テレビ未放映、『カネ恋』幻の第5話~第8話における『方丈記』の引用と意味(大島里美『シナリオブック』)

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』のシナリオブック発売(20年11月10日、角川書店)から、2ヶ月が経過した。

   

210108a

    

既に三浦春馬ファンの方々は、本を手に入れてるか、情報を仕入れてるだろうし、そろそろ当サイトでも解禁していいと思う。そもそも、早く買わないと写真入りの帯が付かなくなるから、好きな人はすぐ買ったはず。

    

ちなみに上が、帯付きの表紙写真。表紙の下側に巻かれる帯は、何種類かに分かれてる場合もあるけど、この本は1種類だと思う。ネットに大量にアップされてる画像のすべてが同じだから。

  

帯なしだと、下の通り。アマゾンより。主演2人の写真ではなく、玲子(松岡茉優)がひっそり暮らしてた小さい部屋(方丈)の写真が印刷されてる。窓の下に置かれてるのが、鴨長明『方丈記』の本。

  

210108b

   

中身はこんな感じで、台詞だけでなく、各シーンのタイトルや説明も書かれてる。

   

210108c

    

例えば第1話の冒頭、玲子が手を合わせて拝む仕草は、シナリオには無い。これは私の予想通りで、既にレビューで指摘してたこと。おそらく、三浦を意識した監督による演出だろう。そうでなければ、松岡自身による演技か。

    

   

     ☆     ☆     ☆

それでは、書籍の販売に配慮して今まで延期してた記事をアップしよう。テレビ放送されてない第5話~第8話(本来予定されてた最終話)における、鴨長明『方丈記』の引用と意味の解説。ストーリー的なネタバレはなるべく避ける。

    

私は『方丈記』の引用が毎回楽しみで、ドラマ第4話まで毎回、解説レビューをアップ。オンエア中はかなりのアクセスを頂いて、ツイッターでもいくつもリンクを付けて頂いたし、今でも結構アクセスが入ってる。

   

 鴨長明『方丈記』と座布団、三浦春馬にたむけるラブコメディー~『カネ恋』第1話

 方丈記「かむなは小さき貝を好む」、『カネ恋』第2話に合わせた意味と現代語訳&プチジョグ

 方丈記「いかにいはむや、常に歩き」、『カネ恋』第3話に合わせた意味と現代語訳&プチジョグ

 方丈記「猿の声を聞いて 涙をこぼす」(原文「猿の聲に袖をうるほす」)、『カネ恋』最終回SPに合わせた意味と現代語訳

   

     

TBSのテレビドラマは、まさかの訃報を受けて予定を短縮、第4話で終了。しかし、テレビ未放映、第5話から第8話までのシナリオ(脚本)を書籍化して発売。

   

これを読むと、脚本家・大島里美の本来の筋書きや「本当の結末」も分かるし、ドラマ化された部分でも、「脚本」にない「演出」や「演技」がどのように行われてるのか分かるのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

では、まず第5話。サブタイトルは、「その人と、未来を描けますか?」。要するに、好きな人との今後(特に結婚)を考えるお話。

    

テレビの第4話に挿入された『猿の聲に袖をうるほす』の部分が、元のシナリオではこの第5話に登場。既にウチでは第4話レビューで説明した箇所なので、ここでは省略する。

     

「故人を忍び」という引用は、もともと三浦の死とは関係なかったらしい。単に、三浦が演じた登場人物・慶太への思いを表したもの。

   

   

    ☆     ☆     ☆

続いて、第6話。「おこづかいとお誕生日」。以前と同じく、青空文庫『方丈記』で引用箇所を確認すると、真ん中を過ぎた辺りだ。

  

210108d

  

春は藤なみを見る、紫雲のごとくして西のかたに匂ふ。夏は郭公をきく、かたらふごとに死出の山路をちぎる。秋は日ぐらしの聲耳に充てり。うつせみの世をかなしむかと聞ゆ。冬は雪をあはれむ。つもりきゆるさま、罪障にたとへつべし。

   

私が現代語に訳すと、こんな感じだ。直訳だと意味不明な部分なので、補足的な説明を加えてある。鈴木春治『方丈記の解釈』を参照。国立国会図書館デジタルコレクションで公開中。

  

春は、藤の花が咲いてるのを見る。死ぬ時に迎えに来てくださる仏様が乗って来る紫の雲みたいで、しかも極楽のある西の方に匂ってる。夏はカッコウの鳴き声を聞く。それを聞くたびに、自分が死んだ後の冥途の道案内をしてくれるよう、カッコウと約束する。

  

秋は、ひぐらしの声が充(み)ちてる。はかないこの世を悲しんでるようだ。冬は雪の景色を味わう。雪が積もって消える様子は、極楽浄土への往生の際に障害となる、人の罪が積み重なったり消えたりするように見える。

   

あまりネタバレにならないように言うと、会社で犯「罪」が発覚して、すべて終わりのような雰囲気が出て来る。そうした物語の流れと重ねてるわけだ。最初に罪に気付いたのは当然、「あの人」♪

    

古書のくずし字だとこんな感じ。以前の記事と同様、鴨長明学会『鴨長明方丈記』より。これも国立国会図書館にて公開中

  

210107e 

  

  

     ☆     ☆     ☆

さらに、第7話。「経理部のプライド」。真ん中より少し前側の箇所が引用されてる。

   

210108f

  

もしおのづから身かずならずして、權門のかたはらに居るものは深く悦ぶことあれども、大にたのしぶにあたはず。なげきある時も聲をあげて泣くことなし。進退やすからず、たちゐにつけて恐れをのゝくさま、たとへば、雀の鷹の巣に近づけるがごとし。

   

もし、自分自身は大した事ないのに、たまたま権力の近くにいて助けられてる人であれば、心の奥で喜ぶことがあっても、思い切り楽しむことはできない。嘆いてる時でも、声をあげて思い切り泣くことはできない。身動きが難しく、恐れおののくように振舞う様子は、例えば、スズメがタカの巣に近づいてるようなものだ。

   

これは、遠回しに言うと、社内の「犯罪者」(悪者)がこそこそビビってる様子を表す引用。あえて、誰とは言わない♪

   

210108g

   

   

     ☆     ☆     ☆

そして最後、第8話「ほころびの行方、ふたりのはじまり」。この場合のほころびは、2人の事だけじゃなくて、会社の巨大なほころびも指してる。

   

第1話で引用された方丈記の冒頭の有名な箇所が再び登場。その少し後、「あしたに死し・・・」という箇所も引用されてるけど、既に以前の記事で触れてるから、ここでは省略。

   

それ以外に、方丈記のラスト辺りが引用されてた。

  

210108h

    

そもそも一期の月影かたぶきて餘算山のはに近し。・・・・・・月かげは 入る山の端も つらかりき たえぬひかりを みるよしもがな。

   

さて、自分の一生は、月の光が沈むような感じで、余命は終わりに近づいてる。・・・・・・「明るい月明かりは、山に沈んで消えるのが辛い。絶えない光を見たいものだ」。

   

最後の歌は、自分の命という儚い光と、仏様のありがたい光と、2つを掛け合わせてる。ドラマのシナリオ的にはさらに、会社の命運も掛け合わせてる。2人の命運は、ちょっとしか入ってない(個人の感想♪)。

  

ちなみに、なぜか最後の歌だけ、くずし字になってないのは、研究者が補った文字だからだと思う。

    

210107i

   

   

     ☆     ☆     ☆

月の光。。 個人的には、当時(2020年の夏)、三浦春馬と共演中だったJUJUが、年末の紅白歌合戦で最初から最後まで見せてた瞳の光を思い出す所か。誰もいない真っ暗な観客席に向かって熱唱する姿が印象的だった。

       

 離れていても そばにいるよ ・・・

 ぬくもりはいつも この胸の中に

 決して失くさないよ ありがとう

    (『やさしさで溢れるように』 歌詞・小倉しんこう・亀田誠治

   

それでは今日はこの辺で。あらためて、合掌。。☆彡

    

         (計 2898字)

| | | コメント (0)

初ラン連発、フルのリハビリ&つぶやき(とんねるずの『スポーツ王』とか)

(1日)JOG 12km,1時間13分52秒,平均心拍130

消費エネルギー 611kcal(脂肪177kcal)

   

(2日)JOG 10km,59分26秒,平均心拍133(推定)

消費エネルギー 520kcal(脂肪135kcal)

    

今夜は初仕事の予定だったのに、とんねるずの『スポーツ王』が面白過ぎて、ずっと見てしまった (^^ゞ まあ、笑って免疫力をアップできたからOKか♪ 1都3県の緊急事態宣言はどうなるのかね? 秋から予期してたけど、色々と予定が変わるかも。

    

今日・・じゃなくて昨日は、箱根駅伝の往路をちょっと見ようと思ってたのに見れなくて、終わった後にネットのニュースを見たら、往路優勝が創価大?! 「そうか」とか言ってる寒い人間が大勢いるはず♪ 他人事か!

    

調べてみると、一応4強(青学、駒澤、東海、明治)に次ぐダークホースになってたわけか。2位以下とのタイム差は2~3分。復路も逃げ切って、総合優勝かも。

  

しかし、青学が7分半も差をつけられて12位とは、誰も予想できなかっただろうね。ま、たまには原監督の落ち込んだ顔を見ないと♪ 自粛を要請してた観客の人数はどうだったのか、まだ映像はほとんど確認してない。

    

    

     ☆     ☆     ☆

さて、昨日の紅白の記事だけで6000字だから、先週に続いて今週も既に、制限字数を遥かにオーバー。今日はもう、一言つぶやいておしまい♪

  

とんねるずの『スポーツ王』は、色んなスポーツが好きな人間にとっては本当に面白い。各界のトップ選手たちがマジで遊んでハシャいでるのだ。ギャラが高過ぎて、テレビ朝日は大赤字かも♪

      

18時半スタートの5時間(!)スペシャルだけど、私が見始めたのは20時前くらいだったか。番組表も見ずにテレビのリモコンを操作してたら、ちょうどゴルフ対決をやってた。

   

あの渋野日向子(!)や石川遼も出てるし、実力もアップした美人ゴルファー・原英莉花もミニスカ&ニーソで長い美脚を披露♪ みんな、実力もボケも見せてくれてた。渋野はやっぱ、いい時と悪い時の振れ幅が大きいね(笑)。素人みたいなミス・ショットもあり(シャンク?)。

   

  

     ☆     ☆     ☆

210103a

   

リアル野球BAN(盤)もお約束満載で笑えるし、弘中綾香アナも地味に可愛い♪ 地味に(笑)。繰返しか! パドミントンの桃田は流石の実力を見せつつ、よく笑う明るい好青年。だからこそ、大逆境でも周囲が温かく支えてくれたと。潮田玲子は今でもカワイイし、実力も体型もそれなりにキープしてるんだね。

 

テニスも、久々に見た車椅子の国枝&上地の動きが楽しめた。伊達公子も普通にテニスしてるし、松岡修造もフツーに面白解説してるし♪ っていうか、松岡は久々に見た気がする・・とだけ書いとこうか(笑)。あんまし熱くなり過ぎないようにネ。

   

賞品に車が何台も出てるのにも驚いた。日産も、トヨタも。日産は、明石家サンタの賞品には車を出してなかったクセに(笑)。大人の事情としては、やっぱり選手とCMがつながってるわけネ。スポーツ・バラエティにも、経済の論理が働いてると。    

   

    

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる市民ランナーの初ランの方は、リハビリモードで短いお気楽ジョグ♪ 12月28日に、はじめての1人フルマラソンを完走した後、丸3日休んで、元日はかなり慎重に12km。これは全く楽勝だった。

   

トータルでは1km6分09秒ペース。ま、ちょうどいいかも。気温5度、湿度50%、風速5m! 北風が冷たかった。心拍計は最初の22分ほど動かなかったから補正

    

2日10kmジョグは、早くも脚に疲れが残ってて、短縮しようかと思ったほど (^^ゞ まあでも、トータルでは1km5分57秒ペースだから、ちょっと回復。気温6度、湿度60%、風速4m

    

元日よりはマシだったけど、上に4枚も着てちょうどいい寒さ。スピードが遅すぎて、身体から出る熱が少ないもんで。心拍計は全く動かず

  

   

     ☆     ☆     ☆

お正月の公園で、凧揚げを全く見なかったのは初めてかも。コロナの影響かね? 小さい子どもはほとんどリスクが無いはずだけど。ランナーやウォーカーの数は普通に近かった気がする。

  

なお、今週は計19280字で終了。2週続けて2万字近くなったから、来週はもう少なめにしよう♪ ではまた。。☆彡

   

(1日)  

      時間  平均心拍 最大心拍

往路(1.9km) 11分59秒 123 131

LAP 1(3.1km) 19分15秒 131 139

      2    18分51秒 132 136

復路(3.9) 23分54秒 131 138

計 12km 1時間13分52秒 平均130(74%) 最大139(79%)

   

(2日) 

        時間 

往路(1.9km) 11分26秒

LAP 1(3.1km) 18分23秒

      2    18分13秒

復路(1.9) 11分24秒

計 10km 59分26秒 平均133? 最大143?

    

       (計 1939字)

| | | コメント (0)

『紅白歌合戦 2020』、コロナに揺れる青い地球にエールを・・♪

コロナでステイホーム、おうちにいようと叫ばれてた昨年、2020年(令和2年)の年末。第71回・NHK『紅白歌合戦』の視聴率は、嵐が終わった21時54分以降(細かっ・・)、女性が減っただろうから読めないけど、私は最初から最後まで楽しめた。感想を一言でまとめると、満足♪

     

今回、一番注目してたのは、無観客の大ホールをどう使うのか。逆手に取って360度の撮影をするとかいう話を聞いてたから、映像に期待してたら、80点くらいの出来かな。☆(星)4つって感じで、来年はさらに上手く無観客ホールを使ってくれると思う♪ コラコラ!

  

いや、年末年始の世界と日本の状況を見てると、真面目な話、今年(2021年)の紅白もひょっとして・・と思ってしまう。ワクチンもすぐには打ちたくない人がかなり多いみたいだし、ウイルスはどんどんと変異。一方で、経済や社会も回して行く必要がある。

   

    

     ☆     ☆     ☆

とにかく、初の無観客も含めて、今回の紅白はコロナ、コロナ。映像・演出にせよ、トークにせよ、至る所にコロナが顔を出してた。下が19時半のオープニングで、司会3人が極端にソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を取ってる。

    

BGMは名曲『smile』(スマイル)。笑って、心が痛んでも。。♪

         

210102a

    

全体のテーマは、「青い地球にエールを」ということだろう。最初から終盤の松田聖子『瑠璃色の地球』まで、ちょっと暗めの青色が中心になってた。

  

そこに、前向きな「エール」(今年の朝ドラのタイトル)を送ってたのは、明るい光と笑顔と元気。例えば白組のトリ、福山雅治が『家族になろうよ』と歌ってた時の色と光、カメラの使い方が典型だった。暗い観客席と青いステージに、光が差し込んでる。家族という光。

    

210102q

   

この前の紅組が『瑠璃色の地球』で、その間にはユーミンの『守ってあげたい』が挟まれてた。大トリのMISIA『アイノカタチ』まで、決めに行ってる。

      

そうした展開を考えると、白組の司会に陽気な大泉洋を起用したのは大成功♪ 彼をテレビで長く見るのは初めてだったけど、やたら元気で面白くて、うるさいほど(笑)

    

真面目な紅組・司会の二階堂ふみと、いいコンビだったと思う。大泉が妙に頑張るから、総合司会のうっちゃん(内村光良)は大人しくして、バランスを取ってた。

   

   

     ☆     ☆     ☆

では、全体のまとめ的な感想を軽く書いて行こう。最初は紅組司会・二階堂ふみの真っ赤なボディコン・スーツに目を奪われた。ウエスト、細っ! 嵐の相葉より細い(笑)。その比較か! 頭が小っちゃいし、脚も長いのかな?

   

210102b

    

出場者も、今回は集まらず。カラフルな水玉模様の中に映して紹介。そもそも3ヶ所か4ヶ所か、複数のスタジオに分散して撮影。

   

ゲスト審査員も別室で(徹子の部屋・・笑)。まあ、今回のゲスト審査員はテレビ視聴者と同じ投票だったらしいけど。そのせいなのか、ほとんど映ってなかった。大泉の喋りが長かったからかも♪

   

観客がいないのに拍手があったのは何で? ま、NHKへの問い合わせは止めとこう(笑)。スタッフかな。

   

   

     ☆     ☆     ☆

白組1番、King&Prince、『I promise』。もう3回目の出場か。私はフツーの男だけど、彼らは華やかで可愛くてわりと好きだ。1人も覚えてないけど(笑)。誰もいない観客に向かって歌う姿を最初から360度の角度で映してた。

  

紅組1番、Foorin(フーリン)、出場2回、『パプリカ』。みんなで踊って、賑やかだった。ちょうど、番組ラストの華やかなステージと対(つい)をなす形。私の小学校時代の友達のあだ名は「ブーリン」だ(笑)

  

白組2番、山内惠介、出場6回、『恋する街角』。申し訳ない。覚えてない。晩ご飯に夢中だったかも♪

  

紅組2番、milet(ミレイ)、初出場、『inside you』。意味深なタイトルと歌詞だね。観客席の中のルーフステージ(?)を利用、今年らしい映像を見せてくれた。左の奥に司会3人が小さく見えてる。うっちゃんのイチオシらしい。

      

210102c  

    

   

    ☆     ☆     ☆

あぁっ! 入力が4組分、消えた! ガックシ。。_| ̄|○ 気を取り直して。。

   

紅組3番、日向坂46、出場2回、『アザトカワイイ』。美脚を思い切り出してて、確かにあざとい可愛さ。中学だとイジメられるかも♪

  

紅組4番、欅坂・・じゃなくて櫻坂46、改名後の初出場、『Nobody’s fault』。誰のせいでもないって意味ね。自己責任だと。リベラルから叩かれそうなタイトルと歌詞♪

   

白組3番、Hey!Say!JUMP、出場4回、『紅白SPメドレー』。申し訳ない。この辺からしばらく、他の事に気を取られてた。紅白の情報の検索してたかも。

   

紅組5番、Little Glee Monster、出場4回、『足跡』。顔も名前も覚えてないけど、好きなグループ。去年の紅白で熱唱して涙を流してた可愛い子(芹奈)が、今回は体調不良で欠場なのは知ってた。去年、私は素直に感動したけど、一部からは目立ち過ぎとかいう声も。まさか、そのせいで・・ってことはないだろうね。

    

残ったメンバー4人はフツーに歌ってて、珍しく黄色系の背景に薄い緑の衣装が映えてた。・・・あぁ、ここまで2回、同じことを入力するハメになった (^^ゞ

  

  

    ☆     ☆     ☆ 

白組4番、SixTONES、初出場、『Imitation Rain』。コロナで出れなくなったSnow Manの分まで頑張ったと。あんまし強調してなかったのは、気遣いなんだろうね。

     

紅組6番、小林幸子(笑)・・じゃなくて、水森かおり。出場18回。『瀬戸内 小豆島SP』。私は瀬戸内出身だから、タイトルは一発で覚えた。元祖・巨大衣装の小林に怒られないのかね♪ フワちゃんをじっくり見たのは初めて。いいね。意外と(笑)

      

白組5番、GENERATIONS、2回目、『You&I』。始めて聞いたけど、結構好きかも。EXILE系ね。

   

白組6番、順列(笑)・・じゃなくて純烈、3回目、『愛をください~Don’t you cry~』。「密」が売りのスーパー銭湯アイドル、コロナでどうしてたのかね? まだ過去形じゃないけど。

  

  

     ☆     ☆     ☆

紅組7番、坂本冬美、出場32回!、『ブッダのように私は死んだ』。作詞・作曲のサザン・桑田佳祐がゲスト出演(桑畑・・笑)。

   

朝日新聞に何度か、全面広告を出してたから一応、知ってた。女の業(ごう)を描いた斬新で過激な歌詞だけど、やっぱり『天城越え』のムラムラする歌詞には届かない♪

  

白組7番、Kis-My-Ft2、出場2回、『We never give up!』。曲名は分かりやすいね。グループ名は打ちにくいけど♪ フット・ツーと読むのを初めて知ったかも。インラインスケートじゃなくて、ローラースケート、レトロ!

    

紅組8番、天童よしみ、25回、『あんたの花道』。Snow Manの代役で、少年忍者が「腹筋太鼓」? ジャニーズ・ファンへのサービスショットか♪

   

特別企画、さだまさし、『奇跡2021』。紅白の後の後の生番組で、まさかの20分遅刻♪ それでも笑って許されることこそ、奇跡2021(笑)。遅刻してる間だけ、興味本位で流し見してた♪

   

   

      ☆     ☆     ☆

紅組9番、乃木坂46、6回、『Route246』。246号線は都心から西に延びて行く大動脈の幹線道路。普通、ニーヨンロクと略称。背景に映し出された夜の航空映像(CG?)がカッコ良かった。

  

210102e

    

それより感心したのは、最後の映像。なぜか東京タワーが映って、全員、後ろ向き。これ、赤い衣装と開いた脚で、東京タワーを表現してるのだ♪

   

まあ、国道246号とはつながってないはずだけど(笑)。東京のシンボル、日本の象徴ってことか。って言うか、やっぱ乃木坂はみんなルックスがいいね ♡ ルッキズム(外見主義)か! 他のグループは?!

   

白組8番、鈴木雅之、3回、『夢で逢えたら』。エッ、彼の曲なの?、と思って調べたら、大瀧詠一が作って、色んな歌手が歌ってるわけね。詩も曲も「素敵」だと思う。亡き母に捧げた名曲。ちょっと過激な意味も含まれてるかな。「あなたに逢えるまで 眠り続けたい」。。

  

特別企画、ディズニースペシャルメドレー。二階堂ふみ、歌、上手い! 素晴らし過ぎて、口パク疑惑まで浮上♪

   

白組9番、五木ひろし、50回!、『山河』。半世紀、しかも連続で出場。。 でも、実は最初は売れなかったとかいうお話。あの独特の歌い方は真似できないね。これも歌詞がちょっと意味深。「そして終いには 山河に還る」。私は、海かな。。

  

  

    ☆     ☆     ☆

紅組10番、NiziU、初出場、『Make you happy』。タイトルもノリも、今回の紅白に合ってるわけか。日本人K-POPと縄跳びダンス。さて、この跳躍がいつまで続くかな♪

   

210102f

   

白組10番、瑛人(えいと)、初出場、『香水』。これはもう、さんざん聴いた。10月くらいから♪ 遅っ! ドルチェ&ガッバーナの次は、イブ・サンローランか、ラルフ・ローレンか(笑)

   

紅組11番、Perfume、13回、『メドレー』。いつも凝ってるのに、今回は地味でインパクトが弱かった気がする(個人の感想♪)

     

紅組12番、BABYMETAL、初出場、『イジメ、ダメ、ゼッタイ』。可愛くてカッコイイけど、「ベビメタは2人になったんじゃないの?」とずっと引っかかってた (^^ゞ サポート・メンバーが1人加わってたわけね。博多華丸の娘とかいうお話。歌詞がそのまんま過ぎる内容で、ある意味、スゴイ(笑)。演奏は本格的。

   

210102g

   

  

    ☆     ☆     ☆

白組11番、郷ひろみ、33回!、『筒美京平メドレー』。ホント、凄い作曲家だと思う。5人くらいのユニットじゃないの?、と思ってしまうほど。天才だけど、ものすごい勉強家でもあるらしい。

  

紅組13番、JUJU、初出場、『やさしさで溢れるように』。共演してた三浦春馬に捧げる歌声。歌う前からもうウルウルしてたのに、大泉をイジって笑わせてた。尾崎紀世彦のモノマネが上手かったから、代わって欲しいとか♪ 大泉も歌、上手いね。福山雅治のモノマネは滑ってたけど(笑)

   

210102h

   

ドラマ『エール』特集。ヒロイン・二階堂と共に主演だった窪田正孝が登場して、ずっと感動で涙ぐんでたのが印象的。主題歌のGReeeenの映像はAR(Augmented Reality:拡張現実)とかいうウワサ。本業(?)の歯科医の方が儲かるのかも♪

              

白組12番、嵐、12回、『メドレー』。最近の紅白の顔だったのに、まさか最後、無観客の客席に挨拶するとは。まあ、わりと早めに復活しそうな気もする。

  

210102k

  

  

     ☆     ☆     ☆

紅組14番、LiSA、2回、『鬼滅の刃メドレー』。レコード大賞おめでとうございますとか言われて、はにかむ笑顔が可愛かった♪ アニメの力、恐るべし。。

   

白組13番、Official髭男dism、『I LOVE...』。彼らは何か、好感もてる愛されキャラだね。名前の入力が面倒だけど♪ 曲もいいし、ボーカルが独特の歌声。

 

白組14番、三山ひろし、6回、『北のおんな町』。けん玉世界記録更新、おめでとう☆ いつも本気で見てしまう。誰が落とすかと思って(笑)。コラコラ!

  

紅組15番、YOASOBI、初出場、『夜に駆ける』。これが今回のテンメイ賞☆ 実に素晴らしい! 3億回も再生されてる名曲なのに、全く知らなかった私もある意味、素晴らしい(笑)。男女2人のユニットね。漢字で「夜遊び」だったら、コロナ自粛で出場できなかったかも♪

   

210102l

   

   

    ☆     ☆     ☆

白組15番、関ジャニ∞、9回、『みんなで踊ろう!前向きスクリーム!』。申し訳ない。YOASOBIの検索してた♪

   

紅組16番、東京事変、初出場、『うるうるうるう~能動的閏〆篇~』。申し訳ない。まだ検索してた♪

  

白組16番、ゆず、11回、『雨のち晴レルヤ』。まだ検索中♪

   

紅組17番、あいみょん、2回、『裸の心』。去年、まさかの落選で、この曲で絶対紅白に出ると言ってたらしい。私はYOASOBIの検索のついでに、そのエピソードも検索してた♪ 紅白が好きなんだね。

  

特別企画、YOSHIKI、『ENDLESS RAIN』。みんなで歌ってて、QUEENのブライアン・メイまで出て来たのにはビックリ! 超大物だね。ちなみにX JAPANの方は色々あるらしい。

   

   

    ☆     ☆     ☆

紅組18番、Superfly、5回、『愛をこめて花束を』。大泉(?)が絶叫してたのしか覚えてない(笑)

   

白組17番、Mr.Children、2回、『Documentary film』。まだ2回なの? 一瞬だけ、『コード・ブルー』のテーマ曲が流れたね♪・・っていうのは、一部読者へのご挨拶(笑)

   

紅組19番、石川さゆり、43回!、『天城越え』。この曲がかかる度に、ウチは検索アクセス数を稼げる♪ みんな、ムラムラする歌詞の意味を知りたいのだ(笑)。「山が燃える あなたと越えたい 天城越え」。吉岡治の作詞、お見事! これならNHKでも流せる。ギリギリ♪ この演出だけでも、性的な意味は薄々感じ取れるはず。

     

210102m

   

白組18番、星野源、6回、『うちで踊ろう(大晦日)』。これも知らなかったけど、自然にのれる曲と歌詞だね。まあ、新垣結衣との仲の方が気になるけど(笑)

  

   

     ☆     ☆     ☆

紅組20番、松田聖子、24回、『瑠璃色の地球』。最後は地球そのものの映像と象徴的なセットだったけど、途中のこの演出が美しかった。階段型の足場を丸く並べて、地球を表現してる。

    

上には光だから、ウチの新年記事♪ 宣伝か! このセットとか、観客がいたら出来ないんじゃないかな? サイドの席から見る時にはジャマになるから。柵みたいなライトまで並んでるし。歌唱直後、「瞳はダイヤモンド」。キラキラ。。

   

210102n

   

白組19番、福山雅治、13回、『家族になろうよ』。今年はコロナのせいで(?)、会場に登場。イケメンだったね♪ いや、たまにイケメンじゃない事もあるから(笑)。コラッ! 飲み過ぎた後とかかな?

   

紅組20番、大トリ、MISIA、5回、『アイノカタチ』。まだ5回なの? 彼女、単に歌が上手いだけじゃなくて、メリハリがハッキリあるから感動しやすい。二階堂もNHKの桑子アナもウルウル。私まで♪ そう言えば去年はドラマ『やまとなでしこ』の特別篇再放送もあった。大人の事情を乗り越えて。

    

で、最後は昨日も書いたように、まさかの紅組圧勝☆ これはもう、最後の投票時に女性が激減してたとしか思えない(個人の感想♪)。私も投票しようと思ったのに、テレビがネットに接続されてなかったから出来なかった (^^ゞ 純烈の時に押した決定ボタン10回の立場は?(笑)

   

210102o

  

263万vs138万。これ、そもそも票数が少ないね♪ 1人で最大5票入れられるんだから、平均3回としても、たかが合計130万人くらいしか投票してないの? 世帯視聴率から個人視聴率とかザッと計算すると、視聴者の20人に1人くらいしか投票してないわけか。ネットのNHKプラスで投票できればいいのに。

   

というわけで、やたら時間がかかる紅白の記事、今回も何とか終了。パァーーンッ!♪ 『蛍の光』の生演奏の中、お約束の紙吹雪が金色に舞い上がった所で、今日はそろそろこの辺で。スタッフの皆さん、どうもお疲れさま!。。☆彡

   

210102p

    

       (計 6072字)

| | | コメント (0)

仮眠の前に『レコード大賞2020』を流し見してたら、寝るヒマなくなった・・♪

Walk 4.5km(荷物 5kg)

   

何と、BTS(防弾少年団)のメンバーを1人覚えてしまった(笑)。少なっ! 遅っ! いや、ふ~んって感じでボーッと流し見してたら、普通に日本語喋ってるメンバーがいたから、エッ!、日本人がいたの?って感じで直ちに検索。

  

みんな、喋れるみたいだね。イケメン度なら、ジョングクかな(個人の感想♪)。Juong Kookをジュオン・クックと読むと冷笑されると。菅義偉(すが・よしたけ)、NiziU(ニジュー)、瑛人(えいと)に続いて、4つ目の難読名を記憶(笑)

  

もう、脳がパンパン状態。記憶容量、少なっ! 数百KBくらいなのだ♪ 初期のフロッピーディスクか! いや、演算処理能力はそこそこ自信あるんだけどな。1秒間に7回とか(笑)。スパコン富岳の6京分の1か!

   

   

     ☆     ☆    ☆

・・って感じで、要するに眠いわけ♪ はじめての1人フルマラソンも仕事納めも何とか終えて、昨日は早めに寝ようと思ってたら、気が緩み過ぎて、寝たのは今朝5時半 (^^ゞ

   

それでも何とか朝9時半に起床。それから、バタバタバタ。。 朝シャンする余裕もない♪ 顔も洗わず(笑)。コラッ! 結局また、重い荷物持って小走りするハメになってしまった。

  

最初の50mくらいは、アレッ、もう回復してる♪、と思ったけど、足腰より心臓のダメージが残ってるみたいで、階段の一段飛ばしがちょっと胸に効いてしまった。先に登ってる人を追い抜こうとして(笑)。子どもか! 脚はホント、意外なほど平気で、むしろ背筋の方が疲れてる。

   

ちょっと安静にして心臓を休めてたら、何と、仕事が入って来た (^^ゞ ハアッ?! 12月30日の昼間に予定外の仕事? ないでしょ。温厚で寛容な私といえども、流石に童謡を歌ったけど・・コラッ! そうじゃなくて、動揺したけど、何とか平静さを保つことに成功。

   

とはいえ、正月の間に面倒な仕事を一つやらなきゃいけなくなったから、紅白歌合戦の記事をちょっと短めにしようか♪ 見て書くのか?! ハッキリ言って、紅白の記事って、やたら時間がかかる割にアクセスは少ないんだけどね。ま、社会勉強のために。継続は力・・になってないけど(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、今ちょうど、第62回・日本レコード大賞にLiSAの『炎』が決定。順当だし、私の予想通り (^^)v 誰でも分かるだろ! いや、大穴で筒美京平とか(笑)。特別功労賞だったか。

     

LiSAのiを大文字にして、「LISA」にすると全く別人になると。今、内心「エッ?」と動揺した、そこのあなた! ちゃんと時代について行くようにね♪ 上から目線か!

       

って言うか、「ほのお」じゃなくて「ほむろ」と読むの? PCで漢字変換できないんだけど。あっ! 「ほむら」か (^^ゞ あぶない、あぶない。聞き間違いか。恥かく所だった。

  

ほむろって、布袋(ほてい)寅泰&氷室(ひむろ)京介のユニットみたいだね・・と書こうとしてたわけ♪ 古っ! いや、先日、布袋がコロナに揺れる英国から帰国して地味なニュースになってたから。

  

   

     ☆     ☆     ☆ 

201230a

    

LiSAの赤ピンクっぽい髪はカワイイね。もうTBSの公式サイトが更新されてた

   

まあ、色だけじゃなくて、髪型が好きだったりする♪ 33歳、今年、人気声優と結婚。歌はフツーに上手い。涙ぐむ表情も初々しくて可愛かった。

   

ただ、曲はどうかね? コラコラ! いや、興行収入・歴代1位に輝く映画版『鬼滅の刃』の主題歌だし、大賞は順当だろうけど、『新世紀エヴァンゲリオン』の『残酷な天使のテーゼ』ほどカラオケで盛り上がる曲とは思えないんだけど(個人の感想♪)。

   

ところで髪の色で思い出したけど、紅白で落選した島津亜矢の髪の色が青白く見えたから、何これ?、と思って検索。。

   

すると、そもそも髪の色なんてほとんど話題になってなくて、ほとんどみんな「歌が上手い!」とか絶賛してたのだ。珍しいほど絶賛ツイートがズラッと並んでた。あくまで、歌(笑)

  

そうなの? 私は1年に1回、紅白で見るかどうかって程度だし、今も髪の色しか見てなかったけど(笑)。ほんじゃ、来年か再来年の紅白で真面目に聴いてみようか。ツーブロックの髪型でも会場入りできるのかね? ブラック校則か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

201230b

      

ちなみに、私がレコ大をチラッと見始めて、そのままテレビを消せなかったのは、ほとんど名前と顔しか知らなかった吉岡里帆が司会で、意外とキレイに見えたから♪

   

特に、赤いロングドレスとポニーテールに萌えた ♡ ポニーテールは2割増しなのだ。ミニスカ美脚なら7割増し(笑)

        

基本的にはLIVE(生放送)だから、司会でちょっと噛んでたけど、もっと童顔のイメージばっか持ってた。化粧映え、衣装映えするタイプなのか。まあ、女優だし。もう27歳なのか。演技は全く見たことない。司会も演技かな♪

    

201230c

      

芸術系で頑張り屋さんで、童顔の巨・・?(笑)。そりゃ、人気出るわ。でも、私にはむしろ美・・に見えたけど♪ 最近、ネットの監視の目が厳しいから、なるべく余計な単語を書かないようにしてるわけ。そのわりには多いと思った読者の方は、熱心な常連さんだろう(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

最後に、ジャニーズはレコ大を辞退って話を聞いてたけど、嵐が特別栄誉賞で生出演。見てるとフツーに仲良さそうに見えるけどネ。わりと早く活動再開するかも。

  

一方のSMAPはどうか。草なぎ剛の結婚発表の直前に、キムタクがインスタで匂わせてたって話も出てた♪ ほぉ~っ。。

   

それにしても、コロナ対策で無観客なのはいいとして、生演奏とかグループとか、結構「密」にも見えた。フェイスシールドとかマウスシールドの類も見なかったし。AKB48なんて、『離れていても』とか歌いつつ、結構、密集してたかも♪

   

レコード大賞の選考基準は、不思議でよく分からないけど、もう時間がないから今後の研究課題としよう♪ この番組は昔から、大人の事情や業界の力関係がかなり影響してそうだね。「政治的」だから、ノーベル平和賞みたいなもんか(笑)

  

あっ、これか。日本作曲家協会の2016年・事業計画書にレコ大の運営方式が書かれてた。要するに、業界のお偉方が制定委員会、新聞記者やテレビ局員が実行委員会を年度ごとに構成、実質的には実行委員会が決定権を持ってるわけね。そこを狙えばいいと♪ ちなみに今年の文書には書いてなかった。

  

201230d

      

あぁ、もう寝て、免疫力を回復させなきゃ♪ 打倒、コロナ変異種! ではまた。。☆彡

    

         (計 2601字)

| | | コメント (0)

年末でバタバタしてるので一言だけ、『チコちゃんSP』のつぶやき

(27日)Walk 5.6km 1時間

   

ズルズル、ズルズル。。 長編クリスマス記事と年賀状を強引にこなしたせいで、全てが後ろにズレてしまってる。

   

今日の分のブログ記事は、深夜1時くらいに書いて寝る予定だったのに、仕事その他に追われてもう19時過ぎ。まだ23時59分までには時間があるけど、今日だけはもうヤバイのだ。

   

そんな中でも、週末の夕食時にチラッとNHKプラスで見てしまったのが、『チコちゃんに叱られる』SP♪ 久々に見たけど、やっぱ面白いね。

  

今回はゲストに杏が出てたから、個人的にはちょっと緊張。先日、唐田えりかの記事を書いたばっかだから、「杏ちゃんに叱られる」と思って(笑)。妙にテンション低めに感じたのは、私だけ?♪ 素顔はああゆうキャラなのかね。

   

    

      ☆     ☆     ☆

私が一番笑ったのは、牛乳がペットボトルに入ってない理由の説明(超大げさな擬人化ミュージカル♪)だけど、一番興味を持ったのは、ベビーシェマ(幼児図式:baby schema)という話。

    

猫がカワイイのは、赤ちゃんみたいな外見の特徴をずっと保ってるから、人間は自然にカワイイと思ってしまうとのこと。

    

まあ、仕草とか、毛の肌触りとか、勝手気ままな行動とか、ホントは色んな要素が関係してるけどね♪ テレワーク中のパソコンのキーボードに猫が乗る(笑)って話はあちこちで見聞きしてる。

    

   

     ☆     ☆     ☆

すぐ思い出したのは、小学生時代に読んでたマンガ家入門みたいなマニュアル本。私はマンガ家志望だったのだ。まあ、総理大臣とかパイロットとか、色んな事を言ってたけど、勉強までしてたのはマンガ家と将棋のプロ棋士だけ。

   

将棋のプロ棋士は、私が都会に住んでたらなれたんじゃないかな・・って話はさておき、マンガ家のマニュアルを読んで当時ホホーッと思ったのは、子どもと大人の書き分け方。

  

顔の中で、目の位置が違うことをイラストで示してて、なるほど・・と納得したのだ。子どもは顔の真ん中から下半分にあるのに対して、大人は上側にある。

  

もちろん、シワ、肌の質感、シミ、色々と違いはあるはずだけど、マンガですぐ書き分けれるのは目の位置。と言っても、当時の私が書いてたマンガは子どもが中心だったし、書き分けなくても良かったんだけど♪

  

  

     ☆     ☆     ☆

201228a

   

上図は、英語版ウィキペディアの「Cuteness」(かわいさ)の項目に載ってるイラスト。頭部の要素の配置が違うし、右端はほうれい線まで書かれてる♪ 年取ると顎(あご)が出て、鼻が高くなるの? 今後の研究課題としとこう。

   

見方によっては、幼児の方が後頭部の割合が大きいとも言える。だから動きが活発なのかね? 私自身は子どもの頃から「おでこちゃん」。前頭葉が発達した理屈屋だった・・と言っとこうか♪

   

ナイナイ・岡村の顔を、幼児バージョンと標準と大人バージョンの3通りに変えて、女の子たちに評価させる実験は面白かったね。やっぱり童顔の幼児バージョンが「カワイイ!」と。

  

だから、若者向けのマンガ、アニメ、ゲームの登場人物は、目が極端に大きい童顔が多いわけね。私は小学校高学年の頃から、普通のキレイ系が好みなんだけどな。近所のキレイなお姉さんとか、マンガの美人教師とか、学校の教育実習生(女子大生)とか。。♡ 

   

       

     ☆     ☆     ☆

クリスマスツリーの起源が「マイエ」って話は、ちょっとどうかな? 検索すると、今回のチコちゃんの記事ばかりが上に並ぶし、チコちゃん関連を除外して検索し直しても、あんましめぼしい記事が上側にヒットしないのだ。英語版ウィキを見ても、そんな話にはなってないし、これまた今後の研究課題♪

  

身体の震え(シバリング)の理由が体温を上げるためって話は昔から聞いてたけど、10分間の実験で1度も体温が上がったのには驚いた。ほんじゃ、20分やったら高熱でコロナ感染を疑われるかも(笑)

     

巨大冷蔵庫の中っていう特殊な条件とはいえ、フェイクじゃなくてホントなの? そんな事、言ってたら、ランニングなんて1000度くらい上がりそうだけど♪ ウチの父親は将棋大会でよく、貧乏ゆすりしてて、子どもながらに恥ずかしかった(笑)

   

・・って感じで、今日はこの辺で早くも終了。先週は2万字近くも書いてるし、OKでしょ。ではまた明日、生きてたら。。(≧▽≦) ☆彡

    

         (計 1746字)

| | | コメント (0)

『明石家サンタ2020』(30周年☆)~八木、去年休んでんやろ!&サンタガール1人だけ&マツコ劇場完結♪

コロナに大揺れの今年の年末、このおふざけ番組をわりと普通に放映するだけでも、実に素晴らしい☆ ただ、流石にコロナ感染で入院したとかいう不幸話は放映できなかったか♪

     

201225a

    

たぶん、応募者はいたと思うけど、第3波がさっぱり収まらないし、感染力アップの変異種まで次々と世界で現れてるし。いくら深夜番組の明石家さんまでも、笑い飛ばすのは無理だったと。スタッフの正しい選択だと思う。

  

実は途中、女性視聴者が「当たったんですよ」とか話し始めた時、ドキッとしてしまった (^^ゞ LIVEでそこをつつくのはヤバイかも・・と思ったら、全然違う話でホッと一息♪ あれは釣りだったのかね。

   

   

     ☆     ☆     ☆

さて、毎年イブの恒例、『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』。何と、今年で30周年! パチパチパチ \(^^)/ 紅白歌合戦、レコード大賞に次ぐ年末長寿番組かも(未確認♪)。

   

私は昔のことは知らないけど、2016年からこのブログで毎年レビューし続けて、今年で15周年。これは拍手がないどころか、鐘が鳴りそうな不幸話だ♪

   

一応、記事へのリンクを付けとこう。2006年07年08年09年10年11年12年13年14年15年16年17年18年、2019年。

  

今年はやっぱり、2017年の「建築関係」の記事にアクセスが集まってる。何か理由か背景があるのかね? 病気で1年休んで復帰した八木亜希子への、「去年休んでんやろ!」っていうツッコミを引っ張る方が新鮮だったと思うけど♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

今年のさんまは、昼間から喋り続けて声がかれた状態で登場。本人はハイテンションなのに、街が暗いという話からスタート。

   

番組の一番最初は、深夜の都心とお台場(フジテレビがある)をつなぐレインボーブリッジを映すのが恒例だけど、ライトアップも無いし、街の灯りも暗めになってた。

  

201225b

   

上の画像の上側が今年のスタート映像で、下側が去年(2019年)。今年は東京タワーもライトアップしてないわけか。そもそも今年は、全体の光の量が足りないから、映像がちょっとボヤけてる。

   

   

     ☆     ☆     ☆

201225c

   

八木は今年の秋、ラジオで復帰したようで、線維筋痛症からの病み上がりとは思えないほど元気。ただ、プレゼント紹介では噛みまくって、さんまに突っ込まれてた♪

   

さんまと八木の間には、飛沫感染防止用の透明な仕切りプレートを設置。そのせいか、八木が無理やり鐘を鳴らすお約束シーンは無し(笑)。最後までソーシャル・ディスタンス1mをキープ。

    

そう言えば、八木は、中野美奈子が代役を務めた去年の放送を見てないらしい。怖くて、とか言ってたけど、後輩に仕事を取られるのが怖かったのかも♪ 実際、去年の中野は初めてなのに上手くこなしてた。「八木さん、ファンです」をもじって、「中野さん、ファンです」とも言われてたし(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

201225d

  

私がウケたのは、さんまのサンタ帽子の内側にクリーニングのタグと安全ピンが付いてたこと♪ まあ、ピンが「刺さった」っていうのは盛ってると思うけど(笑)

   

実は私も今、タグを付けたままのコートをわざと着てる。どうせ見えないし、はずすの面倒だし、はずした後の安全ピンの処分に困るし。

   

201225e

  

合格の鐘になってる雪だるまは確かに、黄色っぽく変色してるね♪ 30年前から使ってるってこと? わざとクリーニングせずに。

   

   

     ☆     ☆     ☆

私は、不幸話の前にある、サンタガール4人のプレゼント紹介が好きなんだけど、今年はまさかの1人だけ♪ 最低限の自粛のアピールって意味かね? 電飾やライティングも控えめかも。 

  

201225f

  

そう考えると、さんまがやたら、今年はプレゼントが少ないというのを強調してたことも理解できる。実は、それほど少なくなったわけでもない。真ん中に置かれてた自動車がなくて、サンタガールも1人だから、淋しく見えただけだろう。

   

石川彩夏、ちゃんと番組前にも番組終了直後にもツイートしてた。絵文字たっぷり。マメで、いいね♪ ちょっと中野美奈子に似たタイプかも。童顔でお目目パッチリ、子犬系♪

  

201225k 

   

  

     ☆     ☆     ☆

この石川が1人で全部を紹介するのかと思ったら、(中央あたりの)ちょっとだけ紹介。後は単なる商品映像か、村上ショージか、松尾伴内か、八木・・じゃなくて(笑)木田優夫か。いや、さんまが木田のことを、八木と呼んでたのだ♪

   

例年、余った商品(車以外?)は、生放送終了後の抽選会で出演者とスタッフが分けてるけど、今年はすぐ解散らしい。そのせいで、撮影スタジオのスタッフも少なかった♪ まあ、感染リスクを下げたってことか。建前としては(笑)。

  

スタッフの数を気にしてるのは、スタッフの反応もこの番組の要素だから。たまに映したり、声とか聞こえたりするのだ。今年は声が少なかったと思う。

  

  

    ☆     ☆     ☆

それではいよいよ、不幸話のまとめ。時間も無いし、ごく簡単に。と言っても、ウィキペディアよりは詳しい♪ 今年は私もプチ自粛で、小さい音量で聞いてたし、字幕も無かったから、一部に聞き間違いがあるかも。

   

1人目。女性、小川みすず、37歳、演歌歌手。八木もついでに年を聞かれて答えず(笑)。10年前に上京。苦労の末、やっと今年3月4日にCDデビューしたのに、コロナで1度もキャンペーン出来ず。

   

ちょっと弱いネタだけど、1人目だし、電話の歌声がやっぱりプロフェッショナルだったから合格。って言うか、そもそも今年は全員合格にするつもりだったと、さんまが後で告白してた。

    

ま、不幸話だらけの1年だったから、最後くらいはね。プレゼントは6番パネルを選択、ハイアールの家電セット。

   

CMを挟んで、2人目。男性、ヒロ、30歳。住所は京都。自分から、「職業きいてください」とハードルを上げて、自己紹介のやり直し。さんまに「お仕事は?」と聞かれると、「建築関係」♪ さんまが「トントントン」(笑)。古っ!

  

不幸話は、妹の彼氏を紹介してもらって、名前を聞いたら「渡部建」だったってこと♪ このネタ、ハライチの澤部がラジオで予想してたのを、さんまが聞いてたらしい。チェック、細かっ。多目的トイレは最後まで登場せず。

  

プレゼントは、先日亡くなったマラドーナの10番。ここはヒネって8番とか言う所だと、さんまが突っ込んでた♪ 確かに、それもお約束のパターン。ムラサキスポーツが提供、サロモンのスノーボード・セット。

   

  

     ☆     ☆     ☆

CMを挟んで、2016年のマツコ・デラックス登場シーン(ラーメン&ビール)。その意図についてお喋りしてると、さんまがまた、「何べんも言う、お前、去年、休んでんやから」。意味のない連続イジリ攻撃♪ 難病女性もお構いなし。

   

3人目は、『さんまのお笑い向上委員会』の枠で出た優勝者、チャンス大城。映画で女優とのシーンを撮影する時、変な音がした。何かと思ったら、おち・・んが大きくなって前貼り(or前張り)がはがれる音だった(笑)。盛り過ぎだろ?! ホントなのかね。下ネタ好きの八木は嬉しそうに笑ってた♪

  

電話でのネタ披露は、「すべりクリン反応」で静まりかえっただけ。プレゼントは阪神タイガース岡田の16番で、コアラのマットレスとベッド。上に乗っても、ワイングラスが倒れないらしい。両面テープの粘着力が凄いと♪ そうじゃなくて、衝撃吸収力ね。

   

CMを挟んで、4人目。珍しく携帯じゃない固定電話で、ケイコさん、声が若いけど70歳。無職主婦、岡山。大昔の美人プロボウラー・中山律子に憧れたまま、50年経過。ようやく家族4人でボーリングに行ったら、いきなり左手首を骨折。

  

ちょっと弱いし、話が長かったけど、さんまより年上だし、甘めの判定で合格。手首を冷やす物がウエットティッシュだったとか、冷たい飲み物だとか、医者が内科医だったとか、ビミョーなコネタが続いて、さんまが苦笑する様子が面白かった♪

    

プレゼントはゲーミングチェアとプレステ4。AKRacing(エーケーレーシング)より。これ、読み間違えてた気もする(未確認)。

   

  

     ☆     ☆     ☆

コアラ・マットレスと、さんま出演もみじおろしポン酢のCMが流れた後、2017年のマツコ・ラーメン映像。

  

そして、5人目。向上委員会の女性ファンさん、年齢非公表、職業も非公表。ここでさんまが、「それなら建築関係で」と言ったから、後で他の女性2人がわざわざ「建築関係」と言ったのに、さんまの反応が超~悪かった♪ それは素人さんに気の毒だと思うな。時々、妙に笑いに厳しくなる。

   

「当たっちゃったんですよ」。職場の駐車場で、車が何台も停まってたのに、自分の車の上だけに10m級の木が倒れて廃車。台風でも竜巻でもなく、単にくさってただけ。これまた合格で、プレゼントは9番、サントリーのお酒セット

   

この後のCMで、『香水』が大ヒット中の瑛人(えいと)のファーストアルバムが登場。ここぞとばかりにプッシュする攻めの戦略か♪ CM明けは暗い夜景で、またその暗さについて、さんまが話題にしてた。

   

6人目、芸能人枠で、AKB48の峯岸みなみ。28歳、AKB最後の一期生。去年の12月に卒業発表して、今年の4月に卒業イベントの予定だったのに、コロナで中止。卒業までの予定だった禁酒が、もう382日目(?)になってる♪

  

コロナの使い方としては無難で、いいね。中止では笑えないから、禁酒が長過ぎるって話にシフトしたと。プレゼントはAKB15周年で、15番。お肉20kgとポン酢1年分。最近、収入が不安で後輩におごってないから(笑)、肉をご馳走するとのこと。

   

ジングルベ~ル、ジングルベ~ル、鈴が鳴る♪ ちょうど半分の1時間経過、2時05分くらいに、提供が出て、CM。ロッテのは、NiziUだったのかな? まだ私には見分けがつかない。紅白で勉強しなきゃ!(笑)

  

  

     ☆     ☆     ☆

CM明けは、2018年のマツコ。濡れた頭で1人、ラーメン♪

   

7人目、女性、匿名、40歳、パートでお仕事。40になるまで独身で、1月に結婚相談所を通じて結婚。誠実さだけが取り柄のカッコよくない電車の運転手で、結婚式のスピーチでは安全運転や小さな幸せを口にして、列席者みんな感動。

 

ところが、3ヶ月後には他の女に脱線。チリンチリン(笑)。4月から別居。プレゼントは21番、毎年恒例、高級時計ロレックスをペアで。これをキッカケに、「時を戻」してやり直せとか、さんまがアドバイス。

  

ついでに「八木はいい旦那をもらったな」とか言うと、八木は「ついでのように言うの、止めてください」とか怒ってた♪

   

8人目、女性、匿名、28歳、会社員。ブレイクダンスでアキレス腱が切れて、入院3週間。やっと退院したと思ったら、帰りのタクシーから降りるとき、自分が乗って来たタクシーにひかれてまた病院へ。チリンチリン。

  

ところが、2度目の病院は入院じゃなかったようで、さんまは鐘を鳴らしたことを後悔♪ で、プレゼントで22番を選ぶと、「ハズレ」。中島みゆきの「うらみ~ま~す~」♪ 神様はちゃんと(ネタの弱さを)見てたと。もうちょっと、ひかれてた方 が良かったとまで言ってた。

   

  

     ☆     ☆     ☆

CMを挟んで、9人目。男性、匿名希望、48歳。さっきのタクシー運転手(笑)・・じゃなくて、無関係の運転手。「鐘のチャンス」を逃した♪

   

コロナの前に、ネットのサークルで女の子と仲良くなって、タクシーでドライブしながらくどいてた。ところがある夜、たまたま繁華街で彼女を見つけて乗せたら、男連れで、その男がタクシーで彼女をくどき始めた。結局、ラブホテルまで2人を送って、ありがとうございましたとお礼まで言うハメに。

  

これ、なぜか不合格だったけど、「ムカついたから多目的トイレの前で停車しました」とか盛っとけば合格だったかも♪ ここでさんまが、「全員、合格させようと思ったけど」と正直に話してた。

   

CMを挟んで、2019年のマツコ映像。マツコは変わらない雰囲気があるけど、やっぱり変わってるなと話してた。老けたということか、太ったということか♪

    

10人目。男性、匿名希望、年齢は、47歳を「行ったり来たり」♪ これも2017年のキーワードの1つだった。現在は無色。さんまは無意味に、トントントン(笑)

   

嫁の実家が会社で、そこで勤めてたのに解雇された。今、別居中だから。これ、タクシーより弱いネタだと思うけど、合格。今は再就職目指して学校に行ってるとのこと。プレゼントは13番。さんまの出身地、奈良の豪華宿泊券。奥さんと行けとアドバイス。「お義父さんと行け」とヒネッタ方が面白かったかも♪

   

  

     ☆     ☆     ☆

ジングルベ~ル、ジングルベ~ル♪ CMの後は、セットの家の窓の外から一瞬映して、11人目。女性、クニちゃん、40代。「お仕事は?」。「建築関係」。さんま、冷たい反応(笑)。可哀想。

   

離婚して22年。障害児の子育ても終わって、婚活アプリで10人の男性と会った。その内の1人は美容系マッサージ店の経営者で、マツコCMで全国展開も狙ってるとかいう話。2月まではタイで勤めてたとか。

 

ところが検索で調べると、2月までは刑務所でお勤め(笑)。そんな相手が多いようで、ルイヴィトンの財布を「安く」12万円で売ってくれた男もいたとか。もちろん、販売直後に音信不通♪ そんなもんに引っかかるな!(^^ゞ 合格で、プレゼントは24番、アンダーウェア(下着)35枚セット。

   

さんまさんのぬくもりが一番欲しい」と付け加えて、もう1回、鐘が鳴りかけた♪

  

12人目、さんまが電話番号を間違えたらしい。かけ直すと、相手の男性が、「確認したいんですけど、お笑い界のトップを40年間走り続けてる男ですよね」。一発で、チリンチリン(笑)。真ん中のプレートが無ければ、八木が手を伸ばして鐘を止めてたかも♪ また、建築関係、トントントン。

  

この男性、4回目で、06年と13年が不合格、17年は合格だったのにハズレだったとか。これが不幸話のネタだったのかな? さんまさんの舞台が面白かったとも話して、またチリンチリン(笑)。3月6日に生まれたんで、25番♪ なかなか分かってるね。プレゼントはホテル宿泊券。

  

あっ、宿泊券が多いのは、コロナで空いてるからかも (^^ゞ 流石のさんまも、スポンサーには突っ込めないと。

   

  

     ☆     ☆     ☆

CMを挟んで、いよいよ2020年版のマツコ。卒業記念のラスト映像。

  

201225g

  

「閉店のお知らせ  よってこやお台場店は2020年10月末日をもちまして閉店する事となりました。約20年の長きにわたり、ご愛顧を・・・」。

  

何で10月末日で、何で20年なのか、よく分からない。マツコの個人的な何かと関係してるのかね?

  

201225h

  

一度、短く振り返った表情は、淋しげで、悲しげ。そして、黒い衣装を身にまとったマツコは1人、夜の海に向かって歩いて行く。オイオイ!、大丈夫か?♪

  

201225i

   

ラーメン店にはもう、客も店員もいない。

  

201225j

  

そして、感動のフィナーレ♪ 「fin」(ファン:フランス語の「終わり」)。古っ! ヨーロッパ映画の芸術性を意識したと。どうせなら、「fun」(ファン:英語の「お遊び、楽しみ」)とヒネれば良かったのに(笑)

  

で、ここで電話の受付も終了。流石に番組構成は考えてるネ。

   

   

     ☆     ☆     ☆  

八木が淋しがる中、13人目。男性、匿名希望、40歳を行ったり来たり、建築関係です、トントントン♪ コロナの前に、職場が変わって、歓迎会で「ドブ社員の皆さん、こんにちは」と挨拶したら、失礼な奴扱いされて、誰とも仲良くなれず(笑)。チリンチリン。

  

『向上委員会』の「ドブ芸人」というネタをヒネった挨拶だったらしい。素人さんは絶対、手を出してはいけないと、さんまが解説。わざとウケる、「仕込み」の人間も用意してたのにダメだったとのこと。プレゼントは、マイケル・ジョーダンが好きなんで、8番。ロッテのお菓子、1年分。

  

これ、背番号23番をヒネったらしいけど、さんまはダメ出し♪ 残念、アメリカ代表の時に8番を1度つけてる、とのこと。今、検索すると、9番が正しいみたいだ。後で調べてみるかも。年賀状を書き終えた後とか(笑)

  

最後に、「八木さん、ファンです」♪ 「別に、特に」。「特に、つけたらあかん!」(笑)。これは失敗したね。

  

CMを挟んで、ラストの14人目。女性。「電話の出方が分からなかった」♪ さんまが、「忘れる時、あるもんね」・・そんな事あるか!(笑)。47歳、建築関係。また、無反応の冷たいさんま。

   

「チャーミーちゃん」とか、ちゃん付けでフォローした後、不幸話。夜中にトイレ行ったら、小さい方じゃなくて大きい方で、消臭スプレーを使ったら、トイレと自分が燃えた(笑)

   

これ、面白いけど、きわどいネタだね。ゴールンデンタイムとかだったら、スポンサーとか商品の安全性とかで問題になってたかも♪ 近くのストーブで引火したとかいうお話。さんまはゴルフ場で、小のつもりだったのに大が出て困ったとか(爆)。その後、どうしたんだろ? パンツだけじゃ済まないはず。

  

201225l

       

プレゼントは18番、ハズレ♪ 八木が「ごめんなさーい」と絶叫。「うらみまーす」。これでピッタシ終了。これなら、来年もまたやりそうだね。目指せ、50周年!☆

  

  

     ☆     ☆     ☆

あぁ、結局また、完全な徹夜になってしまった。7000字(!)も書いたから、「完徹」。そう言えば、「完結」した『鬼滅の刃』のコミックもプレゼントに並んでたけど、さんまはネタのために全部読んでるらしい。

  

流石、プロ中のプロだね。素直に感心。それでは今年はこの辺で。。☆彡

  

       (計 7019字)

| | | コメント (3)

NHKスペシャル『ある、ひきこもりの死』、つぶやき感想&リハビリジョグ2

(29日)JOG 10km,53分43秒,平均心拍136

消費エネルギー 514kcal(脂肪 119kcal)

  

忙しいから、雑用しながらちょっとだけ見よう・・と思って流し見し始めた、NHKスペシャル『ある、ひきこもりの死 ~扉の向こうの家族』。あんまし真面目には見てないけど、最後までテレビを消せなかった。

   

「ある」というのは、「1つの」という意味ではなくて、「いくつかの(名も無い)」具体的な事例。本人が天国から見てたらどう思うのかな・・とか考えてしまう。

  

勝手にテレビドキュメンタリーにするなと怒るのか、あるいは、注目してくれてありがとうとか喜ぶのか。。 理由はともかく、NHKの看板番組、Nスペで扱われる人の数はごく僅かだ。

   

   

    ☆     ☆     ☆

ひきこもりというと、10年くらい前までは若者のイメージが強かったと思うけど、今では中高年が問題となってて、Nスペの対象もその年代。

   

40歳~64歳のひきこもりは、61万人(内閣府、2019年)。テレビで男性ばかり映るなと思って、男女比を調べたら、4分の3(77%)が男性。

   

これはどうゆう事かね? ちなみにコロナの自殺増加は女性に顕著と言われてるし、心の病も女性の方が多い。「本人による支援拒否」が、男の方が多いということか。プライドや恥ずかしさが強くて。

   

男は65歳前後まで仕事をしてるのが当たり前で、失業するとダメ人間扱いになる。直接、言われなくても、社会的にそんなイメージはある。

   

親に頼っても、親が高齢になって余力が無くなるし、亡くなったり施設に入ったりする。そうでなくても、ダメ息子に対する親の思いが重しになってしまう。

   

番組では、亡くなった息子のことを書いた父親の日記が公開されてた。つい、手が出てしまったわけか。しかし、それを責める資格のある人間はほとんどいないと思うけど。そもそも、手よりキツイ、「口が出てしまう」人はいくらでもいる。

     

  

    ☆     ☆     ☆

語り(ナレーター)が妙に暗い口調だなと思ったら、役者でも大活躍のマルチタレント、リリー・フランキー。

    

彼は57歳だけど、いろんな面で完全な勝ち組代表だから、ちょっと人選的にどうかなとは思う。「生きてるだけで、いいんだよ」とかいう言葉は、生きてるだけとは正反対の人がマジメに語っても響かない。それならむしろ、明石家さんまの能天気な「生きてるだけで丸儲け♪」の方が笑えていい。

     

リリー・フランキーは嫌いじゃないし、才能・実力・実績も認めるけど、正直、この名前を見ると感情移入しにくくなった。本人の意図とか関係なく、社会のピラミッド(階層構造)の頂上から底辺を語る形になるから。超人気タレント達と飲み歩く姿や、70万円くらいの高価なラブドールと遊ぶ姿も目に浮かんでしまう。

       

映画『万引き家族』を見ても、演技やキャラはいいけど、心のどこかで何となく、ちょっと違う感じが抜けなかった。樹木希林なら、勝ち組とはいえ、病気だらけの高齢者だから、まだしっくり来るのだ。

   

  

     ☆     ☆     ☆

そこへ行くと、非常に好感持てたのが、熱海市・社会福祉協議会の石橋真由美さん。底辺の方ではないけど、今まで、2人の「におい」をかいで来たらしい。そう。テレビや文章では決して伝わらないけど強烈なインパクトを持つもの。それこそ、臭いだ。

           

もう、そんな経験はしたくないと、心配な相手に関して、チームで相談。障がい福祉室、生活保護室、長寿介護課。どの部署も手が出せない状況だったけど、番組の最後で、相手が生きてることだけは確認できた。

  

良かった。良かった。良かった。。 明るい声の3連発で、番組終了。思わず、私の目がうるんでしまった。私が生きてて、家族以外の人にこんなに喜んでもらえるかな?・・とか、本気で考えつつ、仕事に戻るのであった。

   

   

     ☆     ☆     ☆

そんな中でも、ランナーは部屋に引きこもったりしない♪ そう言えば、ランナーにひきこもりは少ないんじゃないかね? 外じゃないと走れないし、外に出る習慣とパワーを身に付けるから。

   

まあ、走り続けるってことは、少なくとも、最低限のエネルギーを得るだけの食費に困ってないということではある。私の今夜の場合、焼きそば食べて、ホット・ミルクティーでコロナウイルスを無害化したつもりになって、公園に出発。

  

最初、やたら脚の筋肉に力が入らなかったのは、前日に続いてレース用シューズを履いてたからか。弾むから、その分、脚への負担は強くなる。まあ、それでも、身体が温まるにつれて調子が出て、トータルでは1km5分22秒ペース。

  

気温9度、湿度72%、風速2m。心拍計が珍しく完全に動いてくれたから、気持ち良かった。Nスペ終盤、人間の「生産性」という言葉をかみしめつつ、ではまた明日。。☆彡

   

   

往路(2.4 km) 13分58秒 124 138

LAP 1(2.1) 11分36秒 135 141

 2    11分17秒 140 144

 3(2)  9分59秒 147 151

復路(1.3) 6分54秒 143 150

計 10km 53分43秒 136(78%) 151(86%)

   

       (計 2052字)

| | | コメント (0)

日テレ『頭脳王2021』新・謎解き問題(1次予選)、答えの考え方、解き方(ネタバレ控えめ、少しずつ更新)

『頭脳王』記事のアクセスが急にちょっと増えたから、検索で公式サイトにアクセスすると、何と! 今年の2月とは別の謎解き問題が、『頭脳王2021』の1次予選とされてる。

  

201107c

     

エッ?・・と思って調べてみると、2月の出題には「1次予選」とは書かれてない (^^ゞ 単なる「実力テスト」。それはないだろ!♪ ま、パズル&クイズのバラエティ番組に、マジで怒るわけにも行かないか。

    

とにかく、2020年11月6日の夜から慌てて問題を解き始めて、7日の午前2時過ぎにようやく突破。遅っ。。 いやぁ、寝不足の頭で焦って解いたっていうのもあるけど、今年はこれまでより難しかった気がする。

  

201107d

     

言い訳はさておき、2月に書いた謎解き問題記事のタイトルを訂正して、改めて1次予選記事をアップしよう。今現在まだ、ネット上に同種の記事は見当たらない。ツイッター検索の結果から考えると、出題は11月4日の夜だろう。

  

     

     ☆     ☆     ☆

201107a

   

第1問。私は個人的に大好きだから、すぐ分かったけど、人によっては超難問かも♪ かなり遠回しのヒントを出すと、今年のユーキャン流行語大賞にノミネートされた30語の内の1つと関連する問題。

   

つまり、2020年(令和2年)を象徴するものの一つに関する問題で、「人によっては超難問」ということは、誰でも思いつくコロナ関連ではないということ。これで結構、絞られるはず。フワちゃんとも関係なさそう(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

まだ公式サイト上に出題されて間もないので、しばらくは第2問以降の問題はのせないことにする。ただ、控えめなヒントや大まかな考え方だけ書いとこう。

    

第2問。これが一番「芸術的」で「日本的」な問題だと思う・・というのがヒント♪ 等式の左辺は英字だけど、右辺のひらがなは、日本人なら誰でも一度は聞いたことがある有名なものを示してる。ただし、中学生以上。私はたぶん高校だった。

     

第3問。これは別に時間はかかってないけど、なぜその回答が正解なのか、理由はまだハッキリしない。私の考え方だと、ポイントは、「最初の数字」の読み方。普通に読むのではなく、左右2つに区切って考えた。

   

まあでも、これは手あたり次第に入れて行っても解ける♪ 私の環境(iPadとWindows10 PC)だと、数字は半角でも全角でも成功した。

   

  

    ☆     ☆     ☆

第4問。ここで私は大苦戦。色々と候補は入力してみたけど、「残念×」続きで、疲れて寝そうになったほど (^^ゞ

   

ヒントみたいなものに釣られ過ぎてしまったのが大失敗。秋刀魚(さんま)か何か、細長い魚。海驢(アシカ)かオットセイ。鯱(シャチ)か海豚(イルカ)。

         

ちなみに私は、クイズ番組はほとんど見ないし、クイズ本もほとんど読まない。年1回の『頭脳王』の理屈問題(計算、解読、解決)が好きなだけだから、なぞなぞみたいな閃き系の問題には弱いのだ。後追い番組のTBS『東大王』も一度も見てない。鈴木光は可愛いけど♪

             

何度も諦めかけた末に何とか解けたのは、「もし、これが不等式なら、答が1つに定まらないはず」と考え続けたから。それでは問題としておかしいので、日テレにクレームが殺到してしまう♪ ということは。。 余計な知識をいっぱい持ってる大人より、素朴な小学生の方が解きやすいかも。

    

  

     ☆     ☆     ☆

第5問。これは、1本目の式と1枚目のイラストを見て、考え方はすぐに分かった。ところが、答えが合わないから、深夜なのに日テレに電話しそうになったほど♪ 「システムの設定が間違ってますよ!」とか、「正解を入力してるのに、バツになります!」とか(笑)

      

201107b

   

すぐに分かったといっても、イラスト画像の問題だから、それが何を示してるのかはちょっと曖昧。そこで私は、Googleの画像検索を使って正確に絞り込んだ。あんまし期待してなかったけど、結構、効き目がある♪ ちなみに上のイラスト、私の第一感はモズだった(笑)。第2候補はハト♪

    

4種類の画像がそれぞれ何なのか、ほぼ特定できれば、後はそれらをまとめて検索窓に入力するだけで、何の話なのか分かると思う。ただ、最後の計算の仕方にヒネリが入ってるのだ。私はこの種の問題は素人だから、初めて見たパターンかも。

  

フツーの小学生には厳しいね・・っていうのもヒントの1つ。話の内容的にも、計算のやり方も。私の小学生時代だと、話の内容も計算も知らなかった。

  

  

     ☆     ☆     ☆

いつものように、この予選記事は、時間の経過を待って少しずつ加筆して行く予定。営業妨害するつもりはないので。

  

それでは、とりあえず今日の所はこの辺で。また後ほど。。☆彡

   

   

     ☆     ☆     ☆

現在、20年11月28日。この記事のアップから既に3週間経ったので、ヒントだけ追加しよう・・・と書き始めて、念のためにツイッター検索をかけると、たまたま昨日(11月27日)の夜で1次予選終了だったらしい。例年より早い気がする。

    

201128a

   

201128b

     

とにかく第1問は、頭脳スポーツ関連だった。第2問は、下の通り。古文のお話とだけ書いとこう。

  

201128c

    

第3問は下の通り。

   

201128d

   

今日はこの辺にしとこう。ではまた、半月後くらいに。。

    

   

      ☆     ☆     ☆

いつの間にか、2021年1月半ばになってたので、続きをまた少し書いとこう。

   

まず、第1問の大ヒント。将棋の人名。第2問の大ヒント。『枕草子』。第3問のヒント。と言っても、解き方に確信は持てないけど、左端の1の使い方がポイントだと私は考えた。

  

そして第4問を新たに公開。

    

210114f-c

   

第5問も公開。

  

210114g

   

ではまた。次はちゃんと半月後くらいに更新する予定。

  

(☆現在、執筆中断中☆)

   

        (計 1892字)

    (追記363字 ; 合計2255字)

| | | コメント (0)

話題すぎる映画『とんかつDJアゲ太郎』、原作はギャグ漫画なのか・・

昨日の『鬼滅の刃』レビューで5000字近くも書いてしまったから、今日は軽くつぶやくだけにしとこう。

  

ある意味、『鬼滅』以上に話題となってる映画、『とんかつDJアゲ太郎』。実はこれも、同名の原作マンガは集英社のジャンプだった(アプリ&ウェブサービス『少年ジャンプ+』)。

  

201030a

   

全く知らないマンガだけど、伊藤健太郎の「ひき逃げ」(?)逮捕で話題になってるから、試しにチェック。「揚(あげ)太郎」と、DJがクラブのフロアを「アゲ」るのを、掛け合わせてるのか。

  

で、原作の試し読みをしてみると、とんかつは大好物だし、絵も可愛くてポップだけど、笑うのは難しかった。不祥事連発の意識はないけど、心のどこかで無意識の内に、笑えない雰囲気が影響してるのかね。

  

例えば上のコミック1巻の表紙は、「とんかつ、大き過ぎだろ!」とか、「衣がレコードに落ちるだろ!」とか、突っ込む所なのかも。まあでも、ペヤング焼きそばのペタマックス(4184kcal!)と比べると、ちょっとインパクトが薄いね♪ カロリーなら、油と脂で勝ってるか。

  

   

     ☆     ☆     ☆

201030b

   

上が映画公式サイトのトップ写真。度重なる逆境にも負けず、アゲアゲモードを維持。いいね♪ 個人的には、肝心のトンカツがちょっと揚げ過ぎに見えるけど、中の豚肉は柔らかそう(細かっ・・)。そう言えば、昨夜食べたネギ塩豚カルビも超美味しかった。

       

画像の中央・下側が主演、北村匠海。ホントにDJ経験者らしい。右下が、大麻で逮捕された伊勢谷友介で、師匠のDJ役。左下が今話題の伊藤健太郎で、ライバル役。

    

右上に白いコック姿で小さく写ってるのが、被災地不倫とかで話題になってたブラザートム。そして、主演の上で笑顔を見せてる美女が、伊藤の実生活の彼女とウワサされる山本舞香。すごいメンバー。

      

原作漫画だと、それぞれこんな感じに描かれてた。ポップだね。お嬢さま好きの私としては、服部苑子に萌えるかも(ベタ♪)。 

  

201030d-co

  

201030e_20201031002801

      

   

      ☆     ☆     ☆

このサイト、作りが凝ってるからなのか、妙に重くて、表示されるまでの数秒間、トンカツが下側からちょっとずつ揚がるようになってる♪ ここも、「のんびり揚げてるヒマあったら、早く表示しろよ!」とかツッコむ所か。

  

201030c

   

で、「のんびりブログ記事あげてるヒマあったら、仕事しろよ!」と返されると(笑)。自虐か!

    

今日(20年10月30日)の舞台挨拶で、主演の北村は、「僕は決して可哀想なヤツではない」と涙声で話したとされてる

   

ここだけ聞くと、逆に哀しい言葉に聞こえるけど、ちゃんと前置きの文脈があるのだ。今日ここに立てて、映画が公開できたことがとても嬉しい、と。

    

それは確かにその通り。ほんの1年前の日本なら、公開延期や舞台挨拶中止になってたかも。ところがここ最近、作品に罪はないという考えが急に浸透して来たから、その意味ではラッキーだろう。

   

実はその流れを作った1人は、伊勢谷の逮捕後の吉永小百合とも言われるから、元をたどると伊勢谷のおかげみたいな部分もちょっとあるのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

流れを変えたもう1つの要因は、TBSドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』。ここでも、撮影済みの映像を活かして短縮放送されたし、三浦春馬の件があったことで、第4話は三浦の代わりに北村が活躍する形に変更されてる。先日発売されたシナリオブックで確認した。

       

少なくとも、北村の名前と顔が一気に広まったのは間違いない。リアルなDJテクニックも持ってるらしいし、ここからアゲて行く起点になるかも。

  

ちなみに彼の「かわいそうなヤツではない」という妙な発言。調べてみると、前日のJ-CASTの記事で、ネットの声として「かわいそう」という言葉が書かれてた。それを読んでたか、あるいはテレビその他、周囲から耳に入って来てたのか。

   

   

     ☆     ☆     ☆

ふと思い出したのが、私の中学3年の時のホームルーム。もう10年くらい前か(笑)。お昼休みの最後の15分間。

  

何の話題だったかは忘れたけど、「可哀想」という言葉が出てた時、クラスの女子Kが「可哀想という言い方はおかしいと思います!」とか抗議したのだ。私はその時は、「気の毒」ならいいのか?とか反発したけど、心の奥に刻まれたから、人に対して「可哀想」という言葉は使わなくなった。

   

ちなみにKとは、今でも年賀状のやり取りだけ続けてる・・って、実名イニシャルと実話だろ! まあ、彼女はこのブログは知らないはずだし、私の周囲の人間がこれを読んでも誰のことか分からないはず。分かるかも知れない女子Nは読んでないし・・って、また実名イニシャルか!

      

というわけで、他人のことを心配したり応援したりするヒマがあったら、まず自分が頑張るべきだね。お遊びのブログはこの辺にして、寝る前に一仕事終えるとしよう。ではまた明日。。☆彡

   

      (計 1958字)

| | | コメント (0)

鬼の目に涙、人の手に刃、美少女の口に枷~アニメ『鬼滅の刃』

アニメを真面目に見たのは、一昨年の春の『キューティーハニー』以来か♪ ちょうど同じ頃、大ヒット作品ということで、『君の名は。』も見たけど、基本的には見てないというか、正直ちょっと避けてる所はある。

  

・・とか書いた所で、ブログ内検索してみると、これまた同じ頃、さくらももこ追悼の『ちびまる子ちゃん』も見てた。ただ、やっぱりほとんど見てない。

   

もちろん、子ども時代はよく見てたし、今でも別に嫌いじゃないけど、どうしても子ども、若者、オタクのものというイメージがあるのだ。

  

ただ、最近(2020年10月)は映画の記録的な大ヒットで、至る所、『鬼滅の刃』の話だらけになってるから、自然と目に入る。劇場版『鬼滅の刃』無限列車編。興行収入や観客動員数の日本記録を更新する可能性も出て来た。

  

というわけで、テレビ版のアニメの第1話と第2話を試しに鑑賞。せっかくだから、軽くレビューしとこう。アマゾンプライムの有料会員なのに、全く使ってなかったから、無料で見て、ちょっとはサブスクの元を取りたいというのもあった♪

   

  

     ☆     ☆     ☆

201029a

  

さて、アニメの素人(笑)の目で見ると、『鬼滅の刃』の一番わかりやすい特徴はヒロインの口枷だ♪ 竈門禰豆子(かまど・ねずこ)。半ば、鬼になってしまった少女で、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の妹。上図は、アマゾンで販売中のフィギュアの1つで、17000円(!)。

  

フィギュアはどれも妙に高いと思うけど、マニアにとってはこれがフツーという感覚もあるらしい。まあ、材料費とか人件費とか、色々と理由は語られてるけど、要するに、限られた熱心な(大人の)ファンが支えてるからだろう。

   

201029b

  

いきなりフィギュアの画像を挿入したのは、日経新聞HPに、業者の「寿屋(コトブキヤ)」の株価がストップ高になった記事が出てたから。映画公開から僅か10日間で興収100億円を突破したことを材料視。

   

ちなみに私は、フィギュアは買ったことないけど、以前、ちょっと似たあるものにハマって、大金をつぎ込んでしまった経験がある(ナイショ♪)。今は卒業したというか、お金はあんましかけてない。「鬼滅」じゃなくて「自滅」になるから(笑)

   

  

     ☆     ☆     ☆

ところで、美少女の竹の口枷(くちかせ)。これだけで、コスプレ用グッズとして500円くらいで売ってた♪ コロナ自粛で、学園祭や忘年会の需要が激減したのは不運かも。

   

この口枷。SMのボンデージグッズだと、1ケタ以上は値段が上がるはず。ビットギャグ(bit gag)とか呼ばれる拘束具で、元々は馬用の調教グッズ。

   

フェミニズム全盛の今どき、そんなものを少年漫画(週刊ジャンプ)や地上波アニメで少女に咥えさせても問題にならないのは、鬼の牙を防ぐという理由があるからか。あるいは、鬼に変化するのを防ぐ効果があるのかも(未確認)。竹製だし、性的な感じはそれほど受けない。

  

ただ、微かにエロスの香りが漂ってるのは確かだ。禰豆子は、鬼を切る美青年・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)に口枷を付けられた後、日光を避けるために穴を掘って首だけ上に出す。直後には、小さなカゴの中に入れられる。脚絆にはグルグル巻きのヒモ。どれも、妖しい拷問や拘束の形をそれとなく表現したものだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

201029c

  

では、肝心のアニメの内容。第1話を最初に見た時は、思ったより遥かに面白くて、グイグイ引き付けられた。お母さんが美人だったから(笑)。そこか! まだ30代か、アラフォーの未亡人。

  

201029d

      

鬼とか、刃物で斬るというと、週刊ヤングマガジン連載の人気漫画『彼岸島』みたいに超グロテスクなのかと思ってたけど、キャラも映像も物語も遥かにフツー。大ヒットした理由の1つだろう。ちなみに、彼岸島の主人公が鬼を刀で切る姿は、鬼殺隊の冨岡に似てる。

   

主人公・炭治郎の絵とか、全体的に女性っぽいなと思ったら、原作者の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)は女性という情報が文春に出てた。真偽は未確認だけど、たぶん正しいと思う。

   

予告編で禰豆子が見せるギャグマンガっぽい顔とか仕草、文字の入れ方が少女漫画みたいだし、ストーリーも、昭和的な古風な「男」を強調してて、逆に女性っぽい。もちろん、時代設定が大正だから、古風なのは自然なこと。

   

201030e

   

可愛くてキレイな顔の炭治郎が、両耳に目立つピアス(またはイヤリング、耳飾り)をしてるのも、女性作家的だと思う。大正時代にピアスがあったのかなと思って検索したら、縄文時代からあるとか出てた(笑)。ピアスもタトゥーも痛そうで縁遠いもので。

  

ファン層の男女比はハッキリしないけど、女性ファンの比率が多め(5割とか)だと言われてる。もちろん男も多いけど、わりと女性的な作品なのは確かだろう。

   

そもそも、美少年や美青年が「刀」で「斬る」のを喜ぶという構図が、「ファロス」(男根)への女性的欲望の昇華、歪曲なのだ。実際、ゲームその他の『刀剣乱舞』ブームは圧倒的に女性の世界らしい。

   

   

     ☆     ☆     ☆

物語りのスタートは、雪山で炭治郎が必死に歩くシーン。家族が鬼に襲われた後、1人だけまだ生きてた妹を背負って、医者にみせようと頑張ってる。

  

201029f

   

そこから、1日ほど時間が遡って、鬼に襲われる前、のどかで幸せな生活が描かれる。お父さんが亡くなった後らしいけど、仲良しの弟・妹たちも、禰豆子も、明るくて元気。ちなみに上図はお母さんじゃなくて、禰豆子。この時点でまだ、12歳くらいの設定らしい。まだ牙も口枷も無し♪

   

炭治郎が正月前、麓の村へ炭を売りに行くと、夜になってしまって、村人に泊まっていけと勧められる。美味しそうな食事をいただくシーン。私が制作スタッフなら、一瞬だけ遠回しに、炭治郎の家とか鬼の様子を映す所。というのも、この頃、鬼はみんなを美味しそうに食べてるはずだから。

  

鬼も食事の時間で、同じく5品なのだ。お母さん、禰豆子、小さい弟2人の妹の5人。5品と5人を一瞬重ねるような映像があってもいいし、炭治郎が噛む歯と口を光らせて強調してもいい。

    

201029h

   

   

    ☆     ☆     ☆

このアニメ。私は2回見たけど、どうもその種の演出的な映像テクニックが少ないのだ。普通、映画はもちろん、テレビドラマでも、よく見ると映像の文法的な技があちこちに入ってる。効果音でもいい。もちろん、気付く人、理解できる人が少なくて、SNSでもほとんど拡散しないけど、分かる人には分かる。

           

そうした、見る側を選ぶ要素が少ない代わりに、主人公の大量のモノローグとか、非常に分かりやすい説明が溢れてるのだ。この分かりやすさは、大ヒットの要因だろうし、逆に、こだわり派には物足りない部分でもある。

    

典型的なのは、血の匂いがするという独白や、炭治郎が冨岡に投げた斧の攻撃の説明もそうだけど、崖から落ちるシーンはギャグに聞こえたほど。

   

雪で足が滑って崖から落ちたけど、下の柔らかい雪のおかげで助かった。見るだけで明らかなそんな事まで、丁寧に台詞(セリフ)で説明してるのだ♪ 極端な説明過剰だけど、小さい子どものウケを狙うなら、そこまでやった方が親切なのかも。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、家に戻って悲惨な様子に泣き叫んだ後、冒頭のシーンに戻ることになる。炭治郎が禰豆子を背負って雪道を急いでると、腹を空かせた禰豆子が鬼に変化して襲って来る。

  

斧を口枷みたいに噛ませて防ごうとしても、身体が巨大化した少女は抑えきれない。ところが、お兄ちゃんに食いつこうとする瞬間、大粒の涙をポタポタとこぼすのだ。まだ、半ば人間で、記憶も感情も残ってるらしい。

  

201029i

  

切ない音楽も合わせて、エモーショナル(情動的)なシーンだけど、私ならもっと、涙の粒を雪とかぶらせる。とはいえ、この時、冨岡が顔を見せずに走って来る姿はピッタリ合ってた。アニメの世界でどこまで権限があるのか知らないけど、演出は外崎春雄。

   

涙と共に、炭治郎を救ったのは、美青年・冨岡。「鬼斬り様」(おにぎりさま)とか呼ばれてたのは、彼ら鬼殺隊のことかな? 刀の柄の近くには、「悪鬼滅殺」と彫られてた。さすがに、フリガナはなし♪

  

201029j

   

  

     ☆     ☆     ☆

そして、禰豆子をめぐって炭治郎と冨岡まで争う中、鬼と化した禰豆子が倒れた兄をかばうような仕草を見せたのが、第1話の象徴となってた。鬼だけど、家族を愛する人間でもある、境界線上の少女。

  

201029k

  

もちろん、この両義的な姿は、人間一般のものでもある。温厚で寛容なブロガーでさえ、たまには武闘派に豹変しそうになることもあるのだ♪

  

そう考えると、天皇陛下(特に平成、令和)が常に穏やかな表情をされてるのは興味深い。やっぱり、普通の人間を超えた神の域を表してるわけか。人間でありつつ、政治的な実権も持たず。

   

禰豆子の人間的な一面や、炭治郎の非凡な斧攻撃を見て、冨岡も、この2人は只者じゃないと認める。禰豆子を切り捨てるのも止めて、炭治郎が気を失ってる間に、竹製の口枷をはめたらしい。実際にやると、すぐ外れるはず(笑)。猿轡(さるぐつわ)とか、筒状の部分を口に縦に突っ込むタイプの方が実用的(細かっ・・♪)。

     

201029l

  

第1話で私が気になったのは、炭治郎が冨岡に向けて必死に話す台詞で1ヶ所、音声を消されてたこと。なぜか、検索しても誰もつぶやいてない。「みんなを殺す・・・」の直後、短い単語を削除してるように聞こえた。古い差別語かな? まさか4文字の放送禁止用語ではないはず。。

   

      

     ☆     ☆     ☆

もう時間も字数も残ってないから省略するけど、第2話では冨岡の指示に従って、育手(そだて)と呼ばれる鱗滝左近次の元で修行する。完全に「スポ根」少年漫画のノリで、笑う所なのかも。

  

と言っても、炭治郎が過酷な修行をしてる頃、左近次は天狗のお面をかぶったまま、カワイイ禰豆子と2人きりで家にいるのだ。たぶん、長く伸びた鼻を使って遊ぶはず♪ どうやって?!

   

第2話では、完全なギャグも入ってた。冒頭、炭治郎が農民からカゴを譲ってもらう時、無理やりお金を払って、「頭が固い」と言われる。これ、後で鬼と闘う時の頭突きにつながる伏線なのだ。やられた鬼は思わず、「頭が硬い」とつぶやいてた(笑)。

  

ちなみに私も小学生の頃、ケンカでは頭突きをよく使ってた♪ 接近戦では一番効果的で強力な技。相手はすぐ泣き出す(コラッ!)。だから、印象に残ったわけ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

未熟な少年が「頑張る」(何度も出た言葉)ことで成長して、悪を倒して幸せになる(多分♪)。典型的な少年少女向けの成長物語で、私も男の子の頃は大好きだったけど、流石に大人になった今はストーリー的にハマリにくい。

   

せっかくアマゾンが無料公開してくれてるけど、少なくともしばらくは続きを見ないと思う。あるいは、禰豆子その他、美少女や美魔女の映像だけ飛ばし見するとか♪ ネットで二次創作を探す方が凄いかも(笑)。何が?!

  

201029m

  

なお、映画の素晴らしい出足には、450万名への入場者特典『煉獄零巻』も大きく関わってるはず。84ページの立派なノベルティ冊子。

     

転売禁止の非売品とされてるけど、今現在のメルカリの価格を見ると1200円前後だから、利益が900円としても映画料金が半額になるようなもの。売らない普通のファンにとっては、映画をタダで見るようなもので、AKB商法に似てるかも。

     

あぁ、短い感想記事の予定だったのに、やっぱり長いレビューになってしまった。5000字弱 (^^ゞ それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

       (計 4577字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧