東急百貨店本店が再開発で閉店、渋谷の西のシンボルともお別れ・・&23年1月の全走行距離

(30日)WALK 4km,約50分

(31日)WALK 5.7km,約1時間

   

渋谷が第二の故郷だと思ってる私にとって、また1つ、淋しいニュースが入って来た。東急本店が2023年(令和5年)1月31日閉館or閉店。

   

しばらく前から、渋谷駅周辺の東急グループの再開発が進んでるけど、遂に象徴的な渋谷本店も消えるのか。55年の歴史。建物の奥の下側、東急文化村は春まで営業で、その後、長期休業とのこと(一部を除く)。

     

実は昨日、私は最後のお別れに行ってみようかなと思ったほど。基本的には女性向け、富裕層向けの百貨店だから、ほとんど使ってないんだけど、渋谷駅の北口のハチ公みたいなシンボルだと感じてた。その手前にある女の子向けのファッションビル109の母親みたいな、後ろで見守ってくれる大きな存在♪

          

   

     ☆     ☆     ☆

下は、一応残ってた公式サイトのトップ写真より。そうそう。このアングルが、北口から109の脇を通って西に進んだ時の風景なのだ。文化村通りと呼ばれてるけど、もっと西のホテル街に行く時の途中だと思ってる人も少なくないはず♪

   

230201a

     

230201b

  

外壁の懸垂幕かな? カラフルな宝石に、鳥やお魚も混じってて、キレイなデザインだね。私の個人的な記憶だと、多分ここで、家庭教師してた女子高生へのプレゼントを買った気がする♪

    

もちろん、女子高生の感覚と東急本店が合ってないことくらいはよく分かってたけど、渋谷を歩き回っても見つからなかったから、疲れ果ててここで買ったんだったと思う。北のパルコ、中央の西武百貨店、東のマルイ、スペイン坂その他、歩き回ったのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

230201c

   

上の写真は、最後のご挨拶に添えられてた懸垂幕で、一見地味だけど、この指輪は、スタッフと地元の神南小学校の生徒で作ってるらしい。つながりだから、下のカラフルな文字には、「THANKS&LINK」。サンクス&リンクは、別の健在のお店・ShinQs(シンクス)も意識してるはず。

  

渋谷で稀少価値がある大型書店のMARUZEN&ジュンク堂書店くらい、もうちょっと使うべきだったか。最近は、ほとんどネットと図書館で済ませるようになってるもんで。

       

230201d

   

閉店前には、美人スタッフ(店員?)がお花を手渡しプレゼント♡ FNNプライムより。最後は、デパガ(デパートガール)も赤い制服姿でご挨拶。シブヤ経済新聞より。きっちりと伝統的で上品で、いいね。

   

230201e

   

やっぱり行くべきだったか。まあ、メディアと人混みが凄くて、あんまし見えなかっただろうけど♪ ともあれ、東京を代表する繁華街・渋谷で55年間、昭和から令和までの営業。皆さんも建物も、どうもお疲れさま。。♪☆

   

    

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる小市民ランナーは、1月は早めに走行距離ノルマを達成♪ 最後の2日は、超久々に普通のウォーキングをしてみた。重い荷物を持った移動ではない♪

     

いつもの事ながら、フツーに歩くと腹が減るね (^^ゞ カロリー消費は僅かで、ポラール心拍計なんて「トレーニング休止」と判定して来るのに、途中からやたら腹が減る。

   

まあでも、3月末までは時々歩くつもり。お散歩は気楽だから、気分転換に最適な運動なのだ。道を選ばず、どこでも歩けるし、道に迷うこともできるし(笑)。昨日、ホントに迷ってしまった (^^ゞ

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、1月の全走行距離は、

  

 RUN 230km ; BIKE 0km

   

ランニングは久々の230km! パチパチ♪ しかも内容的に、ちょっと前までの230kmより遥か上。ほとんど1km5分前後で走ってた。下の心肺負荷状況の折れ線グラフを見ても、月末を除いて、ずっと緑色のエリア。効果的か現状維持。かなり上手く負荷をかけれたと思う。

   

230kmの内、ごく僅かな距離だけは、ウォーキング。例えば、5km普通に歩いたら、ラン2.5kmに換算。換算比率は半分。重たい荷物を持って移動する場合は、3分の2。細かっ!

   

来月は2月で日数が少ないから、月間走行距離のノルマ達成が大変だけど、220kmは死守したいね。自転車は暖かくなった4月から再開の予定。ではまた明日。。☆彡

     

      

230201f

    

230201g

    

230201h

     

      (計 1673字)

| | | コメント (0)

走り納めも1km4分台(ギリギリ♪)、2022年12月と年間の全走行距離

(29日)WALK 5.5km(荷物 6kg)

(30日)RUN 10.3km,51分14秒,平均心拍 142

消費エネルギー 445kcal(脂肪 98kcal)

  

今週は5日間だけで13400字も書いてるから、残り2日で1600字しか書けない。シメシメ・・じゃなくて残念だね♪ 軽口を叩く余裕もないから、さっそく本題。昨日、初めて食べたお菓子「荻の月」が美味しかった(笑)。軽口だろ! そう。軽い口当たり♪ 菓匠三全の公式サイトより。

    

221231a

   

なぜか冷凍庫にあったのを、ほぼそのまま食べたら、あまりの美味しさにすぐ検索かけたほど♪ 色も形も可愛い、カスタードクリーム入りカステラ。ウィキペディアまである仙台銘菓だった。

    

・・これだけ褒めれば、1箱もらえるかも(笑)。ステマか! 1個、税込220円ほど。147kcal(現在の公式情報)。

   

    

           ☆     ☆

遊んでる場合じゃないね。昨日は今年の走り納め。前日の荷物ウォークの疲れが残ってたけど、10kmだけだし、いい感じでビルドアップ(加速走)。最後の3kmくらいはかなり速くて、ゴール地点を0.3kmオーバーしたほど♪

    

トータルでは1km4分59秒ペース☆ また4分台で終了。いいね! 5分切れるとは思ってなかったから、ゴール後のタイムを見て驚いた。後半だけなら1km4分40秒台突入、復路は超久々の4分半☆ シューズは、弾むノヴァブラスト。

  

気温6度、湿度55%、風速1m。新・心拍計は、心拍に関しては完全に正常で、距離はちょっとブレてた。

   

  

221231b

       

往路(1.9km) 11分04秒 120 132 

LAP 1(3.1) 15分40秒 141  149

  2   14分48秒 151 156

復路(2.2)  9分42秒 152 155

計 10.3km 51分14秒 142(81%) 156(89%) 

   

  

     ☆     ☆     ☆

一方、12月の全走行距離は、

  

 RUN 221km ; BIKE 0km

   

自転車ゼロは、冬だからOK。ランはいつもの月間ノルマ220km達成だけど、中身が違う。ほとんど「RUN」ペース(1km5分15秒以下)でクリア♪ たぶん5年ぶりとか、6年ぶり。心肺負荷状況の折れ線グラフもいい感じで高止まり。遅まきながら、厚底カーボンシューズも導入。

    

221231c

   

221231d

   

221231e

  

     

     ☆     ☆     ☆

そして最後、2022年の年間走行距離は、

   

 RUN 2355km ; BIKE 905km ; SWIM 0.65km

   

2年連続ゼロだった自転車が復活、3年ぶりの乗鞍ヒルクライムも無難に完走。いいね! 自転車の距離を3.5分の1、超久々のスイム(水泳)は10倍にしてラン換算すると、ランの合計2621km。ほぼ4年前まで回復した♪

   

足の故障はともかく、コロナその他、病気とも無縁。身体的にはまずまず充実した1年だった。プライベートと仕事は、ぼちぼち。ブログは、ますます苦戦 (^^ゞ それでは皆さん、良いお年を。。☆彡

    

  

221231f

   

      (計 1166字)

| | | コメント (0)

両足の痛みと闘いつつ、何とかノルマ達成・・22年11月の全走行距離

(30日)JOG 15km,1時間20分19秒,平均心拍 140

消費エネルギー 690kcal(脂肪 179kcal)

   

愛子さま、21歳のお誕生日おめでとうございます♪

   

とか、日本国民としてご挨拶した後、今日は別に何もトッピングしなくてもいいんだけど、あえてするなら都立大事件か、「ゆうこす」プチ炎上か。

   

   

     ☆     ☆     ☆

元アイドルのインフルエンサーとして有名な、ゆうこす(菅本裕子)の「Wi-Fiは肌に悪影響」とかいう主張(撤回後も炎上収束せず)。別に、自分の化粧品PRと結び付けてなければ、プチ炎上するほどの話でもないはず。誇大広告の類なら、他にもっと問題のあるものが色々ある。

   

ワイファイ悪玉説くらいで騒ぐのなら、福島原発事故後の放射線・放射能の大騒ぎは何だったの?、と言いたくなる。ウチでは一貫して、冷静かつ科学的に対応したが、世間の過半数は違ってた。それでいて選挙で負け続けた後、いつの間にかほぼ知らんぷり。最近、原発への注目と論争が復活しても、ベクレルもシーベルトもモニタリングもほとんど話題になってない。

      

話を戻すと、Wi-Fiに限らず、電磁波と健康の問題については、私も以前、海外の研究発表とか調べたことがある。その時点でも、現時点でも、騒ぐほどの悪影響の科学的証拠はない・・というのが公平な見方だろう。

     

ただ、安全性が十分確認されたというほどの状況でもない。その意味でも、ゆうこす叩きにはちょっと妙なものを感じる。叩きやすくて目立つものをネットが表面的に叩くという構図は、相変わらず。とりあえず、それだけ指摘しとこう。

    

   

     ☆     ☆     ☆

ところで、有名人が宣伝する化粧品と言えば、最近ちょっとだけ報道されたものがあった。日韓で人気の宮脇咲良を前面に出した、CRAN BY MOLAK(クラン・バイ・モラク)の「リップティント」。彼女は、私の好みとはちょっと違うけど、サイトは綺麗に作ってたと思う(昨日11月30日でほぼ閉鎖)。

          

221201a

  

モラクというのは、同じく宮脇を前面に出したカラコンのブランドらしい。そこが新たに、クランというブランド名で口紅の一種を売り出したようだけど、わずか1年でサイト販売終了(小売店販売は継続)。商品も4種類のみ。

     

ちなみに、モラクは造語だと思う。少なくとも、英語版ウィクショナリーにはない(英語以外の単語としても)。クランは一応、英単語にあるけど、何か特殊な意味を持たせてるんだろう。ル・セラフィムというグループ名もそうだけど、言葉遊びが多いから、一般人としてはいちいち気にしてられない。

      

221201b

   

で、私が気になったのは、「ティント」(tint)という言葉。初めて聞いたけど、色を(軽く)塗ることを表す英語で、ここ最近だと、マスクをしても落ちにくいようなルージュを指すらしい(多分)。軽く塗ると落ちやすいんじゃないの?、と男の私は思うけど♪ まあ、韓国で流行ってるとか、言葉の響きがオシャレとか、色々あるんだろうね。  

      

このティント、まるで入れ替えみたいに、指原莉乃プロデュースの新商品が売り出されてる。これって、アイドル業界というか、AKB業界内の忖度(そんたく)もあるのかね?

  

いや、別にティント自体に興味があるというより、最近、全く知らない新語が多くて、調べるのが大変なわけ♪ じゃあ、調べるなよ!? マニアはつい調べてしまうのだ。サッカーの「ターンオーバー」とか♪

   

「メンバー総入れ換え」でいいだろ!、と思うけど、どうしても目新しいカタカナ英語を使いたいわけね。ティントも、宮原から指原へとターンオーバーされたと。上手い!・・と思うのは書いてる本人だけかも(笑)

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、単なる小市民ランナーは、2日休んだ後、昨日は15km走って来た。まだ両足の痛みがかなり残ってるけど、月末最終日ということで、月間走行距離のノルマ達成のために渋々スタート。風が強いから、ちょっと厚めのシャツがインナー。結果的に正解。

       

やっぱり日曜日が痛みのピークだったようで、昨日の水曜はちょっとマシな状態になってた♪ ただ、特に右膝の下は一歩ごとにズキズキ痛むから、とても本気で走れる状態ではない。とかいいつつ、周回の中盤でプチバトルみたいなことをやってしまって、1km4分半ペースまでヒートアップ (^^ゞ 私のせいではない。男子の闘争本能のせいなのだ♪

   

トータルでは1km5分25秒ペース。まあ、この状態でよくこんなスピードを出せるね・・と言ってくれる人は誰もいないから、自分で書くしかない♪ 気温14度、湿度47%、風速3m。新・心拍計はスタート直後だけ高過ぎるから、補正した。

   

      

221201c 

   

往路(2.4 km) 14分22秒 126 139 

LAP 1(2.1) 12分04秒 133 139

  2   11分41秒 138 144

  3   10分24秒 152 160  

  4   10分42秒 152 158 

  5   10分38秒 150 160

復路(1.9)  10分41秒 140 162

計 15km 1時間20分19秒 140(80%) 162(93%)

   

   

     ☆     ☆     ☆

そして、11月の全走行距離は、

  

  RUN 220km ; BIKE 0km

  

あぁ、自転車(バイク)は1回くらい乗ろうと思ってたのに、5ヶ月ぶりにゼロ (^^ゞ もうダメだね。寒いから♪ 脚のリハビリにはいいんだけど、日(ひ)も短くなってるし、風も強いし、春までは止めとこう(多分)。

     

その代わり、ランはまた月間220km達成☆ 月初めまでは好調でイケイケだったのに、その後はまず、左の足底筋膜炎。それを誤魔化して走ってたら、右膝の下の筋も炎症。特に下旬はかなり無理して走った。いいね、じゃなくて、良くないね、かも♪ 心肺負荷状況の折れ線グラフを見ても、月の中盤以降の落ち込みは明らか。

     

12月の前半は、故障を治すことを第一にしよう。ではまた明日。。☆彡   

     

221201d

    

221201e

    

221201f

    

      (計 2338字)

| | | コメント (0)

韓国ハロウィーン事故、悲惨・・&22年10月の全走行距離、充実

(30日)RUN 10km,50分48秒,143(推定)

消費エネルギー 470kcal(脂肪 99kcal)

   

一度くらい、仮装して渋谷に繰り出して、DJポリスの声を生で聴こうかな・・とか思ってるんだけど、10月末というのは余裕がない時期だから、いまだに行ってない。2月末に変更してくれれば行くかも。

     

何度も書いてるけど、渋谷は私にとって第二の故郷みたいな場所なのだ。青春の思い出が詰まってる空間。まあ、今でも青春だけど。。

   

ちなみにニュースを知ってか知らずか、Googleは今でも無邪気なホリデーロゴをアップしてる。オバケのゲーム。しかし現実はゲームでは済まない。。

   

221031a

   

  

      ☆     ☆     ☆

さて、22年10月29日・夜の韓国ソウル・梨泰院(イテウォン)で起きたハロウィーン群衆事故。死亡者150人以上という、この種の事故としては最大級の惨事となった。

   

犠牲者の大半が10代・20代の若者と言われてるけど、青春というより凄春か。2001年の兵庫県・明石歩道橋事故の死者数は11人らしいから、14倍の死者が出たことになる。2年半のコロナ自粛の反動が生んだ惨事でもある。

    

ネットでは「識者」が、「過密にならないよう・・・間隔を空けて」とか語ってる。間違いではないけど、当たり前すぎて何の役にも立たない。その場にいたら、間隔はもう空けれないのだ。

    

むしろ、過密になりそうな場所をあらかじめ避けるように。誘われても近づかないように。そう、注意すべきだろう。人出の情報に加えて、エリアの地形や地図の情報がポイントになる。

    

221031c

   

上の写真は、読売新聞の配信記事より。細い坂道の上から下へと、道幅が狭まるようになってるから、上側から人の波が押し寄せたら、下側はどうにもならない。建物の地下にいたとかウワサされる有名人を目指して、上側の集団が下向きに殺到したのかも。もう、この中にいたら逃げれないから、その前に避ける必要がある。

    

そうした意味でも、渋谷PARCO(パルコ)が事故の前から掲示してたらしい注意書きは注目に値する。「ご案内 ハロウィンの仮装をされている方の入店はお断りいたしております」。

   

事故とか人混みより、トイレの借用を避けるためかも知れないけど、非常に思い切った掲示でいいと思う。実際には、断り切れないだろうけど。ネットメディアで紹介されてたツイートより。

      

221031b

   

  

     ☆     ☆     ☆

一方、月末最後のつもりで走った今夜・・じゃなくて、日付変わって昨夜。新シューズの2回目の試し履きということで、先に靴ずれ対策のテープを靴の踵側の内側に貼ろうとしたのに、くっつかない (^^ゞ ダイソー! 110円、返して欲しいね。まあ、シューズの素材が特殊だからかも知れないけど、商品には何の注意書きもなかった。

   

ただ、実際には、アキレス腱の下側に皮膚保護クリームJ1を塗っただけで大丈夫だった。早くも足に馴染んで来たかも。そして、わざとゆっくり走ってるのに、明らかに速い☆ 10kmのトータルでは、1km5分05秒ペース。終盤は1km4分40秒くらいだったから、その気になれば4分半はすぐ切れそう。ただ、足の負担が怖いから、無理は禁物!

   

気温12.5度、湿度64%、風速1m。新・心拍計は序盤から異常に高い数値のままで、ほとんど無意味。心拍測定エラー。おまけに旧・心拍計の胸のセンサーを付け忘れてしまったから、補正も出来ず、単なる推測のみ。まあ、心拍はあんまし高くなかったと思う。涼しさもあって、かなり楽で余裕の走りだった。快感♪ 調子が良すぎて、逆に心配になるほど。

   

221031d

   

          平均心拍  最大

往路(2.4 km) 13分01秒 測定エラー

LAP 1(2.1) 10分47秒 

  2   10分28秒 

  3(2)   9分25秒  

復路(1.3)    7分07秒 

計 10km 55分48秒 推定143(82%) 155(89%)  

   

   

   ☆     ☆     ☆

一方、10月の全走行距離は、

   

  RUN 205km ;  BIKE 103km

   

素晴らしい! 10月の自転車は4年ぶり♪ 3.5分の1の距離でランに換算すると30kmになるから、ランニングだけと考えると235km☆ これも4年ぶりの距離で、250kmの大台に接近。

   

そして、中身も充実してた。1km5分15秒以下の「RUN」ペースで走った距離が、127km。5年ぶりくらいか? 終盤は久々に4分台の連発にもなってて、しかもかなり余裕を残してる。心肺負荷状況の折れ線グラフもちょうどいいレベルで、緑色の「生産的」ゾーンが多い。来週か再来週、新シューズを履いて、本気を出してみる予定。

    

ちょっと精神的にもハイになり過ぎてる感があるから、気を付けよう (^^ゞ 過密にせよ、走り過ぎにせよ、過度に危ないことはあらかじめ避けること。それでは今日はこの辺で。合掌。。☆彡

     

     

221031e

   

221031f

    

221031g

    

     (計 1930字)

| | | コメント (0)

フジ『芸能界特技王決定戦 TEPPEN2022秋』(テッペン)、自転車ロードレースとAR(拡張現実)アプリROUVY(ルービー)

ここ10年くらい(?)、民放テレビのバラエティ番組はほとんど見なくなってて、必ず見るのは年末恒例『明石家サンタ』だけになってる。それ以外で単発に見るのは、やっぱりスポーツ系が多い。

  

今回、初めてフジテレビの『TEPPEN』(てっぺん=頂上)を見たのは、たまたまネットのニュース記事が目に入ったから。12年前に始まった不定期の番組で、今回で第25回だけど、名前さえ全く知らなかった。

   

ちょっと私の名前(TENMEI)に似てることもあって、試しにTVerで拝見。予想より面白かったし、色んな情報にもつながったから、軽く記事にしてみよう。放送は2022年10月22日だから、既に4日遅れになってしまった♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

この記事では以下、主にバーチャルな自転車ロードレース関連の情報を扱うけど、今回の番組のメインは恒例らしいピアノ対決。

   

2時間10分番組の始めの4分の3はピアノで、優勝した五条院凌は、魅力的で面白くて官能的(セクシー)な女性だった♪ メガネと言葉遣いがポイントか。「わたくしが出るからには、お優勝でございます」とか(笑)。お拍手を要求することもあるらしい。

   

221026a

  

221026l

   

TikTokerということで、滅多に使わないアプリの検索で「ご」と入力した途端、トップに名前が登場。番組放送直後であることを差し引くとしても、確かに人気者らしい。実力もパフォーマンスも素晴らしいと思った。

    

プロの一流ピアニストや評論家が見るとどうなのかは全く不明だけど、派手で露出が多めの衣装も含めて、一般ウケするのは間違いなし。顔のアップの映像でも、綺麗で可愛い♪ もうちょっとダイエットすればもっと美人になる、と思ってる視聴者もいるだろう(笑)。他人事か!

   

   

     ☆     ☆     ☆

221026b

   

さて、仮想現実というか、ポケモンでもお馴染みの拡張現実(AR)を用いた自転車ロードレース。映像は実写に基づくものらしい。女性出場者が大半だったピアノとは真逆で、出場選手は7人とも男性。

    

手前から2人目はボディビルダーだから、ムキムキの身体を誇示してる。ハッキリ言って、自転車にとっては無駄な筋肉だらけだ♪ 本格的なサイクリストは大体、ランナーより痩せてる。

       

次回は、女子対決も見てみたいね。本物の自転車レースの世界は、危ないし面倒なこともあって、圧倒的に男だらけだけど、バーチャルゲームの形式なら安全で簡単だから、女性アイドルでもハーハー頑張れるはず。『全力坂』なんて番組も人気だし。

     

221026c

   

自転車は後輪を外して、装置に固定。前輪の前には、端末としてパソコン(Mac Book)が置いてある。たぶん、普通はスマホの方が多いと思う。いずれにせよ、かなり高度な動画表示になるから、端末に加わる負荷はかなり高いはず。心拍数は左手首の腕時計型装置で測って、パソコンにリアルタイムで送信してるんだと思う。

   

  

     ☆     ☆     ☆ 

221026d

    

自転車の後ろ側は、サイクルトレーナーとか呼ばれてる装置を付けて、回転数・速度を測定したり、負荷を刻々と調整したりしてるらしい。そんなに上手くコントロール出来るのかね?

  

ネットで軽く調べると、やっぱり通信トラブルの報告が目立ってた。無線のBluetoothは私も心拍計でずっと使ってるけど、接続エラーはよくある。レースの途中だと、かなりイラつくはず。それに対して、単なる静止画像の転送ならほぼ完全に成功するし、データ量が軽くて短い動画でも成功。

    

221026e

  

上は、唯一のジャニーズ、SixTONESの森本慎太郎。あっ、「もりもとし」と入力しただけで変換できたから、有名人なわけネ。私はユニット名しか知らなかったけど♪

  

「バーチャルロードレース『ROUVY』 ペダルを漕ぐパワーがスピードに反映 『道の高低差』『風の抵抗』で負荷が変わる」。単純なスピードとか回転数だけじゃなくて、グイッと回す力(トルク)も測定可能。それは既に10年くらい前、乗鞍ヒルクライムで自転車仲間のFUさんが実際に使用してた。

     

221026f

    

全長8kmのコースといっても、ほとんど勝敗はキツイ登り坂だけで決まってた。1.4kmで100mの高低差だから、平均勾配で7%。最大勾配9.8%。距離が短いから、ヒルクライムとしては別に凄い坂でもない。先日、バスの死亡事故が起きた「ふじあざみライン」は、平均10%、最大22%(!)とか言われてて、プロでも苦戦するほど。

    

221026g

   

実況では確か全く説明されてなかったけど、自転車好きが見ればすぐ気付くのは、ギアの選択。

   

55歳の森脇が坂で一気に2位に浮上したのは、心拍数183くらいまで必死に頑張ったこともあるけど、ギアの選択の上手さもあった。軽めのギアを一定速度でクルクル回してたのだ。それに対して、1位から一気に下に落ちてたおたけ(ジャングルポケット)は、平地用の重いギアで坂を上ってたから、完全なギア選択の失敗。

  

結局、元・消防士芸人のワタリ119が優勝。森脇が2位。消防士はTBSの『SASUKE』でも活躍してたし、やっぱり仕事柄、鍛えられてるんだろうね。自衛隊員も、東京マラソンでわざわざ重たい荷物を背負って快走してるし♪ 女性警官は時々、職場で特殊なエクソサイズに励んでるのがニュースになってる(笑)。コラコラ!

    

   

     ☆     ☆     ☆

221026j

   

番組を見終わった後、ただちにROUVY(ルービー)というものを調べてみた。上はApp Storeのアプリ紹介画面。評価3.2はかなり低いし、そもそも14件しか評価が無い。番組放送の4日後の時点で。

   

2021年の春ごろから日本での営業を強化したようで、まだかなりマイナーだからこそ、テレビ局と組んだわけか。お金のやり取りとか、大人の事情の詳細は分からないけど、半ばアプリ宣伝の番組だろう。

       

221026k

  

公式サイトでは、14日間無料お試しばかりが強調されて、肝心の使用料金がなかなか見当たらない。お試しをクリック・タップして初めて、上の画面が登場。いきなり英語になって、12ドル(毎月)。円安だから、1800円のサブスク。

   

ここで早くも日本語の説明が消えてしまう辺り、まだまだだと思う。要するに、多くの日本人にとっては英語の壁、国の敷居が高いということ。何かトラブルが生じた時のサポートも、日本語では期待できそうにないと感じる(実際はともかく)。これを日本語訳するくらい、その気があれば1時間以内に出来るはず。速い担当スタッフなら15分以内だろう。

   

  

     ☆     ☆     ☆

221026h

  

自転車の後輪側に取り付ける装置(トレーナー)をamazonで検索すると、10万円の商品がヒット。価格はビミョーな所だけど、フィットネスクラブの月会費や年会費と比べると、それほど高いわけでもない。もし、数年間そのまま使えるのなら。

          

221026i

   

同様のアプリだと、むしろZwift(ズイフト)の方が遥かに評価されてた。ランニングの場合、また別の装置を使うことになるんだろうね。

   

ただし、こちらは現実的な画面ではなく、昔ながらのゲーム的な画面。まあ、その分、端末や通信の負荷は軽いのかも。といっても、アプリ自体のサイズは2.6GB(!)で激重だけど。

   

  

     ☆     ☆     ☆

私もこうしたものに興味はあるけど、もし自宅でやるとすると、床のきしみと大量の汗が気になる。普通のフローリング程度で本気でこぐと、すぐギシギシになるんじゃないかな? 少なくとも、急坂でダンシング(立ちコギ)とかすると、床への荷重が大きい気がする(未確認)。

  

というわけで、小市民にとってはやっぱり、公園ランニングかジムのエアロバイクが一番手軽なのであった♪ それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

      (計 3075字)

| | | コメント (0)

何と6年ぶり?!、湾岸を自転車でポタリング(お散歩)♪

(9日)BIKE 43.2km,約2時間,平均心拍 99,最大139

消費エネルギー 776kcal(脂肪 396kcal)

    

オォッ! 単なるチョイ乗りなのに、脂肪の消費が400kcal近く!☆ ランニングだと、滅多に見ない数字だ。さすが自転車、燃焼効率が高いね。

     

・・って話の前に、昨日・・じゃなくて一昨日のパーティーから、神経が興奮状態なのだ♪ 生活リズムも変わって、寝ようと思っても寝れないから、ずっと眠い。変なテンションが継続中。仕方ないから、アイスコーヒーをがぶ飲み中(実話・・笑)。逆効果だろ!

      

   

     ☆     ☆     ☆

で、昨日は無理やり早起きして、2週連続で自転車に乗ってみた♪ メチャクチャ眠くて、頭も身体もボーッとしたままだったから、よっぽど止めそうになったけど、乗らなきゃいけない理由があった。前日、酒の勢いで、友人を自転車レースに誘ってしまったのだ。友人の方が遥かに本格派なのに (^^ゞ

   

来年の話だし、ホントに出るかどうか全く分からないけど、可能性は十分ある。乗鞍じゃなくて、ズーーッと出てない美ヶ原。乗鞍よりかなりキツイ、ヒルクライム。もしOKして来たら、こっちから断ろうか?(笑)。失礼だろ!

  

軽口はともかく、ギリギリで頑張って起きたら、妙なトラブルで30分くらい取られて怒り狂ったんだけど、その話はまたいずれ♪ 温厚で寛容な私も、たまには激怒するのだ。人じゃなくて、物に対して。

   

夏の自転車は、出発時と帰宅時に蚊に刺されるのが大っ嫌いなんだけど、今はもう秋。誰もいない海♪ 古っ! トワ・エ・モア(toi et moi:あなたと私)か! そうじゃなくて、秋だから肌の露出が少なくて、蚊に刺されにくいのだ。上も下も長いウェア。

   

   

     ☆     ☆     ☆ 

ただし、グローブは夏物しか持ってないから、スタート直後は指が寒かった (^^ゞ 気温15度だから、自転車の風を浴びると寒い。ランだと大丈夫なんだけど。

  

最初は身体が冷えてるからなのか、太腿が重かったけど、15分くらいで調子が出て来た。ただ、信号待ちがやたら多い! この日は多摩川じゃなくて、もっと久々の東京湾岸。4年ぶりくらいかと思ってブログ内検索をかけると、6年ぶりなのかな? いいね・・じゃなくて、よくないね♪

   

221010a

   

銀座あたりでもう帰りそうになりつつ、ボーッとしたまま、晴海通りを南東へ。湾岸まで着いてしまうと、もうどうせすぐには帰れないから、気持ちを切り替えられる。超久々でも、道はほぼ覚えてた。

    

上は、撮影にもよく使われる潮風公園の入り口。アメリカ西海岸的な風景になってる。行ったことも調べたこともないけど(笑)。かなり純粋な心象風景かも。

   

221010b

    

横に海、遠くにレインボーブリッジが見える絶好の場所に、ほとんど誰一人いない (^^ゞ 3連休の中日とはいえ、ちょっと変だなと思ったら、しばらく後で、ガラ空きの理由が分かった。3重の特殊な事情があったのだ。 

   

      

      ☆     ☆     ☆ 

221010c

    

以前は、南側には海が広がってて爽快だったのに、いつの間にか「東京国際クルーズターミナル」なんてものが出来てる。外国人旅行客目当てかね? 作った途端にコロナで逆風とか♪ 潮風というより、逆風公園(笑)。マジメな話、この朝は風が強くて、止まってるとすぐ身体が冷えた。

  

221010d

  

すぐ北隣のお台場海浜公園に向かおうとすると、オシャレな潮風橋なんてオブジェが出来てる。以前は工事中だったはず。

    

221010e

   

ところが、「短い橋を渡ると、工事であった」♪ 『雪国』か! まさかこんな形で接続道路が遮断されてるとは。。 しかし、人が少ない理由は他にもあった。

  

工事中の金網をう回して、また海側に入ると、今度は何か単発のイベントをやってたようで、私が自転車で奥まで入ると、スタッフが謝って来た。「すみません、イベントなんで」って感じ。立て看板も何も無かったけどネ。1人が謝ると、それまでスルーしてた他のスタッフ達も次々に謝って来た♪ 変な自転車が来たけど、様子見してたわけね (^^ゞ

   

   

     ☆     ☆     ☆ 

221010f

  

さらにう回して、ようやくお台場海浜公園へ。フジテレビの象徴的な建物は健在。テレビ局は斜陽だけど♪ コラコラ!

    

221010g

   

東側に進むと、何と、たまたまトライアスロンの大会があるらしい。しかも、日本選手権☆ Triathlon Japan Championships 。

    

221010h

  

この寒いのに、海で泳ぐの?(^^ゞ 冷え性の私には、ジムの温水プールじゃないと無理♪ ここでやるのか。観客の数はビミョーだけど、一応、大会の雰囲気は醸し出してた。

   

で、もっと接近して写そうとしたら、スマホが電池切れ! ガックシ。。_| ̄|○ 仕方なく、すぐ帰路につくと、また道を間違えてしまった (^^ゞ これで3回目くらいかも。学習しないね。

  

以前は無かった新・心拍計のGPSで調べると、思い切り回り道してるのが明らか♪ 晴海通りに戻りたいのに、2回も突き抜けてしまってる。次こそ、気を付けよう。また6年後(笑)。オイッ! あっ、分かった! 間違えた交差点をイメージできた。

     

221010i

   

     ☆     ☆     ☆

都心は坂のアップダウンがきついし、信号のストップ&ゴーだらけだけど、1週間前の多摩川よりはマシな走りだった。早くも太腿がちょっと適応してる。

   

なお、気温16度前後、湿度80%、風速3m平均時速21.6km(遅っ!)、最高時速は41km(コラッ!)、平均心拍99(笑)、最大心拍は140だった。下の高度のグラフは大幅な間違い。それにしても、よく雨が降るな・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

   

221010j

     

      (計 2205字)

| | | コメント (0)

アントニオ猪木、79歳で永眠、海外の反応とか&自転車で多摩川上流、4年ぶり

(2日)BIKE 60km,2時間25分,平均心拍 114,最大138

消費エネルギー 1030kcal(脂肪 412kcal)

    

普段はあまり記事を書いてないけど、私はもともと格闘技好きで、ちょっとした経験もある。燃える闘魂・アントニオ猪木については、ここ数年で2本の記事を書いた。

    

まず、異種格闘技戦で闘った超一流ボクサー、モハメド・アリが亡くなった後、追悼番組の感想。

 『伝説の死闘 猪木vsアリ』(テレビ朝日)、感想と英語(音声解析) (2016年)

  

次に、今年(2022年)3月、NHKのBS番組が3ヶ月遅れで総合テレビで放映された時のレビュー。

 アントニオ猪木79歳、病気と真剣勝負のプロレス(死闘)、そして詩~NHK『燃える闘魂ラストスタンド 最後の闘い』

  

   

     ☆     ☆     ☆

どちらの記事も、要するに、死、最期に関連するもの。昭和のヒーローを、令和・平成に扱うと、どうしてもそんな感じになる。

   

ただ、「元気ですか~~!」の闘魂・猪木(本名・猪木寛至:かんじ)なら、あと1年か2年くらい大丈夫かと思ってたけど、お別れは突然やって来た。10月1日、午前7時40分。死因は心不全とされてるけど、心不全は原因というより最後の結果だろう。

   

猪木が前夜、特別な不安を訴えて、安定剤を使用したとのこと。翌朝、息をしてなかったそうだけど、さすがにその辺りの報道は慎重になってる。ウチでもとりあえず、憶測は差し控えとこう。

    

まあ、NHKの番組撮影の時点で、かなり大変そうには見えた。難病と、年齢・老化。これこそ、究極の異種格闘技戦で、敵は強すぎるのだ。

  

ちなみに、猪木が普通の異種格闘技戦で闘ったもう1人の強敵、極真空手の「熊殺し」ウィリー・ウイリアムズも、2019年に他界。ウチでも記事を書いてる。日本の格闘技界ではむしろ、アリ戦よりもウィリー戦の方がビッグ・イベントだと思う。

  

 極真空手の「熊殺し」ウィリー・ウィリアムズ死去、オランダ語の最初の報道(?)と英語情報を見て・・

   

     

     ☆     ☆     ☆

さて、猪木についての個人的な思いは、既に2本の記事で色々と書いてるから、今回は海外の反応の一部を紹介するに留めよう。

  

まず、独自の報道メディアとして世界的に有名な、CNNの訃報記事。執筆者は、日本人2人と東アジア系の1人のようだ。

    

221003a

   

当然(?)、アリ戦の写真が、歴戦の頂点として掲載されてる。元は産経新聞の写真らしい。向こう側のレフェリーの姿勢と目線、位置まで含めて、非常に上手い1枚だ。

    

猪木はマットに寝転んだ態勢で、本気で「アリ・キック」。アリは本気で「蝶のように舞い」、逃げてる。「蜂のように刺す」どころか、パンチをほとんど出せない状況。

    

221003d

   

   

      ☆     ☆     ☆

経済中心の通信社・ロイターは、アジア太平洋地域のニュースとして、追悼記事を掲載。地域限定だからなのか、CNNより突っ込んだ内容の記事だった

  

アリは八百長で負けて大金を得ることになってたけど、気が変わって本気で試合。ギャラがかなり減ったという話だ。普通、海外ニュースの追悼記事でそんな事まで書かないだろう。

   

執筆は、韓国人と米国人(?)らしき名前になってる。見出しに「北朝鮮」と入れてる所も含めて、韓国的な見方を感じる。

     

221003b

   

さらに、スポーツ・メディアとしてお馴染みのESPNも、長文の記事に加えてtweetも出してた。やはり、アリ戦がポイント。

   

221003c

   

さらに、各国のウィキペディアも見てみると、やはりあくまで日本人レスラーという扱い。世界的プロレスラーとしての実績よりも、異種格闘技戦が今の総合格闘技の源流となったというような話がポイントになってた。

     

中国語版ウィキはわりと詳しいのに、韓国語版ウィキではごく簡単な説明になってる。やはり、日韓と北朝鮮の複雑な関係が反映してるのだろう。

  

とにかく、半世紀にわたって日本の格闘技界を非常に盛り上げてくれた稀有の貢献者だという点は、間違いない。どうか、安らかに。合掌。。

   

  

     ☆     ☆     ☆

221003e

  

一方、単なる小市民の方は、4年ぶり(!)に自転車多摩川上流を走って来た。往復60kmの定番コース

   

秋の晴れた朝ということで、絶好の条件だったけど、太腿の筋肉がヘロヘロ (^^ゞ 1ヶ月前の乗鞍ヒルクライムの後、下流を1回、軽く走っただけだから、きついのは当然。肩もかなり凝ってしまった。ランニングとは、使う筋肉が大幅に違ってる。

    

221003f

   

珍しく、ガード下で写真撮影したのは、他の人達が集まって撮ってたから♪ インスタ映え狙いの撮影かも。私はその後、多摩水道橋の信号待ちでも素早く撮影(すぐ上の写真)。いや、要するに、ちゃんと信号を守ってると♪

   

  

      ☆     ☆     ☆

多摩川の下流側は大幅に変わってたのに、上流側はほとんど変化なしというか、一時期続いてた工事も終わって、昔の姿に戻ってた。相変わらず、往路の上りが向かい風で、下りが追い風。

   

時間帯がちょっと遅かったからなのか、ウォーカー(散歩の人)もランナーも大勢いて、走りにくいほど。そもそも、道が狭いのに、4つに区分してるのだ (^^ゞ 両端が歩行者で、右側通行。中央が自転車で、左側通行。非常に狭いゾーンで、歩行者の正面に向かって自転車が走るから、こちらはかなり怖い。まあ、事故防止にはなるんだろうけど。。

          

221003g

    

国立の折り返し点に到着すると、遠くに富士山(らしき山)が見えた。いや、まだ冠雪してないから富士山っぽくないのだ。

    

221003h

    

自転車は、信号待ちとか衝突防止とかで、減速が多いのも欠点。下図のペースの折れ線グラフ(青色)を見ると、どれほどスピードが変化してるかがよく分かる。ブレーキもかけまくりで、エネルギーと時間のロスが多いのだ。それでも、ランより遥かに危ない。

     

221003i

    

とはいえ、公園の周回より楽しいのも事実。景色が変わるし、刺激が多い。この秋、もう1回くらいは自転車に乗る予定♪ 少なっ!

       

気温20度前後、湿度75%、風速2.5m。新・心拍計は正常に作動。GPS測定の距離も正確だった。電波の障害物が無いからだろうね。紫外線で目が痛いな・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

    

221003j

    

      (計 2456字)

| | | コメント (0)

芸能・経済つぶやき♪&最後も10km、22年9月の全走行距離

(29日)JOG 10km,56分29秒,平均心拍 130

消費エネルギー 455kcal(脂肪 132kcal)

   

弘中綾香というテレ朝の女子アナは、ほとんどテレビで見たことないけど、非常に人気があるらしいという話は何度もネットや新聞・雑誌で見てる。童顔がちょっと可愛くて、キャラも面白いとのこと。

   

その彼女が突然、「一般人」との結婚を発表。どうせ一般人じゃないだろ?と思ったら、やっぱり違ってた (^^ゞ 資産15億円(株価からの単純計算)のベンチャー企業社長。

   

ホント、女子アナは金持ちや有名人が大好きだよな・・とか思う人も多いはず(笑)。他人事か! 早速、企業の名前も出てたから、軽く情報を見てみた。以下、弘中ファンや関係者にはお勧めししないので悪しからず♪

     

       

      ☆     ☆     ☆

株式会社プログリット(PROGRIT)。やり抜く力(グリット)で前進する(プロ)という意味だと、社長がインタビューで答えてた。サービスも同名。短期集中でビジネスマン中心に英語のコーチング? 教えるとか授業とかいうより、手助け、サポートすると。コンサルタント。

    

それ自体はいいとしても、2ヶ月~半年で受講料金は43万円~115万円! 手助けで。1ケタくらい違う気もする(個人の感想♪)

   

221001e

   

有名人(サッカー・本田圭佑)を使ってPR。超有名企業の数々を取り込むのにも成功したと。トヨタ、サントリー、ファイザー、野村不動産、etc。まあ、どの程度の導入なのか、どういった契約なのかは分からないけど。

  

コーチングの内容も、私には普通に見える。シャドーイングは、音真似、口真似。アプリは今どき、無料でもいくらでも溢れてる。発音のチェックも、他に溢れ返ってる。

  

  

      ☆     ☆     ☆

これ以上、書くのはもう止めよう。と言うか、書いたものをすぐ削除した(実話♪)。記事タイトルにも、わざと社名やアナウンサー名を入れてない。

     

国葬の2日後、結婚報告の前日、9月29日に東京証券取引所グロース市場上場。公開価格780円。初値1180円。30日(上場2日後)の終値770円。kabutanより縮小引用。試しに買って、すぐ投げ売りで損切りした個人投資家が多いパターンか。

     

221001f

    

スタート時の市場の反応はかなり冷めてる。PER約16倍、PBR約8倍。かなり控えめに言って、不思議な世の中になったなという感じ。

   

とりあえず、しばらく株価の動きを拝見することにしよう。市場のタイミング的には、弱気相場の入り口あたりだから、新規の小型株に強引な吊り上げが生じても不思議はない。余剰資金は世界中にいくらでもある。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

あぁ、もう眠いしPCが危ないから、私も記事を損切りしよう♪ このネタに食いついたのは、結果的に失敗だった。本音をほとんど書けないから。

  

一昨日は、5日連続の走りでまた10kmの距離稼ぎ。何とか無理やり、月末のノルマを達成した形になった。トータルでは1km5分34秒ペース。気温21.5度、湿度83%、風速1m。残暑が厳しいというほどでもないけど、秋っぽい涼しさではなかった。短い手抜きジョグでもウェアは汗ビッショリ。

     

新・心拍計のグラフは、後半の急上昇が変だから補正したけど、全体的には合ってる。要する、中盤まではスローで、終盤だけちょっとペースアップしたと。

     

221001a

   

往路(2.4 km) 14分35秒 117 129 

LAP 1(2.1) 11分58秒 131 139

  2   11分54秒 134 141

  3(2) 10分38秒 137 145

復路(1.3)    7分25秒 139 148

計 10km 56分29秒 133(76%) 148(85%) 

   

  

     ☆     ☆     ☆

一方、今月・・じゃなくて9月の全走行距離は、

  

 RUN 204km ; BIKE 25km

  

ランは200km超。夏の自転車シーズン明けで、残暑もキツかったから、こんなもんでしょ。自転車はもう1回か2回、乗りたいと思ってたのに、余裕が無くなった。他の事を優先したのだ。ま、9月の自転車は4年ぶりだし、良しとしとこう。

     

自転車の距離を3.5分の1にしてラン換算すると、約7km。よって、ランだけの距離と考えると、計算上は211kmになる。これを220kmまで持って行けば、6月まで続けてたノルマに到達してたんだけど、無理は止めといた。ドタバタしてる内に、大切な物を壊してしまったし (^^ゞ まだ言うか! あぁ、悔しい。。

   

心肺負荷状況の折れ線グラフを見ても、終盤はオーバートレーニング気味。ま、良しとしよう。ちなみに、水泳はまた来年の夏ってことで♪ 帽子・ゴーグル・インナーと買い揃えたから、使わないと大損なのだ。美人スタッフもいたし(笑)。そこか!

  

というわけで、今日はもう終了。あの話をもっと本気で書きたかったなぁ・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

    

   

221001b

    

221001c

    

221001d

    

       (計 1933字)

| | | コメント (0)

雨の下り坂、自転車ロードレースで学生が転倒、死亡・・&3年ぶりに多摩川下流、道路が激変してた

(4日)BIKE 25km,1時間15分,平均心拍 106

消費エネルギー 400kcal(脂肪 200kcal)

      

ここ2ヶ月ほど、乗鞍ヒルクライムがらみで自転車の記事を閲覧することが多かったから、Yahoo!のパーソナライズ(個人化)機能が自転車の記事をお勧めしてくるようになった。

   

ランニング・マラソン関連の記事を読むことの方が遥かに多いのに、そちらはあまりお勧めして来ない。たぶん、自転車関連の方がお金が動くからだと思う。自転車自体も高価だし、用品も非常に多い。広告で稼ぐポータルサイトとしては、自転車記事の方が広告と紐づけしやすいんだろう。実際、トップページでよく自転車関連の広告が表示されてる。

   

似たような話だと、将棋の記事もよく検索して読んでるのに、あまりお勧めして来ない。Yahoo!にとってはほとんど(orあまり)利益がないからだと思う(個人の推測)。

   

    

      ☆     ☆     ☆

さて、昨日のYahoo!ですぐ目に飛び込んで来たのは、自転車の死亡事故。鹿児島県で行われたインカレ(全日本大学対抗選手権)の男子個人ロードレースで、法政大学1年・塩谷真一朗選手が死亡。ドクターヘリでも救命できず。他に3人が病院搬送で、合計13台が転倒。

      

私も3年ぶりの自転車で、高速の山下りがちょっと怖かったから、直ちに関連する記事やサイトを飛び回ることになった。ランニングと比較した時、最大のデメリットは事故の多さだ。運良く事故らなくても、かなり怖い。自分の転倒もあるし、自動車との衝突もある。

   

220905a

  

上は、鹿児島ニュースKTSより。やっぱり、地方のニュースは地元メディアの方が詳しいことが多い。これも、動画に加えて、正確な事故現場の地図まで表示してあった。

  

写真の奥から手前へと、左カーブを走って来たらしい。県道563号線で、根占自転車競技場から1kmほど北西に進んだ辺り。

  

220905b

   

日本学生自転車競技連盟(JICF)の公式サイトのコースマップを見ると、ほぼ下りで2km以上続く坂道の途中。雨で路面が濡れてたとはいえ、先頭集団だと時速40km以上か。南日本新聞社は時速80km(!)という証言を掲載。24.2kmの周回コース(6周)で最大速度になる区間の真ん中あたりになる。

     

220905cr

   

       

     ☆     ☆     ☆

雨が断続的に降っていたと報道されてるが、どのくらい降ってたのか、気象庁のデータで調べてみた。一番近い観測所(鹿屋:かのや)で、2022年9月4日の午前の降水量を見ると、下の通り。少し強めに降った直後の時間帯くらいか。)時が2mm、10時が3mm。事故発生は11時。

   

220905d

    

もちろん、事故のリスクは、選手も運営サイドも覚悟の上。誓約書には、「競技者が原因で発生した事故に関しては自分で責任を負わなければならない」と明記されてる。といっても、原因が何かというのは、裁判でも大きな争点であって、簡単に決められるものではない。原因という概念は、科学的にも哲学的にも複雑で難解。

     

220905e

   

その後、このレースがどうなったのかをリザルトで調べてみると、一応最後まで行われてたけど、大部分の選手がDNF(フィニッシュせず)になってた。チーム・大学の判断にせよ、個人の判断にせよ、自主的に中止した選手が多かったということか。

   

ともあれ、明日は我が身。地方の雨の下り坂より、首都圏の幹線道路の方が危ないかも。私も気を引き締めたい。合掌。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

一方、丸3年間も自転車を放置してた小市民は、乗鞍ヒルクライムを上手くクリアした後、今度は多摩川に出かけてみた。

  

220905g

   

日曜日の朝。これまた3年ぶりだし、前夜に10kmジョグでヘロヘロになった後だから、上流の定番コースを走る余裕はなし。短い下流側のコースに向かった。往復の幹線道路が特に危ないから、ビンディング・シューズは使用せず。買ったばかりだからなのか、固定金具が固くて外しにくい。

           

川に着いた後、恒例の写真をスマホで撮ろうとしたら、電池が残り少なくて、カメラが起動せず (^^ゞ シャープのスマホ、AQUOS sense3 liteは、電池のもちは悪くないけど、カメラ機能の設定か設計が弱いのだ。iPad Proなんて、電池切れギリギリまで撮影可能なのに。

   

  

     ☆     ☆     ☆

どうせ天気は悪くて曇り空だったし、撮影はあっさり諦めて、安全走行に専念。川崎側の道の横に、ファミリーマートが2件もあった。昔は1件も無かったけど、いつの間に出来たのかね? サイクリングロードの道幅も広くなってて、かなり走りやすくなってる。

  

ただ、驚いたのは東京側の道で引き返す時。以前とまったく道が違うのだ。間違えたのかと思って、しばらくキョロキョロしたけど、元の狭い遊歩道みたいなものが無くなってる。無理やり通った細い道は、幅1mくらいで草も茂ってて論外。

   

こんなに変わったの?・・とか思いつつ、後ろから来る自動車に追われるようにして、片側1車線の道を真面目に走ってると、あっという間に二子玉川駅まで着いてしまった。

 

まあ、自転車にとっては走りやすいけど、どうなのかね?(^^ゞ 散歩してた住民の反対運動は無かったのかな? 要するに、災害対策ってことだろうけど、単に川の増水が怖いだけなら、川から離れた場所に住めばいいだけのこと。何であんな道になったのか、今後の研究課題としよう♪

   

とにかく、3年ぶりの多摩川プチ遠征は無事に終了。信号だらけで、しかも真面目に守ってるから、平均心拍は歩くような低さになってしまった。速度(ペース)の測定グラフは、遅すぎるし変化が激し過ぎて変。それでは、また明日。。☆彡

   

    

220905f

    

      (計 2275字)

| | | コメント (0)

東京マラソン、期待せずにエントリー&22年8月の全走行距離

Instagramになぜか登録できないのも不便だけど、東京マラソンのエントリーもなかなか出来ない (^^ゞ もう疲れた。過去、いろんなメールアドレスを使ってる内に、ONE TOKYO(メンバー制の会)の登録状況が複雑骨折してるようなのだ・・とだけ書いとこう♪

     

東京マラソン2023は、来年3月5日の開催。まあ、どうせ抽選倍率12倍くらいなんだろうから、当選する確率は低いけど、毎年エントリーし続ければ、いずれまた当選するはず。15年以内には(笑)。長っ!

       

あと15年? 流石にそれはどうかね (^^ゞ あと5年なら何とか大丈夫だと思うけど、15年後にフルマラソンは流石にしんどいかも。

    

まあでも、その頃にはハーフの部門が出来てるかも知れない。でも、15年後にハーフ21.0975km? それもまたビミョーかも (^^ゞ 10kmでいいか♪

  

   

      ☆     ☆     ☆

しかし、先日の自転車の乗鞍ヒルクライムでは何と、男性の最高齢が89歳!☆ ヒェーーーッ。。 来年は90歳♪ たぶん、100歳の大記録も狙ってるはず。女性の最高齢でも73歳! 事故のリスクは大丈夫なのかね? 自転車の場合、特に山下りが危ないんだけど。

  

とにかく、東京マラソンの一般エントリーの抽選発表日は、10月4日。どうせ落ちるだろうから、また1人フルマラソンかな? はじめての10kmレースなんてのも、いいね♪ 

   

それより、人生で一度くらい、トライアスロンに出場してみたいと思い始めたんだけど、その話はまた来年♪ 今年の「夏は終わった」のだ。調べてないけど、常識的に考えて、トライアスロンは夏の競技でしょ(個人の感想♪)。

    

はじめてシリーズがマイブームなのだ。いずれにせよ、そろそろランニング・シーズン再開なのであった。

      

   

     ☆     ☆     ☆

その前に、まずは夏(8月)の走り・・じゃなくてスポーツの総まとめ。そう。ランやバイク(自転車)で走る以外に、とうとうスイムが登場したのだ。

  

エポック・メイキング(画期的)だね。いや、ピンタレストのAIお勧め画像をボーッと眺めてたら、エポック社のおもちゃが出てたもんで。あの変な顔した男性乗組員ね。そりゃ、スポックだろ!

   

で、8月の全走行距離・・じゃなくて全運動距離は、

 

 RUN 78km ; BIKE 537km ; SWIM 0.65km

   

   

      ☆     ☆     ☆

パチパチパチ \(^o^)/ コロナ前の2019年より、ちょっと少ないけど、スイム(水泳)が新登場したのが注目ポイント。ブレイク・スルー!

    

試しに、バイク(自転車)の距離に換算してみると、私の場合、ランは3.5倍で計算。78×3.5=273km。

  

スイムは50倍(笑)と言いたいけど、百歩譲って、20倍換算。0.65×20=13km。

  

∴ (バイク換算距離)=273+537+13=823km

   

  

     ☆     ☆     ☆

アレッ? 823km? イマイチかイマニかイマサンかも (^^ゞ 全盛期は1300kmくらいに到達してたはず。そうか。脳内の目線、基準値が大幅に下がってるわけか。

  

まあでも、今年は信号待ちがないエアロバイクを真面目にこぎ続けたから、2割増しくらいで考えれば、なかなかの健闘だろう。ずっとテレビ見てたけど♪ 不真面目だろ!

   

心肺負荷状況(カーディオ負荷ステータス)の折れ線グラフは、8月の終盤だけトレーニング不足になってるけど、これは新・心拍計が電池切れだったから・・・というのはちょっと苦しいね (^^ゞ 自転車関連で時間を取られてたもんで。結果的には、いい休養になったと思う。レースは予想外の出来だったから。3年間も放置してあの結果なら、大満足。いいね♪

   

今月からまたラン・シーズンだけど、2回くらいは本物の自転車に乗りたいと思ってる。手間ヒマかけたのに、ほとんどレースだけになってるから。それでは、また明日。。☆彡

   

    

220902a

   

220902b

   

220902c

    

       (計 1547字)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧