雨の下り坂、自転車ロードレースで学生が転倒、死亡・・&3年ぶりに多摩川下流、道路が激変してた

(4日)BIKE 25km,1時間15分,平均心拍 106

消費エネルギー 400kcal(脂肪 200kcal)

      

ここ2ヶ月ほど、乗鞍ヒルクライムがらみで自転車の記事を閲覧することが多かったから、Yahoo!のパーソナライズ(個人化)機能が自転車の記事をお勧めしてくるようになった。

   

ランニング・マラソン関連の記事を読むことの方が遥かに多いのに、そちらはあまりお勧めして来ない。たぶん、自転車関連の方がお金が動くからだと思う。自転車自体も高価だし、用品も非常に多い。広告で稼ぐポータルサイトとしては、自転車記事の方が広告と紐づけしやすいんだろう。実際、トップページでよく自転車関連の広告が表示されてる。

   

似たような話だと、将棋の記事もよく検索して読んでるのに、あまりお勧めして来ない。Yahoo!にとってはほとんど(orあまり)利益がないからだと思う(個人の推測)。

   

    

      ☆     ☆     ☆

さて、昨日のYahoo!ですぐ目に飛び込んで来たのは、自転車の死亡事故。鹿児島県で行われたインカレ(全日本大学対抗選手権)の男子個人ロードレースで、法政大学1年・塩谷真一朗選手が死亡。ドクターヘリでも救命できず。他に3人が病院搬送で、合計13台が転倒。

      

私も3年ぶりの自転車で、高速の山下りがちょっと怖かったから、直ちに関連する記事やサイトを飛び回ることになった。ランニングと比較した時、最大のデメリットは事故の多さだ。運良く事故らなくても、かなり怖い。自分の転倒もあるし、自動車との衝突もある。

   

220905a

  

上は、鹿児島ニュースKTSより。やっぱり、地方のニュースは地元メディアの方が詳しいことが多い。これも、動画に加えて、正確な事故現場の地図まで表示してあった。

  

写真の奥から手前へと、左カーブを走って来たらしい。県道563号線で、根占自転車競技場から1kmほど北西に進んだ辺り。

  

220905b

   

日本学生自転車競技連盟(JICF)の公式サイトのコースマップを見ると、ほぼ下りで2km以上続く坂道の途中。雨で路面が濡れてたとはいえ、先頭集団だと時速40km以上か。南日本新聞社は時速80km(!)という証言を掲載。24.2kmの周回コース(6周)で最大速度になる区間の真ん中あたりになる。

     

220905cr

   

       

     ☆     ☆     ☆

雨が断続的に降っていたと報道されてるが、どのくらい降ってたのか、気象庁のデータで調べてみた。一番近い観測所(鹿屋:かのや)で、2022年9月4日の午前の降水量を見ると、下の通り。少し強めに降った直後の時間帯くらいか。)時が2mm、10時が3mm。事故発生は11時。

   

220905d

    

もちろん、事故のリスクは、選手も運営サイドも覚悟の上。誓約書には、「競技者が原因で発生した事故に関しては自分で責任を負わなければならない」と明記されてる。といっても、原因が何かというのは、裁判でも大きな争点であって、簡単に決められるものではない。原因という概念は、科学的にも哲学的にも複雑で難解。

     

220905e

   

その後、このレースがどうなったのかをリザルトで調べてみると、一応最後まで行われてたけど、大部分の選手がDNF(フィニッシュせず)になってた。チーム・大学の判断にせよ、個人の判断にせよ、自主的に中止した選手が多かったということか。

   

ともあれ、明日は我が身。地方の雨の下り坂より、首都圏の幹線道路の方が危ないかも。私も気を引き締めたい。合掌。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、丸3年間も自転車を放置してた小市民は、乗鞍ヒルクライムを上手くクリアした後、今度は多摩川に出かけてみた。

  

220905g

   

日曜日の朝。これまた3年ぶりだし、前夜に10kmジョグでヘロヘロになった後だから、上流の定番コースを走る余裕はなし。短い下流側のコースに向かった。往復の幹線道路が特に危ないから、ビンディング・シューズは使用せず。買ったばかりだからなのか、固定金具が固くて外しにくい。

           

川に着いた後、恒例の写真をスマホで撮ろうとしたら、電池が残り少なくて、カメラが起動せず (^^ゞ シャープのスマホ、AQUOS sense3 liteは、電池のもちは悪くないけど、カメラ機能の設定か設計が弱いのだ。iPad Proなんて、電池切れギリギリまで撮影可能なのに。

   

  

     ☆     ☆     ☆

どうせ天気は悪くて曇り空だったし、撮影はあっさり諦めて、安全走行に専念。川崎側の道の横に、ファミリーマートが2件もあった。昔は1件も無かったけど、いつの間に出来たのかね? サイクリングロードの道幅も広くなってて、かなり走りやすくなってる。

  

ただ、驚いたのは東京側の道で引き返す時。以前とまったく道が違うのだ。間違えたのかと思って、しばらくキョロキョロしたけど、元の狭い遊歩道みたいなものが無くなってる。無理やり通った細い道は、幅1mくらいで草も茂ってて論外。

   

こんなに変わったの?・・とか思いつつ、後ろから来る自動車に追われるようにして、片側1車線の道を真面目に走ってると、あっという間に二子玉川駅まで着いてしまった。

 

まあ、自転車にとっては走りやすいけど、どうなのかね?(^^ゞ 散歩してた住民の反対運動は無かったのかな? 要するに、災害対策ってことだろうけど、単に川の増水が怖いだけなら、川から離れた場所に住めばいいだけのこと。何であんな道になったのか、今後の研究課題としよう♪

   

とにかく、3年ぶりの多摩川プチ遠征は無事に終了。信号だらけで、しかも真面目に守ってるから、平均心拍は歩くような低さになってしまった。速度(ペース)の測定グラフは、遅すぎるし変化が激し過ぎて変。それでは、また明日。。☆彡

   

    

220905f

    

      (計 2275字)

| | | コメント (0)

東京マラソン、期待せずにエントリー&22年8月の全走行距離

Instagramになぜか登録できないのも不便だけど、東京マラソンのエントリーもなかなか出来ない (^^ゞ もう疲れた。過去、いろんなメールアドレスを使ってる内に、ONE TOKYO(メンバー制の会)の登録状況が複雑骨折してるようなのだ・・とだけ書いとこう♪

     

東京マラソン2023は、来年3月5日の開催。まあ、どうせ抽選倍率12倍くらいなんだろうから、当選する確率は低いけど、毎年エントリーし続ければ、いずれまた当選するはず。15年以内には(笑)。長っ!

       

あと15年? 流石にそれはどうかね (^^ゞ あと5年なら何とか大丈夫だと思うけど、15年後にフルマラソンは流石にしんどいかも。

    

まあでも、その頃にはハーフの部門が出来てるかも知れない。でも、15年後にハーフ21.0975km? それもまたビミョーかも (^^ゞ 10kmでいいか♪

  

   

      ☆     ☆     ☆

しかし、先日の自転車の乗鞍ヒルクライムでは何と、男性の最高齢が89歳!☆ ヒェーーーッ。。 来年は90歳♪ たぶん、100歳の大記録も狙ってるはず。女性の最高齢でも73歳! 事故のリスクは大丈夫なのかね? 自転車の場合、特に山下りが危ないんだけど。

  

とにかく、東京マラソンの一般エントリーの抽選発表日は、10月4日。どうせ落ちるだろうから、また1人フルマラソンかな? はじめての10kmレースなんてのも、いいね♪ 

   

それより、人生で一度くらい、トライアスロンに出場してみたいと思い始めたんだけど、その話はまた来年♪ 今年の「夏は終わった」のだ。調べてないけど、常識的に考えて、トライアスロンは夏の競技でしょ(個人の感想♪)。

    

はじめてシリーズがマイブームなのだ。いずれにせよ、そろそろランニング・シーズン再開なのであった。

      

   

     ☆     ☆     ☆

その前に、まずは夏(8月)の走り・・じゃなくてスポーツの総まとめ。そう。ランやバイク(自転車)で走る以外に、とうとうスイムが登場したのだ。

  

エポック・メイキング(画期的)だね。いや、ピンタレストのAIお勧め画像をボーッと眺めてたら、エポック社のおもちゃが出てたもんで。あの変な顔した男性乗組員ね。そりゃ、スポックだろ!

   

で、8月の全走行距離・・じゃなくて全運動距離は、

 

 RUN 78km ; BIKE 537km ; SWIM 0.65km

   

   

      ☆     ☆     ☆

パチパチパチ \(^o^)/ コロナ前の2019年より、ちょっと少ないけど、スイム(水泳)が新登場したのが注目ポイント。ブレイク・スルー!

    

試しに、バイク(自転車)の距離に換算してみると、私の場合、ランは3.5倍で計算。78×3.5=273km。

  

スイムは50倍(笑)と言いたいけど、百歩譲って、20倍換算。0.65×20=13km。

  

∴ (バイク換算距離)=273+537+13=823km

   

  

     ☆     ☆     ☆

アレッ? 823km? イマイチかイマニかイマサンかも (^^ゞ 全盛期は1300kmくらいに到達してたはず。そうか。脳内の目線、基準値が大幅に下がってるわけか。

  

まあでも、今年は信号待ちがないエアロバイクを真面目にこぎ続けたから、2割増しくらいで考えれば、なかなかの健闘だろう。ずっとテレビ見てたけど♪ 不真面目だろ!

   

心肺負荷状況(カーディオ負荷ステータス)の折れ線グラフは、8月の終盤だけトレーニング不足になってるけど、これは新・心拍計が電池切れだったから・・・というのはちょっと苦しいね (^^ゞ 自転車関連で時間を取られてたもんで。結果的には、いい休養になったと思う。レースは予想外の出来だったから。3年間も放置してあの結果なら、大満足。いいね♪

   

今月からまたラン・シーズンだけど、2回くらいは本物の自転車に乗りたいと思ってる。手間ヒマかけたのに、ほとんどレースだけになってるから。それでは、また明日。。☆彡

   

    

220902a

   

220902b

   

220902c

    

       (計 1547字)

| | | コメント (0)

はじめての1人トライアスロン(もどき♪)、スイム&ラン&バイクで合計10km

SWIM 250m ; BIKE 8.05km ; RUN 1.7km

WALK 3km

   

またしても、ブレイク・スルー! 素晴らしいね、自己満足の度合いが(笑)。そこか! ナルシシズムは人間の人格の基本なのだ。

    

いやぁ、トライアスロンはもう一生、縁が無さそうだなと思ってたけど、急激に身近なものになって来た。これで水泳の距離を伸ばせばいいんだな。あと、クラゲに強い皮膚にすると♪ どうやって?!

   

そう。クラゲに刺されるのも、サメやイルカに咬まれるのも嫌だから、プールで泳ぐ短いトライアスロンとかが、いいね♪ 数年前に、そうゆう大会があるのを見たのだ。

  

まあ、プールのコースが「密」になるから、それはそれでビミョーだけど。蹴られても平気な身体を作る必要がある(笑)。格闘技か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

220831a

  

ジャーン!(死語♪)。本日(31日)、スイミング、インドアサイクリング、トレッドミルランニング。イラスト(ピクトグラム)が分かりやすくて、いいね。ポラール心拍計のサイトの表示だ。

   

先週ようやく、インドアとかトレッドミルという選択肢があるのに気づいた♪ ちなみに、インドアサイクリングの絵の後輪の下に付いてる小さい丸2コは、ローラーを横から見た様子を表してる(細かっ・・)。

  

ジムには無いけど、自宅でローラー2つの間に後輪を乗せて練習してるサイクリストは珍しくない(競技に出る人)。前には進まず、ローラーが回転。私も昔、乗鞍でIさんのローラーを借りてやってみたことがある。最初は上手く出来ないけど、すぐに出来るようになって、ちょっと面白かった。

   

   

     ☆     ☆     ☆ 

とにかく昨日、十数年ぶりに水泳をやったから、今日は、はじめてのトライアスロンに挑戦☆ 早っ! もちろん、まだ長く泳ぐのは無理だし、そもそもジムの場合は水着の着替えとかにも時間がかかるから、本当の競技みたいにはできない。

   

でも一応、順番は本番と同じにしてみた。スイム→バイク→ラン。今年の24時間テレビで、子役の村山輝星(きらり)がクリアしたのは、オリンピック・ディスタンス(五輪などの距離)。スイム1.5km、バイク40km、ラン10km、合計51.5km。

  

私が今日こなしたのは、スイム0.25km,バイク8.05km,ラン1.7km、合計10km。しかも、途中でたっぷり休憩してる♪ あくまで、1人トライアスロン(もどき)にすぎない。観客の声援が無いどころか、スタッフにまた注意されてしまった(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

まずは、スイム。また例の美人スタッフがいるかなと期待したら、フツーに男性だった♪ 内心、ガッカリしつつ、「こんばんは!」と明るく挨拶するのが、大人の流儀♪

   

クロールはしんどいから、平泳ぎ中心にしようと思ってたら、平泳ぎの途中で左肩が痛くなってしまった。まあ、十数年ぶりにいきなり連日、真面目に泳ぎ出したんだから、肩が悲鳴を上げるのも当然。平泳ぎにせよ、クロールにせよ、普段まったくない肩の動きを使ってる。

   

で、肩が痛いから、早めにクロールに切り替えたけど、それはそれで左肩がちょっと痛いから、かばいながら泳ぐハメになった。それでも、前日よりはかなり余裕。そもそも、まだバイクとランが残ってるから、疲れてる場合じゃない。

   

水泳はやたらしんどくて息が荒れるけど、心拍数はまだ低い。要するに、息つぎの問題なのだ。クロールは泳ぎ方を動画とかで研究して、かなり練習しなきゃダメだね。

   

220831b

   

   

      ☆     ☆     ☆

250m泳いだ後、ちょっと意外な注意をスタッフから受けたけど、書かないことにしよう。ピンポイントで場所が特定されるローカル・ルールかも知れないから。

   

で、シャワーをサラッと浴びて、着替える前に、水着をどうにかしなきゃいけない。タオルは持ってるけど、水がポタポタと床に落ちてしまう。キョロキョロすると、袋を発見。・・と思ったら、袋のそばに、水着の脱水機もあった。実に素晴らしい! 昨日は床を濡らしてしまったのだ (^^ゞ 他の客ともめなくて良かったね・・とだけ書いとこうか。ゴニョゴニョ♪

   

エアロバイクは休憩みたいな手抜きだったけど、水泳の後でも何とかなりそうな感触だった。レベル10で2分回した後、レベル11でちょっと回転数を高めにして14分ちょっとかな。

  

それで8.05kmだから、スイムと合わせて8.3km。本当はバイクは7.75kmの予定だったけど、クールダウンしながら回し続けてたら、すぐ8km超えてしまったわけ。

  

220831c

   

   

     ☆     ☆     ☆

軽くて短いバイクだと、あんまし汗をかかないから、準備も後始末もラク。ただ、給水のドリンクを用意してないから、ノドが乾いてしまった。財布はロッカーに入れたままだったから、自販機で買うこともできない。

  

まあ、残りちょっとだからガマンして、ランニングマシンへ。こんな短いマシン・トレーニングでも、しっかりテレビは見た♪ いや、折角の設備投資なのに、見ないともったいない気がして♪

   

最後のランでどのくらい疲れてるか、想像がつかなかったけど、意外と平気に走れた・・と思ったら違ってた(笑)。時速10kmで400m、時速11kmで400m。時速12kmで400m。時速13kmで200m。時速14kmで100m。時速11kmで100m。時速10kmで100m

  

フーッ、終わった・・と思って、赤い終了ボタンを押した後、やっぱり疲れてたようで、完全に力を抜いてしまった。すると、ベルトはまだ止まってないから、スルーっと後ろに運ばれて、床に落とされてしまった (^^ゞ こんなの、初めて~~。

   

空いてたけど、スタッフには後ろから見られてしまったようだ。恥ずかしい。。 まあ、美人スタッフじゃなくて男だから別にいいけど♪ 新・心拍計のグラフは、ペース表示がかなりおかしい。位置的に移動してないから仕方ないけど。

  

220831d

   

   

      ☆     ☆     ☆

というわけで、はじめてのトライアスロンは、「ほぼ」無事に終了。「ほぼほぼ」ではないけど(細かっ♪)。この2ヶ月間、自転車再開&乗鞍ヒルクライムも含めて頑張ったから、最後のご褒美はまたアイス。

  

明治エッセル・スーパーカップ・チョコミント。エネルギー表示が341kcalもあるけど、しばらくレースもないし、大丈夫でしょ。この後、チューハイもウメッシュも飲む予定♪ いや、冷蔵庫の中でジャマなもんで。言い訳か!

   

あとは水泳の距離を大幅に伸ばすだけだから、本物のトライアスロンも出来なくはないかな? 十数年ぶりに泳いで、このくらい出来れば、何とかなるでしょ(たぶん♪)。そうは言っても、左肩が痛いなとか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

    

      (計 2672字)

| | | コメント (0)

乗鞍ヒルクライム2022、コロナ禍で3年ぶりに開催、ほとんど自転車に乗らないまま気楽に完走♪

BIKE 計51km (レース 20.5km、標高差 1260m)

(前日)BIKE 9km

    

この記事を書く前に色々と調べてると、意外なことが分かった(気がする)。実は、「乗鞍ヒルクライム」という名前の大会の開催は、今回が初めて。第1回らしい。少なくとも、8月末か9月初めの乗鞍エコーライン(長野県道84号線・乗鞍岳線)では。

     

宿の部屋で、Sさんが「乗鞍はマウンテンサイクリングだから」と言った瞬間、私も含めて同部屋の人間が、「今はヒルクライムですよ」と突っ込んだ♪ そう。昔は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」という大会名称だったけど、今は「乗鞍ヒルクライム」に変わってる。

   

ただ、その切り替えが2020年に行われて、20年と21年は新型コロナで開催中止だったから、乗鞍ヒルクライムの開催は初めてなのだ。もちろん、ほぼ名前が変更されただけだから、受付で配布された大会パンフレットには「37th」(第37回)と書いてる。

  

220828p

  

ちなみにパンフレットの中身の冒頭には、大会長と実行委員長の挨拶が載ってて、どちらも乗鞍高原が「ゼロカーボンパーク」(脱炭素公園)第1号に認定されたことを強調してた。

    

確かに、自転車はゼロカーボンの掛け声にふさわしい乗り物だけど、ほとんどの人は「自動車」で参加してるし、選手も大量の二酸化炭素を排出したはず♪ ただ、私はあんまし排出してないと思う。呼吸は最後までほとんど乱れてないどころか、自分でも不気味なほど静かだったから。手抜きか!

    

   

     ☆     ☆     ☆

さて、ついでにもう一つ、あまり他の人が書きそうにない事実を書いてみよう。私は参加者で、実際に出場して完走したけど、どうも人数が少ないような気がしてた。そもそも、会場周辺や道路の車が少ないように感じたのだ。

    

公式の全参加者(エントリー)数は、3750人。定員割れとはいえ、ほぼ埋まった状況。ところが、確定版リザルト(結果)の総合ランキングを見ると、最下位は2856位。出場したけど完走できなかった選手(DNF:Do Not Finish)が約60人。

    

ということは、出場しなかった参加者(DNS:Do Not Start)が800人以上もいることになる。2割以上の人が不出場(or不参加)ということ。これはコロナの感染確認者や濃厚接触者の割合より遥かに多いから、自主的に止めた人が結構いたことになる。

  

正直、私もギリギリまでかなり迷ったけど、仲間が全員参加・出場するらしいし、3年ぶりだから、出ることに決定。レース日の夜の今現在、体調に変化はないけど、明日、明後日はちょっと心配かも。警戒しとこう。。

   

   

      ☆     ☆     ☆

では、もう疲れて寝たいから、写真中心に簡単にレポートしとこう。昔は長大なブログ記事を毎年のように書いてたけど、もうそうゆう時代ではない。今は、短いツイートや写真数枚をすぐアップして終わりにするSNS時代。

   

私が会場の乗鞍観光センターに着いたのは、8月27日(土曜)の15時過ぎ。曇り空から小雨が落ちてたけど、大した事はないし、30分ほどでほぼ止んだ。風も無いし、標高1500mレベルでも寒くない。

    

220828a

    

まず、入場に手間取るとは思わなかった (^^ゞ 3ヶ所ある出入口の内、一番マイナーな所だけを使って、テントで検温と体調チェックシートの回収を行ってたのだ。

   

ただ、残り2ヶ所の内、メインの1ヶ所は誰もスタッフが見張ってなかったから、進入禁止の赤い横棒をまたぐ人もチラホラいた。ひょっとすると、検温後の再入場チケットがあるから大丈夫という考えかも。

   

  

      ☆     ☆     ☆

中に入ると、最大のポイントが見当たらない。何と、レースクイーンがいないのだ!(笑)

   

ずっとお約束のように、2人の「乗鞍ガール」の写真を数枚載せてたのに、途切れてしまった。カメコか! あんまし、コロナと関係ないと思うけどな。実際、四輪や二輪の普通のレースクイーンは今年、わりとフツーにお仕事してるらしいし(マスクして)。

    

それどころか、ステージも無いのだ。開会式も表彰式もないからということか。コロナ対策の象徴。代わりに、勝手に写真撮影できるような小さいスポット(ボード)が2ヶ所あった。例年なら1ヶ所だけで、レースクイーン撮影会も行われてたのだ。撮影した後、「ありがとうございました♪」とお礼を言うレースクイーンの声が好きだったのに ♡ オタクか!

       

220828b

   

受付でゼッケンをもらって、隣で記念品をもらった後、10分くらい考え込んだ末に、翌日の荷物預けを行う。今年の荷物預けは、レース日の「密」を避けるため、前日(土曜)のみ。

    

預けた荷物をゴール後に受け取るのが面倒だから、預けずに、長袖シャツ1枚をボトルケージに入れて走ろうかな・・としばらく考えたけど、やっぱり寒そうだから防寒着を預けることにした。

   

これは結果的に、大正解だった。今日はゴール後どころか、登ってる最中も結構、曇天のガス(霧)で寒かったのだ。まあ、私もあんまし、熱エネルギーを出してないけど♪ 手抜きだろ! SDGsの省エネ走行と言って欲しい。

   

下は、記念品のタオル。「NORIKURA HILL CLIMB」(乗鞍ヒルクライム)と書かれたものは初めてか。

    

220828q

     

   

     ☆     ☆     ☆  

で、宿について、割り振られた部屋に行くと、中から4人の仲間がオーーーッ!と声を上げて笑いかけてくれた。既に酔っぱらってたから(笑)。そうゆう理由か!

    

まだ夕方の4時半なのに、完全に出来上がった状態。もちろん、Sさん中心だけど、H君もAR君もかなり飲む♪ AS君もかなり飲むらしい。当然(?)、誰もマスクなんてしてないから、私も覚悟を決めた。3回目のワクチン接種と、前夜食べたギョーザのニンニク効果に期待するしかない♪

   

SさんはH君を(無理やり?)引き連れて、レース前日なのに乗鞍岳の頂上(剣ヶ峰、標高3026m)まで歩いて登ったらしい。さらに、下りは走ったとのこと (^^ゞ

  

そんな無茶しても、昔のSさんならレースでかなりの高成績を出してたけど、今回はかなり疲れが残ってしまったようだ。私とそれほど違わないようなタイムを叩き出してた♪ 焼きが回ったね。日焼けの黒さは甘かったけど(笑)

   

220828c

   

上の夕食の風景。私の前にいる、ちょっとふくよかな男性がAS君。気づかいは繊細♪ 夕食の前にさんざん飲み食いしてたから、食堂での飲み会は短かった。昔、長い時には22時過ぎまで騒いでたのだ。Iさん中心に。Iさん、いつまで乗鞍サボってラクしてんの?♪ 読んでない? あっ、そう。

     

220828d

   

大部屋で5人の宿泊だから、修学旅行モード。ASくんのイビキによる睡眠不足で、私とH君とAR君のタイムはかなり落ちたと思う♪

     

Sさんは酔いつぶれて寝込んでたから関係ない。朝5時過ぎになっても起きないから、私が無理やり電気をつけて起こしたほど。目覚ましアプリのソフトが有料になってて鳴らなかった(笑)とか、妙な話をしてた (^^ゞ 後で調べてみよう。いや、アプリなんて鳴らなくても、他の4人は既に起きてたけどネ。

   

   

      ☆     ☆     ☆

前に書いたように、乗鞍高原の天気予報では、朝まで雨が降って、その後は雨があがることになってた。当日の朝の予報では、8時ごろに止むという予報で、かなり正確に当たってた。実際は6時45分ごろに雨が止んだ。

      

正直、私は朝6時の時点で、公式サイトにコース短縮のお知らせが出るのを期待してたけど、出なかった (^^ゞ フルコース、全長20.5km、標高差1260mか。ガックシ。。_| ̄|○ 丸3年間、全く自転車に乗ってないのに♪ 3年前の乗鞍の帰りにパンクして、それ以来、今週の月曜の夜まで放置してたのだ。完走の自信があんまし無い。

      

220828e

   

当日の朝も、体温測定を実施。非接触サーモカメラで一瞬。手指消毒も一瞬だから、形だけ♪(コラッ!)。

  

上はレース前の朝の会場。例年と違って、開会式も荷物預けもないし、スタート前の集合場所も違うけど(上の写真の左奥)、それにしても人が少ない。関係ないけど、手前に写ってる観光センターのお店は、いつの間にかちょっと洒落た感じになってた。ちょっとネ♪

     

220828f

      

会場から、ゴール辺りの山頂を見ると、明るいような感じにも見える。この時は、ひょっとすると晴れるかな・・と期待してたけど、実際には最後の下山までずっとこんな感じの曇天&ガスだった。

     

220828g

   

上は、私のスタート直前。コロナでもっとバラバラにスタートするのかと思ってたけど、一応まとまってスタートしてた。違うのは、レースクイーンが「1分前」とかのボードを掲げないことくらい♪ まだ言うか! NBS長野放送のテレビ番組的にも淋しいと思うけどな(放送予定日は9月17日)

   

   

      ☆     ☆     ☆

で、肝心のレース。練習不足どころか、ほとんど自転車の走行距離ゼロの私が取った戦略は、前半を意識的に超ゆっくり走るというもの。

   

7月初めになってようやく、ジムでエアロバイクを回してたけど、どうも最初から負荷を上げると調子が悪いのだ。最初、30分くらい、軽めの負荷で回しとくと、その後、重い負荷にしても結構ラクに回せる。

   

本物の自転車のヒルクライムでどうなのか、自信はなかったけど、これが完全に成功♪ 過去、断トツに楽なレースになった。まあ、レースというより、山登り大会(マウンテン・サイクリング)。

  

中間点までのタイムも、実はあんまし遅くなかったし、後半は明らかに余裕。例年、ハーハーゼーゼー状態だったキツイ坂も、ちょっとしんどい程度で問題なくクリア。呼吸は最後までかなり静かで、これならジムの方が遥かに荒い呼吸。登ってる途中、「頑張って!」と声かけしてくれるスタッフに、「ありがとうございます!♪」といちいち答えるほどの余裕。

      

途中の2ヶ所の給水所では、お馴染みのアクエリアスのサービスが無くて、「水だけです」とか叫んでた。私は紙コップの水を1杯ずつ頂いたけど、ボトルに入れてたポカリスエットは最後まで1滴も飲まず。単なる重りになっただけ♪ そもそも、終盤は私は身体が冷えてしまって、トイレに行きたくなってしまったから、給水なんてする気がしない。「アレ」は厳禁(笑)

    

最後の200mだけスパートして、ダンシング(立ちこぎ)で綺麗にゴール☆ 私はダンシングが好きなんだけど、今回は新しいビンディング・シューズをぶっつけ本番で使ったから、靴の中で右足がつりそうで、合計2回しかやらなかった。右足(foot)の形が特に悪いから、靴に馴染むまでは圧迫されてしまうのだ。ふくらはぎや太腿は何ともなくて、余裕。

    

心拍測定はかなり不正確で、グラフもおかしい。たぶん、平均心拍150、最大心拍162とかだと推測。乗鞍としてはかなり低い値。速度(ペース)や高度の途中の変化も不正確だけど、トータルとしての距離や標高差、タイムについては正確だった。

   

220828sr

   
  

      ☆     ☆     ☆

ゴール後も身体は元気だったから、ダッシュで荷物預けの車の所に行って、すぐ着替えて、スマホで写真撮影。そうそう。ウエストバッグを初めて使ってみたけど、全くジャマにはならなかった。ただし、流石にレース中の撮影はしてない。

   

220828h

  

上は毎度同じみ、岐阜県側にキレイに伸びる乗鞍スカイライン。登って来たのは、長野県側のエコーライン。

  

220828i

  

上はちょっと左側に向けて写した風景。晴れてれば、もっとキレイなのに。

  

220828j

    

上は、ゴール地点の方に戻って行く道。くぼんだ辺りがゴールで、今回は誰もいなかった (^^ゞ 計測用のアンテナが両側にあっただけで、殺風景。応援もなし。中央にそびえるのが剣ヶ峰。

   

   

      ☆     ☆     ☆

220828k

  

毎度お馴染み、残り3kmくらいの九十九折(つづらおり)のクネクネ道を写した風景。

   

220828l

   

雲の合間には、遥か彼方の山並みが見える。この地点で標高2700mくらいだから、天上の世界から見た眺め。

  

220828m

   

「大雪渓」はどんどん小さくなってる気がするけど、気のせい?(^^ゞ 地球温暖化の影響か。

    

今回は「密」回避のため、下山時は、ゴール地点から1.4kmほど降りた駐車場までわりと自由に走って、そこで待機した後、集団で下山。たぶん、例年よりスムーズなやり方だと思うけど、単に人数が少なくてしかも分散してたからかも。

   

220828r

  

後ろから、「・・・さん!」と声をかけて来たのが、仲間のH君とAR君♪ 写真掲載の許可は取ってないけど、サングラスもしてるし実名は出してないし、キャラ的にも大丈夫でしょ。身内しか分からないはず。もともとH君の方がかなり速かったけど、今回はほぼ同じくらいだったらしい。まあ、H君は前日の山登りで疲れてたのかも。Sさんのせいか♪

   

   

      ☆     ☆     ☆

全く自転車に乗ってなかった私が一番心配してたのは、スピードが出る下山。ブレーキをかける手がもつかどうか自信なかったけど、何とかなった。

   

下りではいつものように、あちこちのスタッフに「ありがとうございます!」と大声で挨拶。急カーブとか路面が悪い場所とかが多いから、声をかけるのは結構、難しい。皆さん、「お疲れさまでした」「ありがとうございます」とか返事してくれた。

     

今年も救急車が来たらしいから、下りで事故があったのかも。直接は見てないし、サイレンも聞いてないけど、会場まで下りた時、スタッフが2人で話してたのだ。「これから救急車が来るって」といった感じで。珍しくないことではある。

(☆翌日の追記: ニュースによると登山客だったようだ。)

   

事故ではないけど、パンクかマシントラブルみたいな感じの選手もかなり多かった。3年ぶりだし、ガスも出てたからか。ちなみに私は、修理道具・交換用チューブ・ミニポンプを持って走ってるけど、少数派だと思う。一応、最後に収容車は来てくれるけど、それまで大変だから。

       

220828o

    

例年なら、会場で完走証を受け取ったり、リンゴとかスイカをもらったりするんだけど、今年はそういったサービスもなし。完走証はネット発行。この変更はビミョーだね。レースクイーン無しの次くらいに♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

というわけで、ここに書かない事、書けない事も含めて色々あったけど、何とか無事に楽しく終了♪ コロナ禍での3年ぶりの乗鞍、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

   

あぁ、結局また長くなってしまった (^^ゞ 今週は計17865字で終了。それでは久々に、お約束の言葉で終わりにしよう。

  

  夏は終わったね。。。♪☆彡

   

       (計 5732字)

   (追記11字 ; 合計5743字)

| | | コメント (0)

遠征出発の前日、準備に追われる中、給水用ボトルが割れてしまった話とか

丸3年間、完全なブランクがあると、いろんなアクシデントが起きる (^^ゞ 放置プレイにしてた自転車のボトルケージからボトルを取り出して、そこそこキレイに外側の汚れを落として、内側も丁寧に洗う。

   

220827a

   

最後に指で押して、水を飲み口からピュッと押し出す操作をやった途端、パリンッ!とボトルが割れてしまった (^^ゞ オーイッ! 将棋の「王位」(おーい)戦を思い出したほど♪ 無理やりか! いや、半ば本当だ。残りの半分はウソか!

  

   

     ☆     ☆     ☆

・・とか軽口を叩いてるヒマはもう無い。どうせ割れるんなら、最初から割れてれば、無駄な手間ひまがかからなかったのに。そりゃ、ボトルに失礼か♪

  

キツめのケージに3年間、押し込んだままだったから、金属疲労・・じゃなくてプラスチック疲労が起きたと。わざわざ、愛用ブランドのビアンキ(Bianchi)の純正ボトルを買って、まだあんまし使ってなかったのに。ブツブツ。

   

しかし、出発の前だったのは不幸中の幸いだ。仕方ないから、大昔のボトルを引っ張り出して来て、またお掃除。こっちは遥かに手荒に使いまくりなのに、何ともないけどね。まあ、ケージに押し込んだままではないけど。

  

他にも、盗難防止のワイヤーの鍵穴がさびてるとか、銀行に行ったらたまたま工事中とか (^^ゞ ビンディングシューズとクリート(固定金具)の話とかは、またいずれ。これも1回、返品したから、予定が狂ってしまった。まだ一度も試してないから、ぶっつけ本番。アーレンキー(六角レンチ)は忘れずに持って行こう。

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、昨日の記事でも書いた、信州・乗鞍高原の天気予報。あんまし変わらないけど、昨日の時点よりは少し良くなってる♪ ただし土曜の午後は雨だから、受付でびしょ濡れになりそうだ。日本気象協会より。

  
220827b

  

220827c

  

28日(日曜)の朝の予想天気図でも、南側にあった小さい低気圧2つが消えてる。代わりに、大陸からの移動性高気圧が東に伸びてると。いいね♪ ほぼ、読み通り。

   

220827f

    

何でか知らないけど、乗鞍ヒルクライムは、土曜の午後から翌朝まで雨で、レース開始の前くらいから雨が上がるパターンが多い。そもそも、雨が全く降らないことが少ないのだ。晴天でも、いきなり曇って、雨がパラついて来る。

    

山だから、そんなもの。コロコロ変わる、「女心と山の空」♪ 政治家が口にすると炎上するけど、単なる小市民ブロガーなら大丈夫。女の方が気持ちの切り替えが速いというのは、統計的事実だと思ってる(個人の感想・・笑)。買い物は遅いけど♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

220827d

    

新型コロナはやっぱり、お盆明けの感染増加が一段落したね。長野放送の最新のまとめを見ると、当面のピーク越えは明らか。

    

まあでも、この後、念のためにギョーザを食べる予定(笑)。ニンニクはコロナに強いとかいうネット情報を見た気がするもんで♪ もう調べてる余裕はないけど、本当だと思う。ネギも多分いい。

   

最後に、冒頭に書いた、将棋のおーい(王位)戦。第4局がそろそろあるのは一応知ってたけど、自分のことで精一杯だったから、見るのは忘れてた。まだ20歳になって間もない天才、藤井聡太五冠が三勝目で、タイトル防衛の王手! スポニチの記事より。白っぽい着物も若々しくて、いいね♪

    

220827e

   

   

      ☆     ☆     ☆

私は昔、ブランド物の高価な白のスーツ上下を買って、一度しか着なかった(実話・・笑)。店員におだてられて、その気になってしまったのだ。店員のせいだ♪ 責任転嫁か!

     

なんて話を書いてるヒマももう無いのだ。ちなみに、この27日付けの記事を書いてる今現在は、26日の21時前。早めに書いて、予約投稿にセットして寝るつもりだけど、準備はまだまだ終わりそうにない (^^ゞ

   

iPadの充電がなぜか出来ないのもイラついたよなぁ・・とかボヤキつつ、ではまた。。☆彡

    

       (計 1551字)

| | | コメント (0)

レース前、最後は10kmジョグ、週末の乗鞍高原の天気予報は雨時々曇!(木曜の夜の時点)

(25日)JOG 10km,55分40秒,平均心拍 143

消費エネルギー 485 kcal(脂肪 97kcal)

    

一難去って、また一難。っていうか、四難去って、また巨大な一難♪ 分かりにくっ!

   

コロナ禍による大会中止はなくなって、丸3年もパンクしたまま放置してた自転車も修理。最新PCR検査も陰性で、お盆明けの仕事も一段落。これで合計、「四難」去ったのだ。

    

ところが今、天気予報を見ると、乗鞍高原の週末は雨時々曇!(^^ゞ 自転車競技は、雨では中止にならないのが普通。せいぜい、コースが短縮される程度。昨日の昼ごろの時点では、晴れか曇みたいな予報だったのに、ブツブツ♪

    

   

      ☆     ☆     ☆

220826a

   

8月25日(木曜)の夜遅くの時点で、28日(日曜)の朝の予想天気図は上の通り(日本気象協会)。変則的な天気図で、まだこの後、好転する可能性もあるけど、土日のどこかで小雨が降る確率は高い。

    

220826bc

   

レースの時間帯には雨が一旦、あがる予報にはなってるけど、山の天気(標高1500m~3000m)だから、あてにならない。コース短縮も十分、可能性が出て来た。

  

過去、度々経験してるけど、雨の短縮は全然うれしくないのだ。どうせズブ濡れで走らなきゃいけないし、下り道も滑って危ない上に見通しも悪くなるから、ほとんど楽しめないのだ。単なるガマン大会になる。

          

わざわざ首都圏から信州の山奥まで遠征して、雨の中を自転車で山登り&山下り (^^ゞ おまけに、整備したばっかのチェーンとギアが錆びて、交換したばっかの新しいブレーキパッドもすり減ると♪

   

雨の日の下り坂は、ブレーキパッドが摩耗しやすい。これは以前、身をもって体験した、非常に危険な事実だ。途中からほとんどブレーキが効かなくなったから、急な下りでは自転車を降りて、押して歩いたほど (^^ゞ 自転車を手で引っ張り上げるような形のまま降りることになるから、超~不自然な運動になる。

       

   

       ☆     ☆     ☆

・・って感じのことは、さっき公園を走って帰宅した後に気付いたこと。走ってる間は、晴れか曇のレースを思い描いてた。

  

今日・・じゃなくて日付け変わって昨日は、もし仕事が早く終われば、最後にジムのエアロバイクで仕上げをしようかなと思ってた。ところがやっぱり、お盆明けの仕事がなかなか片付かなかったから、代わりに公園で10kmジョギング。最近はずっとジムでバイクを回してたから、フツーに走るのは8月5日以来、20日ぶりだ。

  

今週は自転車のチョイ乗りと軽いウォーキングしかしてないから、脚が軽いだろうと思ったら、イマイチかイマニだった (^^ゞ 昼間は秋を感じる天気だったけど、夜は結構、蒸し暑い。ただ、中盤からは調子が出て来て、終盤は1km5分ジャストくらいまで上げることに成功。心肺的には適度な負荷だけど、左のふくらはぎを痛めてしまった。歩くだけで痛いほど。

    

トータルでは1km5分34秒ペース。気温25.5度、湿度88%、風速1m。汗だくになったからか、新・心拍計は途中から異常に高い値になってしまった。旧・心拍計は持ってなかったから、経験的に推測して低めに補正した。

  

   

     ☆     ☆     ☆

よし。これでブログの更新も追いついたぞ! 後は天気予報が好転することを祈ろう。出発の準備もまだ全く出来てないから、頑張らないと (^^ゞ

   

今週は、新・心拍計が電池切れになってたこともあって、全く使ってなかったから、心肺負荷状況のグラフは一気にトレーニング不足のレベルまで下がってた (^^ゞ ではまた。。☆彡

   

    

220826c

   

往路(2.4 km) 14分02秒 128 143 

LAP 1(2.1) 12分04秒 142 148

  2   11分36秒 147 154

  3(2)   10分30秒 151 162

復路(1.3)    7分28秒 148 161 

計 10km 55分40秒 143(82%) 162(93%) 

      

220826d

    

       (計 1565字)

| | | コメント (0)

レース遠征直前のコロナ無料PCR検査、感想&判定結果

ワクワク、ドキドキ。日テレ『はじめてのおつかい』のお子様みたいに緊張して来た♪ っていうか、はじめての泊りがけの修学旅行に出かける前の中学生って感じか。

  

ちなみに同級生Kは、興奮してたのか、宿の玄関の大きなガラスにぶつかって割って、ショボンと落ち込んでた(実話・・笑)。相撲でも、体当たりみたいな押しや突きが得意なヤツだった・・・っていう昔話をしてる場合じゃないのだ。もう余裕がない。

   

  

     ☆     ☆     ☆

220825a

    

さて、ますは乗鞍ヒルクライム公式サイトの8月24日のお知らせから。いきなり冒頭で「3年ぶりの開催となる」と書いてるから、もう中止はないね。天気予報的には、距離の短縮もない気がする。ロクに練習してないのに、いきなりフル開催に挑戦か (^^ゞ スタートが最大の目標かも(笑)。ゴールは?!

   

220825b

   

上は最新の長野放送のコロナ報道。Yahooへの配信からの引用だけど、リンクは元の公式サイトに貼っとこう。

   

私は毎日、長野県の状況を見て、ギリギリで中止になることを期待・・じゃなくて心配してたけど、お盆明けの感染増加も病床使用率(60%台)も一段落。今さら行動制限する状況には見えない。ガッカリした参加者もいるはず(笑)。他人事か!

   

もちろん、自分自身がコロナ感染すれば、参加できなくなる。ただ、毎朝測定してる体温は全く平熱。ずっと36.5度前後で、面白みがないほど♪ バチ当たりか! オムロン体温計、グラフもデータもすぐ見れて、やっぱ便利だね。

   

220825d

  

乗鞍で提出するチェックシートにも、「本当の体温」をそのまま記入♪ 当たり前だろ! いや、適当に穴埋めする参加者も少なくないと思うな(個人の感想)。そもそも、何事もなければ単に廃棄されるだけの個人データだし。

   

220825c

    

    

      ☆     ☆     ☆

しかし、無症状のまま、感染してる可能性もある。同じ宿に泊まる自転車仲間にうつしてクラスターを作るわけにもいかないから、念のため、無料のPCR検査を受けて来た。真面目で、いいね♪

  

以前は1万円以上かかってたのに、いい時代になった。それでも、旧統一教会の騒動で、岸田政権の支持率は最低レベルなのであった♪ おっと、政治や宗教の話をしてる場合でもないか。

     

その会場に最初に気付いたのは、駅前で派手に勧誘してたから(笑)。新宿・歌舞伎町のキャッチじゃあるまいし、ここまでアピールされるのもビミョーだよな・・と思ってたら、人が集まるほど儲かる民間の事業者らしい。1人あたり数千円儲かるらしいから、多少の宣伝費用は軽く回収できる。一部で話題の、商品券とかオマケの配布を行っても問題なし。

  

で、いざ行く前に、念のためネットで調べたら、いきなり間違った情報が堂々と書かれてた・・とだけ書いとこう。解釈の余地とかない。見解の相違でもなく、単純に間違ってて、しかもちょっと実害もある。

   

まあ、ピンポイントで場所が特定されそうだから、書くのは止めとこうか。とにかく、ネットで間違った情報を見た後、正しい情報はこうだろうな・・と推測して出かけた。すると、推測の通りだった。もちろん、大人は現場で指摘するようなこともしない♪ どうせ聞き流すだけで、直さないだろうし。

    

    

     ☆     ☆     ☆

で、検査会場に行ってみると、お盆休みの後なのに、短い行列ができてたし、私の後ろに並ぶ人も途切れない。道理で最近、宣伝してないはずだ♪ 宣伝しなくても、勝手に人が来てくれると。

   

誘導に従ってブースに行くと、まずスマホでQRコードを読み取ってくださいと要求されて動揺 (^^ゞ たまたま、スマホもAndroid携帯も持ってなかったから、「タブレットでもいいですか?」と聞いたのに、完全スルーされた(笑)

    

「じゃあ、こちらに記入お願いします」と言われて、個人情報を記入して、免許証も見せて、同意のチェックを数ヶ所入れて、唾液の採取。

    

ストローを使って、容器に5mmほど入れるんだけど、ストローの外側にも唾液が流れるし、時間はかかるし、気持ちいいものじゃない。思い出したのは、高校1年ごろの生物の授業の実験。唾を集めて何かしたんだけど、途中で女子のNが気持ち悪くなってた。

    

   

      ☆     ☆     ☆

で、梅干しとかイメージしながら(実話・・笑)頑張ってツバを振り絞った後は、携帯のSMSメールを待つ。判定が陽性なら、レース遠征は中止。シメシメ・・じゃなくてガッカリだね♪

    

この通知がいつ来るのかという点も、HPの情報と実際の会場とでは違ってた。HPでは、遅い時間帯なら翌日通知と書いてたのに、会場では2日後と言われたのだ。まあ、民間企業の金儲けだから、こんなもんか (^^ゞ 大人は黙って、「ああ、そうなんですか」とか微笑むのみ♪

   

ところがドッコイ庄一by綾瀬はるか、実際には、翌日に通知が来たのだ (^^ゞ 何じゃ、そりゃ! 携帯のSMS(ショート・メッセージ)に加えて、PCメールアドレスにも来てた。どうも、SMSだと、設定とかの問題で届かないことがあるらしい。下は、PCメールより。

   

220825e

  

注目のPCR検査結果は、「陰性」! ガックシ。。_| ̄|○・・じゃなくて、良かった(笑)。これで後はもう、道路のがけ崩れかクマの出没(昔ホントにあった)とかがない限り、レースは開催される。

  

私が行かない理由も、何もない。あっ、ケガすればいいのか(笑)。コラコラ! いや、学校の授業の水泳で水着姿を見られるのが嫌で、わざと風邪を引いたっていう話を朝日新聞か何かで読んだもんで。だから、ジェンダーレス水着が大切だと。

   

でも、女子がジェンダーレス水着だと、男子の出席率が下がるかも(笑)。オイッ! ちなみに私は、スクール水着には興味ない。一部の競泳水着ならまだしも♪ マニアか!

   

    

     ☆     ☆     ☆

なお、単なる素っ気ない最低限の通知だけじゃなくて、こちらが希望すれば、もう少しきっちりした検査結果の通知書が送られて来る(メール添付のpdfファイル)。

   

220825f

   

本通知書における検査結果は新型コロナ感染者の患者であるかどうかの診断結果を示すものではありません」。

  

正確だけど、分かりにくいね (^^ゞ あくまで、1つの検査結果にすぎないと。訴訟とか止めてねってことか♪ ちなみに日本語的には、「感染者の患者」ではなく、「感染の患者」が正しい(笑)。細かっ!

  

ともあれ、私はしぶとく元気なのであった。症状も陽性判定もなし。めでたし、めでたし。それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

      (計 2573字)

| | | コメント (0)

自転車の点検・整備完了、原宿の美容室で髪もカット♪

BIKE 12km,約35分 ; WALK 6km

   

丸3年間も自転車を放置プレイにしてたのは、単なるイップスじゃないね。やっぱり、久々にレース・モードで自転車に乗ろうとすると、あれこれと超~面倒なのだ。

  

ランニングと違って、自転車の場合、例えばブレーキのトラブルは致命的。駆動系(ギア・チェーン・変速機)やタイヤ関連のトラブルは、致命的ではないけど、レース途中でリタイアになって山道の途中で途方に暮れることになる。

   

特に今年の乗鞍ヒルクライムは、3年ぶりの開催で、完全にコロナ対策モードだから、サポート体制もあんまし期待できない。事故が起きても、救急車もなかなか来てくれないはず。

  

というわけで、今日は遥か彼方のサイクル・ショップまで、点検整備に行って来た。

   

  

      ☆     ☆     ☆

これ、色々と書きたいことがあるんだけど、まあ止めとこうか・・っていうのが最近、かなり多い♪

   

何か書こうとして、ちょっと考えて、思い直して止める。これがブログの作法だ。思い付きですぐにつぶやくtwitterとは違う。

     

とにかく、点検整備についてはスルーしとこう。・・・が~~~だったから、***と思ったのだ(笑)。前に行った時は全然違ってたんだけどな。。 もごもご♪

    

   

     ☆     ☆     ☆

その後についてなら、フツーに書ける。帰り道は、歩道を走ることも出来るけど、勘を取り戻すために、わざと夜の幹線道路を走ってみた。マジで怖いし、危ない!

   

交通量の多い時間帯だったこともあるけど、自転車が走るレーンがほとんど無いのだ。おまけに、そこに車が駐停車してたり、左折車が自転車を巻き込む形になったり、歩道の街路樹が車道まで大幅にはみ出て自転車をブロックしてたり (^^ゞ 具体的にイラストを描きたくなるほど。

      

あの街路樹、もし自転車の死亡事故が起きたら訴訟になると思うけどね。どこか知らないけど、管理責任を問われるはず。そう言えば先日の朝日新聞に、歩道の僅かな傾斜が車いすにとっては障害だという話が書かれてて、なるほどと納得した。水はけのためらしいけど、車椅子の操作が辛くなるらしい。

    

少数派の不満というのは、なかなか社会では認められない。幹線道路の自転車にせよ、歩道の車椅子にせよ。

   

  

     ☆     ☆     ☆

で、車と信号と危険だらけの幹線道路を何とかクリアした後、公園でのんびり周回しようと思ったら、スピードメーター(サイクルコンピューター)の表示が消えてる。

  

まあ、これは整備の問題というより、もともとセンサーの固定が微妙なのだ。きっちり固定できないし、ほんの少しでも位置がズレると反応しないから、走行時の振動だけでも反応しなくなる。cateye(キャットアイ)の開発担当さん、聞いてる?♪

      

それを直すのに4分ほどかかって、ようやく走り始めたら、今度は小雨 (^^ゞ まあ、これもある程度は予想できてたから、仕方ない。大人はあっさり諦めて、わずか1周半しただけで帰宅。

  

大人になるというのは、いろんな事を諦めること。東洋的な諦念を修得するプロセスなのだ♪ 大げさだろ! そして、全てを諦めた時、生が終わりを告げるのであった。暗いわ! いや、死を明るいものと考える立場もある。もちろん、だからといって、生が暗いわけでもない。

   

   

     ☆     ☆     ☆

・・・なんて理屈を書いてるヒマはもう無い。とにかく、点検整備してもらった後の自転車は、非常に快調だった。ペダルを回すだけ、ギアチェンジするだけでも楽しい。

  

ということは、さっき書かなかった事は、自転車自体の話ではない♪ 料金・費用の問題でもない。コラッ! まだ言うか! はいはい。

   

一方、コロナ対策もあって、しばらく伸び放題にしてた髪の毛も、美容室でカットして来た。あんまし長いと、レース時にジャマになるし、コロナが収まるのを待ってたら、いつになるか分からない。

  

で、最近のお気に入りの美容師さんに連絡。久々に原宿までわざわざ遠征。表参道と明治通りが交差する神宮前交差点は、相変わらずというか、以前より賑やかに見えた。まだギリギリ夏休みだからかね? あるいは、行動制限がないからか。

   

マスク着用率をウォッチすると、8割以上はマスクしてたけど、チラホラとマスク無しもいた。特に、若者。男の方が多い気がした。私は、基本的に屋外ではマスクを外すようにしてるんだけど、原宿は混んでるしレース遠征直前だから、マスク着用で美容室へ。自転車仲間と相部屋で宿泊するから、クラスターを発生させるわけにはいかない。

   

   

     ☆     ☆     ☆

肝心の美容室のお話は、あまりにプライベート過ぎて、ほとんど何も書けない。Tさんのトークは歴代最高♪ 途中で私が口を挟もうとしても、なかなか上手くいかないのだ (^^ゞ 控えめでシャイな男の子なもんで♪

  

・・っていうか、この日のTさんの服装が可愛かった。他の日は?!(笑)。いや、フツー、美容師さんって、あんまし可愛い服は着ないでしょ。上が白のシンプルなシャツで、下が黒のロングスカートとか。

  

カワイイから写真撮っていいですか?、とか聞きそうになったけど、もちろん自粛しといた。正しい判断で、いいね♪ 大人はいろんな事を諦めるのだ(笑)。まだ言うか! 「途中で終わる」大人もいるほど (≧▽≦) オイッ! いや、身内の・・・が笑い話のネタにしてたもんで♪

   

       

      ☆     ☆     ☆

笑顔で見送ってくれるTさんを後にして、また渋谷駅まで歩いてみた。お店が軒並みオシャレなのは間違いない。原宿と渋谷の間は、歩道の幅が広いのも、いいね。

   

220824a

  

渋谷横丁のあたりはすっかり小綺麗になってて、「横丁」って感じではない。スクランブル交差点は相変わらず、賑やかだった。写真を撮りつつ、「俺はお上りさんじゃないぞ!」と内心つぶやく小市民であった♪

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

220824b

     

      (計 2321字)

| | | コメント (0)

3年ぶりの自転車、首・肩・手が疲れるけど、風が爽快♪

BIKE 26km,約1時間20分

     

ブレイク・スルーだ! 難関を突破☆ ついに自転車に乗れた(笑)。小学校低学年か! いやぁ、この程度の事が丸3年も出来なかったとは。。(^^ゞ イップス、恐るべし。心と身体がどうしても動かなかった。

   

パンクしたまま3年間、放置プレイだった自転車を、昨夜ついに修理(したつもり♪)。ホントに直ってるの?・・とか思いつつ、ちゃんとミニポンプもパンク修理キットも持って、近所を試走してみた。

   

  

     ☆     ☆     ☆

まずは早朝。今年の乗鞍ヒルクライムは、荷物預けが前日になってるから、レース当日はそれほど朝早く起きる必要はない。でも、どうせ宿の仲間とか、朝4時(!)くらいからゴソゴソし始めるから、自分だけゆっくりと寝てられないのだ。

   

それに、早朝なら道路が空いてるし、気温も低いし、紫外線も弱い。というわけで、夜型の私が早起きして、ホントの近所で周回してみた。家の周りをゆっくり回るだけ♪

  

小学校低学年の時と似てるね。あの頃はまず、家のすぐ前の道を往復して練習してた。最初は後ろに補助輪をつけて。次に、母親に後ろを持ってもらって(笑)

   

考えてみれば、子どもが乗った自転車の後ろを持って走る母親も大変だね。当時はお子様だから、親の苦労を考える余裕もなく、必死に自転車をコントロールしてた。グラグラ、フラフラしながら♪

     

で、いつの間にか母親が手を離してると、「何で手を離すんだよ!」と怒鳴りつけたりする(笑)。もちろん、地元の方言で。あれこそ、親離れ、子離れのスタートか。

    

   

     ☆     ☆     ☆

話を今朝の試走に戻すと、私が一番心配だったのは、タイヤじゃなくて、チェーン。昨夜チェックしてみたら、1ヶ所だけサビがひどくて、コマとコマのつなぎ目がコキコキと曲がらなくなってたのだ。全く予想外だったから動揺して、写真を撮る余裕もなし。

     

チェーンに曲がらない部分が1ヶ所あるだけでも、ペダルを回した時、途中で回転が止まってしまう。曲がらない部分が後ろのクネッとしたディレイラー(変速機)の辺りで引っかかって、止まってしまうのだ。

   

これはチェーン交換か。自分でやるのは大変だし、ショップに頼むと高いし面倒だし、参った・・とかボヤキつつ、最初にやったのは、モンキーレンチで力づくで曲げること♪ 良い子は真似しないように。サビついた箇所はビクともしないし、チェーンが歪んだようにも見えた。失敗!

  

ちなみにモンキーレンチとは、開き具合を調節できるカニのハサミみたいな工具(笑)。下はamazonより。私が持ってるのはもうちょっと明るいオレンジ系の色だけど、似た感じだ。数年に1回くらいしか使わない♪

     

220823a

   

  

     ☆     ☆     ☆

次に、潤滑油を多めにさして、サビを少し拭き取った後、力づくで指で曲げてみる。まだダメで、真っ直ぐに固まったままだけど、ほんのちょっと動くような気配も感じた。

     

最後にやったのは、ちょっと強引に勢いよくペダルとチェーンを回転させること。最初の5、6回は途中ですぐ引っかかったけど、その内、勢いのおかげで何とか回るようになった。直し方としては、物理的に効率がいいのかね? 力や衝撃の計算はすぐにはできないけど、かなり成功したのは確か。ただ、チェーンが1回転する度にちょっと引っかかってた。

     

で、今朝も期待せずに自転車に乗ってみたんだけど、これがほとんど引っかからなかったのだ。油をさして時間が経ったから、浸透したってことかね? 別に踏み込んで無理やり回したわけでもないのに、チェーンが普通に滑らかに回るようになってた(気がした♪)。

   

  

      ☆     ☆     ☆

変速機の使い方も、手が覚えてた♪ 丸3年間、一度も変速の操作をしてないのに、人体のメカニズムは素晴らしいね。無意識の身体的な記憶。

 

そう言えば、ジムのエアロバイクに変速機がないのは何でだろ? 負荷のレベルなら変えれるけど、ボタン操作だし、ちょっと違ってる。

     

それはともかく、朝は時間もないし、家の周りをグルグル6kmほど走って終了。首と肩と手が疲れるけど、風が爽快! ジムのエアロバイクの送風とは違ってる♪ 汗がどんどん蒸発して乾くから、暑さも感じない。

    

  

     ☆     ☆     ☆

夜はついさっき、1時間ほどゆっくり走ってみた。距離は20km。まず、最近行ってなかった公園に出かけて、時速20kmくらいの低速で周回3ラップ。安全第一、前方と周囲をキョロキョロ、もちろん、ライトも点灯。

      

自転車で周回すると、スピードが速いから、ランナーが公園に大勢いることが分かる。自分がランナーだと、スピードが遅いから、ランナーが少ないように感じるのだ。追い抜くことも、追い抜かれることも少ないから。

  

公園の周回を終えた後は、家の近所にある坂道で、ちょっと負荷をかけてみた。ただ、思ったより短くて緩かったから、あんまし負荷にならず。一応、わざと重いギアで1回だけダンシング(立ちこぎ)してみた。なるほど。3年ぶりにダンシングすると、ハンドルが左右にブレてしまうね (^^ゞ 素人か!

  

なお、心拍数は、新・心拍計が電池切れだったから測定できず。単なるチョイ乗りだから、旧・心拍計は持ってなかった。まあ、100前後で極端に低かったと思う。ただ、風で汗がドンドン蒸発するから、帰宅後は妙にノドが乾いてた。

   

   

     ☆     ☆     ☆

というわけで、3年ぶりの自転車はとりあえず、成功したような感じだった♪ ただ、乗鞍の急坂を本気でこいで大丈夫なのかは、かなり怪しい。踏み込んだ時に、チェーンがギアの歯を滑って(いわゆる歯飛び)、下手すると転倒してしまうかも。

    

もう、残り3日だけど、やっぱり自転車屋に見てもらわないとダメかな? ブレーキも、しっかり作動しないと、下りで危ないし。お店が近くにないから、面倒なんだよなぁ。

     

とりあえず、今夜はこれで終了。あぁ、出発まで残り3日しかない! マジで焦りつつ、ではまた。。☆彡

    

       (計 2370字)

| | | コメント (0)

Panaracer ミニ・フロアポンプ購入、3年放置した自転車タイヤのパンクを修理(したつもり♪)

やった!・・と喜ぶのは、まだ早いね (^^ゞ 昨日(21日)も、お盆前の仕事が終わった・・と思ったら、まだ終わってなかったのだ。

   

しかし、丸3年間、完全に放置プレイだった自転車を本気で触っただけでもブレイクスルー♪ どうしてもタイヤのパンクを修理する気になれなくて、「イップス」状態が続いてたのだ。簡単なことなのに、心と身体がどうしても動いてくれない。

  

パンク修理なんて、私は小学生時代から自分でやってたから、もう何十回も経験してること。もちろん、地面や床に置いて使うフロアポンプも、自転車に積む携帯用ポンプも持ってる。

   

ただ、3年ぶりのレース出場になりそうだし、新兵器で気合を入れたくなったから、新しい携帯用ポンプを買ってしまった。重いイップスの克服には、何か気持ちを切り替えることが大切なのだ(独自研究♪)。

    

    

      ☆     ☆     ☆

220822a

  

タイヤ関連その他、自転車用品の国産ブランドとして名高い、パナレーサー(Panaracer)のミニフロアポンプ。税込1500円だから、安いというか、リーズナブルな価格。十分納得できる値段。

   

わざわざ「フロア」という言葉を名前に入れてるだけあって、下に置いて使えるようになってる。私はまだ、下に置くのは試してないけど、たぶん大丈夫のはず。下の写真の下側を見ると、ちゃんと下に置くための部分が付いてる(折り畳み式)。

    

220822b

   

それより感心したのは、持ち手(ハンドル)の部分。携帯時には真っ直ぐ伸ばせるけど、使う時には90度近く回転させて、手で押しやすくできる構造なのだ。説明を読まずにすぐ使い始めたから、最初は変な持ち手だなぁ、壊れてるのか?・・とか思ってた (^^ゞ なるほど、これは力を入れやすい工夫で、いいね!

           

220822c

    

ちなみに、パナレーサーは名前からして、パナソニックの系列だろう。そう思ってたけど、調べたことはなかった。今、公式サイトの会社情報を検索してみると、1952年にナショナルタイヤ株式会社として設立。70年前からナショナルなのか。タイヤの商標を79年に「Panaracer」にして、2015年には社名をパナレーサーに変更。

  

たぶん、パナソニック・レーサーも社名の候補に挙がっただろうけど、かなり早い段階でパナレーサーという商標を導入したわけね。とにかく、ナショナル=パナソニックが世界に誇るブランドになったと。私のイメージも、昔からいい。

  

ちなみに写真のポンプの下に見えてる箱も、日本が誇る世界的企業、シマノ。後は、自転車本体の国産ブランドか。ブリヂストンあたりにもっと頑張って欲しいところ。

    

        

      ☆     ☆     ☆

220822d

   

ポンプの宣伝記事みたいになってるけど、ついでにもう1点。長所を挙げとこう。自転車のフレームに取り付ける固定器具が、ボルトで調整できるようになってるから、フレームの太さに合わせることが可能。

  

ところが、プラスのドライバーが見当たらないから、まだ取り付けの実験はできてない (^^ゞ ドライバーは3月の大規模荷物片付けで使って、どっかに行ってしまった。

  

で、肝心のパンク修理。そもそも、前後のタイヤのどっちがパンクしてるのかさえ、分からなくなってた (^^ゞ 両輪ともタイヤはペシャンコにつぶれてるけど、確か前輪は大丈夫だった気がする。実際、すぐに空気が入って復活(たぶん♪)。

    

やっぱり、後輪のパンクか。空気が全く入らないから、おかしいなと思ったら、チューブが完全にねじれてた (^^ゞ というか、私が修理不能になって、途中で放棄したのかも♪ そうゆう嫌な記憶やイメージが無意識に残ってたからこそ、3年もの間、触ることさえ避けてたと。

   

後輪をフレームから外して、チューブを交換して、空気を入れると、簡単に直った(ような気がする♪)。というわけで、レースの6日前になって、遂にパンク修理に成功したのであった(たぶん)。遅っ!

   

   

      ☆     ☆     ☆

さて、いよいよ明日は3年ぶりに本物の自転車に乗ってみようかな。今シーズンは7月から、エアロバイクは回してたけど、本物の自転車には3年間まったく乗ってないままなのだ。

  

文字通り、泥棒を捕まえて縄を綯(な)う♪ 子どもの頃、よく母親に言われてたけど、直らないね。父親からの遺伝かも(笑)。責任転嫁か! それでは、また明日。。☆彡

    

      (計 1753字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧