NHK映像の世紀「奇妙な果実」、歌詞の元の黒人リンチ殺人事件が起きた(弁解にはならない)理由・キッカケ(英語版ウィキペディア)

奇妙なタイトルの番組だなと思って試しに見始めた、NHK映像の世紀バタフライ・エフェクト「奇妙な果実 怒りと悲しみのバトン」。奇妙な題名の曲と歌詞、その元になった黒人リンチ殺人事件の写真があまりに強烈なインパクトで、最後まで目が離せなかった。

        

ボブ・ディランの非常にストレートなプロテスト・ソング『エメット・ティルの死』は胸に響くし、それに触発されたサム・クックの『A Change Is Gonna Come』(変化はいつか起きる)も美しい歌声の名曲。

  

しかし、ここではやはり、番組の表題の曲『奇妙な果実』(1939年)に目を向けよう。差別から逃れて来たユダヤ系のエイベル・ミーロポル(Abel Meeropol)が作詞・作曲、黒人女性のビリー・ホリデイ(Billie Holiday)が歌ったこの曲は、リンチ殺人で黒人2人が木に吊された実際の事件(1930年)が元になってる。元の詩は「Bitter Fruit」(苦い果実)。

   

  

     ☆   ☆   ☆

番組では、おそらく意図的に、なぜそのリンチが起きたのかを伝えなかった。黒人差別の悲惨さと有名な曲を伝えるテレビ番組だから、NHKの編集方針としては間違ってないのかも知れない。

   

ただ、同じリンチでも、エメット・ティル事件のあまりに些細なキッカケは番組で伝えたのに、2人が木に吊るされた事件の原因・理由・きっかけは番組で伝えないというのは、国営放送のドキュメンタリーとして十分ではない。

   

しかもリンチを伝える画像には、当時、黒人へのリンチが「遊び半分に日常的に行われていた」という語りまで付けてたのだから、流石にミス・リーディング、誤解を招く表現だろう。

   

実はそこには、この番組で伝えにくい真実があった。その黒人2人は、「白人に対する強盗殺人の容疑」で逮捕されてたのだ。

   

あくまで、まだ容疑者の段階だったので、誤解や見落としのないように。裁判の前どころか、逮捕の翌日にすぐ、拘置所(刑務所)から外へ連れ出されてリンチされた。

    

    

     ☆   ☆   ☆

240514a

      

        

AI(ChatGPT 有料サブスクmodel4)も正しいと認めた、英語版ウィキペディアの説明によると、その2人の黒人男性は、白人男性に対する強盗殺人だけでなく、その女友達(ガールフレンド)に対する強姦の容疑もかけられてたらしい。

   

レイプの容疑は、助かった3人目の容疑者に関しては、取り下げられた(女性自身の証言で)。ただ、殺された2人に関してはどうだったのか、ハッキリしない。おそらく、2人に関してはレイプ容疑も残ってたと思われるが、とりあえず保留しとこう。

    

今現在の日本でさえ、その辺りは被害女性への配慮であまり触れられない部分だから、100年近く前の事件で情報が足りないのは自然なこと。

  

それはさておき、ではリンチが無ければどんな判決だったのか? ChatGPT4にたずねると、もし殺人と強姦の容疑が認められれば、死刑か長期の懲役だろうというような話。現在の日本の感覚と同様。ただし、もちろん実際には、陪審員の人種構成(おそらく白人が多数か全員)など、いろんな条件が影響するので不確定。

  

なお、結果的に助かった3人目の容疑者は、その後長く積極的に活動。その中で、その2人が殺人を行ったことは認めたようだ。と言っても、自分はその前に逃げたという話だから、殺害の現場は直接見てないかも知れないが。。

    

    

     ☆   ☆   ☆

いずれにせよ、群衆によるリンチ殺人や木に吊るす行為が論外なのは、言うまでもない。また、そもそも2人が本当に強盗殺人を行ったと仮定するなら、なぜそのような事を行ったのか。そこにはやはり、黒人差別による生きにくさが影響してた可能性が十分ある。

       

「バタフライ・エフェクト」、蝶の羽ばたきが回り回ってもたらす効果という言葉を使うのなら、最初のバタフライは、『奇妙な果実』という曲や歌というより、元になったリンチ事件だろう。さらに遡れば、おそらく、当時の悲惨な黒人差別というところまで到達すると思われる。

    

外国人や、元・外国籍の人、その種の人を親に持つ人が増えて来た日本でも、他人事ではない。まずは事実や歴史を知ることから始めようと思う。それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

     (計 1752字)

| | | コメント (0)

ドル円の為替は34年ぶりの円安、長期チャート的にはさらなる円安の恐れも・・&さすがに新ジムの暖房が止まってくれた♪

(25日) BIKE (indoor) 17 km,38分,

平均心拍 130,最大146,マシン表示 468 kcal

心拍計表示  275 kcal(脂肪 77kcal)

 

LEG PRESS (135,145,155kg)各10回

Fly(胸) 25kg × 10回 × 2セット

     

WALK 5km

   

   

    ☆     ☆     ☆

1ドル155円というのは、確かに記憶にないというか、昔の情報として知ってるだけというか。ガソリン価格みたいになって来てる。34年ぶりの円安水準ということで、早速、長期チャートを確認してみた。

   

「Let's GOLD」という親父ギャグみたいな名前のサイトより♪ そもそもレッツゴーだけでも死語なのに、あえて使ってるわけか。為替じゃなくて、金(きん)がメイン。

   

240426a

   

戦後、1ドル360円の固定相場制だったのが、1971年のスミソニアン協定で1ドル308円に切り上げられて、73年からは変動相場制。一気に円高になった後、一旦、反発して円安に。ところが、85年のプラザ合意でドル安・円高へと誘導されて、そのまま95年には1ドル80円まで到達。

  

そこから揉み合いの後、2010年暗いから円安の流れになって、とりあえず1990年のレベルまで戻ったから、34年ぶりだと。でも、このチャートは右上に抜け出す可能性が十分ある形だから、160円の水準を試す動きはありそう。

   

    

     ☆   ☆   ☆  

ただ、為替の値動きは政治と中央銀行に大きく左右されるし、「もしトラ」と言われてるトランプ大統領がもし復活したら、ドル安・円高を目指すことになるのかも。それを先取りして、どこかで早めに円高の流れが出てくるのかね?

    

個人的には最近、スーパーの輸入肉の品質が落ちてる気がして不愉快なのだ (^^ゞ これって、円安なのに商品の価格を維持しようとして、仕方なしに肉の質を下げたってことじゃないかね? まあ、もともと高い和牛を食べろよってことか♪  アスリートはタンパク質が重要なんだけど、豆腐が一番安いのかも。

   

円安による、さらなる物価高に備えて、全く趣味じゃない金(GOLD)でも買うべきか♪ 私は昔から、金に対しては冷めてて、何でこんなに高いの?と思ってるけど、まだまだ上がると思われてるようだから、考えと行動を改めようか。円安だと、基本的には、日本円での金価格も上がるのだ。楽天証券のロングチャートより。

    

240426b

  

最近の円安もあって、もうグラフが右上に突き抜けてる。1gが11000円? ビットコインが1100万円の方が、まだ納得しやすいけど、ちょっと真面目に考える価値はあるかも。変化しにくくて、確かな手応えと外見がある物質。激動の世界には、そういった物が世界の人々の心を集めるのかね。。

   

   

     ☆   ☆   ☆

金よりも手応えを実感できるのが、自分の身体♪ 間違いなく太腿が膨らんで来て、スリムのパンツ(ズボン)がきつくて困ってる(実話・・(^^ゞ)。

   

それでも、刻々とツール・ド・美ヶ原のヒルクライムが近づいてるから、昨日も新ジムでインドア・サイクリング(エアロバイク)。またまた時間が無くなって、僅か38分が精一杯。

  

1日休んだ後なのに、脚は最初から重かったけど、何となく、いつもほど暑くないような気がしてた。後で、屋内の温度計を見たら、20度! これなら暑がりの持久系アスリートでも何とか我慢できる♪ たぶん、昼間が暑かったから、いつもの暖房を遂に切ったんだろう。ウチのブログの不満が伝わったと(笑)。冷房は流石にまだ入ってない(と思う)。

  

レベル10、レベル11で8分ずつ。レベル12で12分。その後、レベル13で4分、レベル14で2分最後は、レベル11で4分。途中の1分だけ高回転(毎分80~100回転)。新・心拍計は正常に作動。回転数はまた、平均で毎分77回転くらいまでしか上がらなかった。マシンのペダルが重いんじゃないかね?(半ば言い訳♪)

     

240426c

 
   

   

    ☆   ☆   ☆

最後は、お楽しみのマシン筋トレ。レッグプレス155kg×10回まで到達。この勢いで、165kgに挑戦しようかとも思ったけど、脚より腰が限界に接近してるから止めといた。まあでも、美ヶ原の前に175kgくらいまでは行けそうな気がする。激坂も楽勝か♪ ^ゞ ・・って言うより、太腿が太くなり過ぎて、スリムのスーツのパンツがビリッと敗れそう♪

  

胸の筋トレは、25kg×10回を2セットこなしてみた。一番軽い負荷から2番目なのに、もう完全に限界 (^^ゞ ダメ過ぎてちょっと恥ずかしいから、周囲の人の目線を気にしてる(実話・・笑)。

   

ちなみに、鼻風邪もどきは何とかなったかも♪ ただ、鼻とノドがちょっと変だから、引き続き注意しよう。ウォーキングは合計で5km、何ともなくスタスタ歩けた。それではまた明日。。☆彡

    

     (計 1954字)

| | | コメント (0)

米国でバイデン大統領にもウケた、岸田首相の英語スピーチの自虐ジョーク2ヶ所(原文&日本語訳)

昨日、書き残した小ネタを書こうか、それとも終わったばっかの将棋の名人戦・第1局の話を絡めようか・・とか思ってたら、岸田首相の英語スピーチのジョークが米国でウケたってニュースが流れてたから、それにしよう♪ 訪米中の首相を歓迎する、ホワイトハウスの豪華なディナーの挨拶。

   

この種の英語の話は、読者の需要も少ないけど、記事を書く人がほとんどいないし、私自身が面白くて勉強にもなる。マニアック・ブログとしては便利なネタなのだ。

   

このジョークの報道。色々見たけど、ウケた瞬間の短い英文ばかりを伝えてるから、何が面白いのか、ちょっと分かりにくい。ウケる少し前から英文を見る必要がある。

   

240412a

   

ただし、カメラマンの能力は素晴らしい。ウケた瞬間だけフラッシュを光らせてる。これは、リアルタイムで英語ジョークの面白さやウケ具合が分かってないと出来ない気がする。笑顔に反応してるだけかも知れないけど、いずれにせよ瞬間的な判断と反応が必要。Forbes のニュース動画(youtube)より。

   

   

     ☆   ☆   ☆

まず、ほとんど報道されてない最初のジョークから。個人的には、こっちの方が言い回しにヒネリがあって面白いと思った。

  

Before I came here, my protocol staff told me that no one had ever complained that my speech was too short. This is probably good advice. So I'll keep my speech short.

     

私がこちらに来る前、外交儀礼スタッフが私に言ったのです。今まで、私のスピーチが短過ぎると不平を言った人は1人もいないと。たぶん、これは良いアドバイスでしょう。ですから、このスピーチは短くするつもりです。

     

確かに私も、岸田首相のスピーチが短過ぎると思ったことはない♪ ただ、欧米と比べてどうなのかね? むしろ、欧米の首脳のスピーチの方が長い気がするけど。

  

ちなみに5年くらい前、夏の自転車レースで、開会の挨拶がちょっとウケてた。「乗鞍ヒルクライムの開会を宣言します」の一言で終わり♪ まあ、レースの直前は早朝だし、トイレ待ち行列も長いから、みんな余裕がない。短い方がうれしい選手が多いと思う。

   

最近はレースクイーンもいなくなったし(笑)。お偉方の挨拶の時、以前はレースクイーンが2人、横に立ってたから、絵になってたし、写真撮影にも好都合。それなら、挨拶はちょっと長くてもOK♪

   

    

     ☆   ☆   ☆

続いて、あちこちで報道されてる方のジョーク。たぶん、ヒネリが無くて、表面的には誰にでも分かりやすい話だから、ニュースで使われてるんだと想像。ここでは少し長めに引用してみよう。

       

・・・I'm speechless in front of such a huge number of prominent American and Japanese guests. My wife Yuko also breathless just told me that it was hard to tell who the guest of honor is. So I was relieved when I was shown the seat right next to the president.

    

これほど多くの米国と日本の著名なゲストを前にして、私は言葉がありません。私の妻の裕子も息を呑んで、私にこう言いました。誰が主賓なのか分からないわね、と。ですから私は、大統領のすぐ隣の席を示された時、ホッと安心しました。

     

この自虐的ジョークは、大勢のゲストの皆さんを持ち上げる流れのオチになってる。だから、ゲストとしては笑顔で受け止めやすい話だったのだ。「気を使って頂いてありがとうございます。いえいえ、岸田首相、あなたがメインですよ♪」と。

    

    

    ☆   ☆   ☆

終盤でもまた、自分のスピーチの決まり文句に関する自虐ジョークがウケてたけど、もう省略しよう。いつも同じネタを原稿に書いてるから、スタッフに削除(delete)されてしまうとか話してた♪

  

首相でも著名人でもない小市民といえども、新年度の始まりで、仕事に追われる日々。ただし、今日書いた内容は新しいから、スタッフにも削除されないのであった。

   

スタッフ、いないだろ!・・とか自分ツッコミしつつ、ではまた。。☆彡

    

     (計 1770字)

| | | コメント (0)

浮き沈みの激しい不動産(ワンルーム・マンション)投資、始まりは80年代・バブル期〜『正直不動産2』第8話・無限ループ地獄

今夜は正直、ドラマとかブログはどうでもいいだろう♪ 独身男性の超大物、大谷翔平がいきなり結婚発表☆ いきなり最終回(笑)。まさかのビッグニュースをYahoo!のトップで見かけた時、また何かの釣り記事かと思ったほど。

    

直ちに、本人のインスタグラムに飛んでみると、日本語の小さい活字のご報告の下には、英語の報告が書かれてた。わずか30分で、いいねの数が87万! いいね。

  

240229a

   

「have I began・・・・・・I also have began・・・」。beginの現在完了形だから、過去分詞で begun と書くべき所を、過去形で began と2回続けて書いてる♪ これで私は、間違いなく大谷自身の言葉だなと信じたのだ(笑)。そこか!

  

   

    ☆   ☆   ☆

ちなみにもちろん、アメリカの俗語でそうゆう表現もあるのかと思って調べてみたけど、見当たらない。通訳とか事務所とかに任せず、自分で英語を書いてる所が素晴らしいのだ。

   

たぶん記者会見でも、「ビギャン」と過去形で発音しても、ネイティブでさえ気にしないだろう。そんなミスを気にするのは、中学の英語の教師か、マニアック・ブロガーくらいなのだ♪ 自虐か!

   

英語では、母国の「誰か」と新しい生活を始めたと書いてるけど、日本語では「日本人女性」と書いてた。ネットには早速、自分から「緊急会見」を行なう女性も登場。ゆりやんレトリィバァ(笑)。薬指の指輪を見せて、「爪切りました」(爆)

    

真面目な話、「一般人」とか書いてないから、みんな知ってる有名人(タレント、女子アナ、女性アスリート)なのかも。明日の記者会見には世界が注目。

  

    

     ☆   ☆   ☆

さて、大谷のおめでたいニュースは、今回のドラマとも無関係ではない。広い意味で、「投資」の側面があるから。

   

お相手が誰にせよ、これだけ完璧に情報をブロックし続けたということだけでも、大変な努力を長時間にわたって費やして来たはず。愛犬デコピンの世話も含めて。

   

その努力を仮に5000万円と計算すると、この投資は数年で数百倍~数千倍のリターンになったのかも♪ 羽生結弦とはキャラが全く違うから、離婚の心配どころか、不仲や不倫の心配も無さそう。

   

そう考えると、ドラマで取ってつけたような「押しかけ女房」になってる榎本(泉里香)も、永瀬(山下智久)に投資してるのだ。物件も、今回の主題と同じく、ワンルームの不動産(笑)。失敗に終わった時の損失を抑えるために、おやすみのキスもお預けにして。まあ、建前だろうけど♪

   

    

    ☆   ☆   ☆

原作のサブタイトルは、「1R(ワンルーム)マンション投資」。コミック第15巻・第117直&第118直。大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)。

   

これは、ドラマ第7話の原作のすぐ後で、話はつながってる。だから、またTTNデータ(笑)という社名が出て来るんだけど、ドラマでは変えてた。実在するNTTデータに気を使ったのかも。

  

というより、今回のドラマは原作とかなり違ってる。ドラマはハッピーエンドだったけど、原作はどちらかと言うとバッド・エンド(悪い結末)なのだ。客は結局、割高なマンションを買ってしまう。

  

これで、永瀬との勝負に勝った神木(ディーン・フジオカ)は、さらに鵤社長(高橋克典)に勝負を挑む。とにかく、不動産の世界で1番になりたいらしい。死んだ息子との約束とかいう話かな?(個人の想像)。

    

もちろん原作には、娘さんやボランティアの話も無い。黒須が客と揉めて怪我するわけでもないし、客は2人ではなく1人だけだった。その代わり、原作には、十影(板垣瑞稀)がワンルームマンションの勧誘を受けて、乗りそうになってる所を、永瀬に止められてる。ドラマの脚本は清水匡、演出は金澤友也。

    

    

     ☆   ☆   ☆  

240229b

   

新築に続いて中古、2つのワンルーム・マンションが出てくる点については、原作もドラマも同じ。まず、初期投資が大きい(価格が高い)新築ワンルームへの投資で失敗。それを取り返すつもりで、今度は中古マンションへの投資に向かう。

   

駅から徒歩10分。築20年、20平米のジュエル八起。年利2.3%の30年ローンで、毎月の返済額は7万円。家賃収入は月10万円だから、毎月3万円の不労所得が入って、おまけにローン完済後にはマンションも手に入る。

   

・・というのが神木の説明。しかし、「数字はウソつかないけど、ウソつきは数字を使う」(by永瀬)。私でもすぐに家賃が高いなと思ってしまう。

    

ただ、家賃7万円なら一応あり得るかも。それなら、毎月の収支はトントン、実質の支払いは0円で、マンションの分だけお得。もちろん、空室の期間やトラブルが無くて、修繕費とかもかからなければ、という仮定の話。

   

   

     ☆   ☆   ☆

ドラマと原作を見た後、自分で色々と調べてるうちに、そんなに悪い話でも無いような気もして来た。リスクはあるけど、詐欺とは別物だし、長い歴史と多数の実例もある。

   

日経産業新聞で、「ワンルームマンション活況 —— 投資目的に売れる、今やニュービジネス」という見出しの記事が掲載されたのが、1983年。ニューだから、この辺りが流行の最初だろう。バブル景気の少し前だから、その後はまさにバブルに乗って広がることになる。

    

240229c

    

その後、日経関連のワンルームマンション投資の記事は多数あって、それほど批判的な書き方でもない。リスクや失敗もあるけど、リターンや成功も期待できる。投資の形の1つで、最近話題の株価と同様、時の流れにつれて浮き沈みもある。

   

大まかに見ると、80年代 ↗︎ (上昇)、90年代 ↘︎ (下降)、00年代 ↗︎ (回復)、08年~09年 ↘︎ (リーマンショック)、10年代半ば以降 → (持ち直して上下に変動)、といった感じだろうと思う。

   

私の友人が以前、居住用のマンションを買って、失敗した・・と嘆いてた。ところが、状況が一転。ハッキリ言わないけど、逆にかなり儲かったような感じで、暮らしぶりが変わってる・・とだけ書いとこうか♪ まあ、このブログは読んでないはずだけど。

   

   

     ☆   ☆   ☆

一般人の投資で注意すべき傾向として、原作でもドラマでも、2つの心理学的な用語が紹介されてた。

   

まず、「コンコルド効果」。これ、まず(ほとんど)誰も指摘してないことを指摘しとこう。英語の「Concorde Effect」で完全一致検索をかけると、英語のサイトは少ししかヒットしなくて、日本語のサイトばかりがズラッと並ぶ。過去の経験上、これはちょっと怪しい概念だろう。

  

日本語のウィキペディアにはわずかな情報しかなくて、「埋没費用」効果の別名だと書いてるけど、そちらのページに飛ぶと、最上段に注意書きが大きく載ってる。要するに、出典や信頼性が足りないと。そもそも、他の言語のウィキには、コンコルド効果の項目は1つしか無くて、しかもそれはマイナーな言語(ヘブライ語)なのだ。

   

英語版で「埋没費用」(sunk cost、過去の失敗の費用)の項目を見ると、途中にコンコルドの話が一応、出て来てる。ただ、それは「Concorde fallacy」(コンコルドの間違い・ミス)であって、国家(英国&フランス)が絡むと費用や損失を度外視して止まらなくなるという文脈。

  

一般人は、国家と違って、ごく限られた財産と能力しか持ってないから、どこかで止まるか、逆に成功するかがほとんどだろう。例えば、アイドルを推すという投資だと、時間とお金を大量に注ぎ込んだ末に結婚発表が出たとしよう。途端に冷めて止めるか、気にせず推し続けるか。推し続けるということは、投資が満足を与えてくれてるのだから、埋没ではなく成功なのだ。

     

   

    ☆   ☆   ☆

240229d

   

とはいえ、「これまでの投資分を惜しんで止められなくなる心理的傾向」は、一部の人や一部の状況に見られるのは事実。

  

例えば私♪ 18年半にわたって毎日、大変なパワーを注ぎ続けて、ほとんどリターンは無い(笑)。自虐か! それどころか、SNS人気に「埋没」して、ここ4年でアクセス数は激減、システムトラブルが復旧しないコメント欄もすっかり閑古鳥♪ しかし、今さらもう、止めれないのだ。

  

真面目な話、止めれないということは、本当は何らかのメリットもあるのだ。私の場合、大量の情報処理や規則正しい執筆活動で鍛えられるというメリットは、確かにある。寝る前に、絶対に書く。忍耐力や意志の鍛錬にもなってる。

   

マニアックな記事を熟読した後、私のプロフィール欄をチェックしてる読者の記録をアクセス解析で見ると、満足感もある。よしっ!って感じで♪ 東日本大震災後の放射能記事には、米軍や国際原子力機関からのアクセスもあった。よしっ!

   

ドラマだと、単なるおバカな父親に見える篠崎も、永瀬がフォローしてくれてた。娘のことを思って失敗を重ねつつ、結果的に立派に育て上げただけでも十分なのだ。

     

なぜ娘がしっかりした行動と目標を持ってるのか。それは、お父さんみたいに、性格がいいのに(orいいから)騙されてしまうような人を助けたいと思ったから。お父さんの合理的でない行動も、素晴らしい効果を生み出してる。リスクを冒してでも娘を幸せにしたいという気持ちはちゃんと伝わってるのだ。失敗はしても、罪を犯してるわけではない。

   

   

     ☆   ☆   ☆

一方、もう一つの心理学的傾向として紹介されたのが、「ダニング・クルーガー効果」(Dunning-Kruger effect)。「能力や経験が低い者ほど自らを過大評価してしまう傾向だ」。

   

実は、日本ではマイナーで曖昧にも感じるこちらの方がむしろ、世界的にはメジャーな概念のようで、根拠みたいなものもしっかり示されてる。

  

英語版ウィキのグラフで確認してみよう。縦軸が能力で、赤線は実際の能力、青線は自己評価。横には、客観的な能力の順に、左から4人のデータが並んでる。

  

240229e

    

4人中、3人は、自己評価の方が高い。ただ、左端の最下位の人は特に、実際の能力(赤い点の高さ)と自己評価(青い点の高さ)の差が大きい。

  

それに対して、右端の最も優秀な人の場合、自己評価も4人で最も高いけど、それを上回る高い実力を持ってる。そうゆう計量的で限定的な分野の話なのに、世間では大まかで粗雑なとらえ方で使われてる・・といった話が、英語版ウィキの冒頭に書かれてた。

  

もちろん、投資の客観的能力の計量・測定というのは難しい。例えば、投資金額を10年以内に何倍にしたかで比べるのなら、ビットコインを初期に買って持ち続けた「億り人」がトップクラスということになる(10000倍とか)。当初の状況で冷静に判断するなら、それは能力というより運が良かったということ。宝くじを大勢で買えば、ごく少数は大当たりするのだ。

     

ただし、今現在のビットコインその他(仮想通貨=暗号資産)は話が違って来てるので念のため。ここ数ヶ月で急激にプロの大金が流入してるから、極端な上昇になってる。これは私の見方では、投資の能力が高いと思う。ちなみに私も数年前、1000万円にはなるだろうと書いてたけど、もう間近に迫って来た。

     

   

     ☆   ☆   ☆

とにかく、割高な物件を売られた後、安く買い取られて、その損を取り返そうとして、また割高な物件を売られてしまう人は、ごく一部にいる。

   

それは事実だけど、サブタイトルの「無限ループ地獄」(原作では無限地獄)は大袈裟だろう、ちょっと循環するだけで、すぐに終わるはず・・・そう思った私は早速、「ループ(loop)」という言葉の語源を探ってみた。

  

すると、面白いことが判明した。ループの語源は、輪になった投げ縄らしい。その意味では、無限に循環する必要は無くて、要するに売り手と買い手の投げ縄で捕まってしまうということ。確かに、原作でもドラマでも、捕まった人ならいた。原作では捕まったまま終了。ドラマでは脱出。それはドラマ視聴者の大半がハッピーエンド好き(の女性)だから♪

    

    

     ☆   ☆   ☆

時間がギリギリになって来たので、最後に再び不動産投資を冷静に考えてみよう。

   

240229f2

   

上図は、あちこちで参照されてるデータ会社・東京カンテイによるもの。首都圏ほか、三代都市圏の中古マンションの価格の推移が右上がりの折れ線グラフになってる。

     

自分が買ったマンションの価値がどんどん上がってるわけではなくて、あくまで市場価格の値上がりだけど、自分の所有マンションの価値の低下も割と少ないはず。あるいは逆に、持ってるだけで価値が上がるとか。多分、しばらく前にタワマンを買ってれば、より高い値段で売れることもあると思う。

   

そもそも、ある意味、銀行に預金するという行為も投資と言えるのだ。安全確実だけど、利回りゼロの投資♪ これが今後、日本でもインフレが進めば、実質的にマイナスの利回りになって来る。100万円をずっと預けてる間に、物価が1.5倍になれば、50万円の損ということ。

    

銀行預金やタンス預金という投資にも目減りリスクがあるのだから、不動産、仮想通貨、株、為替も含めて、財産の管理はこれから一段と重要になって来る。そうした事を考えるキッカケとしても、有益な作品だと思う。

   

というわけで、今夜も大量のパワーと時間をブログに投資してしまった。コンコルドというより、ブロガー症候群、恐るべし♪ それでは、また明日。。☆彡

 

  

  

cf. 「どこ向いてるんだ?」、タワマン大好きの永瀬財地(さいちん♪)〜『正直不動産2』第1話

 写真と違うムービー(動画)の長所、全体の空間的・時間的つながり〜第2話・使用貸借契約と解除

 もしも家族が仲良しなら、小さな家でも、おもちゃのピアノでも関係ない〜第3話・狭小住宅(ペンシルハウス)

 テレビドラマの脚本と原作マンガの比較、共通点と違い〜第4話・賃貸保証会社と人の信用

 偽善とは、表面的な善意から不幸な代償を生み出してしまう行為や意図〜第5話・フラット35

 家賃滞納3ヶ月で明け渡し(強制退去)、法律(借地借家法・民法)の条文には明記されてないけど〜第6話

 ノックスの探偵小説・十戒(英語)、犯人は物語の序盤に登場、探偵は犯人ではない〜第7話

 サブリース契約、03年最高裁判決で業者が強気に、12年アベノミクス緩和で一般人オーナー急増〜第9話

      

  (計 5664字)

 (追記49字 ; 合計5713字)

| | | コメント (0)

日経平均株価、34年ぶりのバブル超え最高値でも熱狂なし、新型コロナ初期の相場の転換点とテレビ報道の感想

私は数年前まで、よくバブルという指摘を書いてたけど、日本株に関しては、新型コロナ初年度の終盤から考えが変わってた。大きな転換点は、コロナ初期の暴落を日銀が力づくで止めた時だと思う。昨日の報道はかなり見たけど、誰もその事を指摘してないので、具体的に時期と価格を示して指摘しとこう。

   

2020年の2月半ばから、日本国内でもコロナ感染が大きな話題になって来て、3月半ばまで株価は暴落。日経平均株価(nikkei225)だと、24000円から16500円くらいまで、約3割ほど一気に下がったのだ。

    

あの時、ヘッジファンドとか、「空売り」でもっと無理やり値下がりさせて、儲けようとしてたと思われる(高く売って、安く買い戻す方法)。日中の細かいチャート(分ごとの株価と売買高のグラフ)を見ればすぐ分かる。際どいタイミングで大量の売りを浴びせて、右下がりの流れを作り出すのだ。人為的な相場操縦。バレて処罰されることはほとんど無いから、上手くやれば「やり得」。

    

この強烈な売り圧力に、超強烈な買いで立ち向かったのが日銀の買い支え。合法的で巨大な相場操縦。お金はいくらでもある♪ 売っても売っても下がらなくなったから、売りがパタっと消えてしまって、そこからは素早く反転。3ヶ月でほぼ元通りまで回復して、年末にはコロナ前の水準を突破。日本のYahoo!ファイナンスより。

   

240223h

   

      

    ☆   ☆   ☆

この時点で、株価の中・長期チャート(週ごと、月ごとの折れ線グラフ)は強気に変わったから、さらに一気に上昇。一部の空売り勢は大損で叩き潰されたはず。翌年の2月にはまさかの3万円まで突破してしまった。

   

この1年間の攻防で、空売り勢のパワーは消滅。米国の株高もあって、しばらくその水準が維持されたから、数年レベルの長期のチャートも強気に転換。私もその頃から見方を変更した(米国株は別)。

   

2023年に入ると、ChatGPTその他のAIが脚光を浴びて、改めて半導体ブームが盛り上がったから、その勢いでスルスルっとバブル超えまで来たということ。

  

値動きと売り買い、株価チャートのテクニカル分析の観点から大まかに見ると、そうゆう事だろう。もちろん、一般のニュース報道では、そういった投資・投機レベルの数字や売り買いの攻防の話はほとんど出ない。

    

企業業績・企業価値(ファンダメンタル)とか為替、国際情勢、政策(金融緩和、NISA)の話ばかりで、せいぜい、中国株の値下がりで投資家が日本に鞍替えしたという指摘をする程度なのだ。

   

私はむしろ、人間的な欲望・心理の激しいバトルだと思ってる。買いたいか、売りたいか。儲けたいか、逃げたいか。株価の動きが上だと見るか、下だと見るか。どのくらいの時間間隔で考えるか。。

   

    

     ☆   ☆   ☆

さて、「盛り上がりが足りない♪」というのは、ここ数年の高校野球・サッカーの応援歌だが、日経平均株価のバブル超えも盛り上がりが足りない。34年ぶりの歴史的快挙なのに、テレビ各局のニュースも控えめだった。

    

NHKも日テレもテレビ東京も、1980年台後半のバブル期からの株価チャートを示してたけど、それでは全体の流れが見えない。ここでは、その前からの超長期チャート(60年間)を見ておこう。米国の yahoo finance より

   

240223a

    

バブル期の四半世紀前、1965年くらいから見れば、非常に大きな観点だと右上がりになってるのが分かる。今のところは。実はこの形、ビットコインとかの仮想通貨(暗号資産)と似たパターンだけど、それについてはまたいずれ。

   

もし、ここで反転して右下がりになると、全体が山型(二つのこぶを持ってるダブルトップ)になって、右下がりに向かう悪い形になる。

  

ただ、大きな流れに関しては、しばらく変わらないと思う。たかが一旦、30000円割れくらいまで値下がりする程度で、マーケットを知ってる人間なら何の驚きも無いはず。

     

南海トラフや首都直下の大地震、富士山の噴火には注意が必要だけど、東日本大震災による値動きを見ても、意外と大丈夫だと思う。数年レベル以上の余裕を持った長期投資で、自分自身が無事なら。

   

  

    ☆   ☆   ☆

それよりむしろ、「買わないリスク」の方が大きいかも。下は、NHKの看板番組『ニュース7』。この34年間で、アメリカの株価は14倍、ドイツは9倍、韓国やイギリスは3倍。

     

240223b

   

日本はやっと「1倍」になっただけ。これが世界水準の「数倍」と考えれば、日経平均5万円どころか、10万円もあり得ることになる。自分だけ買わないと、周りと比べて相対的に大損したような感じになる。

   

逆に、1倍止まりと考えるなら、日本という国に対する悲観的な見方になる。消費も投資もせず、子どもも作らず、画期的な製品・サービスも作らない、終わってる国だと。単なる観光用の極東の島国。  

    

240223c

   

日テレの『news zero』では、いきなり「現在」のディスコ映像♪ 令和6年の今でも、バブル期の象徴のマハラジャ六本木が営業してるらしい。踊るのはもちろん(?)、バブル世代の生き残り。それで経営が成り立つとは、バブル超えよりも驚くべきことかも。まさかZ世代は行かないと思うけど、未確認♪

  

   

     ☆   ☆   ☆

240223d

   

おめでたい感じのニュース映像の代表になってたのは、岩井コスモ証券のくす玉割り。この金のくす玉の小ささが、熱狂の無さを象徴♪ 個人的には、いまだに証券会社の社員が電話で顧客とやり取りしてることに驚いた。

  

AI関連の半導体トップ企業、エヌビディアが好決算を発表したから値上がりしてる・・なんて話は、大口の顧客なら知ってて当たり前の情報だと思うけど、富裕層の高齢者とかに説明してるのかね?

   

私は、英語の元の発表を自分ですぐ確認。正直、まあまあと思った程度だった。事前の予想の多くを上回ってるとはいえ、たかが1割程度の差だったから。今後、背後からライバル企業が追いかけて来ることを考えても、騒ぎすぎだと思う。要するに、言い訳、口実なのだ。無理やりバブル超えの最高値に持っていくための。

   

    

     ☆   ☆   ☆

240223e

   

上の画像も、くす玉と同じく、テレ東の『WBS』より。卓球の放送が長引いて、1時間半遅れの0時にスタート。投資家用のバーで、「青天井」というカクテルが紹介されてた♪ どこまでも空に上がって行くと。

   

私も、日経平均5万円くらいまでなら難しくないとは思うけど、その辺りが当面の天井だろう。長期レベルで。短期なら、4000円くらいが目先の天井だと見てる。特に、日本の利上げと米国の利下げがポイント。為替が円高に振れると厳しいはず。他には、中国の台湾侵攻の可能性とか。

    

240223f

        

テレ東でもディスコが映ってたけど、こちらはバブル期の記録映像だと思う。ミラーボールの光の下で踊る、ロングヘアーの若い女性。かかってた曲は、「ユーロビート」(死語?)の大ヒット曲の1つ、『toy boy』。可愛い少年をオモチャにする女性の歌。旧ジャニーズファンの女性とかにもお勧め♪

   

240223g

         

そして、テレ東しか出せない映像が上の小池百合子知事。34年前の1989年12月29日、バブルの絶頂期にWBSでキャスターをやってたらしい。両肩のパッドと髪型が微笑ましい。やっぱ、華があるし行動力もあるから、政治家への転身は自然なこと。個人的にはカイロ大学の経歴詐称疑惑がまだちょっと気になってるけど、わりと好意的に見てる。

     

というわけで、ほんの一言だけ書くつもりだったのに、また長くなってしまった。この辺りで強制的に終了としよう。ではまた明日。。☆彡

   

      (計 3062字)

| | | コメント (0)

中国の激安通販Temu(ティームー)、米国で大人気でも怪しげだから様子見か・・&気温28度プチジョグ

(1日)JOG 8km,42分26秒,平均心拍 138,最大 163

消費エネルギー 353kcal(脂肪 81kcal)

     

やられた! ココログのメンテナンスを忘れてた (^^ゞ 8月2日なんて遥か先のことだと思ってたら、もうなってたのか。光陰矢の如し。ちょっと違うかも♪

       

230802g

     

仕方ないから、とりあえずiPadのメモアプリに入力しとこうか。買って1年も経ってないiPad Proのネット閲覧スピードが遅くなってるって話はまたいずれ。色々と試してみたけど、復旧してない。回線は速いから、端末の問題だろう。ハードかソフトかって問題はさておき。

    

        
    ☆     ☆     ☆

さて、今日は非常に忙しい日だから、サラッと終わらせよう。恒例のアレなのだ♪ そんな中でも、値上げ値上げのラッシュの中、安売りの話は気になる♪ 最近、ネットを見てると、異常に安い広告がブラウザに表示されるのだ。通販というより、EC(電子商取引)と呼ばれてるもの。

    

230802a

     

思わず目を疑ったのは、383円!(税抜)のバックパック。一桁、間違えてるような値段。おまけに送料無料? よく見ると、ほとんど見えない小さい文字で、「アプリ新規ユーザー限定」と書いてるんだけど、最初は気付かず。

    

ただ、タップする前に、「Temu」というブランドについては検索してみた。あまり評判は良くない感じだけど、悪いというほどでもない。そもそも情報がかなり乏しい。

    

そこで恐る恐るタップしてみると、案の定、383円のバックパックは表示されない (^^ゞ バーゲンセールのサムネイルの一覧表みたいな画面が表示されて、普通の価格の3分の1くらいの激安商品が無秩序に並んでる。明らかに安過ぎて、大人としては裏を読んでしまう♪ 上手い話には要注意☆ 安物買いの銭失い。

    

     

      ☆     ☆     ☆

230802b

    

信頼できそうなサイトの情報を探すと、DIMEとか日経新聞の記事が上位にヒットした。一応、単なる危険なサイトというわけでもないらしい。色々と批判がある一方、米国その他、海外の若者には既に大人気みたいだ。
   
日本のサービスがいつ始まったのか、まだ正確な情報は発見できてない。日本語のウィキペディアの日付け(日経の記事の公開日)は、単なるメディア情報の誤読にすぎないと思うからスルー。ネットのあちこちやアプリの情報から、私が総合的に推測すると、おそらく6月下旬から7月上旬の間に、日本でも販売開始されたんだと思われる。

   

ちなみに、日経その他、ティームーという読み方が標準みたいだけど、そんなものはユーザー側が決めること♪ テムとか、ティーミューという読み方もあり。「TENMEI」なら、テンメイ(笑)。宣伝か! テーメー(低迷)と読んではいけない。

   

    

     ☆     ☆     ☆

230802c

      

で、App Storeでアプリを見ると、評価が数百しか無いし、かなり低い数字になってる。2.9。普通、3.5未満のアプリは論外だろう(個人の感想♪)。

    

230802d

     

おまけに、アップルからは、個人情報に気を付けるようにと注意書きも書かれてた。とりあえず、インストールする気はしない。

   

私はポイントカードの類さえ、信用してないほど。一応あれこれ持ってるけど、あんまし使ってない。僅か数%のポイントのために、個人情報がダダ漏れになるのは嬉しくないのだ。10%とかなら、使うけど。メリットとデメリットの総合評価の問題。

     

    

     ☆     ☆     ☆

230802e

    

アメリカで大人気ということで、英語版ウィキペディアのTEMUの項目も見たけど、やっぱり情報は少ない。2022年、米国で最もダウンロードされたアプリだということは書かれてる。

   

むしろ、親会社のPDDホールディングの項目の方が興味深かった。早くも、ウィキの内容について激しく揉めてるようなのだ。どうも、業者側の宣伝の書き込みがあるような感じの注意書きまで付いてた。証明は難しいだろうけど、ありがちな事ではある。

      

230802f

    

ナスダック市場で親会社の株価の推移グラフ(チャート)を見ると、過去5年で大きく見れば右上がりになってるけど、途中に巨大な鋭い山がある辺りがちょっと怪しげではある。ビットコインとか、仮想通貨(暗号資産)ほどではないけど、余剰マネーが短期的に注ぎ込まれてる感じか

     

・・って感じで描いてると、またズブズブとハマりそうだから、そろそろ止めとこう。ちなみに、先に話題になったアパレル、インテリア中心の女性向けEC、SHEIN(シーイン)の方は、アプリの評価も普通になってた。先にそっちを試してみようかな。失敗覚悟で。。

   

   

      ☆      ☆     ☆

一方、小市民アスリートの方は、昨日も夜中にプチジョグ。前日と同じ気象条件だったけど、もっと暑く感じて、汗も序盤からダラダラ流れ落ちてた。局地的に暑かったのか、昼間の暑さの違いが残ってたのか

    

時間も無いから8kmだけで、トータルでは1km5分18秒ペース。クソ暑くて左足も痛かったわりに、まずまずか♪ 気温28度、湿度78%、風速1.5m。新・心拍計は序盤と終盤で高めにブレてたから補正した。ではまた。。☆彡

   

  

230803h

    

LAP 1(2km) 12分07秒 118 123

  2    10分37秒 132 140 

  3    10分08秒 145 152 

  4     9分28秒 155 163

計 8km 42分26秒 138(81%) 163(96%)

      

        (計 2131字)

| | | コメント (0)

バブル後の高値更新の日経平均株価、4万円まで上昇か?、2つの対話型AI(ChatGPT-4、Google Bard)の回答

行くだろうとは思ってたけど、日経平均株価は23年5月19日、あっさりとバブル後の最高値を更新した。為替の円安とか、米政府の債務問題解決とかいうより、もうこうなったら「上がるから上がる」に近い。特に春以降は、日本株の独自の強さを誇示する状況になってる。

   

株式市場に対しては、私は以前から時々、「バブル」という冷めた言葉を投げかけてたけど、そもそも「バブル」という言葉は昔のもの。上がり過ぎたら急激に下がるという過去の常識はもう、あまり通じない。

      

最近は、2008年~09年のリーマンショックが落ち着いて以降、10年ほど、ほぼ一方的に株価は上がり続けてるのだ。一般人の日々の生活実感とは無関係に。

   

    

     ☆     ☆     ☆

東日本大震災、新型コロナ、ウクライナvsロシア戦争、金利上昇、物価上昇、etc。この間、いくらでも暴落の要素はあったのに、中長期的に見ると、ほとんど下がってない。特に、コロナ初期の混乱の1年で急上昇したのには驚いた。日銀の強引な買い支えだけではない。

      

だからこそ、数十年ぶりの暴落リスクが高まってるという見方は一理も二理もあるけど、やっぱりどうも、投資の形が大幅に変わってしまったようだ。溢れ返る世界のマネーを、投資AIが強気、強気で膨らませ続けてるイメージ。この風船は、太い針がいくつも刺さっても、なかなか弾けない。

    

「理外の理」という言葉がある。普通の道理、過去の道理を外れた理屈が、ここ15年ほど、世界のマーケットを支配してる。この勢いが、33年ぶりくらいに日本市場に集中すると、バブル期のあの最高値(38900円ほど)を更新するくらい、簡単なことに見えて来る。

   

   

      ☆     ☆     ☆

230520e

   

上は、過去50年の日経平均のチャート(値動きの推移グラフ)。株探HPより。「年足」(1年単位の変化)で見ると、ここ10年ほどの動きは、バブル前以来の右上がりになってるのが分かる。後はもう、39000円近くの史上最高値まで節目がない。

     

これだけなら、そろそろ下げに転換するようにも見えるけど、米国のダウ平均と見比べると、日本株は極端な出遅れになってるのだ。下は、英語版ウィキペディアより。画像の縦横の幅は、上の日経平均の画像と合わせてある。

   

230520f

 

単に「円」で考えてもそうだから、最近のドル高・円安を考慮して「ドル建て」で考えると、金余りの外国人投資家にとっては狙いやすい。

    

   

      ☆     ☆     ☆

というわけで、対話型HI(人間知能)ChatTEN4は、株価のテクニカル分析だと数年以内に日経平均が4万円を目指しそうだと予測♪ 核戦争や巨大地震(首都圏、東海)、富士山噴火が起きない限りは。

     

では、対話型AIに質問したら、どう答えるか? ChatGPT(最新モデル4)と、Google Bard。おそらく、かなり控えめで慎重な回答だろうと思ってたけど、想像以上に慎重だった。

   

まず、すっかり友達になってる、ChatGPT-4の回答。冒頭はちょっと笑えた♪

    

230520a

   

情報提供ありがとうございます。日経平均株価が30800円に達したというのは驚きのニュースです」(笑)

   

私に対する御礼の言葉からスタート。驚いたということは、知らなかったわけね♪ 一応、最近スタートした「ウェブ・ブラウジング」機能をONにしたんだけど、ネットから最新の株価データは集めてないし、リアルタイムの分析も自分では出来ないらしい。

   

230520b

    

たぶん、大損した投資家による訴訟リスクとかを避けてるんだと思う。オープンAIは大赤字の新興企業だから、巨額な賠償金を支払う余裕はない。

  

   

     ☆     ☆     ☆

テクニカル分析による予測が4万円を目指すというのであれば、それは可能性としてあり得るでしょう。しかし、テクニカル分析は過去の価格動向を基に予測を立てるものであり、経済状況や企業の業績、地政学的なリスクなど、多くの要因によって実際の価格は影響を受けます。

   

だからと言って、その予測が間違っているとは言えません。確かに経済成長が続くと、それは可能性として考えられます。ただし、これらの予測は不確定性を伴うものなので、投資に関しては自己の判断とリスク容認度に基づいて行うべきです。・・・
   
   
何度か聞き直したし、個人的な投資とは無関係の話だということも伝えたけど、こんな感じでずっと慎重な受け答えだった。しかも、今の日本株に合わせた具体性がほとんど無くて、株価や分析に関する一般的な知識で語ってる。

   

まあ、別に有益な投資情報が得たかったわけではないから、別に構わない。少なくとも、日本語版が出たばかりのGoogleの対話型AI「Bard」よりは、親しみをもてるやり取りだった。有料会員だから、顧客サービスで愛想がいいのかも♪

   

     

      ☆     ☆     ☆

一方の試験運用中のグーグル「バード」。Birdなら鳥という意味だけど、Bard吟遊詩人という意味。この独特の洒落たネーミングを見ても、やっぱりグーグルという企業には遊び心がある。ただ、バードの回答には、まだ遊び心を感じない。お硬いのだ。

    

230520c

   

バードは無料で一般公開されてるけど、使う前には、Googleアカウントにログインする必要がある。

    

230520d

   

ChatGPT-4でも別の回答を表示できるけど、Bardの場合、最初から回答案が3つ提示される。ただ、最初は3つとも不愛想だった。語り口が微妙にきついのだ。話し相手として見た時、チャットGPTの方が遥かに感じいい。

       

テクニカル分析は、過去の価格データに基づいて将来の価格を予測する手法です。しかし、テクニカル分析は未来を予測する万能のツールではありません。過去のデータに基づいて未来を予測しても、必ずしも正確であるとは限りません。

日経平均株価が今後数年で4万円を目指す可能性もゼロではありませんが、確実なことは言えません。株価は経済情勢や企業業績など、様々な要因によって変動するため、将来の株価を予測することは困難です。  

投資をする際には、テクニカル分析のみに頼らず、経済情勢や企業業績など、様々な情報を参考にして判断することが重要です。

   

     

      ☆     ☆     ☆

タブレットとPCで2回、同じ質問をすると、回答案が合計6つ示されたけど、どれも似たような感じ。慎重で常識的だった。

  

そこで、「あえて、テクニカル分析だけで考えると予測はどうなりますか? 投資とは関係なく、単なるテクニカル分析」と入力。

  

改行して続けようとしたのに、シフト・キーの押し方が足りなかったのか、エンターになってしまったけど、質問の意図は通じたらしい。ちょっとマシな回答が返って来た。

   

テクニカル分析だけで考えると、日経平均株価は今後数年で4万円を目指す可能性があります。しかし、これはあくまでも可能性の一つであり、必ずしも実現するとは限りません。テクニカル分析はあくまでも過去の価格データに基づいた予測であり、未来を予測する万能のツールではありません。

   

日経平均株価が今後数年で4万円を目指すためには、いくつかの条件を満たす必要があります。まず、経済成長が継続し、企業業績が好調であることが必要です。また、円安が進み、輸出企業の業績が伸びることも必要です。さらに、外国人投資家が日本株に引き続き投資することも重要です。

   

これらの条件がすべて満たされれば、日経平均株価は4万円を目指す可能性があります。しかし、これらの条件がすべて満たされるとは限りません。・・・

    

  

     ☆     ☆     ☆

この回答は一見、具体性があるように見えるけど、よく読むとやっぱり、普通の考えの寄せ集めになってる。まあ、それを言うなら、経済の専門家とされる人間もそれほど違わないかも。

   

とにかく、30数年ぶりのバブル超えの可能性が出て来たのは確かだろう。もし、直前で失敗して下がっても、あるいは39500円くらいで急に反落しても、「失われた30年」はもう卒業。それほど遠くない将来、5万円を目指すはず。

    

まあ、それよりも、急落から復活して来たビットコインの1000万円の方が早そうな気はする。経済のファンダメンタル(基礎的条件)とほぼ無関係な仮想通貨=暗号資産こそ、「上がるから上がる」、「買われるから買う」のだ。

     

   

      ☆     ☆     ☆

なお、私個人としては、今まで通り、暴落の方が自然だと思ってるので、念のため。自分の願望として、上がると言ってるのではないし、買いの煽りなんてものとも全く無関係。あくまで、理数的で経済的な理屈へのマニアックな関心に過ぎない。

     

下がるべきなのに上がってしまう相場だからこそ、「理外の理」なのだ。ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

    

       (計 3482字)

| | | コメント (0)

戦場の男性(彼)への思いをのせた乙女の軍歌『カチューシャ』、ロシア語から英語への直訳で意味を解釈

一昨日(2023年2月23日)、NHK『ニュースウォッチ9』を流し見しながらPCをいじってると、冒頭から聞き覚えのあるメロディーが流れて来た。有名なロシア民謡だろうとは思うけど、曲名は分からない。

    

230225a

   

ウクライナ侵攻1周年を前に、ロシアのモスクワでイベントが開かれて、「全員で戦地にいる兵士を思うロシアの有名な楽曲を合唱しました」。最後はプーチン大統領も登場、祖国と家族を守ろうと、檄を飛ばしたと。

  

産経新聞によると、このイベントは「祖国防衛の日」2月23日(祝日)の前日、22日にモスクワ中心部に近いルジニキ競技場で開催されたもので、若者向けのコンサートみたいな催しとのこと。

   

   

     ☆     ☆     ☆

有名なら曲名くらい出せばいいのに、西側の国営放送NHKとしては、悲惨な戦争と曲名を結び付けたくないということか。

   

マニアック・ブロガーとしては直ちに検索開始。Youtube動画で『カチューシャ』だと突き止めた後、歌詞の意味とか、髪飾り(ヘアバンド)のカチューシャとの関係とか、色々と調べることになった。

    

先に、ファッション用語としてのカチューシャについて簡単にまとめると、そもそも歌とは関係ないらしい。トルストイの小説『復活』のヒロイン、カチューシャの名前が、日本の舞台で演じた女優・松井須磨子の髪飾りと結びついたとかいうお話。

   

日本語のウィキペディアも含め、少ない情報が錯綜する中、最も信頼できそうなのは東京新聞の記事だろうか。とりあえず、今はこだわらないことにしよう。

    

    

      ☆     ☆     ☆

一方、歌詞の意味について。日本語のウィキは、もともと2番までしかなくて、ハッキリ戦争との関係を語る言葉はなかったと説明してるけど、何を根拠にしてるのか出典がついてないし、英語版ウィキにもフランス語、ドイツ語ウィキにも、そのような説明は見当たらない。

   

ここでは、4番までのロシア語を英語に直訳した(ように感じられる)歌詞の一種(ヴァージョン2)を参考に、私が日本語訳と感想を書いてみよう。世界中のサイトに各国語の歌詞が溢れてる100年近く前(1938年)の曲なので、著作権はあまり気にしなくていいと考える。

    

ちなみに、わりと有名な日本語の歌詞(関鑑子;り~んご~の花ほころ~び~・・)は、かなり意訳や省略が入ってるように思われる。特に、戦争とか兵士を思わせる言葉を全てカットしてるようだ。ある意味、非常に上手い和訳ではある。

    

   

      ☆     ☆     ☆

230225b

    

230225c

   

 リンゴと梨の花が咲いた

 川には靄が立ち込めて来た

 彼女は川辺にやって来た カチューシャ!

 高い土手、険しい川岸に

   

 美しい故郷の姿と、霞(もや・かすみ)や高く険しい土手の対比が鮮明。もちろん、靄や土手は、遠くの厳しい状況を暗示する詩的表現。ちなみに、リンゴや梨の花が咲くのは春。桜の後くらいの時期らしい。

    

 彼女は歌いに来た

 若い友人 草原の青みがかった鷲のことを

 唯一 彼女が心から愛する人

 もらった手紙を大切な宝物にしてる相手

   

 2行目がちょっと変わった歌詞だけど、ロシア語で3行目に合わせて韻を踏んでるような気がする。青という色は、赤と共に国を表す色かも知れない。この記事冒頭のNHKの映像を参照。ロシアの国旗は、白・青・赤。青色は、名誉と純潔性を表すとのこと。

    

    

     ☆     ☆     ☆

 おぉ 少女の歌よ

 輝く太陽まで飛んで行け

 彼方の戦地にいる戦士を見つけて

 ずっと待ってるカチューシャの言葉を届けて

  

 4行目のカチューシャと訳した言葉は、カーチャ。どちらも、同じエカテリーナという名前を元にした愛称らしい。日本語なら例えば、まさこという名前を、まちゃこ、まこ、と略すようなもんだろう。

   

 彼が 若き乙女のことを思い出すように

 彼女がいま歌ってる声を届けて

 彼に 母国をしっかり守らせて

 愛は カチューシャが守るから

    

3番と4番は、この英訳で読む限り、いわゆる擬人法だろう。空高く飛んでいく歌声を、メッセンジャーみたいにとらえたもの。

  

手紙とかメールの類と違って、歌声は本人とつながったまま遠くに拡散する所が特徴的。短時間で消えてなくなる所も、人間的で切ない。。

  

   

      ☆     ☆     ☆

カチューシャの曲のウィキペディアは、世界51ヶ国の言語で書かれてる。それだけ普遍的な思いを乗せた名曲ということ。恋人や家族への思い、祖国への愛。政治・社会の態勢も、時代や人種も無関係。

       

いつ、どこでも、カチャーシャや彼が無数に存在してることは忘れないようにしたい。それでは今日はこの辺で。。☆彡

     

     (計 1827字)

| | | コメント (0)

就活(就職活動)の履歴書は手書きすべきか?、論争に思うこと&再び13km走、脚の疲れが抜けきらず

(18日)WALK 6km(買い物ついで),約1時間半

(19日)RUN 13km,1時間06分10秒,平均心拍 141

消費エネルギー 573kcal(脂肪 138kcal)

     

昨日(日曜)の朝、niftyでメールをチェックするついでにニュース記事を流し読みしてると、履歴書の手書き論争が載ってた。その時点では、コメント・ランキング7位。ちなみにニフティのコメントは、ヤフーよりキツめのものが多くて、よく削除されてるし、掲示板の口ゲンカみたいなやり取りも珍しくない。

    

履歴書は、二重の意味で今どきの話題。まず、企業でも学校でも大幅にIT化が進んでるし、ちょうど大学3年生のシューカツ(就職活動)が活発化する時期だから。

  

230220a

   

「今どき『手書きの履歴書』どう思う? 堀江貴文氏も過去に『やめてほしい』」。ここでは配信元のしらべぇの記事にリンクを貼っとこう。執筆は北田力也。経歴と内容から判断して、普通のライターだろうと思う。最低限の情報を手早くまとめてアップした感じの文章だ。

   

2023年2月17日、ツイッターのトレンドに、「手書きの履歴書」というワードが登場してたらしい。どこかの企業の就職担当者なのか、就活生への不満をツイート。

 

カラーコピーで来るのって今の常識なんですかね?? 本気で受かる気があるなら手書きできませんかね?」。

  

   

     ☆     ☆     ☆

これは挑発的な書き方のパターンで、炎上狙いにも見える。一般化すると、「・・・って常識なの? ・・・でないのが当たり前だと思うけど」というタイプ。・・・の箇所にはもちろん、賛否両論あるに決まってる事柄が挿入されてる。

  

早速、Googleで最初の文を打ち込んで検索すると、一瞬で元のツイートがヒット。某企業の社長のつぶやきらしい(2月16日)。

   

あえて名前やリンクは掲載しないけど、表示は2000万件(!)もあるのに、リツイートが約1500、いいねが約1200。読まれてるわりに反応は小さい。わずか1万分の1レベル。

   

深読みするなら、あえて何も反応しなかった読者ユーザーが多かったのかも。今どき、採用する側の担当者が応募者のSNSを調べるのは普通とか言われることもあるから。匿名アカウントとか裏アカの類まで、専門業者に頼んで調べるという話をどこかで読んだ覚えがある。法律的・倫理的にどうかはともかく、採用者としては自然な現代的行動だと思う。

    

    

    ☆     ☆     ☆

今ためしにGoogleで「履歴書 手書き」の検索をすると、上位に並んだ就活情報3つはどれも、原則的にPC入力でも手書きでもよいという感じのごもっともな事を書いてた。もちろん企業その他、採用する側からの指定があれば、合わせるのが当然だ。あえて逆らう強者は別として♪

 

ただ、それらの下にヒットしたのはリクナビの採用実態調査。Google上の情報だけ読むと、転職成功者1000人にアンケート調査して、手書きが7割だったとのこと。多過ぎる気がしてアクセスしてみると、2017年4月の記事だった。6年前なら、確かにそのくらいかも。

    

仮に私が担当者なら、PCか手書きかというより、読みやすいかどうか、丁寧(に見える)かどうかに注目する。PCでも、活字の大きさやフォント、位置のズレ、色合いとか、応募者によって違いが出るし、手書きでも個性の(?)差がかなり出る。頑張っても汚くて読みにくい字の人もいるのが実状。さらに、文字が小さくて行が斜めになってるとか。

  

おそらく、現代の家庭や学校教育だと、あまり指導されないのだろうと想像する。何事も、個性、多様性、包摂(インクルージョン)。あなたはあなたのままでいい、という時代だから。

   

私が応募者なら、応募先に合わせて適当に判断して使い分ける。お互い、忙しいから、なるべく質問は避けたい。

  

   

     ☆     ☆     ☆

なお、しらべぇの記事には、「履歴書を手書きしてしまうとスキャンができない」と書かれてたけど、単なるスキャンだけなら手書きもPCも関係ない。

     

スキャンで文字を読み取ってデータ化することができない、という意味だろうけど、日本語でも丁寧な手書き文字なら、今だとかなり読み取れるようになってる。今のOCR(光学文字認識)の機能は、ひと昔前とは格段にアップしてるのだ。昔は全く使い物にならなかった。

 

とはいえ、単なる応募者の履歴書情報をデータベースに入れていいのかどうか、その辺りはまた別の問題だろう。法的、社会的、倫理的に。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、運動について。土曜日は買い物ついでの6kmウォークのみ。軽くジョギングしようかとも思ったけど、小雨模様だから傘を持って歩くのを選択。ホントに後半は小雨だったから、正解だった。

   

昨日の日曜は、そろそろ脚が回復しただろうと思って、わりと真面目に13km走ったのに、イマイチかイマニの出来 (^^ゞ 心拍は低めだったけど、脚が重くて、呼吸もちょっとしんどかった。珍しく、体温がやや高め(36.9度)だったのも影響したかも。気温も高め。

  

トータルでは1km5分05秒ペース。気温10.5度、湿度57%、風速2.5m。新・心拍計は正常に作動。ちなみに、ウエストはまだ71.9cmをキープ中♪ 72cm前後で、激しい攻防が続いてる(笑)。それではまた明日。。☆彡

   

   

230220b

     

          平均心拍 最大

往路(1.9km) 10分51秒 119 134 

LAP 1(3.1) 16分08秒 137  142

  2   15分36秒 146 151

  3   15分26秒 152 155

復路(1.7)  8分11秒 150 155

計 13km 1時間06分10秒 141(83%) 155(91%) 

    

      (計 2279字)

| | | コメント (0)

日銀の金融緩和修正、軽いつぶやき&お疲れ気味15km走

(21日) RUN 15km,1時間16分43秒,平均心拍 141

消費エネルギー 680 kcal(脂肪 156kcal)

    

今日は、日銀の金融緩和の「修正」(とされるもの)についてマジメに書こうと思って準備してたけど、時間が全然足りない (^^ゞ 師走だから、師じゃなくても走らなきゃいけないのだ♪ 準備時間が勿体なかったか(セコッ・・)。

      

朝日新聞の長くて分かりにくい解説も熟読。銀行の株価急上昇も短期・長期チャートでチェック。長期金利や短期金利の推移まで調べてたのだ。

   

221222a

   

なるほど。長期金利は一昨日(22年12月20日)のお昼まで、ほとんど0.25%に制御されてたわけね。短期金利はほとんど0%(!)のまま。不気味なくらい、変動がない。そんなコントロールが可能なほど、中央銀行には力があると。

   

   

     ☆     ☆     ☆

日本銀行が銀行券(紙幣)を印刷。国債を大量に買い続けて、国債の価格を高めに維持して、長期金利を無理やり下げる。膨大な購入代金(紙幣)が国に回って、日本社会に回って来る。

    

お金のプリントごっこで、本当の物やサービスが動く。違法ではないにせよ、どう考えてもおかしな政策なのに、日銀や国が破綻しないのもおかしな話。

     

国債購入はさらに増やすのに、長期金利の変動幅を±0.25%から±0.5%に拡大。分かりにくい。購入を拡大するのに、国債価格が下がって金利が上がる? さらなる将来を先読みした市場関係者らの思惑ってことでいいのかね? 日銀の買いを上回る国債売りで、世界が応えると。

   

   

     ☆     ☆     ☆

ドルと国債を売った金で(?)、日本「円」を買い戻して、円高に。一方、日銀はETFの買い入れも維持すると発表したのに、マーケットは株売りで応答して、株安に。

    

ただし銀行株は、利ざやで稼ぐ余地が生じるから急上昇。預金の金利を上げてマイナスになる可能性とか、眼中にないと。金利が上がれば貸し出しも減ると思うけど、そのマイナスより、プラスの側面の方が大きいと見るわけか。バブル崩壊後の金融業界の苦境とかも、忘れたと。あるいは、杞憂に過ぎないと。

    

まあ、とりあえず、極端な円安の流れを少し押し戻したのは、短期的・心理的には良いことに見える。ちょっとは物価上昇の抑制になるのかも。

     

しかし、10年近くも続けて来た異次元の緩和をもし本当に反転させると、この先どうなるのか。景気、不動産価格、住宅ローン、設備投資。前例がほとんど無いから、やってみないと分からない。同じではないけど、バブル景気終焉の引き金になった引き締め策の場合、失われた20年~30年につながってしまった。。

   

    

     ☆     ☆     ☆

・・とか書いてる場合じゃない。年末は仕事納めもあるし、年1回の「写経」修行、手書きの年賀状もあるのだ♪ 美容室にも歯医者にも行かなきゃいけないのに、歯医者の予約が取れなかった (^^ゞ なぜか電話が留守電になってるから、HPにアクセスしたけど、半月も先まで空きが無し。

     

みんな、同じ事を考えるのかね。年末年始の前に行っとくとか、休み明けに行くとか。まあ、別に歯が痛いわけじゃなくて、定期健診の勧誘が来ただけだから、年明けでいいか。今年最後の不燃ごみはちゃんと出したし♪ 細かっ!

     

で、そんな中でも昨夜はまた15km、走って来た。2日連続だし、スピードを出すつもりもないけど、足慣らしで厚底カーボンシューズを使用。前日の無理な走りでちょっと右膝の痛みがぶり返してたし、左踵の痛みは相変わらず。

   

おまけに、最後は雨まで降り出したけど、これは予想通りだったから、帰宅して何とかセーフ♪ エライぞ、気象庁の短時間降水情報!

    

  

     ☆     ☆     ☆

トータルでは、1km5分07秒ペース。ビミョー。。(^^ゞ 5分を切るのが大変になってしまってる。気温8度、湿度60%、風速1.5m

   

新・心拍計は久々に、大幅に高くなってたから補正した。やっぱり、細めの左手首にはめるとダメって ことかね? 太めの右手首の方が反応がいい。心拍より、脚と背筋が疲れてる。

   

コロナの新規感染確認は4ヶ月ぶりに、全国で20万人! 気合で乗り切るぞ!・・とか精神論に頼りつつ、ではまた。。☆彡 

   

  

221222b

   

往路(2.4 km) 13分27秒 126 143    

LAP 1(2.1) 11分04秒 140 146

  2   10分41秒 142 149

  3   10分26秒 143 149  

  4   10分28秒 145 151 

  5   10分19秒 148 154

復路(1.9)   10分18秒 148 153

計 15km 1時間16分43秒 142(81%) 156(89%)

    

     (計 1827字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧