつ想像はつかない。ただ、すべてが終わったとき、自分の中から沸き上がって来る言葉で、五輪と向き合いたいという漠然とした思いは芽生えている」。

  

  

     ☆     ☆     ☆   

私自身は、このブログでは意識的に、少数派の立場に傾くことが多くなってる。特に今回の東京五輪に対する風圧の強さは、完全に集団イジメのレベルなので、気の毒な被害者に優しい言葉をかけて励ましてる。人間として当たり前の事をやってるだけのこと。

   

その一方、五輪のトップアスリート達に刺激を受けつつ、猛暑の中で底辺レベルの走りを続けてる。結局、五輪やコロナ禍の後に残るのは、「逆境の中、自分なりに走り続けたこと」。そこに尽きるだろう。

   

もちろん、走る方向もおそらく正しいとは思ってる。3年で静まった放射能騒動の時と同様に。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

最後に一言。その底辺レベルの走りについて♪ 昨日は休んで、ずっと五輪開会式の記事を書いてたけど(笑)、一昨日は11km走って来た。

  

脚の動きは別にヘロヘロとまでは思わなかったけど、さっぱりスピードが出ない (^^ゞ よっぽど疲れてるんだろうね。実際、ポラール心拍計のサイトも、久々に「オーバートレーニング」と表示してた。「怪我や病気のリスク増加」。

  

210725b

  

実際、前日には珍しく転倒して出血してたし、もっと気を付けないとヤバイ。とにかく、トータルでは1km5分55秒ペース。遅っ! 最近はもう、1km6分を切るのが精一杯になってしまってる。心肺よりも脚の問題・・とか言いつつ、心拍も高い。

   

気温26度、湿度83%、風速1.5m。この日も、意外とランナーやウォーカーが頑張ってた。五輪の効果か、あるいは連休の効果か。

  

あぁ、4連休も終わりか。今夜からもう、仕事しなきゃ! なお、今週は計16113字で終了。連休と五輪で、久々に制限字数オーバーとなった。ではまた来週。。☆彡

   

  

210725c

   
  

     時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分44秒 123 135 

LAP 1(2.1) 12分48秒 135 144

  2   12分30秒 143 149

  3   12分35秒 146 155

復路(2.2km) 12分30秒 147 155

計 11km 1時間05分07秒 138(79%) 155(89%)

   

      (計 2655字)

| | | コメント (0)

コロナ禍の東京2020オリンピック開会式、控えめでも完璧、感動、涙・・

素晴らしい!☆ 凄まじい逆風が吹き荒れる中、これだけの開会式をよく作り上げたね♪ 地味とか安っぽいとか言われても、私は最初から最後まで感動、随所で涙ぐんでしまった。

    

質素な作りの向こう側に、どれだけの努力と思いが込められてることか。録画でじっくり見直しても、またウルウル。。 HDDの空きを4時間分、作っといて成功。

   

210724a

     

ほとんど完全な出来栄えだった。日本の技術力を誇示したのは、1824台のドローンの制御。地球の映像という報道ばかりが目立ってたけど、あれ、地球の中の日本列島を手前に向けてたのだ。上空のカメラのアングルも含めて、実に素晴らしい。案外、単なるCGとか(笑)

 

☆追記: 実は米国インテル社のシューティング・スターと呼ばれるドローンとのこと。日経新聞その他の報道より。)

   

目立つミスといえば、NHKの豊原謙二郎アナがイランを「アラブ諸国」扱いしたことと(調べてみると結構ビミョーな問題)、動くピクトグラムでパントマイムのGABEZ(ガベジ、吉本興業)がバドミントンのラケットを落としたくらいか。

    

五輪の旗を運ぶ時、自衛隊か警察官か、左後ろの女性が最後の階段で躓いたのは良しとしよう♪ 細かっ! いやぁ、もし転んで旗がビリッと破れてたら大ごとだった。

   

上原ゆかり・・じゃなくて(古っ!)上原ひろみ(Hiromi)に拳で叩かれまくってたピアノも、よく壊れなかったね(笑)。ジャズピアノの過激な即興演奏、恐るべし。。

   

   

      ☆     ☆     ☆

開会式は、直前の特番から笑えた。サンドウィッチマンの富澤たけしが、聖火台の点火の予想で、自分のプランを披露。辞任解任された方が勢ぞろいして、その炎上の炎が聖火台にいくとか(笑)。NHKの直前の生番組で、禁断の炎上ネタ。いいね♪

   

210724b

    

そして、声まで美しい和久田麻由子アナがチラッとだけ映った後、開会式の最初のCGにもウケた。暗闇の宇宙から国立競技場に、大量の岩石が降り注ぐシーン(笑)。そこか! 多分ほとんど理解されてないから、マニアック・ブログとしては強調しとこう♪

  

210724c

  

石が降り注ぐ中、緑色の光に包まれて、花の芽のように立ち上がるのは、コロナで五輪の夢を絶たれた看護師の女性ボクサー、津端ありさ。女性、アスリート、コロナ禍、医療関連。条件が揃ってる人選。顔も「男前」で、ジャニーズのタッキー(滝沢秀明)似。

      

女子ミドル級ボクシングの日本代表を目指してたのに、6月の世界最終予選が中止。ランキングで出場者が決まったから、落とされたらしい。しかし、あれだけ目立つ役に抜擢されれば、奇跡的な幸運。

  

210724d

  

そして、一回目の短めの花火。競技場の外には人込みが出来てて、スマホで撮影してたらしい。やっぱり産経デジタルの写真はキレイだ。警備の皆さんもお疲れさま♪ 反対デモもあるし、さすがに大勢で厳重に警備。

  

210724e

   

  

    ☆     ☆     ☆

210724f

  

コロナ禍での困難なトレーニングの表現は、アスリート達の意見を取り入れてたらしい。エアロバイクこいでた女の子も選手なのかね? ペダルの回し方に力が入り過ぎてたけど、可愛いからOK♪ 細かっ!

   

210724g

210724h

210724i

  

プロジェクション・マッピングで季節の移り変わりと微妙な心が表現された後、ダンサー達が赤いロープで緊縛される♪ SMショーのイメージだろうけど、流石にNHKの解説には出ない。去年、京都大学で炎上したばっかだし♪

   

そして、再び走り出すアスリート達から、周囲に強い光が放たれる。束縛から解放された人々は再び動き出す。

  

210724j

   

天皇陛下とIOCバッハ会長のご登場の後、日の丸掲揚。日の丸を運ぶ高橋尚子とかより目立ってたのは、制服姿の女性救急隊員・あさばみずきさん。

  

210724k

  

misia(ミーシャ)が君が代を熱唱すればもう、紅組の勝利♪ 紅白歌合戦か! レインボードレスが米国メディアNBCのロゴに(たまたま?)似てて、あちらでも反応。裏に大人の事情があるのかも。ドラマ『やまとなでしこ』のラストも米国だったね。

        

210724l  

210724m

210724n

   

  

     ☆     ☆     ☆

210724o

  

真矢みきが中心になってた江戸の火消しと棟梁のシーン。海外に意味が伝わったかな? 東京の歴史を受け継ぎつつ、コロナ禍の炎を消して、新しい世界を創り上げる姿だと。その象徴が、これから入場する選手たちだと。五つの輪の木材は、57年前の東京五輪とつながってるとの事。

  

花火の後は、いよいよ入場行進。ギリシャから始まって、日本語のあいうえお順。日本を意識して、丸印や扇子、富士山、桜、波、うちわを取り入れてくれた国々には、特に感謝♪

 

210724p

210724q

210724r

210724s

210724t

  

最後は、28年五輪開催の米国、24年のフランス、そして開催国・日本。天皇陛下の微笑みが映ったのは、この時だけ。隣の菅義偉首相は、わざと厳しい表情で通したのかな。旗手は父親が黒人の八村塁と、須崎優衣。203cmと153cmで、身長差50cm。どこまでも多様性♪

  

210724u

210724v

  

金髪の笑顔が目立ちまくってたのは、19歳のスケボー選手、西村碧莉(あおり)かな? 少女らしく、わかりやすい金メダル宣言♪ 小池百合子・都知事はほとんど映らなかったけど、日本選手団の入場の時には笑顔で拍手してた。

   

210724w

210724x

210724y

  

  

     ☆     ☆     ☆ 

「Faster Higher Stronger Together」。より速く、高く、強く、一緒に。五輪の理念と花火の後、山縣亮太と石川佳純が選手宣誓。両脇には、審判代表とコーチ・役員代表だったかな。

  

210724z

  

多様な参加者がカラフルな積み木遊びみたいなパフォーマンスをして、最後はエンブレムが完成。そして、上空にはドローンのエンブレムが登場。長方形は3種類で、多様性の調和と統一を表現。まもなく、地球と日本列島へと変化。

  

210724-01

210724-02

   

橋本聖子・組織委会長のスピーチは適度だったけど、バッハ会長の演説は12分くらいもあった (^^ゞ 長過ぎるのは明らかだから、演出の大部分が中止になった場合に備えて無理やり長くしたのかも・・と好意的に解釈しとこうか♪

  

210724-03

  

海外の選手が後ろでカメラに映ろうとしてたけど、さすがに日本選手団は真面目に聞いてた。ちょっとスマホ撮影してた程度。ただ、入場行進時のスマホは禁止されてたようで、目につかなかった。

  

210724-04

  

天皇陛下(His MAJESTY THE EMPEROR NARUHITO)が短く開会宣言。「私はここに、第三十二回近代オリンピアードを記念する東京大会の開会を宣言します」。五輪憲章の「celebrating」を「祝い」と訳さず、記念すると表現。細かい配慮。

   

210724-05

210724-06

210724-07

  

花火、五輪旗の掲揚(エッセンシャルワーカー含む)、そしてオリンピック賛歌。合唱は、男子は福島県郡山高。女子は屈指の進学校で合唱部も強い、東京の豊島岡女子学園高。わりと可愛い子が揃ってたね♪ 才色兼備。中央の右寄りで目立ってた子が好みか(笑)

  

210724-08

210724-09

  

昭和の名曲『翼をください』と共に、鳩のプロジェクション・マッピングと鳩の形の紙吹雪が流れた後、面白いと好評だった動くピクトグラムのパフォーマンス。

  

これ、カメラワークも音楽・効果音も良かったし、着替えを手伝ってるスタッフも必死に頑張ってた♪ 50個中、49個成功(笑)。残り1コも、笑いを取れたから良しってことで。実は、元の動くピクトグラムもよく出来てる。ブラウザがIEだと映らないけど。

  

   

     ☆     ☆     ☆

最後は、劇団ひとりと荒川静香のコントの流れで、東京の各地がライトアップ。東京タワー、日本武道館、各地の競技場、スカイツリー。渋谷スクランブル交差点には、五輪公用語のフランス語で「Bien Venue!」(ビヤン・ヴニュ:ようこそ)♪

  

210724-10

210724-11

  

やがて歌舞伎座にライトが当たる映像の後、ステージには市川海老蔵が登場。上原ひろみのピアノとの融合は良かったし、外国ウケもいいはず。和の静の男と、洋の動の女。組合せの妙味。全体的な色調は赤で、聖火を意識したもの。

 

210724-12

210724-13

   

そして最後は、野村忠宏&吉田沙保里から、長嶋茂雄&王貞治&ゴジラ松井、医師&看護師、東北の子供たちと聖火をリレー。ミスター長嶋が松井に手助けされながら必死に脚を動かす姿に、こっちまで力が入った。

  

  

     ☆     ☆     ☆

210724-14

  

最終点火者は、直前の予想通り、大坂なおみ。色々あるけど、多様性と実力・実績で日本を代表するのは事実だから、順当か。それで、今春の欠場騒動の時でさえ、東京五輪は出ると明言してたわけね♪ 

  

世界中に放映される1度切りの大役を笑顔でこなせるんだから、やっぱり例のツイートの「depression」はうつ病と訳すべきじゃないね。うつ症状とか、気持ちの落ち込みとか。お化粧も黒人好みの髪型も、バッチリ決めてた♪

  

聖火台は、佐藤オオキ&デザインオフィスnendoが担当。太陽や五輪、炎をイメージして、5枚のパネルが上下2段になってる。富士山みたいな土台も含めて全体的に小さめで地味だけど、競技場の構造や1年延期による予算の制約があったはず。

   

   

     ☆     ☆     ☆

パァーン、パァーン! 最後はまた短めの花火が華やかに上がって、23時45分からは『ゆく年くる年』(笑)。大晦日か! そうじゃなくて、大幅な放送延長の後、23時51分に終了、ニュースに変わった。

  

210724-15

     

選手も関係者もエッセンシャル・ワーカーも、皆さん、本当にお疲れさま♪ 拍手、拍手! 最後の最後までドタバタになった開会式も、ようやく無事終了。ゆっくり休んで欲しいもの。今さら何が起きても、もう関係ない(笑)。それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

210724-16b

    

       (計 3675字)

  (追記54字 ; 合計3729字)

| | | コメント (0)

航空自衛隊ブルーインパルスの五輪飛行、素晴らしい☆&転倒・出血25.5度ジョグ

(22日)JOG 9km,52分57秒,平均心拍129

消費エネルギー 375kcal?(脂肪 120kcal)

   

あれだけ五輪批判を続けてるメディア各社も、航空自衛隊ブルーインパルスの飛行だけは普通に好意的に報道してる♪ スポーツの扱いってことか。僅かな気の緩みでも大惨事だから、ある意味、五輪のアスリート以上。命がけのパフォーマンス。

  

210723a

  

開会式の今日、2021年7月23日の午後12時半過ぎからは、残念ながら東京上空は薄曇り。淡い太陽光と雲、やや強めの風(地上付近で3.5m)のせいで、せっかくのカラーの五輪がいま一つだった。

  

そんな中でも、一番上手く撮ってたのが上の産経新聞、尾崎修二。お見事☆ やっぱりピンク(赤)が一番くっきり目立つね。

  

210723b

  

上からヘリコプターで撮影した共同通信の写真も壮大なスケールで素晴らしい。ただ、「上空の五輪マーク、再現ならず」と、何か言いたげな見出し(笑)を付けてたし、色は分かりにくいんだね。

   

五色のスモーク、1機あたり約150万円。5機で750万円。まあ、数十年に1回だからOKでしょ。この先ずっと、写真は残り続ける。

   

210723c

  

晴れた青空だったら、上の予行演習(21日)みたいに、五輪の輪っかがキレイに見えたはずなのだ。老舗通信社のロイターが利用してるのは、一般人のツイッターの映像♪ そうゆう時代だと。

   

  

     ☆     ☆     ☆

210723e

  

色がキレイに出てたのは、例えば上の日刊スポーツの写真(撮影・江口和貴)。ちょっと加工してるかな♪ まあ、私もチョコチョコ加工してるけどネ。冒頭の産経の写真は、ちょっと明るさを下げて、コントラストを上げてるのだ。

   

210723d

  

上のAP通信の写真(掲載はスポニチ)も、合成に見えるほど見事。東京タワーの真下から写すと、青空だったのかな。太陽光線の放射がマンガかイラストみたいにくっきりしてる。

   

この放射光の本数22本は物理的にどう説明されるのか、今後の研究課題としとこう♪

   

210723f

    

最後に、飛行隊長の猿渡祐樹・2等空佐。渋いイケメンだね♪ 共同通信の報道より。一発勝負の大仕事を見事にやり遂げて、今夜は祝杯か。一応、ソーシャル・ディスタンスと週刊誌に注意して(笑)。

  

とにかく、実に素晴らしい。精鋭部隊の5人の曲芸飛行に、拍手、拍手! \(^o^)/

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる衰えた市民ランナーの方は昨夜、ひどいパフォーマンスになった (^^ゞ 暑さでバテてる中、とろとろと公園に向かう途中、僅か1.5cmほどの歩道の段差で躓いて転倒。

  

左手の手首とヒジから出血したから、その後は血の流れを様子見しながら、慎重にジョグ。タラタラ流れるほどじゃなかったから、予定通り9km完走。新・心拍計が壊れなかっただけでも良しとしよう。ちょっとだけ表面のガラスに傷がついたけど。

  

トータルでは1km5分53秒ペース。遅っ! 気温25.5度、湿度83%、風速2m。個人的には26度くらいの暑さに感じた♪ 細かっ!

   

さぁ、いよいよ東京五輪2020の開会式だから、ハードディスクの空きを作らなきゃ!(笑)。ではまた。。☆彡  

 

   

210723g

     

      時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分47秒 120 133 

LAP 1(2.1) 13分11秒 126 133

  2   12分37秒 133 141

復路(2.3km) 12分22秒 141 152

計 9km 52分57秒 129(74%) 152(87%)

    

          (計 1374字)

| | | コメント (0)

無観客の五輪女子サッカー、選手の叫び声が新鮮♪&気温26.5度で11km

JOG 11km,1時間04分35秒,平均心拍137

消費エネルギー 496kcal?(脂肪 139kcal)

  

オーーッ・・・!って感じで、思わず絶叫してしまった♪ 東京五輪、初絶叫。

    

最初に見たのは、女子サッカー予選のカナダ戦。女子サッカーどころか、男子サッカーもほとんど見なくなってるから、2018年のW杯以来かも(笑)。古っ! トーナメント1回戦にベルギーに大逆転負けしたのが懐かしい♪

   

あれからまだ3年なのか。5年前くらいに感じるね。そうそう。この間、私の生活はコロナ以外でも激変したのだ・・って話はともかく、日本国民の五輪イジメがあまりに極端だから、せめて私は強めに応援しよう。もう二度と日本には来ないかも知れないし。

  

一応、また書いとくと、東京のコロナ感染者の激増で五輪どころじゃないと思ってる人も多いだろうけど、重症者も死者も増えてない。逆に、ずっと右下がりで激減してたのが、やっと横ばいになった程度。

  

大体、本当にヤバイ状況なら、みんなもっと家に閉じこもるはず。実際は、首都圏でもまだかなりフツーに出歩いてる。無意識的に、「ウィズ・コロナ」、コロナとの共生の感覚を少しずつ試してるわけだろう。

    

   

     ☆     ☆     ☆

210721b

   

上は、後半の終わりが近づいてる時、日本のエース・岩渕真奈が同点のミドルシュートを決めたシーン。よく決めたね。でっかいディフェンダー2人とキーパーがいたのに、難しいシュートをゴール右隅に放り込んだ。ウォーッ・・!って感じ♪

  

私がテレビというか、携帯のワンセグを見始めたのは20時半くらいだったか。今夜から女子サッカーが始まるのは知ってたけど、連休前の仕事に追われてた。

  

まずテレビ欄をチェック。TBSがライブ中継してたから、超久々のワンセグをつけると、0-1で日本が負けてる。カナダって強いんだっけ?・・と思ってランキングを調べると、カナダ8位、日本10位。現在は格上なわけね。

    

まあでも、日本の岩渕は、まだ新人の頃から、辛口評論家の蓮實重彦がドリブルを褒めてた選手。顔もちょっと可愛いから、私も応援しよう♪ ルッキズム(外見主義)か!

   

210721e

  

田中みな実・・じゃなくて田中美南(みな)選手のPKが決まってれば、2-1で勝ってたのに♪ たらればか! ちょっと変わった顔だなと思ったら、母親がタイ人なわけね。生まれはタイだけど、ほとんど日本育ちらしい。

  

  

     ☆     ☆     ☆

ところで、サッカーというと世界的に、サポーターの熱狂的な応援が普通になってるけど、この試合は無観客。でも、見てると、選手の声がすごく大きいから、ホントに無観客なの?と思ったほど♪

  

あんなにフィールドで声出してたのか。まあ、音声スタッフの工夫もあるんだろうね。無音じゃ淋しいから、高性能マイクとデジタル機器で調整してると。とにかく、女子選手の声がずっと競技場に響き渡ってて、新鮮だった。

   

一方、反対の声に屈することなく有観客で実施された、宮城スタジアムのブラジルvs中国戦。日本以外の1次リーグだから、この程度の観客なら立派でしょ♪ 読売HPより。6000人の予定だったけど、キャンセルが相次いで3000人とか。

  

210721c

  

ちなみに、宮城県の感染者数も重症者数もまだ十分、少ない。入院の病床使用率は高いけど、要するに軽症がほとんどで、村井県知事の有観客の判断は正しいと思う。圧力に屈せず、頑張って欲しい。宮城県HPより

     

210721d

  

  

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる小市民ランナーが公園に出かけて驚いたのは、ランナーが多いこと♪ このクソ暑いのに? 4連休前で、夜遊びも出来ないから、仕方なくジョギング? いやぁ、エアコンの効いた家でくつろぐ方がいいでしょ。

  

ひょっとして五輪のムードが影響してるのかね? 私は明らかに、ハイテンションになってる。2割増くらいで(笑)。少なっ! 本来の五輪なら、数倍のハイテンションになってたのに。ブツブツ。。♪

   

で、肝心の走りは、気温26.5度の暑さと昨日の疲れでさっぱりダメ (^^ゞ 一応、確実に11kmこなしたけど、トータルでは1km5分52秒ペース。遅っ! 湿度75%、風速2.5m

  

クールダウンの途中で麦茶を買ってしまった♪ 最近は麦茶のがぶ飲みがマイブームなのだ。それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

    

210721a

   

      時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分32秒 123 136 

LAP 1(2.1) 12分43秒 135 143

  2   12分41秒 140 145

  3   12分18秒 143 149 

復路(2.2km) 12分22秒 143 150

計 11km 1時間04分35秒 137(78%) 150(86%)

   

       (計 1860字)

| | | コメント (0)

人気絵本作家のぶみが五輪プログラム辞退、電子書籍1冊だけ読んでみた&26.5度で9km

JOG 9km,50分24秒,平均心拍135

消費エネルギー 376kcal?(脂肪 109kcal)

   

小山田圭吾という名前はともかく、コーネリアスという名前なら一応、聞いたことがあった。でも、のぶみ? 野踏み?♪ 全く聞いた覚えのない名前だけど、実名の下ね。斎藤信実。

   

いちいち、マイナーな五輪炎上まで相手にする気もないからスルーでいいか・・とも思ったけど、『ママがおばけになっちゃった!』という絵本の名前だけはどこかで聞いた気もする。下はkindle無料サンプル3冊の表紙。

  

210720f

  

ひょっとすると、朝日新聞の広告のタイトルが、無意識の内に目に入ってたのかも。っていうか、かなりメジャーな絵本作家なのか。5年前、TBSの看板番組の1つ、『情熱大陸』に出てた。

  

「子供の心を鷲づかみにする超人気絵本作家」。世のママ達の間で「涙なしには読めない! 号泣し過ぎて読み聞かせも出来ない!」と話題騒然(笑) いや、いくら何でも褒め過ぎじゃないの?♪

  

210720a

   

  

     ☆     ☆     ☆

さて、小山田と比べるとかなり小さい、のぶみの炎上。単に五輪・パラリンピックの文化プログラムを辞退しただけで、中心的スタッフではない。

   

指摘されてる問題点は色々あるけど、その1つ1つは、小山田と比べると小さい。教師への嫌がらせ、いくつかの虚言(と思われるもの)、懐かしの「放射脳」的発言、子育てに関するデマ(?)、絵本の不適切な(?)内容など。

  

おそらく、上の最後の2つが中心的な問題なんだろうけど、どちらもそれほど明快な欠点ではない。にも関わらず、ウィキペディアの項目は負の側面を強調した内容なので(文量的に明らか)、あまり信用できない。一応、百科事典なのに、重箱の隅をつつくような粗探しまで色々と書いてる。

  

やはり、確実な情報は作品だろう。amazonのキンドル読み放題に入ってたから、1冊だけ読んでみた。これが意外なことに、難解な内容なのだ。3ヶ月からの赤ちゃん向けなのに♪

  

   

     ☆     ☆     ☆

210720b

   

私が読んでみたのは、『赤ちゃんが泣いたら』。おててで話す絵本。主人公のまーちゃんはいいとして、りんごとクマさんの使い方が私には謎。急に、分身の術で増えるのだ♪ まあ、絵本の世界ではフツーなのかも。

   

全体は2つの話から構成されてる。まず、まーちゃんが泣く。するとママが笑顔で、「まーちゃん むーむー(おむつ)かえようか?」と話しかけつつ、手で「おなかのあたりをぱんぱんと」触る。言葉以前の、ベビーサインと言うらしい。

  

すると、まーちゃんは「だーぁ・・・」と声をあげつつ、しばらく苦悶。まーちゃんの成長・発達のシンボルなのか、多数のりんごが登場。「ぱぁ!」と帽子の下から(?)りんごが飛び出して、まーちゃんは手でおなかを触る。

  

ママは「だいてんさい!」と褒めて、おむつ交換。まーちゃんもママも、クマさんも笑顔。

  

210720c

  

   

     ☆     ☆     ☆

その次は、「ぱいぱい(おっぱい)」を飲む話で、ママは、グー・パーのサインでぱいぱいを表現。まーちゃんは、クマさんの分身の術と共に、おてての物まねに成功。クマさん達の喜び方は、りんごの時より派手だから、強い欲求や満足を表してるわけか。

  

で、ママはまた「だいてんさい!」と褒めて、まーちゃんは無事に「おっぱいむらのそんちょうさん」に昇進(笑)。ぱいぱいにくっついて、みんな笑顔。

  

最後は、熱いサイン、痛いサイン、聞こえるのサイン、おふろのサインを簡単に説明して、裏表紙で「おかあさんへ」メッセージを伝えて、おしまい。最後のイラストは、本人と娘さんか。

    

210720d

   

  

     ☆     ☆     ☆

読み終えた感想としては、別に問題を感じない絵本だけどね。むーむーのサインは自然だし、ぱいぱいのサインも「ぱー」の音を使ったものだろうから、あり得る。ベビーサインなんて人それぞれだし、彼自身にも子どもが2人いるらしいし。

   

強いて疑問を挙げるなら、大量のりんごやクマさん達がどこから出て来たのか分からないことくらいか(笑)。主婦の友社の、はじめてブックシリーズ。

   

既に100冊以上の絵本を出してるのも事実みたいだし、今回の辞退も絵本の売れ行きにはそれほど影響ないと思う。かなり変わった人だなとは思うけど、実は私も子どもの頃、母親に何度も「変わってる」と言われてた(笑)

  

まあ、すぐバレるウソは止めた方がいいけど、夢の世界にトリップするタイプなのかも知れないから、ほどほどにして頑張って、とだけ伝えとこう。非現実の世界への逃避には、それなりの理由や背景があるのかも。トラウマを抱えたアダルト・チルドレンとか。

  

ハッキリ言って、三菱の検査不正やトヨタの車検不正の方が何万倍も深刻で悪質だけど、そっちはほとんど炎上してない。この事実が、この種の個人攻撃の本質を表してる。

    

   

     ☆     ☆     ☆

最後に、むーむーもぱいぱいも思い出せない小市民の走り♪ そう言えば、おもらしなら数回、覚えてる。両方とも(笑)。ちっちゃい頃ね (≧▽≦) 当たり前だろ! いや、そうゆう大人の遊び(プレイ)もあるらしいから。

     

で、難解な絵本を何とか理解した後、時間が無くなったから9kmだけジョギング。今年最高の気温26.5度だったけど、ボチボチの感覚で走れた。時間さえあれば、そのまま11kmまで行けたはず。

  

トータルでは1km5分36秒ペース。湿度74%、風速2.5m。湿度がわりと低めだから、それほどキツくなかったのかも。寝る時もエアコンつけたいな・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

   

     

210720e

   

      時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 14分35秒 122 133 

LAP 1(2.1) 12分20秒 133 139

  2   11分30秒 142 148

復路(2.3km) 12分00秒 145 158

計 9km 50分24秒 135(77%) 158(90%)

    

       (計 2334字)

| | | コメント (0)

聖火がかすむ五輪の炎上、当面の火消し役はワクチン・治療薬・集団免疫か・・&気温25.5度ジョグ

(18日)JOG 7km,41分25秒,平均心拍129

消費エネルギー 291kcal?(脂肪 93kcal)

   

暑かった・・というか、眠かった・・というか。かなりキツかった月曜のお仕事を終えて、帰宅する途中、数年ぶり(?)に電車で本気でマイクロスリープしてしまった (^^ゞ コクッ。。(-_-)zzz おっとっと。コクッ。。(-_-)zzz

    

短かった(と思う)けど、二度寝どころか三度寝♪ 左側の女性の方にかなり傾いてたから、頭が当たってたかも。危ない、危ない。迷惑行為として乗務員とか駅員とか呼ばれたら大変だったわ。

   

もちろん本来なら、電車の居眠りくらいで大ごとにはならない。でも、最近の日本社会やネットを見てると、ホント、反応が読めないのだ。これで、ここまで大炎上するの?・・って感じ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

「これで」と言っても、私も先日のツイッター記事でドン引きしたと書いてた通り、内容的には凄まじく悪質なイジメではある。だから、一部の擁護に近いようなコメント(?)に同調する気はない。いくら30年ほど前の話とはいえ、ものには限度がある。

   

ただ、この炎上に同調する気もない。すぐ思い出したのは、小保方さんのSTAP細胞騒動。ハッキリ言って、あの炎上の仕方は、専門家きどりの人間たちも含めた大がかりな集団イジメに近かったから、ウチではあえて炎に水をさす記事を連投した。

  

もし、そうしてなかったら、優秀な学者の命が失われてしまった時、ブロガーとして後悔してたと思う。彼、記者会見で見ただけでも、明らかにキレキレの学者に見えた。その彼が自殺した後でも、炎上し過ぎを反省する言葉をほとんど見なかった。

   

   

     ☆     ☆     ☆

さて、五輪・開会式の音楽担当、小山田圭吾(コーネリアス)の辞任は、ここまで燃え上がったからには仕方ないとは思う。そもそも昔の話がネットで拡散してすぐ、できれば辞任したかったはずだし、ギリギリでまだ開会式は何とかなるタイミングだと思う。

       

ただ、彼は大量殺人犯ではないし、無差別テロリストでもない。音楽活動の一方、家族や友人・知人との関係を長年それなりに作り上げて来たはず。

  

その彼を、周囲まで含めてグシャグシャに叩き潰すような炎上というのは、障害者イジメに対する正義の鉄拳では説明できないし、単なる五輪つぶしとも思えない。

  

   

     ☆     ☆     ☆

コロナその他で強烈に溜まった社会全体のストレスが、破壊衝動として爆発してるのだろう。一部の場所で壊しやすいものを見つけて、徹底的に叩き壊す。先日の不可解な日本人差別(?)騒動にも似たものを感じる。

   

このパワー、五輪が終わった後はどうなるのか? 首相叩きとか選挙の反自公なんていうフツーの動きでは、とても収まらないはず。やっぱり対症療法としては、コロナワクチン、治療薬、集団免疫くらいしかないか。

   

しかし、そもそもコロナ禍を超える巨大なものも感じる。それに対して、そろそろ冷静になる動きが少しずつ広がってもいい頃だと思う。とりあえず私は、この程度の小さいつぶやきは書き続ける。たとえ、圧倒的な多勢に無勢、絶望的な状況でも。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、フツーに天候も炎上で、暑さに弱い市民ランナーには辛いシーズンに入ってしまった。昨日の日曜もずっと家で仕事してたけど、夜中に7kmだけ近所でジョギング。往路からもう暑い、暑い。4kmで止めようかと思ったほど (^^ゞ

    

ただ、実は身体から汗が出て適応するまでの20分~30分くらいが一番暑くて、それ以降は何とかガマンできる暑さになってくれた。エライぞ、適応能力! トータルでは1km5分55秒ペース。遅っ!

   

気温25.5度、湿度87%、風速1.5m。いやぁ、あれが25.5度なら、やっぱり先日の局所的猛暑は27度くらいあったね♪ ムワッ!って感じだったから。

  

   

     ☆     ☆     ☆

210719b

   

とにかく、昨日の復路では久々に自販機でドリンク購入。100円の炭酸飲料は安いな♪・・と思って喜んでたら、無糖でガックシ。。_| ̄|○ ハッキリ書いとけよ! WILKINSON(ウィルキンソン)!

  

Since1904? 100年以上も歴史があるの? タンサンレモンって当然、キリンレモンや三ツ矢サイダーの類かと思ったわ。同じアサヒでも、140円のカルピス・ソーダを買うべきだった。安物買いの銭失い。古っ!

        

あぁ、もう眠いから早めに寝よっと! しかし五輪組織委とか、中心スタッフはホントに大変だね。橋本組織委会長、丸川五輪相、入院もできない状況だろうから、もうちょっとだけ頑張れ! かなり本気で心配しつつ、ではまた。。☆彡

   

         

210719a

   

      時間   平均  最大

往路(1.2km) 7分40秒 114 126

LAP1(2.2)13分57秒 126 134

 2  12分48秒 133 142

復路(1.4) 6分59秒 144 154

計 7km 41分25秒 129(74%) 154(88%)

    

         (計 1984字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧